ドコモでは、2018年冬-2019春モデルが多く登場しました。

多く登場した分、購入時に何を選ぶべきか悩んでしまうことが多々あるにではないでしょうか?
そのようなことにならないためにも、各機種が持つスペックと自分が必要とする機能を確認しておきましょう。

この記事では、2018年冬-2019春に発売された10機種を紹介していきます。
不動の人気を誇るiPhoneシリーズや、Xperia・Galaxyシリーズの最新機種を含めておりますので、参考になるでしょう。


ドコモから2018年夏モデルが発表されています。ドコモ最新機種情報は別の記事で詳しく紹介していますのでそちらをご覧ください。
ドコモの最新スマホが発売!おすすめベスト10機種【2018年夏モデル】

ドコモのスマホに機種変更する前に!
こちらの記事では、ドコモの機種変更で損をしないための手順と時期を詳しく紹介しています。

ドコモの機種の特徴と選び方

まずはドコモの機種の特徴と機種選びのポイントをみていきましょう。

Androidが多めで、ドコモだけの機種もあり!

ドコモは他のキャリアに比べてAndroidの機種が多くラインナップされているため、Androidフリークの皆さんには「ドコモやるな!」といった感じではないでしょうか。

またドコモにしかない海外モデルも発売されており、選択の幅が広いのが特徴です。

docomo with対象スマホも機種追加!

おさえるべきポイントの一つがdocomo withです。これは永年月々1,500が割引されるサービス。機種代金自体も安く設定されているため、格安SIMにも負けない価格でスマホを持つことが可能です。

2018年の新型が追加されたことでdocomo with対象スマホが8機種に増えたところは嬉しいですね。

過去最多の6色展開した「iPhone XR」

今までのiPhoneシリーズは多くて4色展開でしたが、今回登場した「iPhone XR」はなんと6色も用意されています!

右からレッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーとカラフルな配色となっています。

スマホもファッションの1つと考えられている今の時代には、とても嬉しいことです。

機種選びのポイントは?

機種を選ぶときのポイントは以下の3つです。

  1. スペックで選ぶ
  2. デザインで選ぶ
  3. 価格で選ぶ

まず大切なのは自分がどういう使い方をするかということ。ただし、現在のスマホはミドルレンジモデルでもスペックは十分なことがほとんどです。

それでも重いアプリをガシガシ使いたい!というならば、RAMとOSは最新のものが良いでしょう。

デザインはとにかく好きなものを選ぶのがポイント。2年以上使う方が多いでしょうから、見た目が好みなものを選びましょう。カラーも飽きのこないものがおすすめ!

価格はハイスペックが当然高く、ミドルスペック以下が安くなっています。

特にiPhone Xは高く、docomo with対象スマホは安く設定されています。

維持費を安くするならば、docomo withの対象スマホを選ぶのも良いでしょう。

そんな種類が豊富なドコモのAndroidスマホの中から、特におすすめしたいスマホを独断と偏見で選びました。自分にぴったりのスマホを探す参考になれば幸いです!

ドコモの最新スマホ【2018〜2019冬春モデル】のラインナップを紹介

  1. iPhone XS / XS Max
  2. iPhone XR
  3. Google pixel 3 / 3 XL
  4. Xperia XZ3
  5. Xperia XZ2 Compact
  6. Galaxy Note9
  7. Galaxy S9
  8. AQUOS R2
  9. AQUOS sense2
  10. Galaxy Feel2

1. iPhone XS / XS Max

iPhoneシリーズの最新機種である「iPhone XS」「iPhone XS Max」の2機種が1番のオススメ機種になります。
この2機種はスマホ業界の中でも、かなりのハイスペックな機種となっており、どのような方でもその人にあった使用感を得ることができるでしょう。

iPhoneシリーズの良い点は、MacBook ProApple Watchなど、様々なデバイスとの共有ができることです。

前機種の「iPhone X」と異なる点としては、CPUが「A12 Bionicチップ」に進化してことです。
そのことにより、今までに無いほどの「パワフルさ」と「賢さ」を兼ね備えているので、圧倒的なパフォーマンスが実現されています。

「iPhone XS」「iPhone XS Max」の違いはディスプレイにあります。

2機種のディスプレイサイズ
  • iPhone XS:5.8インチ Super Retina HDディスプレイ
  • iPhone XS Max:6.5インチ Super Retina HDディスプレイ

「iPhone XS」は、今回登場した新型iPhone3機種の中最小となっており、「iPhone X」と同様のサイズとなっていますので、馴染みやすいサイズ感でしょう。
「iPhone XS Max」は、iPhone XSと反して大画面スマホとなっています。
片手での操作は難しいですが、大画面である分迫力のある映像美が期待できます!

【 iPhone XSのスペック】

CPUA12 Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ177g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

【 iPhone XS Maxのスペック】

CPUA12 Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ177g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

2. iPhone XR

新型iPhone3機種の1機種である「iPhone XR」は、iPhoneシリーズの革命的な機種となりました。
多くの方が「iPhone XR」は、上記2機種の廉価版と思われているとでしょうが実際はそんなことはありません!

「iPhone XR」の特徴は3つあります。

「iPhone XR」の3つの特徴
    • 「iPhone XR」独自の「Liquid Retina HDディスプレイ」搭載。
    • カラーバリエーションは過去最多の6色展開。
    • iPhoneシリーズ最高の「バッテリー持ち」

「iPhone XR」には、「iPhone XR」にしかないスペック・デザインがあります。

「Liquid Retina HDディスプレイ」は、「iPhone XR」のためだけに開発されました。
スマホ業界の中でも、最も先進的なLCD評されているので、今後発売される機種に搭載ていくのではないでしょうか。

カラーバリエーションは、iPhoneシリーズ過去最多の6色展開となっています。
右からレッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーが用意されているので、どんな方でも好みが見つかるのでしょうか。

バッテリー面は以下のようになっています。

【「iPhone XR」のバッテリーの強さ】

〈インターネット利用〉

  • iPhone XR:最大15時間
  • iPhone XS Max:最大13時間

〈ビデオ再生(ワイヤレス)〉

  • iPhone XR:最大16時間
  • iPhone XS Max:最大15時間

誰もが「iPhone XS Max」より勝るスペックが備わっていることに驚きでしょう。

【 iPhone XRのスペック】

CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/128GB/256GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ150.9 × 幅75.7× 厚さ8.3 mm
重さ194g
ディスプレイ6.1インチLCDディスプレイ
解像度1,792 × 828
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)シングルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・ブルー・レッド・コーラル・イエロー
フレーム素材アルミ

3. Google pixel 3 / 3 XL

海外で高評価されている「Google pixel」が日本で初登場しました。
ディスプレイの大きさだけが異なる「Google pixel 3(5.5 インチ)」「Google pixel 3 XL(6.3 インチ)」の2機種は、「使いやすさ」を重要視されて開発されています。

Google pixel 3 / 3 XLの「使いやすさ」
  • 高速受電が可能。
  • セキュリティーチップ「チタンM」で安心してデータを守れる。
  • 「Pixel Stand」によって、より快適に。

「Google pixel 3 / 3 XL」を購入した際に同梱されてる充電器で、高速充電することができます。
ワイヤレス充電にも対応してますし、1回の充電で1日中安心して利用できます。

「Google pixel 3 / 3 XL」には、セキュリティーチップ「チタンM」が搭載されています。
この「チタンM」は、Google pixel専用に開発されているので、「Google pixel 3 / 3 XL」の2機種にしかない機能となります。

別売りされている「Pixel Stand」で、より快適に使用することできます。

「Pixel Stand」にセットするだけ、ワンタッチでスマートフォンをワイヤレスに充電したり、「OK Google」と言って Google アシスタントにアクセスしたりできます。

【Google pixel 3のスペック】

CPUQualcomm® Snapdragon™ 845
OSAndroid 9 Pie
ストレージ(ROM)64GB/128GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ約145.6 × 幅68.2 × 厚さ7.9
重さ148 g
ディスプレイ5.5 インチFHD+ フレキシブル OLED ディスプレイ
解像度2,960 x 1,440
カメラ画素数メイン:1,220万画素
カラーバリエーションClearly White
Just Black
Not Pink

【Google pixel 3 XLのスペック】

CPUQualcomm Snapdragon 845
OSAndroid 9 Pie
ストレージ(ROM)64GB/128GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ158 × 幅76.7 × 厚さ7.9mm
重さ184g
ディスプレイ6.3インチFHD+ フレキシブル OLEDディスプレイ
解像度2,960 x 1,440
カメラ画素数メイン:1220万画素
カラーバリエーションClearly White
Just Black

4. Xperia XZ3

 Xperiaシリーズの最新機種である「Xperia XZ3」の1番の特徴は、「映像美」になります。

ディスプレイ面で、1番の進化は「有機ELディスプレイ」を搭載されている点です。
Xperiaシリーズの初めての採用となるので、 Xperiaシリーズを利用してきた方は驚いたのではないでしょうか?
「Xperia XZ3」の有機ELディスプレイは、テレビメーカーで有名なブラビアの技術を用いているので、心惹かれる「映像美」が実現されているのです。

高画質で色彩際立つ描写力があるので、実際に目で見たような本物に近い色合いを可能とします。

リアルタイムで映像を解析し、圧縮や伝送により失われた本来の質感やディテールを再現されます。
インターネットで配信されている画質の低い映像なども、くっきり鮮やかに再生されるので、解像機能もしっかりしています。

【Xperia XZ3のスペック】

メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
CPUSnapdragon 845
OSAndroid 9.0
カメラ約1920万画素/約1320万画素
ディスプレイ約6インチQHD+ 有機EL(1440×2880)
カラーバリエーションブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッド
バッテリー3330mAh
重さ約193g
サイズ約73(幅)×183(高さ)×9.9(奥行き)mm
メモリRAM 4GB/ ROM 64GB
外部メモリmicroSDXC(最大400GB)

5. Xperia XZ2 Compact

「Xperia XZ2 Compact」は、約5.0インチの縦長ディスプレイになっています。

カメラ機能も高性能になりました。
4K HDR動画撮影が可能になったとともに、「スーパースロー」でドラマチックな映像を撮影することができます。

カラーバリエーションは、ホワイトシルバー、コーラルピンク、ブラック、モスグリーンの4色展開となっています。
Androidスマホのスマホカバーは、多く発売されているイメージがありません。
ですが、「Xperia XZ2 Compact」のオリジナルカバーは多く発売されているので、購入の際に困ることはないでしょう。

【Xperia XZ2 Compactのスペック】

CPUQualcomm SDM845
2.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)
オクタコア
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ135 × 幅65 × 厚さ12.1 mm
重さ168g
ディスプレイ5.0インチ
解像度Full HD+(1080×2160)
カメラ画素数メイン:裏面照射積層型CMOS/約 1920万画素
サブ:裏面照射型CMOS/約 500万画素
カラーバリエーションWhite Silver
Black
Coral Pink
Moss Green

6. Galaxy Note9

「Galaxy Note9」の1番の特徴は、本機に「Sペン」が搭載されていることでしょう。
本機とBluetoothで繋がっている「Sペン」により、今までのスマホにない革新的な機能が可能となりました。

「Sペン」による新機能
  • 写真撮影時のシャッターを切ることができる。
  • スライドショーなどの際に遠隔で操作可能。
  • メモを手書きで残すことができる。
  • 動画や画像のセレクトが「Sペン」で可能。

 

今まで、集団で写真撮影をする際はセルフカメラを利用していたと思いますが、「Sペン」があれば撮影位置からシャッターを切ることができます。
これまでの手間が省けるので、より快適に撮影が可能です。

プレゼン等で利用するスライドショーを操作することも可能となりました。
スマホ1つでのプレゼンテーションは、印象を高めるのではないでしょうか?

ギャラリーやYouTubeなどのコンテンツにも対応しているので、スマホとの距離を置いて鑑賞することができます。
ですので、手の疲れなどストレスフリーで利用できます。

【Galaxy Note9のスペック】

メーカーSamsung
CPUKryo 385 Gold x4 & Kryo 385 Silver x4 8コア, 2.7 GHz
OSAndroid 8.1
カメラ12 + 12MP
f-1.5/2.4
ディスプレイ6.4インチ+有機EL(1440 x 2960)
カラーバリエーションメタリックコッパー/ミッドナイトブラック/ラベンダーパープル/オーシャンブルー
バッテリー4000mAh
重さ201g
サイズ76.4 (幅)x161.9 (高さ)x 8.8mm(奥行き)
メモリRAM 6GB/ ROM 128GB
外部メモリmicroSDXC(最大256GB)

7. Galaxy S9

「Galaxy S9」には、「デュアルアパチャー」という機能が搭載されています。
デュアルアパチャーとは、カメラ時の光量を自動で設定してくれる機能になります。
人の目に合わせてレンズが判断してくれるので、暗い場所でも鮮明な写真を撮ることができます。

購入時に同梱されているものも充実しているので、買い足す必要がありません。

【Galaxy S9のスペック】

CPUQualcomm SDM845
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ約 148 × 幅69 × 厚さ8.5
重さ約 161g
ディスプレイ約 5.8インチ/Super AMOLED (有機EL)
解像度Quad HD+(1440×2960)
カメラ画素数メイン:約1,220万画素
サブ:約800万画素
カラーバリエーションTitanium Gray
Midnight Black
Lilac Purple

8. AQUOS R2

「AQUOS R2」のカラーバリエーションは5色になっています。
iPhone XRほどではないですが、他機種のカラーバリエーションよりは比較的多く用意されています。

ブルーシルバー、ピンクゴールド、プレミアムブラック、プラチナホワイト、ローズレッドの5色です。

【AQUOS R2のスペック】

CPUSDM845(オクタコア)2.8GHz+1.7GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ156× 幅74 × 厚さ9 mm
重さ181g
ディスプレイ6.0インチIGZO液晶ワイドクアッドHD+ディスプレイ
解像度3040×1440
カメラ画素数メイン:約2260万画素+約1630万画素
サブ:約1630万画素
カラーバリエーションブルーシルバー・ピンクゴールド・ローズレッド・プレミアムブラック・プラチナホワイト

9. AQUOS sense2

「AQUOS sense2」docomo with対象機種となっています。
高いスペックを持ち合わせていないが、普段生活する上では何も申し分ない機能を搭載しているミドルレンジ機種となっています。

防水機能や電池の持ちもミドルレンジ機種にしては、良い方なのでコストパフォーマンスを重視する方にはオススメな機種でしょう。

カラーバリエーションは、シルキーホワイト、ニュアンスブラック、シャンパンゴールド、ブロッサムピンクの4色展開になります。

5.5インチ大画面(縦長18:9)のディスプレイとなっており、「IGZOディスプレイ」を起用していますので、省電力かつ高精細な映像が実現しています。

【AQUOS sense2のスペック】

CPUQualcomm® Snapdragon™ 450(SDM450)
1.8GHz オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ148 × 幅71 × 厚さ8.4 mm
重さ約155g
ディスプレイ約5.5インチ
IGZOディスプレイ機EL)
解像度フルHD+ (1,080 × 2,160)
カメラ画素数メイン:有効画素数 約1,200万画素 CMOS 裏面照射型
サブ:有効画素数約800万画素 CMOS 裏面照射型
カラーバリエーションシルキーホワイト・ニュアンスブラック・シャンパンゴールド・ブロッサムピンク

10. Galaxy Feel2

上記の「AQUOS sense2」同様、「Galaxy Feel2」docomo with対象機種となっています。
Galaxyシリーズの中では、ミドルレンジ機種の扱いとなりますが普段使いには十分なスペックとなっています。

ディスプレイサイズは、5.6インチと大画面スマホとなっていますがグリップ感があり片手で収まるデザインとなっています。
素材にはメタルとガラスを採用しているので、高級感漂うクールな印象です。

カラーバリエーションは、フロストホワイト、オパールブラック、オーロラピンクの3色となります。

生体認証は、「顔認証」と背面での「指紋認証」が適応されています。

【Galaxy Feel2のスペック】

CPUExynos 7885(S.LSI)
2.2GHz+1.6GHz
オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ149 × 幅70 × 厚さ8.4 mm
重さ168g
ディスプレイ約5.6インチ/Super AMOLED(有機EL)
解像度HD+(720×1480)
カメラ画素数メイン:1,600万画素
サブ:1,600万画素
カラーバリエーションフォレストホワイト・オパールブラック・オーロラピンク

次に読んで欲しいドコモ関連情報

ドコモの携帯へ機種変更を考えている方は、ドコモの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法も合わせてご覧ください。

ドコモへ乗り換えで携帯の購入を考えている方は、ドコモへ乗り換えるメリットは?他社から賢くMNPする方法も合わせてご覧ください。

Pocket