ドコモオンラインショップにて携帯・スマホ契約をする場合、商品が手元に届いてから開通手続きをする必要があります。

ただし、開通手続きはいつでもできるわけではなく、新規契約・乗り換え(MNP)・機種変更によって開通期限が設けられているのです。

こちらの記事では、ドコモオンラインショップで購入した機種の開通手続きの期限と方法について紹介しています。

ドコモで機種変更するならオンラインショップがオススメです!
ドコモは、適切なタイミングでオンラインショップを利用すれば最大3万円もお得に機種変更できます。詳しくはこちらで紹介しています。

ドコモオンラインショップの開通期限ってあるの?

新規契約の場合は?

新規契約とは、キャリア・三大キャリアに初めて契約をすることで、好きなスマホ・携帯を利用することができます。
ドコモオンラインショップで新規契約をする場合、ネットで好きな商品を注文した日から換算して、15日以内に開通手続きをしなければいけません

15日間という有効期限がありますが、ギリギリよりも商品が手元に着いたその日に各種設定と開通手続きを行っておくと安心です。
注文日時をしっかりメモして忘れずに手続きしておきましょう。

乗り換え(MNP)の場合は?

 

携帯乗り換え

ドコモオンラインショップで他社から乗り換える(MNP)の場合、商品が届いてから1か月以内に開通手続きを行う必要があります
新規契約では15日以内に開通手続きをしなければいけないのに対して、MNPの場合は1か月の猶予があるため、余裕をもって手続きをすることができるでしょう。

とはいっても、1か月はあっという間に過ぎるので、余裕があるからとのんびりしているとあっという間に月日が過ぎてしまいます。
気がついたら、過ぎていたなんてことになりかねません。

期限を過ぎてしまうと、場合によっては取り消しになってしまうおそれがあるので、手元に商品が届いたらすぐに開通手続きを行いましょう。

ドコモ MNP転出にかかる費用と時間は?期限が過ぎたら再発行手数料が必要?

機種変更の場合は?

iphone6 機種変更

ドコモオンラインショップで機種変更をする場合、注文完了の翌月から換算した日数が期限となります。
つまり、注文をして商品が出荷される日から換算して、20日以内に開通手続きをする必要があるのです

また、機種変更では、必ずしも開通手続きをしなければいけないという規定はありません。
場合によっては特に必要がないときもあるので、見極めが大事でしょう。

開通手続きが必要ない場合は、下記の通りです。

  • Xi→Xiへ機種変更する
  • FOMA→FOMAへ機種変更する
  • 機種変更でSIMカードサイズが変わらない

これらのときは、開通手続きの必要がありません。

どうやるの?開通手続きの手順

手順①ウェブサイトで開通手続きをする

24時間いつでも申込ができて、誰に会うこともなく気軽にできるのがドコモオンラインショップの魅力です。
開通手続きを行う場合、まず、ドコモオンラインショップのHPにアクセスします。

「申込履歴」ボタンより、機種変更の場合は「ログイン画面」でログイン、新規契約とMNPの場合は受付番号・連絡先電話番号・暗証番号を入力してログインしてください。
「購入履歴・配送状況」から「開通の手続き」ボタンを押して、「確認事項」をチェックしてから次へをクリックしましょう。

契約番号・受付確認メールを確認できれば、注文確定となり、開通手続きは完了します。

手順②電話での開通手続きをする

画像引用元:SONY公式サイト

ドコモオンラインショップ以外に電話で手続きをするという方法があります。
電話の場合は、新規契約・機種変更と乗り換え(MNP)の方法が若干異なるので注意が必要です。

電話での開通手続きでは、新しいSIMカードを端末に入れて、電話番号発信をします。
※切り替え専用ダイヤル:1580(受付時間:24時間対応)

このダイヤル番号は、購入した機種のみとなっているので、商品が到着したらすぐにSIMカードを入れて手続きを開始してください。
後は電話のガイダンスに従って作業をするだけなので、とくに難しいこともないでしょう。

たった5分で機種変更の開通手続きを行う方法

手順①ドコモオンラインショップでの手続き方法

ドコモオンラインショップで機種変更をする場合、24時間いつでも開通手続きをすることができます。(メンテナンス除く)
手続きの仕方はとても簡単です。

トップページ→「申込履歴」→購入履歴・配送状況ページから「開通手続きへ」→「開通前の確認事項」をチェック→「次へ」→契約電話番号・受付確認メールをチェック→「注文確定する」→開通手続き完了

手順②電話での手続き方法

ネットがつながる環境にない場合、電話での機種変更開通手続きも可能です。
機種変更の場合は、切替専用ダイヤルによる音声ガイダンスとなるので、24時間いつでもそれに従って進んでいくと開通手続きが完了します。(メンテナンス除く)

まず購入機種の電源オン→購入した機種から開通専用電話番号へ発信→携帯電話から局番なし1580(通話無料)→ネットワーク暗証番号(数字4桁)入力後最後に「♯」押す→開通するときは「1」・中止のときは「9」最後に「♯」を押す→「ドコモUIMカードを開通しました」→手続き完了

ドコモオンラインショップでiPhoneを購入したときの開通手続きのタイミングは?

SIMカードを取り付けた後に手続きする

画像引用元:mydocomo

ドコモオンラインショップでiPhoneを購入した場合、利用できる状態にするための設定が必要です。
開通手続きまでにはさまざまな設定があるので、注意しましょう。

商品が手元に届いたときに、新しくSIMカードが入っていれば、それを購入した機種に挿入します。
機種のサイドにあるnano UIMカードトレイを引き出して、そこにUIMカードを挿入し、トレイを元に戻してください。

そして、ここから電話機の開通手続きを行います。

iPhoneの利用開始設定前に行う

画像引用元:docomo Online Shop

利用開始設定とは、アクティベーションのことで、前の機種から新しく購入した機種へデータを移行させます。
この工程の前に電話機の開通手続きを行うということです。

iPhoneのアクティベーションは3つの方法があり、

  • 初めてのiPhone利用→データ移行は必要なし
  • iPhone→iPhoneへ機種変更→iCloudからデータを復元する
  • iPhoneからiPhoneに機種変更→iTunesからデータを復元

になります。
移行させる内容は、言語・地域・位置情報サービス・Touch ID・Apple IDなどで、データを移すことで新しい機種でも前機種同様に使いやすいスマホに切り替わるのです。

この作業をする前に開通手続きを済ませておくようにしましょう。

もしもドコモオンラインショップで開通手続きしなかったらどうなる?

自動的に開通手続きとなる

ドコモオンラインショップで新規契約・乗り換え(MNP)・機種変更手続きを行うことができますが、手元に届いた商品は自身で開通手続きが必要です。
開通手続きには期限が設けられているので、その期限内に手続きをしなければいけません。

例えばその期限内にどうしても忙しくて手続きができない、またはうっかり忘れてしまい、期限が切れてしまったときどうなってしまうのか気になるところです。
機種変更・新規契約に対しては、期間内に手続きをしなくても、ドコモで自動的に開通手続きをしますので問題ないでしょう。

とはいってもドコモオンラインショップにて購入した端末は、自身で設定・手続きをすることが前提になるので、商品が手元に届いたらすぐに設定・手続きをしておくと安心です。
忘れずに行っておくようにしましょう。

契約が取り消しになるケースもある

機種変更や新規契約では期限がすぎても自動開通手続きをしてくれるので、うっかり忘れでも問題ありません。
しかし、他社から乗り換え(MNP)については、手元に商品を受け取った後、1か月をすぎても開通手続きがされない場合、契約の申し込みがキャンセルになるので注意が必要です。

利用契約の手続きはされないので、商品代のみ請求される形となります。
これではドコモ契約ができないため、乗り換え(MNP)の場合はとくに気をつけなければいけません。

忘れないように、商品が着いたその日か近いうちに、諸設定・開通手続きを済ませておくようにしましょう。

期間内に手続きが完了しなかったときの各種の対応

新規契約の場合のドコモ対応

ドコモオンラインショップでドコモの新規契約をして、開通手続きの期限に間に合わなかった場合、ドコモで自動的に開通手続きを行います
しかし、開通手続きができないケースもあり、自動手続きは逆にやっかいな存在になってしまうでしょう。

例えば、まだ端末が届かない、受け取っていないときでも、期限がすぎてしまうと自動的に手続きがとられてしまうケースです。
手元に商品がないのに、既に開通手続きが行われていることで月々の基本使用料が請求されてしまいます。

ドコモ側から「開通しました」といった通知はないので、この点については注意が必要です。
もしも何らかの理由で手元に商品が届いていない場合は、期限内にドコモに問い合わせをしましょう。

MNPの場合のドコモ対応

MNP手数料

他社から乗り換え(MNP)するときは、商品が手元に届いてから開通期限までに手続きを完了しなければいけません。
そのまま放置してしまうと、手続きがキャンセルになるからです。

もちろん、商品は手元にあり購入しているため、端末代金のみ請求されます。
ただし、開通手続きにかかる事務手数料は返金されないため、その分、損をしたことになるので、ドコモで利用したいときは早めに手続きを行っておくべきです。

MNPの場合は、開通手続きをしないと損しかないので、注意してください。

機種変更の場合のドコモ対応

アプリ 機種変更

ドコモオンラインショップで機種変更をするとき、開通期限をすぎると自動的に開通手続きが完了します
そのため、ドコモで利用したいのであれば、自分で開通手続きをしなくても期限がすぎれば行ってくれるので問題ありません。

とはいっても不具合がでることもあります。
例えば、古い機種と新しい機種それぞれにSIMを挿入している場合、古い機種のSIMは使用できません。

2台持ちができて便利、なんて思っていたらいきなり使えなくなるなんてこともあるので、注意が必要でしょう。

ドコモオンラインショップで申し込むといつ届く?

契約種別と受取種別の目安

ドコモオンラインショップでスマホや携帯を購入したとき、開通手続きが必要になりますが、期限があるため早めに行う必要があります。
自身のスケジュールなどもあり、商品がいつごろ届くのか気になるところです。

ドコモショップと違って、すぐに手に入らない難点があるのですが、ある程度日数が分かっていると、開通手続きをするタイミングを逃すことも少なくなるでしょう。
そこで、契約種別・受取種別の日数目安を参考にしてください。

契約種別 宅配便 コンビニ受取 ショップ受取
機種変更 2日程度 2日程度 2日程度
新規契約 10日程度 10日程度
MNP 10日程度 10日程度

機種変更は本人確認が不要なので、早く手元に届きますが、新規契約・MNPの場合は本人確認の手間がある分、どうしても手元に届くまで日数がかかってしまいます。
24時間手続き可能・誰にも会う必要がないなどさまざまなメリットがある反面、商品発送の日数がかかる点ではドコモショップの方が便利です。

この日数はあくまでも目安であり、宅配事情などによって多少遅れることもあるので、その点を考慮しながら、開通手続きを行えるように余裕をもったスケジュール管理をしておきましょう。

配送業者について

ドコモオンラインショップで購入した商品は、配送業者を経由して自宅に届けられます。
現在日本には数多くの配送業者があり、知名度の高い配送業者といえば、

  • 佐川急便
  • ペリカン便
  • 日本通運

といった配送業者が請け負ってくれるとされていますが、基本となるのはゆうパック(日本郵便)です。
場合によっては違う配送業者になったり、今後は別の業者に変更になることも十分考えられるので、その点を頭に入れておきましょう。

配送状況を確認しよう

ドコモオンラインショップで購入した商品が発送されると、「商品発送のご連絡」がメールで届きます。
このメールには、配送状況が確認できるURLも載っているのでそちらをクリックしてください。

今現在、購入した商品がどこにあるのか、荷物追跡を行うことができます。
お問合せ伝票番号を入力すると、現在の状況を確認できるので、あとどれくらいでつくのか事前にチェックしておきましょう。

ドコモショップで受け取る場合

ドコモオンラインショップで購入して、受け取り場所を自宅ではなくドコモショップに選択した場合、最寄のドコモショップにて受け取り可能です。
しかし、お店のときはどうしても混み時間などもあるので、順番待ちが考えられます。

そのため、事前の来店予約をすることをおすすめしますが、予約可能時間などは店舗や日にちによって異なるため、注意してください。
ちなみに、ドコモショップでの受け取りのときは、送料・手数料は無料になります。

ドコモオンラインショップで店頭受け取りは手数料・頭金がかかるのか?

もしも開通手続きで困った場合の対処法

ドコモインフォメーションセンターに問い合わせをする

もしも自分で開通手続きができなかったり設定が難しい場合、ドコモインフォメーションセンターを利用するという方法があります。

  • 電話番号:ドコモ携帯電話は151(無料)一般電話は0120-800-000

   受付時間:午前9時~午後8時(年中無休)

電話発信ができないプランのときは?

分からないことはドコモインフォメーションセンターで聞くことになりますが、もしも電話発信できないプランのときは、電話による開通手続きができません。
基本の開通手続きは、

  • 電話から開通手続き
  • ウェブから開通手続き

のどちらかなので、ウェブサイトからの開通手続きをしましょう。
ただし、ウェブサイトでの手続きができる時間帯も決まっています。

基本午前9時~午後9時となっていますので、この時間外での受付はできないため、注意してください。

まとめ 開通手続きは早めに行おう!

ドコモオンラインショップで新しい携帯・スマホを購入するとき、開通手続きが必要です。
基本的にウェブか電話での手続きとなりますが、開通期限もあるので早めに手続きしておくことが無難でしょう。

    • 開通手続きの期限が切れても自動手続きとなる
    • 契約が取り消されることもあるので注意が必要である

きちんと開通期限内に手続きができるように、商品がいつ届くかなどをしっかり把握した上で申し込みをしましょう。
また、開通手続きは期限ぎりぎりでは焦って間違えてしまうことも考えられるため、できる限り余裕をもって手続きするようにしてください。

ドコモオンラインショップの機種変更で開通手続きを15分で終わらす方法

Pocket