大手3大キャリアであるドコモには、多くのキャンペーンが存在します。
その多くが、スマホをお得に利用できる内容となっており、必ず活用すべきものばかりです。

そして、今回新たなキャンペーン「ウェルカムスマホ割」が登場しました。

「ウェルカムスマホ割」は、ミドルレンジ(中級)機種対象であるキャンペーン「docomo with」とは併用可能なので、かなり魅力的なものとなっています。

この記事では、「ウェルカムスマホ割」の適応条件や特典内容など、様々な特徴について徹底解説していきます。

スマホの契約内容を見直しする際に、「ウェルカムスマホ割」を取り入れてみてはどうでしょうか?

ドコモオンラインショップのメリット|ネットと店頭で機種変更はどちらの価格が安い?

「ウェルカムスマホ割」について徹底解説!


画像引用元:NTTドコモ ホーム

早速「ウェルカムスマホ割」についてみていきましょう!

キャンペーンを利用する際に、押さえておきたいポイントは以下の3つになります。

  1. 「ウェルカムスマホ割」の実施期間について
  2. 「ウェルカムスマホ割」の特典内容について
  3. 「ウェルカムスマホ割」の適応条件について

この3つのポイントは、どのキャンペーン利用にも言えることですね。

上記の3つを踏まえた上で、さらに重要なことは「自分に必要なキャンペーン内容なのか?」という点です。

自分に必要ではないキャンペーンの契約は、無駄に費用をかけてしまう要素になってしまいます。

契約の見直しの際は、自分のスマホ使用状況を把握する必要があります。

まず最初に、「ウェルカムスマホ割」のキャンペーン期間、特典内容、適応条件の3つを解説していきましょう。

「ウェルカムスマホ割」のキャンペーン期間とは?

「ウェルカムスマホ割」のキャンペーン期間をみていきましょう。

「ウェルカムスマホ割」は、2018年11月1日(木)から申し込みが開始されています。

終了時期は、記載されていないので長く実施されると思われます。

次の特典内容で詳しく解説しますが、「ウェルカムスマホ割」特典は1年間の割引になっていますし、焦って契約することはないキャンペーンになっています。

「ウェルカムスマホ割」の特典内容とは?

次に、「ウェルカムスマホ割」の特典内容についてみていきましょう。

「ウェルカムスマホ割」は、最大13ヶ月1,500円の割引がされるキャンペーンとなっています。

なので、最大19,500円の割引が可能となります!

ドコモケータイや、らくらくホン・キッズケータイよりも高額であるスマホの購入をするのであれば、19,500円の割引は捨てがたいものですね!

割引期間については、初回適用月から最大13か月間となっています。

「適用開始時期」「適用終了条件」「割引対象料金」の詳細は以下のようになっています。

〈適用開始時期〉

  • 対象オーダー内(同一オーダー)で適用条件を満たす回線については、当月から「ウェルカムスマホ割」が適用となります(月途中適用の場合、割引額は日割り計算)。
  • 必須パケットパックを「翌月から適用」とした場合、「ウェルカムスマホ割」も翌月から適用となります。

〈適用終了条件〉
以下のいずれかに該当した場合、前月末までの適用となります。

  • 割引適用条件(対象料金プラン/必須パケットパック/必須インターネット接続サービス)を満たさなくなった場合
  • 回線解約

〈割引対象料金〉
以下の順に割引額を充当されます。

  1. パケットパック定額料
  2. 基本使用料
  3. 指定インターネット接続サービス月額使用料

シェアグループ子回線の割引対象料金総額が「ウェルカムスマホ割」の割引額に満たない場合、残りの割引額はシェアグループ代表回線の当月ご利用料金から割引きます。

※シェアグループ子回線以外の場合、残った割引額の他回線への充当は行いません。
※翌月へくりこしての割引は行いません。

次に、よりお得に「ウェルカムスマホ割」を利用できるキャンペーンを紹介します。

それは、「docomo with」キャンペーンになります。

docomo withと併用が可能!

「docomo with」についても理解しておきましょう。

今回、紹介している「ウェルカムスマホ割」とミドルレンジ機種対象のキャンペーン「docomo with」は併用可能となっており、2つのキャンペーンを同時に利用することで月額利用料が3,000円割引されるのです。

「docomo with」と併用が可能という点も「ウェルカムスマホ割」の魅力といえるでしょう!

「docomo with」の特典内容は、「ウェルカムスマホ割」と同様に月額利用料を1,500円割引するというものになっています。

異なる点は、「docomo with」の割引期間が永久という点です!

なので、2年以上契約を変えることのない方はには、かなりお得なキャンペーンとなっています。

「docomo with」の対象機種も年々増えており、どの機種もまだまだ現役で使用できるものばかりなので、コストパフォーマンスを1番に考える方は、利用すべきキャンペーンでしょう。

「docomo with」の対象機種
  • iPhone 6s
  • AQUOS sense2
  • Galaxy Feel2
  • arrows Be
  • LG style

iPhoneシリーズである「iPhone 6s」も対象機種であるのは、とても嬉しいですね。

「ウェルカムスマホ割」を1人で利用する場合と、「家族」で利用する場合の月額利用料イメージ

「ウェルカムスマホ割」の特典は1人で利用する場合と、「家族」で利用する場合で変わってきます。

ですので、1人で利用した場合と「家族3人」で利用した場合2パターンを解説していきます。
参考にしてみてください。

「ウェルカムスマホ割」を1人で利用した場合の月額利用料イメージ


画像引用元:NTTドコモ ホーム

「ウェルカムスマホ割」を1人で利用した場合の、月額利用料イメージについてみていきましょう。

上記は毎月の利用データ量が1GB以下である場合になります。

通常の契約であれば、
ベーシックパック(2,700円)+ SPモード(300円)+ シンプルプラン(980円)

=月額利用料 3,980円〜

となってしまうところですが、「ウェルカムスマホ割」「docomo with」を利用すると以下のようになります。

月額利用料 3,980円 − 「ウェルカムスマホ割(1,500円割引)」− 「docomo with(1,500円割引)」

= 月額利用料 980円〜

となるのです!

本来かかってしまう月額利用料より3,000円安く利用できるのは、かなりお得ですよね!

1年計算すると、36,000円も安く利用できることになるのです。

ミドルレンジ機種であれば、機種代金分は浮くのではないでしょいうか?

家族3人で1人が「ウェルカムスマホ割」を適応した場合の月額利用料イメージ


画像引用元:NTTドコモ ホーム

次に、家族3人で1人が「ウェルカムスマホ割」を適応した場合の月額利用料イメージについてみていきましょう。

どのキャリアのそうですが、同じキャリアでまとめて契約すると比較的安くスマホを利用できます。

そこに、キャンペーンを利用することでよりお得になる仕組みになっています。

ここでは、毎月のデータ利用料が計5GB以下と仮定して、月額利用料イメージをしていきます。

通常の「家族3人」の月額利用料は以下のようになります。

代表回線の月額利用料(6,880円)+ 子回線の月額利用料(1,780円)× 2(子回線の数)

=1人あたりの月額利用料は3,480円〜となり、3人だと10,440円なります。

ここで、「ウェルカムスマホ割」「docomo with」を利用すると以下のようになります。

代表回線の月額利用料(6,880円)+ 子回線の月額利用料(1,780円)+「ウェルカムスマホ割」を契約している子回線の月額利用料(−1,220円)
※「ウェルカムスマホ割」を契約している子回線の引ききれない金額は代表回線の月額利用料に当てられます。

=代表回線の月額利用料(4,160円)+ 子回線の月額利用料(280円)+「ウェルカムスマホ割」を契約している子回線の月額利用料(0円)となり、

= 1人あたりの月額利用料は1,480円〜となり、3人だと4,440円なります。

本来かかってしまう月額利用料より6,000円安く利用できるのです!

1年計算すると、72,000円も安く利用できることになるのです。

「ウェルカムスマホ割」の適応条件とは?

最後に「ウェルカムスマホ割」の適応条件についてみていきましょう。

適応条件はいくつかありますので、頭に入れておきましょう。

全部で4つあります。

①以下の条件を満たす方

  1. FOMAからXiへの契約変更
  2. 他社ケータイから乗りかえでのXiの新規契約

②いずれかの対象料金プランに加入

  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone】
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)【iPhone】
  • シンプルプラン(スマホ)
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ):定期契約なし
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone】:定期契約なし
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー):定期契約なし
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ):定期契約なし
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)【iPhone】:定期契約なし
  • シンプルプラン(スマホ):定期契約なし

③いずれかの必須パケットパックに加入

  • ベーシックパック
  • ウルトラデータLパック
  • ウルトラデータLLパック
  • ベーシックシェアパック
  • ウルトラシェアパック30
  • ウルトラシェアパック50
  • ウルトラシェアパック100
  • ビジネスシェアパック50~3000
  • ビジネスベーシックシェアパック
  • ウルトラビジネスシェアパック30
  • ウルトラビジネスシェアパック50
  • ウルトラビジネスシェアパック100

④いずれかの指定インターネット接続サービスに加入

  • spモード
  • ビジネスmoperaインターネット
  • moperaUスタンダードプラン

ドコモ携帯からスマホへ乗り換えは「ウェルカムスマホ割」で月額が大幅割引のまとめ

『ドコモ携帯からスマホへ乗り換えは「ウェルカムスマホ割」で月額が大幅割引』と題して、「ウェルカムスマホ割」について解説してきました。

「ウェルカムスマホ割」の内容をおさらいしておきましょう!

【キャンペーン期間】

2018年11月1日(木)〜

終了時期の記載はないので、長く実施されるでしょう。

【特典内容】

  • 月額利用料から1年間1,500円の割引。
  • 「docomo with」と併用可能。

〈1人で利用した場合〉
月額利用料 980円〜で利用可能。(1GB以下の場合)

通常より、3,000円安く利用することができる。1年間で考えた場合、36,000円の割引が可能となります。

〈「家族3人」で利用した場合〉
1人あたりの月額利用料は1,480円〜となり、3人だと4,440円なります。(計5GB以下の場合)

通常より、6,000円安く利用することができる。

1年間で考えた場合、72,000円の割引が可能となります。

【適応条件】

4つの条件を満たす方が適応となります。

①以下の条件を満たす方

  1. FOMAからXiへの契約変更
  2. 他社ケータイから乗りかえでのXiの新規契約

②多く用意されている「対象料金プラン」のいずれかに加入
③多く用意されている「必須パケットパック」のいずれかに加入
④多く用意されている「指定インターネット接続サービス」のいずれかに加入

「ウェルカムスマホ割」は、ミドルレンジ機種の購入を考えている方にオススメのキャンペーンとなっています。

ミドルレンジ機種は、まだまだ現役で使用できる機種となっています。

スペック面など申し分ない使用になっていますし、コスパも良いので「ウェルカムスマホ割」は利用すべきキャンペーンといっても良いでしょう。

ドコモの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法と時期

Pocket