Apple Watch Series 3がドコモオンラインショップで発売|お得に購入する全知識

先日9月12日、スティーブ・ジョブズ・シアターで新型iPhoneであるiPhone8、iPhone8 PlusそしてiPhoneXが発表されました。

新型iPhoneはワイヤレス充電に対応しており、iPhoneXに至ってはホームボタンが廃止され全面液晶化されデザイン面で大幅な変更が加えられたこともあり発売が待ち遠しところです。

同日に発表されたApple Watchの新モデルApple Watch Series3もまた、大きな進化を遂げ新型iPhoneに次いで注目を集めています。

Appleの発表会をご覧になった方の中には、Apple Watch Series 3の性能や価格に興味を持たれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そして今回のApple Watchは初めてドコモオンラインショップからも発売されるということもあり、ドコモユーザーの方もApple Watch Series3の購入を検討されているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、Apple Watch Series3の詳細な内容に合わせて、ドコモオンラインショップでお得に購入するための全知識を紹介して行きます。

新型Apple WatchであるApple Watch Series3の購入を検討されている方や、興味をお持ちの方は是非参考にしていただけたらとお思います。

1.Apple Watchでできること

今回のイベントでApple Watchに興味を持たれた方の中には、Apple Watchでどのようなことができるのが気になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずはApple Watchでどのようなことができるのかについて確認して行きましょう。

1-1.メールの通知を確認できる

皆さんは1日に何通のメールを受信しているでしょうか。

直ぐに確認して返信をしなければならないメールもあれば後でゆっくり確認しても良いメールもあるでしょう。

そして、広告など必ずしも確認する必要性のないメールも存在しています。

1日に数件から数十件というメールを、着信がある度にスマホを取り出して確認するという作業は、1ヶ月そして1年と継続して行くと多くの時間を費やしていることになります。

このようなメールの通知はApple Watchでも確認することができます。

通知の瞬間、腕に目を配るだけでそのメールが直ぐに確認が必要であるのかどうかを把握することができるならば、これまでメールの通知時に確認に費やして来た多くの時間を節約することができるでしょう。

1-2.通話もできる

Apple WatchはiPhoneとBluetoothで接続しているため、先ほど紹介したようにメールの通知だけではなくiPhoneに着信した電話も受けることができます。

急な着信時に鞄からiPhoneを取り出そうとしている間に電話が切れてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、Apple Watchがあればさっといつでも電話を受けることができるため、相手を待たせることがありません。

1-3.健康管理に役立つ

デスクワークがメインの方にとって、1日に何歩歩いたかなど活動量が気になるところです。

ウォーキングやランニングを継続することは、身体の代謝を良くすることによりダイエット効果があるばかりではなく、脳の活性化や生活習慣病の予防など多くのメリットがあります。

Apple Watchはその日にどれだけ体を動かしたのかを記録しています。そして、心拍数を計測することで消費カロリーも計算してくれます。

日頃、運動不足を感じているという方は、Apple Watchで健康を意識してみてはいかがでしょうか。

1-4.電車もコンビニも腕をかざすだけ

Apple Watch2以降のモデルはApplePayに対応しており、利用できる電子マネーはSuicaやiDそしてQUICPayなどがあります。

Apple Watchがあれば駅の改札でもiPhoneを取り出すことなく腕をかざすだけで通過することが可能になります。旅行などで荷物が多い時には大変助かる機能です。

そしてコンビニやファミレスなどでも同様に、Apple Watchをかざすだけで買物ができてしまいます。

1-5.Apple Watch3ならiPhoneフリーで利用できる

Apple Watch2までは、ほぼ同じような機能を利用することはできるものの、基本的にiPhoneとBluetoothで接続して利用することが前提となっています。

メールの通知や、電話の着信などもiPhoneとApple Watchが通信可能な距離になければなりませんでした。

しかし、Apple Watch3はLTE通信機能が搭載されているため、iPhoneがなくても単独で通信を行うことができます。

そのため、常にiPhoneを持ち歩くことなくApple Watchのみでこれら機能を利用することができるようになりました。

Apple Watchを使うことによる主なメリットを紹介して来ましたが、各種Apple Watch専用のアプリを利用することで可能性はもっと広がって行くことでしょう。

2.Apple Watch3のスペック詳細

Apple Watchがあるとどのようなことができるのかがわかってきました。続いてはApple Watch3のスペックなど詳細について紹介して行きます。

2-1.Apple Watch3のスペック

・チップ:S3、W2 デュアルコアプロセッサーとAppleのワイヤレスチップを搭載
・液晶画面:第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
・保存領域:16GB
・GPS:GLONASS、QZSS
・センサー:気圧高度計、心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサー

・通信機能
LTE:1(2,100 MHz)、3(1,800 MHz)、5(850 MHz)、7(2,600 MHz)、8(900 MHz)
18(800 MHz)、19(800 MHz)、20(800 DD)、26(800 MHz)
UMTS:800 MHz、850 MHz、900 MHz、2,100 MHz

・ワイヤレス機能:Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)、Bluetooth4.2

・カラーバリエーション:シルバー、ゴールド、スペースグレイ

2-2.販売モデルと価格

◇Apple Watch Series 3(GPS+Cellularモデル)

商品名 販売価格 24回分割
38mm シルバーアルミニウムケースとシーシェルスポーツループ 49,464円 2,061円/月
42mm シルバーアルミニウムケースとシーシェルスポーツループ 52,704円 2,196円/月
38mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ 49,464円 2,061円/月
42mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ 52,704円 2,196円/月
38mm スペースグレイアルミニウムケースとダークオリーブスポーツループ 49,464円 2,061円/月
42mm スペースグレイアルミニウムケースとダークオリーブスポーツループ 52,704円 2,196円/月
38mm シルバーアルミニウムケースとフォッグスポーツバンド 49,464円 2,061円/月
42mm シルバーアルミニウムケースとフォッグスポーツバンド 52,704円 2,196円/月
38mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド 49,464円 2,061円/月
42mm ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド 52,704円 2,196円/月
38mm スペースグレイアルミニウムケースとグレイスポーツバンド 49,464円 2,061円/月
42mm スペースグレイアルミニウムケースとグレイスポーツバンド 52,704円 2,196円/月
38mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド 49,464円 2,061円/月
42mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド 52,704円 2,196円/月

 

◇Apple Watch Nike+ Series 3(GPS+Cellularモデル)

商品名 販売価格 24回分割
38mm シルバーアルミニウムケースとブライトクリムゾン/ブラックNikeスポーツループ 49,464円 2,061円/月
42mm シルバーアルミニウムケースとブライトクリムゾン/ブラックNikeスポーツループ 52,704円 2,196円/月
38mm スペースグレイアルミニウムケースとブラック/ピュアプラチナNikeスポーツループ 49,464円 2,061円/月
42mm スペースグレイアルミニウムケースとブラック/ピュアプラチナNikeスポーツループ 52,704円 2,196円/月
38mm シルバーアルミニウムケースとピュアプラチナ/ブラックNikeスポーツバンド 49,464円 2,061円/月
42mm シルバーアルミニウムケースとピュアプラチナ/ブラックNikeスポーツバンド 52,704円 2,196円/月
38mm スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド 49,464円 2,061円/月
42mm スペースグレイアルミニウムケースとアンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド 52,704円 2,196円/月

ドコモオンラインショップで購入可能なApple Watch3のモデルはApple Watch Series 3(GPS+Cellularモデル) とApple Watch Nike+ Series 3(GPS+Cellularモデル) になっており、液晶画面サイズと組み合わせるバンドにより価格が異なります。

液晶画面が大きい方が見やすく、操作がしやすいということになりますが、腕の細い方の場合には42mmでは少し緩めになってしまうかもしれませんので注意が必要です。

液晶画面のサイズが38mmのモデルであれば、24回の分割購入で1ヶ月あたり2千円ちょっとで利用することができます。

あと、気になることと言えば通信費はどうなるのかということになってきます。

2-3.その前に・・・

通信料金の紹介の前にApple Watchの契約方法について少し触れておきたいと思います。

Apple WatchはiPhoneなしでも単独で通信をすることができます。通話機能も搭載されているため、Apple Watch単独で契約ができるのかというとそうではありません。

Apple Watchは新規で電話番号を取得するのではなく、主となるスマートフォンの電話番号を共有する形式となっているため主となるスマートフォンのオプション的なサービスを利用することになります。

この一つの電話番号を共有するオプションをドコモでは「ワンナンバー」という名称で提供しています。

ドコモのワンナンバーの基本料金が月額500円となっており、初期登録手数料は別途500円となっています。

そして、もう一つ条件になることがあります。それは主となるスマートフォンの契約となる端末がiPhone6/iPhone6 Plue以降のモデルでなければならないということになります。

このへんも踏まえた上で、Apple Watch3をお得に購入する方法を検討してみましょう。

3.お得にApple Watch3を購入するならiPhoneの料金もトータルで考える

先ほどの項目でもお伝えしたように、Apple Watch3を契約する場合には、iPhone6以降のiPhoneが必要になってきます。

すでにiPhoneを利用している方、そしてiPhoneを利用しているがiPhone6よりも前もモデルの方がいらっしゃるかと思います。

更に、現在ドコモを契約しているのか他社からドコモに乗り換えるのかで、トータルの料金は変化してきます。

まずは、それぞれのパターンによってiPhoneとApple Watch3のトータル費用がどれぐらいかかるのかを確認して行きましょう。

3-1.ドコモの既契約者でiPhone6以降のモデルを利用している場合

すでにドコモのiPhone6以降を利用しているという方の場合には、通話定額のカケホーダイまたはカケホーダイライトプランを利用になっている方が大半です。

ドコモのカケホーダイまたはカケホーダイライトプランの方がApple Watch3を利用する場合には、以下のようになります。

◇カケホーダイ
・iPhoneの料金(端末代金は支払い済みとする)
基本料金:2,700円
SPモード:300円
データSパック(2GB):3,500円
iPhone利用料金合計:6,500円

・Apple Watch3の料金(38mmスポーツループ)

機種代金:2,061円 × 24回
ワンナンバー利用料:500円
Apple Watch3の利用料金合計:2,561円

合計:9,061円

◇カケホーダイライト
・iPhoneの料金(端末代金は支払い済みとする)
基本料金:1,700円
SPモード:300円
データSパック(2GB):3,500円
iPhone利用料金合計:5,500円

・Apple Watch3の料金(38mmスポーツループ)

機種代金:2,061円 × 24回
ワンナンバー利用料:500円
Apple Watch3の利用料金合計:2,561円

合計:8,061円
カケホーダイライトの場合でもiPhoneとApple Watch3の利用料金を合計すると8,000円程度になります。もし、ドコモを利用中の方がもう少し料金を抑えたいという場合には、音声通話の利用状況を確認しておき、音声通話の発信頻度がそれほど高くなく、家族で複数のiPhoneを利用していう場合には、ドコモの新プランに変更するという方法もあります。

ドコモの新プランシンプルプランに変更した場合の利用料金は以下のようになります。

◇シンプルプラン

・iPhoneの料金(端末代金は支払い済みかつ2人で利用)
基本料金:980円 × 2
SPモード:300円 × 2
データシェアパック(5GB):6,500円 × 1
シェアオプション:500円 × 1

iPhone利用料金合計:4,780円(一人あたり)

・Apple Watch3の料金(38mmスポーツループ)

機種代金:2,061円 × 24回
ワンナンバー利用料:500円
Apple Watch3の利用料金合計:2,561円

合計:7,841円

家族二人以上でiPhoneを利用する場合、シンプルプランを利用することでドコモのプランの中では最も安くiPhoneとApple Watch3を利用することができます。

ちなみに、iPhone以外のスマホを利用している場合には、機種変更をする必要があります。

現在、ドコモオンラインショップで購入することができる、iPhoneシリーズの種類と価格は以下の通りになっています。

・iPhone8 Plus
機種代金:4,185円 × 24回
月々サポート:-2,367円 × 24回
実質負担金:1,818円 × 24回

・iPhone8
機種代金:3,699円 × 24回
月々サポート:-2,376円 × 24回
実質負担金:1,323円 × 24回

・iPhone7 Plus
機種代金:4,023円 × 24回
月々サポート:-2,808円 × 24回
実質負担金:1,215円 × 24回

・iPhone7
機種代金:3,429円 × 24回
月々サポート:-2,781円 × 24回
実質負担金:648円 × 24回

・iPhone SE
機種代金:2,133円 × 24回
月々サポート:-1,485円 × 24回
実質負担金:648円 × 24回

3-2.ドコモ以外のスマホを利用している場合

ドコモ以外のキャリアを利用している方がドコモのApple Watch3を利用したい場合には、ドコモのiPhoneを同時に購入する必要がありま

現在ドコモで購入できるiPhoneは、最新モデルであるiPhone8/iPhone8 Plusのほか、1世代前のiPhone7/iPhone7 PlusそしてiPhoneSEになります。

それぞれのパターンでiPhoneの機種代金と通信料金を合わせてどれぐらいかかるのかを確認してみましょう。

◇iPhone8を乗り換えで購入する場合(64GBモデル、シンプルプラン2人利用)
・iPhone8の料金
端末代金:3,699円 × 24回
月々サポート:-2,376円 × 24回

基本料金:980円 × 2
SPモード:300円 × 2
データシェアパック(5GB):6,500円 × 1
シェアオプション:500円

iPhone利用料金合計:6,103円(一人あたり)

・Apple Watch3の料金(38mmスポーツループ)
機種代金:2,061円 × 24回
ワンナンバー利用料:500円
Apple Watch3の利用料金合計:2,561円

合計:8,664円

◇iPhone7を乗り換えで購入する場合(32GBモデル、シンプルプラン2人利用)

・iPhone7の料金
端末代金:648円 × 24回
月々サポート:0円 × 24回

基本料金:980円 × 2
SPモード:300円 × 2
データシェアパック(5GB):6,500円 × 1
シェアオプション:500円

iPhone利用料金合計:5,428円(一人あたり)

・Apple Watch3の料金(38mmスポーツループ)
機種代金:2,061円 × 24回
ワンナンバー利用料:500円
Apple Watch3の利用料金合計:2,561円

合計:7,989円

◇iPhoneSEを乗り換えで購入する場合(32GBモデル、シンプルプラン2人利用)

・iPhoneSEの料金
端末代金:2,133円 × 24回
月々サポート:-1,485円 × 24回

基本料金:980円 × 2
SPモード:300円 × 2
データシェアパック(5GB):6,500円 × 1
シェアオプション:500円

iPhone利用料金合計:5,428円(一人あたり)

・Apple Watch3の料金(38mmスポーツループ)
機種代金:2,061円 × 24回
ワンナンバー利用料:500円
Apple Watch3の利用料金合計:2,561円

合計:7,989円

ドコモ以外の方が、ドコモのiPhoneとApple Watch3を同時に購入する場合、1世代前のiPhone7またはiPhoneSEを選択することで、iPhoneの端末代金を大幅に抑えることができます。

端末代金を比較するとiPhone7とiPhoneSEの実質負担金が同じになっていることから、性能面も考慮して考えるとiPhone7が最もお得感の高い選択枝ということになります。

4.ドコモの割引キャンペーンの併用で更にお得になる

先ほどは各種キャンペーン等の割引などは考慮しない金額を比較してきましたが、他社からドコモに乗り換えをする場合には、各種割引キャンペーンが適応になる場合があります。

そのため、契約時にはこれから紹介する割引キャンペーン適応になるかどうかをよく確認しておくと良いでしょう。ドコモオンラインショップでのお申し込みが楽です。

4-1.下取りプログラム

ドコモでは、他社で購入したスマホなども下取りし、下取り金額相当を割り引くキャンペーンを実施しており、主な機種の買い取り金額は以下のようになっています。

◇Androidスマホ
・auから発売のスマホ
Xperia Z5 SOV32:22,000円
Galaxy A8 SCV32:20,000円
Xperia Z4 SOV31:17,000円

・ソフトバンクから発売のスマホ
Xperia Z5:22,000円
AQUOS Xx2:19,000円
Xperia Z4:17,000円

◇iPhoneシリーズ
iPhone 7 Plus:46,000円
iPhone 7:41,000円
iPhone 6s Plus:31,500円
iPhone 6s:26,568円
iPhone 6 Plus:22,000円
iPhone 6:22,000円

下取り金額を見てみると、iPhoneシリーズの買い取り価格が高めに設定されていることがわかります。

もし、auやソフトバンクのiPhoneを利用していて、Apple Watch3をお得に購入したいとお考えの方は現在利用中のiPhoneを下取りに出して、お得感の高いiPhone7やiPhoneSEに変更すること良いでしょう。

4-2.家族まとめて割

iPhoneとApple Watchの利用料金の部分で、単独契約よりもシェアプランでデータを共有した方が料金が安くなるということを紹介しましたが、ドコモには家族で契約することのメリットはもっとあります。

それが家族まとめて割と呼ばれるキャンペーンになりますが、このキャンペーンは家族で2台以上の指定機種を購入することにより、1台につき最大5,184円の割引を受けられるというものです。

指定の機種は「iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE」となっているため現在ドコモオンラインショップで購入することができるiPhoneシリーズは全てキャンペーンの対象になります。

キャンペーンの条件として、同一店舗で同時に2台以上の対象機種の購入することとなっていますが、ドコモオンラインショップで購入した場合にはその場での値引きではなく、同金額を後日、利用料金から割り引いてもらうことができます。

現在、家族で複数のスマホを利用されている方は、これらキャンペーンを複数適応することで、Apple Watch3購入による増加分をかなり相殺することができます。

5.Apple Payのキャッシュバックキャンペーンを活用する

Apple Watch2以降のモデルとiPhone7以降のモデルで利用できるようになった、電子マネー機能であるApple Payですが各種キャッシュバックキャンペーンが実施されています。もし、Apple Pay機能を使う予定があればApple Watch3の購入後Apple Payキャンペーンも上手く活用することで更にお得になります。

以下では現在確認できるApple Payのキャッシュバックキャンペーンになります。

5-1.セゾンQUICPayのキャンペーン

< セゾンのQUICPayでは以下キャンペーンを実施しています。 ・はじめての利用でもれなく1,000円キャッシュバック

実施期間:2017年9月22日(金)~2018年1月31日(水)

・5%キャッシュバック

キャンペーン実施期間中の「土・日・祝日」にQUICPay加盟店でApple Payで支払いをすることで、利用額の5%をキャッシュバックしてもらえます。
実施期間:2017年9月22日(金)~2018年1月31日(水)

・最大919万円が抽選で当たる

イオンやファミリーマートなどの指定のコンビニでApple Payを利用して支払いをすることで、抽選で最大919万円が当たります。

5-1.d CARDのキャッシュバックキャンペーン

ドコモ系列のd CARDでもキャッシュバックキャンペーンを実施しています。キャンペーン内容はd CARDのiDをApple Payに登録設定すると2,000円もらうことができ、利用することで更に500円のキャッシュバックがあります。

キャンペーン期間は以下の通りです。
2017年9月1日(金)~2017年10月31日(火)

詳しくはドコモオンラインショップで確認しましょう。

6.購入時期はいつごろがいいのか

ドコモの各種キャンペーンやApple Payのキャッシュバックを利用することにより、Apple Watch3をお得に利用することがわかりましたが、あとはいつ頃購入したら良いのかということになります。

もし、ドコモ以外のキャリアからドコモに乗り換えをお考えの方の場合には、乗り換え時に発生する違約金や端末代金の残金の問題があるため、契約更新月のタイミングか端末代金の支払いが完了したタイミングが最も費用を抑えることができます。

Apple Watch3をiPhoneと同一の電話番号で接続するためのワンナンバーサービスは月額500円で、初期登録手数料が500円かかることは冒頭でもお伝えしておりましたが、2018年3月31日(土曜)までに申し込んだ場合には最初の180日間は月額料金が無料。

そして、2018年3月31日(土曜)までは初期登録手数料も無料になります。

そのため、Apple Watch3の購入をお考えの方は、2018年3月31日までに購入すると良いでしょう。

Apple Payをこれから使って見たいとお考えの方は、各社で実施しているApple Payのキャッシュバックキャンペーンの実施期間中に購入すると更にお得になるでしょう。

まとめ

ここまで、Apple Watch3をドコモオンラインショップでお得に購入するための方法を紹介してきましたがいかがでしょうか。

最新のApple Watch3は単独でLTE通信が可能で通話機能も搭載してるものの、単独での契約はできないことになっており、iPhone6以降のiPhoneとの同時契約が必須となっています。

そのため、Apple Watch3をお得に購入したい場合には、いかにiPhoneの購入費用を抑えるかということと、iPhoneの通信料金を安く抑えることがポイントになってきます。

また、キャリアを問わずApple Watch3で利用可能なApple Payのキャンペーンもうまく活用することにより、更にApple Watch3を購入することができます。

今回発売されたApple Watch3が気になっているという方は、是非ここで紹介した方法を参考にお得にゲットしていただけたらと思います。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

関連記事