「次の契約更新の時にはドコモに乗り換えよう」と思っている方、あわせて家族での乗り換えを検討してみませんか?
ドコモに家族で乗り換えるとさまざまな割引やキャンペーンが使えるので、よりお得になることが多いのです。

今回はドコモに家族で乗り換えた時に使える割引やキャンペーン、具体的な乗り換えの手順などについて詳しく解説していきます。

家族でドコモに乗り換えると何がお得なの?

家族でドコモに乗り換えるとどんなお得なポイントがあるのでしょうか。
具体的な割引やキャンペーンについてご紹介します。

ファミリー割引が使える

ドコモに家族で乗り換えた場合に使えるお得な割引は「ファミリー割引」です。

  • 基本使用料25%OFF
  • 家族内のiモードメール無料
  • 家族内の通話が安くなる(携帯同士の国内通話料、テレビ電話通信料が30%OFF)
  • 携帯から自宅に電話した場合10%OFF

ファミリー割引に入ると、上記のようなサービスを受けることができます。

さらにファミリー割引にはもっとお得な「ファミ割MAX50」というサービスがあります。

  • 申し込んだその日から基本使用料が50%OFF
  • 家族内通話が24時間無料

とファミリー割引よりもよりお得な内容となっています。

ファミ割MAX50を利用する場合は、2年間の継続利用が条件になります。
契約期間中に割引サービスを廃止したり、回線を解約した場合には継続利用期間に関わらず、9,500円の解約手数料がかかるため、注意が必要です。

家族まとめて割

期間限定のキャンペーンになりますが、2台以上対応機種を購入し、家族一緒に「シェアパック」に加入すると1台当たり最大5,184円の割引を受けることができます。

具体的には次の3つを満たすことが条件になります。

  • 「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「シンプルプラン(スマホ)」「データプラン(スマホ/タブ)」のいずれかを契約すること(2年定期型プランもしくはハーティ割引)
  • 「シェアパック」「シェアオプション」のいずれかを契約すること
  • 上記の条件を満たす同一シェアグループ内の他の回線を利用している人と同一店舗で同時に対象機種を購入すること

家族まとめて割の対象になるかどうかは、その機種を購入するかどうかによって異なるので、以下の表でチェックしておきましょう。

購入の計上対象で、割引対象 iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
Hシリーズ以降のXiスマートフォン(一部機種を除く)
購入の計上対象外で、割引対象外 iPhone 7
iPhone 7 Plus
12.9インチ iPad Pro
10.5インチiPad Pro
iPad、iPad mini4
iPad Air2
12.9インチ iPad Pro(第1世代)
9.7インチ iPad Pro
docomo with対象機種
Hシリーズ以降のXiスマートフォン一部機種
Disney Mobile on docomo DM-01H、
Disney Mobile on docomo DM-01J
arrows Fit F-01H、V20 PRO L-01J
JOJO L-02K、MONO MO-01J、
XperiaTM Xzs SO-03J、Nexus 5X
らくらくスマートフォン3 F-06F
Hシリーズ以降のXiタブレット
購入の計上対象外かつ割引対象外 Hシリーズ以前の機種

ご家族紹介キャンペーン

ご家族紹介キャンペーンは他社からドコモに乗り換える家族を紹介すると、ひとりにつきdポイントが10,000ポイントもらえるというものです。

具体的な条件としては

  • 紹介者が「dポイントクラブアンケート」または店頭 にてキャンペーンにエントリーしする
  • 紹介された方が他社から乗り換え、あるいは新規契約のうえ、対応機種を購入する
  • 紹介された方が対応機種を購入した月の翌月1日時点で紹介者と同一シェアグループに加入していること

となっています。

ドコモ子育て応援プログラム

また子育て中の家族の場合、「ドコモ子育て応援プログラム」というサービスを利用することができます。

  • dポイントが12歳まで毎年3,000ポイントもらえる
  • クラウド容量のオプションが+50GB小学校卒業まで無料
  • dフォトが最大13カ月間無料

上記の3つのサービスを受けることができます。

利用の条件は

  • 日本国内に住所があること
  • 12歳以下かつ小学生以下の子どもがいること
  • 「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」または「データプラン」を契約していること
  • 「パケットパック」または「シェアオプション」を契約していること
  • 「ドコモ 子育て応援プログラム会員規約」に同意し、お子さま情報を登録すること

となっています。

子育て中の子どもがいれば、ぜひ乗り換え時に検討したいサービスですね。

ドコモから他社に乗り換えるにはどうしたらいい?

家族で乗り換えるとさまざまなお得なサービスを受けることができるドコモ。
「でもずっと他社を利用してきたから、どんな手続きをすればいいかわからない」と迷っている方もいるのではないでしょうか。

現在の携帯電話会社によって多少手順は異なるものの、実は簡単に手続きを取ることができるんです。

MNP予約番号を入手する

まずはMNPという乗り換えに必要な番号を取得します。
MNPとは「携帯電話番号ポータビリティ」の略で、電話番号をそのままに他社に乗り換える手続きの際に必要な番号のことです。

MNP番号は現在契約している携帯電話会社のショップはもちろん、電話やインターネットからも取得することができます。

MNP番号は取得に費用は掛かりませんが、有効期限は15日間となっているので注意が必要です。

ドコモで新規契約

MNP予約番号を取得したら、有効期限である15日間のうちにドコモで新規契約の手続きを行います。
手続き自体はドコモのスタッフの方がすべて行ってくれるので、基本的には説明を確認し、待っているだけでOKです。

もし「ショップに行っている時間がない!」という場合は、ドコモオンラインショップの利用がおススメです。
ドコモの直営店なので安心して利用できますし、在庫が充実しており、人気のスマートフォンでも手に入りやすいといったメリットがあります。
また何といってもドコモショップに行くよりも登録や審査の時間が短くて済みますし、24時間いつでも手続き可能なのがポイントです。

MNPで乗り換える場合の注意点としては

  • 電話番号は変わらないが、メールアドレスは継続して利用できない
  • 費用が掛かる(1,5000円前後)

といった点があげられます。

メールアドレスに関しては、よくやり取りをする友人には前もって連絡をしておくようにしましょう。
またMNPは費用は掛かるものの、乗り換え先でそれ以上の割引やサービスを受けられることがほとんどです。
ただしいつ乗り換えるか、対象機種を購入するかどうかによって割引率が変わってくることもあるので、よくチェックしておくことが大切です。

ドコモに乗り換える手順(ソフトバンク)

基本的なMNPの手順は上記で説明した通りですが、どの携帯電話会社から乗り換えるかで多少手続きは異なります。

まずはソフトバンクから乗り換える場合の手順について説明します。

MNP予約番号を入手する

まずはMNP予約番号を取得します。
ソフトバンクの場合、お問い合わせ窓口、My SoftBank、ソフトバンクショップの3つの方法があります。

受付窓口 受付時間 注意点
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
お問い合わせ窓口
午前9時から午後8時 ソフトバンク携帯電話からは*5533(無料)
一般電話からは0800-100-5533(無料)
My SoftBank
(3G ケータイ版のみ)
午前9時から午後9時30分 iPhone、スマートフォン、4G ケータイ、AQUOS ケータイでは申し込めません。
ソフトバンクショップ 各店の営業時間 シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)の契約者がMNP予約番号を取得する場合は、ソフトバンクショップのみでの申し込みになります。

この中で一番おすすめなのは電話で発行してもらう方法です。
窓口に電話を掛けたら、音声ガイダンスに従い数字を入力し、オペレーターに「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝え、質問に答えていくだけでMNP予約番号が取得できます。

MySoftBankはガラケーのみの対応ですし、ソフトバンクショップの場合営業時間の制限に加えて、お店の方とのやり取りに気まずさを感じしてしまうことも考えられます。
特に理由がない場合は、電話で取得したほうがスムーズでしょう。

ソフトバンクからMNP転出の際には

  • MNP転出手数料 3,240円
  • 契約解除料 9,500円

がかかります。
特に高額な契約解除料が気になるところかもしれませんが、2年契約の場合更新月にMNPを行えば契約解除料はかからないので、必ず確認しておくようにしましょう。

MNP予約番号の取得方法については、MNP予約番号をたった5分で取得する3つのポイント!全キャリアの乗り換え方法をご覧ください。

ドコモへMNP

無事MNP予約番号を取得できたら、ドコモで手続きを行いましょう。

お近くのショップかオンラインショップなどでMNP予約番号を提出し、手続きを行えば乗り換えは無事完了です。

MNP予約番号の有効期限は15日間になっているで、必ずその間に手続きを行うようにしましょう。

ドコモに乗り換える手順(au)

次にauからドコモに乗り換える場合の手順について確認していきましょう。

MNP予約番号を入手する

auの場合もソフトバンクと同じく電話、EZ-Web、auショップと3つの方法があります。

受付窓口 受付時間 注意点
電話 午前9時から午後8時 0077-75470(au携帯電話、一般電話共通、無料)
EZweb 午前9時から午後9時30分 スマートフォンでの対応はなし
auショップ 各店の営業時間

この中で一番おすすめな方法は電話での取得です。
指定の電話番号に電話したら、1番「予約の申し込み、お問い合わせ」を選択しオペレーターにつながるのを待ちます。

オペレーターにつながったら、 「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝え、質問に答えていくだけでMNP予約番号が取得できます。

ソフトバンクと同じくEZ-Webでの取得はスマートフォン未対応ですし、auショップで手続きを取るのは気まずさを感じしてしまう方がほとんどだと思います。

その点電話ならスマートフォンからでも手続きが取れますし、時間も長めに取られているので「仕事でなかなかショップに行けない」という方も手続きしやすいのではないでしょうか。

auからMNP転出の際には

  • MNP転出手数料 3,240円
  • 契約解除料 1万260円(2年契約)or 3,240円(1年契約)

がかかります。

2年契約の場合は「誰でも割」、1年契約の場合は「年割」という契約になっています。

それぞれ解除金が異なり、特に2年契約の場合の契約解除料が気になるところですが、auの場合もソフトバンクと同様契約更新月にMNP手続きを行えば、契約解除料はかかりません。

契約更新月は電話やauショップで簡単に調べることができるので、MNPを検討している場合は、前もって調べておくことをおすすめします。

ドコモへMNP

無事auでMNP予約番号を取得できたら、ドコモでの新規契約になります。お近くのドコモショップかオンラインショップで手続きを取れば、MNP手続きは完了です。

MNP予約番号の有効期限は15日間になっているで、必ずその間に手続きを行うようにしましょう。

ドコモから家族ごとMNPを行う際のポイントまとめ

ドコモはファミリー割引やファミ割MAX50、乗り換えの際の割引サービスなど家族で利用する際にはうれしいサービスが提供しています。

もしMNPを検討しているのなら、家族ごとMNPを行い、こうしたサービスを上手く活用してお得にドコモを利用するのがおすすめです。

MNPというと難しい手続きのように思えるかもしれませんが、電話やウェブ上でMNP予約番号を取得し、ドコモで新規契約の手続きを取るだけで、簡単にMNP手続きを取ることができます。

もしドコモへのMNPを検討されているのなら、ぜひご家族での乗り換えも検討されてみてはいかがでしょうか。

Pocket