ドコモでスマホを購入しようとしている人で、お得に購入できる方法があったら知りたくありませんか?

そんな時利用したいのが「端末購入サポート」と呼ばれるキャンペーンです。

概要を言うと、機種代金の一部をドコモ側がサポートしてくれるというシステムで、メリットしかないように感じますよね。

ですが、人によってはデメリットに感じてしまうキャンペーンのようです。

そこで今回は、ドコモで端末購入サポートを利用したいと検討している人、または端末購入サポートはどんなメリットとデメリットがあるのかを知りたい人のために、徹底的に解説したいと思います。

ドコモの端末購入サポートとは?

ドコモの端末購入サポートのメリットやデメリットを確認する前に、まずはドコモの端末購入サポートがどんなものなのか確認してみましょう。

ドコモの端末購入サポートとは

規定の利用期間(購入日または開通日の翌月1日から起算して12か月)を超えるまで、購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件に、機種のご購入代金の一部をドコモが負担してくれる制度です。

ある程度の条件は必要となりますが、どちらにしても機種の購入代金の一部をドコモが負担してくれるというものなので、メリットしか感じませんが、その内容も確認してみましょう。

端末購入サポートの適用条件

それでは、端末購入サポートを受けるための条件をXi対象機種とFOMA対象機種に分けて紹介します。まずは、Xiの対象機種から確認してみましょう。

<Xi機種のスマートフォンを購入する場合>

  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「シンプルプラン(スマホ)」「データプラン(スマホ/タブ)」の2年定期契約
  • 「パケットパック」または「シェアオプション」の契約

<Xi機種のタブレットを購入する場合>

  • 「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「データプラン(スマホ/タブ)」の2年定期契約
  • 「パケットパック」または「シェアオプション」の契約

<Xi機種のドコモ ケータイを購入する場合>

  • 「力ケホーダイプラン(ケータイ)」「力ケホーダイライトプラン(ケータイ)」「シンプルプラン(ケータイ)」をの2年定期契約
  • 「パケットパック」または「シェアオプション」の契約

<Xi機種のデータ通信製品を購入する場合>

  • 「データプラン(ルーター)」の2年定期契約
  • 「パケットパック」または「シェアオプション」の契約

上記がXi機種を契約したときに端末購入サポートを受けるための条件です。では続いてFOMA機種を購入したときの条件も合わせて確認してみましょう。

<FOMA機種のドコモ ケータイを購入する場合>

  • 「カケホーダイプラン(ケータイ)」の2年定期契約、かつ「パケットパック」または「シェアオプション」の契約
  • 「FOMA料金プラン」の契約、かつ「基本使用料割引サービス」の契約

<FOMA機種のキッズケータイを購入する場合>

  • 「カケホーダイプラン(ケータイ)」の2年定期契約、かつ「パケットパック」または「シェアオプション」の契約
  • 「FOMA料金プラン」の契約、かつ「基本使用料割引サービス」の契約
  • 「キッズケータイプラス」の2年定期契約

ある程度条件があるように感じるものの、どれも必要なプランを組み合わせているような印象のため、あまり気にせずとも端末購入サポートは利用できそうです。

それでは、端末購入サポートの対象機種と割引額、解除料なども合わせてご紹介します。

ドコモの端末購入サポートの対象機種・割引額・解除料

<iPhone>

画像引用元:ドコモ公式サイト

iPhoneと言えば最新のものになればなるほどかなり高い印象がありますが、割引額を見ているとぐっと購入しやすい価格に下がっていることがわかります。

そのため、購入しやすくなり最新iPhoneにも乗り換えやすいです。

<スマートフォン>

続いてドコモのスマートフォンです。取扱い機種となっているものの割引額はiPhoneにも勝るとも劣らずの価格を割り引きとなっています。

<iPad>

画像引用元:ドコモ公式サイト

さらに、iPadを購入する際にも利用することができるので、活用してみてはいかがでしょうか。

規定利用期間の考え方

ドコモの端末購入サポートでは例えば購入日が12日だから12日から適用されるわけではありません

月初である1日をはじめとした考え方となっていますので確認しておきましょう。

画像引用元:ドコモ公式サイト

上記の様になっており、例えば2日に購入した場合には適用月が次月となってしまい、終わりも1ヶ月延長されたように感じるはずです。

ドコモの端末購入サポートについての理解が深まったところで続いて端末購入サポートのメリットとデメリットについて確認してみましょう。

ドコモのXperia XZ Premium/ Galaxy S8 が一括1万円に!「端末購入サポート」適用に

ドコモの端末購入サポートのメリット

ドコモで端末購入サポートを利用すればどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

むしろメリットしか感じない仕様となっていますが…それぞれを詳しく確認してみましょう!

まずは、メリットからご紹介します。

ドコモの端末購入サポートのメリット①:割引額が大きい

冒頭で端末購入サポートで割り引かれる価格を機種ごとにご紹介したため、わかりやすいと思いますが、割引額がかなり高額に設定されています。

iPhone 8 Plus 256GBを例にどれくらいお得になるのか確認してみましょう。

画像引用元:ドコモ公式サイト

こちらは一括払いした際のiPhone 8 Plus 256GBの価格ですが、なんと支払額よりも割引額の方が大きく、利用すればかなりお得になることがわかります。

画像引用元:ドコモ公式サイト

もちろん通常通り分割での支払も可能です。

分割にすれば月額の利用料もぐっと抑えることができるので、自分の負担金を大幅に減らすことができます

ドコモの端末購入サポートのメリット②:買い換えを行いやすい

ドコモで、利用料をおさえるために使えるサポートとして広く知られているのは「月々サポート」だと思います。

ですが、月々サポートの場合24ヶ月の間利用しないとお得さを感じる事ができません

その点、端末購入サポートであれば1日購入であれば13ヶ月目から、1日以外の購入であれば14ヶ月という短さで次の機種に変更することが可能です。

お得に端末を購入できる上に、次の機種への回転率も高いため新しいスマホにすぐに変更したいという人にもおすすめです。

ドコモの端末購入サポートのメリット③:dカード・dカード GOLDへの還元率が上がる

ドコモユーザーであれば、dカード・dカード GOLDを持っているというユーザーも多いはずです。

最大の特徴として、利用料などを支払った際にポイントとして還元されるのですが、端末購入サポートであればその還元率がぐっと高まります。

月々サポートではプランに対しての割引もかかってしまうため、返還されるdポイントが少なくなってしまいますが、端末購入サポートはあくまで機種代金を割引しているキャンペーンです。

そのため、dカード・dカード GOLDのポイントとして還元されるポイント数が高まります。

ポイントが早くたまれば、アクセサリーを購入できたり、次の端末購入時の頭金などにもできるのでお得ですね。

dカード GOLDの詳細はこちら

dカードとdカード GOLDの徹底比較|利用ごとに持つカードはどっち?

ドコモの端末購入サポートのメリット④:ドコモオンラインショップでも適用可能

ドコモの公式で安心安全な通販サイトと言えば、ドコモオンラインショップです。

豊富なメリットがあるため、利用を検討している人も多いでしょう。

画像引用元:ドコモオンラインショップ
ドコモオンラインショップのメリット
  • 分割支払を選択で頭金0円
  • 事務手数料が一部無料
  • 2,500円以上の購入で送料無料
  • dポイントが使える
  • 受取り方法が選べる(宅配、メール便、コンビニ、ドコモショップ)

上記の様なメリットがあるほか、MNP乗換の場合にはドコモオンラインショップであっても端末購入サポートは利用することができるので、ネット環境がある人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

操作方法もとても簡単で、流れに沿って入力などするだけですので、チャレンジしてみて下さいね。

ドコモオンラインショップと店頭で機種変更はどちらが安い?

ドコモの端末購入サポートのデメリット

たくさんのメリットがあり、既に利用の検討をしている人もいるはずです。

ですが、人によってはデメリットに感じてしまうポイントもあるので契約前であればしっかりと確認しておきましょう。

ドコモの端末購入サポートのデメリット①:利用期間内の解約は解除料がかかる

とてもお得にドコモの端末を購入できるサービスですが、14ヶ月以内に解約してしまった場合には解除料がかかります

iPhone、スマートフォン、iPadでそれぞれ解除料が違いますのでご紹介します。

iPhone

画像引用元:ドコモ公式サイト

スマートフォン

画像引用元:ドコモ公式サイト

iPad

解除料は上記の通りとなっています。

大幅に機種代金を割り引いてもらうことができる分、利用期間中の解約に関してはかなり高額の解除料を支払う必要があります

ちなみに、解除料がかかってしまうケースは以下の通りです。

端末購入サポートの解除料がかかってしまうケース
  • 新たな機種の購入
  • FOMA契約・Xi契約間の契約変更
  • 解約または電話番号保管
  • 「パケットパック」「シェアオプションまたは「基本使用料割引サービス」の廃止または廃止予約
  • 適用条件として記載されている指定基本プラン以外への変更・変更予約

上記の場合には解除料がかかり、多額の支払をする必要がでてくるので注意しましょう。

ドコモの端末購入サポートのデメリット②:SIMロックの解除は購入後100日後までできない

端末購入サポートを適用中に、SIMロックの解除を行う事はできません。

端末購入サポートを適用後から100日経過しないとロック解除を行う事ができないため、注意が必要です。

もちろん、100日以内でもSIMロックの解除を行う事は可能ですが、その際には解除料がかかってしまいます。

上記で紹介したものと同じ価格でかかってしまいますので、注意しましょう。

SIMロックを解除するだけで違約金をとられてしまうのは悲しいですよね。

ドコモの端末購入サポートのデメリット③:対応機種が限定的

ドコモでお得にスマホなどを活用する際に利用したいのが月々サポートですが、MNP乗換でお得に購入するのであればこの端末購入サポートがおすすめ。

そして、端末購入サポートではぐっと機種代金をおさえることができますが、対応機種がとても限定的です。

現在、端末購入サポートの対応機種となっているものを改めて紹介しましょう。

端末購入サポートの対応機種(iPhone)
  • iPhone8 Plus(64GB)
  • iPhone8 Plus(256GB)
  • iPhone8(64GB)
  • iPhone8(256GB)
  • iPhone8 Plus(64GB)
  • iPhone8 Plus(256GB)
  • iPhone8(64GB)
  • iPhone8(256GB)
  • iPhone7 Plus(32GB)
  • iPhone7 Plus(128GB)
  • iPhone7(32GB)
  • iPhone7(128GB)
  • iPhoneSE (16GB)
  • iPhone7 Plus(32GB)
  • iPhone7 Plus(128GB)
  • iPhone7(32GB)
  • iPhone7 (128GB)
  • iPhoneSE (16GB)

iPhoneでは上記のものが端末購入サポートとして選ばれています。

続いてスマートフォンの対応機種もご紹介しましょう。

端末購入サポートの対応機種(スマートフォン)
  • Disney Mobile on docomo DM-01J
  • MONO MO-01J
  • らくらくスマートフォン4 F-04J
  • JOJO L-02K
  • AQUOS R SH-03J
  • XperiaTM XZ1 SO-01K
  • XperiaTM XZ1 Compact SO-02K
  • Galaxy Note8 SC-01K
  • arrows NX F-01K
  • Disney Mobile on docomo DM-01K
  • M Z-01K
  • XperiaTM XZ1 SO-01K
  • XperiaTM XZ1 Compact SO-02K
  • Galaxy Note8 SC-01K
  • arrows NX F-01K
  • Disney Mobile on docomo DM-01K
  • M Z-01K
  • AQUOS R SH-03J

上記の様にラインナップが多めのように見えます

ですが逆を言えば、月々サポートであれば全ての機種(docomo with対象機種は除く)で適用されます。

ですが、端末購入サポートでは上記の機種しかないため、ラインナップが少なめに感じてしまうようです。

ドコモの端末購入サポートのデメリット④:対応機種が古い

MNP乗換は本来とてもお得な購入方法で、さらに端末購入サポートになったことでお得になったと言えるでしょう。

ですが、先ほど紹介したiPhoneやスマートフォンのラインナップを見るとわかるとおり、少し古いモデルであることがわかります。

例えば、2018年の夏モデルで登場したGalaxy S9を端末購入サポートで購入したいと思っていても、対応機種としてはGalaxy S8までしか対応ではありません

そのため、お得な端末購入サポートを利用するのであれば少し古めの機種を利用することになりそうです。

上手に活用してお得に機種をゲット!

以上、ドコモの端末購入サポートについてメリットとデメリットを解説してみましたがいかがでしたでしょうか。

端末購入サポートでは対応機種であればドコモがかなり大きな価格を負担してくれるため、お得に新しい機種を購入できると言っても過言ではありません。

ですが、端末購入サポートで購入するためにはいくつか条件もあり、条件を守れない場合には高額の解除料を支払う必要もでてくるため、注意が必要です。

そして、端末購入サポートは購入できる機種が限定的であるため、最新の機種を購入したいと検討している人にはおすすめできませんが、良い機種を安く購入したいという人にはおすすめです。

他のキャンペーンとも併用することができるので、わからない場合にはドコモショップで質問してみるのもおすすめです。

次に読んで欲しいドコモの関連情報

ドコモの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法
ドコモで機種変更するならオンラインショップを利用しましょう。事務手数料と頭金が無料、待ち時間もかからずに手続きが可能です。また、オンライン限定の特典や割引があるなど通常のショップで機種変更するよりもお得にできます。

Pocket