格安SIM デメリット

ドコモユーザーの方で、現在の月額利用料が7,000円や8,000円高額なんてユーザーも多いのではないでしょうか?

単純に価格を安くする方法としては、料金プランの見直しがありますが、今流行の格安SIMにMNP乗り換えしてみるのもおすすめです。

とはいえ、どうすればドコモから格安SIMにMNP乗り換えできるのか、手順だけでなくお得な方法があるなら知りたいものですよね。

そこで、料金に悩んでいるドコモユーザーのために、格安SIMにMNP乗り換えする方法を徹底解説したいと思います!

ドコモから格安SIMにMNP乗り換えするとどれくらいお得?

世間で話題となっている格安SIMですが、名前の通り本当に格安なんでしょうか?

名前ばかりの“格安”であれば、ドコモの料金プランを見直す方が良いですよね。

なのでまずは、格安SIMにMNP乗り換えすると具体的にどれくらいお得なのかを紹介します。

結論:かなりお得になる

実際にかなりお得になりますが、どれくらいのものなのか想像しにくいという人のために、格安SIMを利用することはどれくらいお得な事なのかを紹介したいと思います。

ドコモとDMMモバイルを比較

ドコモ DMMモバイル
カケホーダイライトプラン:1,700円 通話SIMプラン:1,140円~
データMパック(5GB):5,000円
spモード:300円
7,000円 1,140円~

DMMモバイルについては、nuroDMMモバイルの評判|6つのメリットとはをご覧ください。

ドコモとnuroモバイルを比較

ドコモ DMMモバイル
カケホーダイライトプラン:1,700円 SIMデータ+音声プラン:700円~
データMパック(5GB):5,000円
spモード:300円
7,000円 700円~

nuroモバイルについては、nuroモバイルの評価と評判|格安SIM各社徹底比較をご覧ください。

格安SIMに関しては価格にも幅がありますが、それでもドコモの利用料よりも高いということはありません。

ドコモユーザーだった時よりも、1割、2割程度に利用料がおさまるためかなり安くなるので、こういった点から見ても格安SIMはとってもお得な事がわかると思います。

そういった点から、今大手キャリアよりもこういった格安SIMの会社に乗り換える人が増えているんです。

ドコモから格安SIMにMNP乗り換えする手順

ドコモユーザーで高い利用料を払っているという人には格安SIMの契約がおすすめです。

今の時点で格安SIMに変更しようと思った人も多いはずです。

さらに、ただ解約して契約ではなく、電話番号はそのままに、MNP契約したいという人も多いはずですので、簡単な手順を紹介したいと思います。

違約金を確認する

俗に言う、2年縛りと呼ばれているもののことです。

一括0円の携帯や、それ相応のプランに加入していない場合、基本的に2年以内の解約には違約金が発生してしまいます。

ドコモの違約金は基本的に一律9,500円ですが、以下のプランに加入している場合には違約金にも変動があります。

  • Xiデータプランにねん
  • 定額データスタンダード割
利用期間 解約金
1か月目 25,600円
2か月目 24,900円
3か月目 24,200円
4か月目 23,500円
5か月目 22,800円
6か月目 22,100円
7か月目 21,400円
8か月目 20,700円
9か月目 20,000円
10か月目 19,300円
11か月目 18,600円
12か月目 17,900円
13か月目 17,200円
14か月目 16,500円
15か月目 15,800円
16か月目 15,100円
17か月目 14,400円
18か月目 13,700円
19か月目 13,000円
20か月目 12,300円
21か月目 11,600円
22か月目 10,900円
23か月目 10,200円
24か月目 9,500円

上記の様なイメージとなります。最終的には9,500円でおさまるのですが、それよりも前に解約してしまうと、違約金の価格が大きいため注意が必要です。

ちなみに、全ての期間で違約金が発生するわけではなく、規約満了月から2ヶ月間を解約期間として設定していますので、その期間内に行えば違約金は発生しません

安くお得に格安SIMにMNP乗り換えしたいのであれば、自分の解約期間の確認する方が良いと思います。

ドコモから他社へ乗り換える方法。MNP予約番号や手数料と期限を確認

@docomoのメールで登録しているサービスの確認

ドコモから格安SIMにMNP乗り換えをするにあたり、とても大切なのがこの@docomoメールです。格安SIMではキャリアメールはなく、基本的にGmailなどのフリーアドレスを使うことになります。

そのため、ドコモメールで登録したサイトがある場合には確認しておくことも大切です。

ドコモから格安SIMにMNP乗り換えしてしまった後では、登録情報の変更ができなかったりするので、早めに確認しておいて下さいね。

そして、格安SIMにMNP乗り換え後に利用しようと思っているメールアドレスに登録しているサービスの乗り換えも行っておくと、乗り換えの際にとてもスムーズに事が進みます。

乗り換えるMVNOを決める

格安SIMに乗り換える前に、たくさんあるMVNOから自分の乗り換えるMVNOを決めておくことが大切です。

それを決めておかないと、予約番号だけ宙ぶらりんになってしまいます。

MVMOって?

格安SIMに乗り換える時に決めておかなくてはいけないのが、このMVNO。

格安SIMが広く知られるようになってから、このMVNOも知られ始めましたが、これが何なのかわからない人もいますよね。

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信業者)の略称です。このMVNOの発売するSIMこそ格安SIMとして現在世の中で知られているものなんです。

MVNOが出るまでは、大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクなどと契約することで、無線通信を利用することができましたよね。

MVNOはそのインフラを上手に利用したものだと言われていますが、格安SIMで契約することで無線通信を可能にしています。

ドコモの回線をそのまま利用したMVNOもある

ドコモ カケホーダイ

例えば、利用しているドコモのスマートフォンをそのまま利用したいと考えている人も少なくないはず。

そこで、ドコモの回線を利用しているものを選ぶことが大切になります。

多くのMVNOがドコモの回線を利用していますが、例えばUQ mobileはau回線、Y!mobileはソフトバンク回線を利用しているので注意も必要です。

  • DMMモバイル
  • nuroモバイル
  • ロケットモバイル
  • イオンモバイル
  • b-mobile

とはいえ、急にドコモの回線を利用しているところと言われてもわからないと思いますので、上記に例を記載してみました。

上記のサイトは回線にドコモを利用していますので安心できますよね!

ドコモからMNP予約番号を入手

違約金や、サービスそしてポイントについての確認をすませたら次はMNP乗り換えの際に必要なものを準備していきます。

MNP乗り換えの際に確実に必要になる物は、MNP予約番号です。

これがないと、MNP乗り換えをすることもできませんので、確認をすませたらMNP予約番号を取得しましょう。

ドコモからMNP予約番号の取得方法について詳しく知りたい方は、ドコモからMNP予約番号をたった5分で取得する方法をご覧ください。

MNP乗り換えの時に必要な予約番号!

MNP予約を検討している人はまず、MNP予約番号を入手することが大切になってきます。

そして、ドコモでMNP予約番号を取得するための方法には以下のような方法もあります。

  • ドコモショップへ行く
  • 電話をかける
  • パソコン・スマホから取得

ドコモショップに行く場合には、窓口で簡単にそして丁寧に接してくれるので時間がある人にはおすすめです。そして、忙しいという人は電話での取得方法もおすすめですよ。

電話の場合には局番なしのため、仕事に忙しいという人にはもってこいの方法ですね。

ドコモユーザーであれば、151を入力すれば簡単に予約を取得することも可能です。ちなみに、一般電話から申し込みしたい場合には以下音番号に連絡をします。

  • 電話番号:0120-800-000
  • 営業時間:09:00~20:00(年中無休)

上記の連絡先であればドコモの携帯からでなくても良いかもしれませんし、電話なら相手のことを気にする必要もありませんよね。

そして、パソコンやスマホからも簡単に取得することができました。ドコモユーザーなら、「dアカウント/パスワード」でログインする必要があります。

ログインしたら、契約内容確認などオンライン手続きというページの次のページにMNP予約番号に関することが記載されていると思います。

待ち時間も無いですし、電話では緊張してしまうという人でもとっても気軽にMNP予約番号をゲットできますよ。

MNP手続きを行う

WiMAX 解約

MNP予約番号も取得したし、使用したいと思うMVNOも決定するとなんとなく安心してしまってそのまま何もしない人もいるのかもしれませんが、それでは意味がありません。

MNP予約番号を取得したら、有効期間内に格安SIMを契約しないとドコモでせっかく予約番号を取得したのに意味がなくなってしまいます。

なので、格安SIMを契約するサイトが決まって、MNP予約番号を取得している場合には、面倒かもしれませんが早めに契約してしまうのがおすすめです。

ドコモから格安SIMにMNP乗り換えする際の注意点

手続きじたいはとても簡単で、格安SIMにMNP乗り換えしたいと思った時に乗り換えることができると思いますがいくつか注意点もあります。

MNP予約番号の有効期間は15日

MNP予約番号には期限があることはお伝えした通りです。そのため、契約したいと思える格安SIMもないのにMNP予約番号を取得してしまうと、どんどん有効期限が少なくなります。

ちなみにその有効期限は15日で、格安SIMにMNP乗り換えする場合にはその有効期限の残り日数が10日程度必要になることもありますので、早めに契約して下さいね。

事務手数料がかかる

ドコモのスマホ機種変更|手続きに必要な手数料と時間短縮術を紹介

ドコモの解約時の違約金さえ注意しておけば大丈夫だと思っている人も多いのかもしれませんが、実はそうではありません。

格安SIMを利用するためには、新規事務手数料として3,000円前後の手数料がかかってしまいます。

さらに、SIMカード発行手数料として400円程度かかってしまうこともあります。

乗り換えの手続きが完了した時が「解約」をした時

WiMAX 解約

乗り換えをするということは、ドコモとの契約はいったん終了となります。ですが、すぐにドコモの携帯が使えなくなるわけではありません。

MNP予約番号を申し込んだ時点ではまだ契約は続いているので、ご安心下さい。ですが、先述したように有効期限は15日以内に変える必要があるんです。

予約番号を取得したとかではなく、MNP予約番号の対応機種に乗り換えてお得に携帯を使って下さいね。

お財布携帯には対応していない可能性もある

スマホなどの便利な機能としてお財布携帯って広く利用されていますし、今でも使用しているユーザーは多いと思います。

ですが、格安SIMにするにあたり、スマホも乗り換えるという人は注意が必要です。

それは、お財布携帯に対応しているSIMフリースマホが少ないことです。乗り換えに辺りスマホもチェンジする人はそこも注意する必要があります。

格安SIMのMVNOを選ぶときのポイント

いざ格安SIMにと思った人も多いかもしれませんが、実は格安SIMに乗り換える際には事務手数料と発行手数料が必要になることがわかりました。

事務手数料が3,000円程度と、新規SIMの発行に400円程度かかってしまうところもあるようです。

そこで、そんなMVNOはどんな風に選べば良いのでしょうか?

価格で選ぶ

格安SIMに新規登録する際の手数料としては3,000円程度かかってしまうのがですが、それ以外にも新規SIMの発行手数料も400円程度かかってしまうんです。

  • mineo(マイネオ)Dプラン:425円、Aプラン:438円
  • LINEモバイル(ラインモバイル)432円
  • DMM mobile(DMMモバイル)
  • 425円U-mobile(ユーモバイル)425円
  • U-mobile S:415円
  • BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)425円
  • IIJmio(みおふぉん)タイプD:425円、タイプA:438円
  • OCN モバイル ONE425円
  • エキサイトモバイル425円
  • DTI SIM425円
  • nuroモバイル(nuromobile)D回線:425円、S回線:414円
  • QTmobile(QTモバイル)421円

例えば、上記は新規SIMの発行に手数料がかかるところの一例ですが、だいたい同じなため、どこでも良いと思っている人も少なくないようです。

確かに契約する際の価格は同じかも知れませんが、内容には違いがあり、ライトユーザー向けに月額1,000円以下のプランも用意されているのが特徴です。

そして、パケットなどを大量に使用するヘビーユーザー向けのプランが充実しているMVNOもあるので、使用用途によってMVNOを選ぶのも大切です。

さらに、パケットを大量に使用する場合には、月額通信量を上回り通信制限がかかってしまったとしても、追加で通信量を足すことも可能なところも多いです。

格安SIM料金比較|本当に格安なおすすめMVNO10社はどれだ?!

プラン、サービスで選ぶ

MVNOの事業者によっては、多くのプランやサービスが用意されているものがあります。例えば、データ通信、音声通信月データ通信など、MVNOの会社により様々です。

大手キャリアでもこういったプランは自分に合わせて選ぶことができますが、MVNOのイメージとしてはさらに自分に特化したプランを選ぶことができます。

さらに、サービスが充実しているMVNOも増えてきています。

例えば、故障した場合に無料で修理できるサービスや、迷惑メールなどのセキュリティ強化をしてくれるサービスもあります。

なので、自分の契約に合わせてそういった面も強化しておくことが大切です。

プロバイダで選ぶ

プロバイダの中には、MVNOを提供している会社もあります。

  • BIGLOBE
  • 楽天モバイル
  • LUNEモバイル

こういったプロバイダはMVNOを提供していて、さらに安価な価格でMVNOを利用することも可能です。

さらに、家族で利用すれば割引をうけられるようなプランも用意されているため、家族で見直したい人にもおすすめです。

特に、契約しているプロバイダが提供している場合には特別価格で利用できる可能性も高いので、検索してみるとよいと思います。

ドコモから楽天モバイルに乗り換え(MNP)徹底解説!お得な方法とは
ドコモからユーモバイルに乗り換え(MNP)徹底解説!お得な方法とは
ドコモからワイモバイルに乗り換え(MNP)徹底解説!お得な方法とは

ドコモから格安SIMに乗り換えて月額利用料をお得に!

以上、ドコモMNP予約をで購入することもで携帯代がかなりお得になるため、現在月の利用料が高く乗り換えを検討している人の助けになればいいなと思います。

もちろん、そのままキャリアの契約の利用を続けても問題ないのですが、少しでも月額利用料を安くしたいという人にはMNP乗り換えでとってもお得に、そして、浮いたお金は他のことに利用するのもよいですよね。

大手3キャリアから格安SIMへ乗り換え情報

大手携帯3キャリアから格安SIMへ乗り換える(MNP)方法
auから格安SIMへのMNP(乗り換え)する方法を徹底解説
ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え(MNP)する方法を徹底解説

Pocket