5分でわかるドコモ「カケホーダイ&パケあえる」完全ガイド

ドコモ_カケホーダイ

au・ソフトバンクからドコモへの乗り換え、もしくはドコモの旧プランを利用中で「カケホーダイ&パケあえる」の新プラン変更を考えていませんか?

「カケホーダイ&パケあえる」は、24時間誰とでも通話し放題、ネットもし放題、さらに余ったデータ量は家族で分け合える料金プランです。

ただし、この新プランが自分にとって本当にお得か?何かデメリットはないのかということは誰しも気になるところですよね。

このページでは、「カケホーダイ&パケあえる」にして後悔しないために、全ての特徴をご紹介し、結局この新プランを選ぶべき人はどんな人なのか、注意するべきことはないのかについてご紹介します。

1. 「カケホーダイ&パケあえる」の4つの特徴

「カケホーダイ&パケあえる」とは簡単に言うと以下の通りです。

24時間誰とでも通話し放題、ネットもし放題、さらに余ったデータ量は翌月にくりこしも可能な料金プラン

イメージしやすいように、図解するとこのようになります。

ドコモカケホーダイとパケットパック

特徴①:通話し放題

「カケホーダイ&パケあえる」の基本プランは、月額2,700円で、24時間すべての国内通話が無料になります。(2つ折り携帯の場合は2,200円です。)

具体的には、下記が無料になります。

  • ドコモ同士だけでなく、他社携帯への通話も無料
  • 固定電話への通話も無料

月々1時間以上、通話される方は今のプランよりもお得になります。そのシュミレーションや無料通話の範囲などは、「ドコモ「かけ放題」料金プランとたった1つの選択基準」にて記載しているので、ご参考ください。

特徴②:家族で使うとデータを分けあえる

「カケホーダイ&パケあえる」の「シェアパック」では、家族単位のインターネットの使用頻度に合わせて、家族で使う合計のデータ容量を選択することができます。

データ容量とは、どれだけインターネット通信をするかという数値で、「1GB」の目安は次のとおりです。

メールの送受信なら およそ268万
ホームページの閲覧なら およそ7,200ページ
動画の視聴なら およそ4.5時間
音楽のダウンロードなら およそ255

「シェアパック」で選択できる具体的なデータ容量ごとの料金は以下です。

プラン名 料金 1GBあたりの料金
シェアパック10(10GB) 9,500円  950円
シェアパック15(15GB) 12,500円  833円
シェアパック20(20GB) 16,000円  800円
シェアパック30(30GB) 22,500円  750円

※上記の費用にプラスして、ネット接続の基本使用料として、別途「spモード(300円/月)」に入る必要があります。
※シェアグループ内の子回線には シェアオプション月額定額料 (500円/月)が自動適用されます。

この「データシェア」には、2つの優れたポイントがあります。

(1)個人単位でのデータ利用よりもお得

従来のプランでは、家族一人一人が決まったデータ容量を利用することが多かったと思います。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

1 2 3 4

関連記事