ドコモ iPhoneXにMNP|乗り換えでお得になるキャンペーンとは

楽天が、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に次ぐ第4のキャリアとして名乗りだして、スマホ界はざわついていますが、そこで話題になった事の一つに、楽天がキャリア開設に向けての予算額4年間で約6000億円なのに対して、ドコモは1年で約5500億円とほぼ同額。金額が高ければ良いわけではありませんが、安心、安全を求めるならドコモの資金力は高いポイントになりそうです。

そこで、ここでは今話題のスマホiPhoneⅩに機種変更するならドコモにMNPがお得な理由をまとめてみようと思います。

どこでも同じようで実は知らないと損をするキャンペーンなども多く、iPhoneⅩにしようか検討中の人なら要チェックですよ!!

1.MNPで機種変更するのがおすすめの理由

まずMNPとは何でしょう。略さずに言ってしまえば「Mobile Number Portability」(携帯電話番号ポータビリティ)という事です。ポータビリティだなんていきなり分からないワード出てきた感じですが、『ポータビリティ=持ち運びができるもの』という事。

つまり、携帯電話番号を持ち運べる=キャリアを変えても携帯電話番号はそのまま使えるという事です。MNPとは何?キャリア乗り換えでお得な事例と落とし穴の回避策を紹介

まだ携帯電話にカメラが付いておらず、メールと言えば文字制限のあるショートメールで何通も送っていたような時代は、例えばドコモからau、auからボーダフォンのようにキャリアを変える場合は、携帯電話番号も変えないとなりませんでしたが、MNPが2006年から始まったことにより、キャリア間の移動が容易になりました。

と言うのも、電話番号がそのままなことで、メールなどを多用していないビジネスユースの場合は、特段取引先などに連絡せずともそのまま使えるようになり、会社携帯などは同じキャリアに統一することで、通信費の抑制ができるようになりました。

更に今では、メールよりLINEやfacebookメッセンジャーのようなコミュニケーションアプリで連絡を取る人が増えたことで、より電話番号が変わらないMNPへのニーズが大きくなってきています。

MNPが活発化したことにより、各キャリアそして今では格安SIMも参戦し、シェア獲得争いが激化しており、ユーザーにとってはキャンペーンが多く展開されるなどオイシイことも増えているというわけです。

では、MNPで機種変更するとどんなメリットが存在しているのでしょうか。

1-1.電話番号が変わらない

やはりMNPの最大の特徴は電話番号が変わらない点。今では友人などとの連絡はインスタグラムやTwitterなどのSNSでという人も増えているので、いつも連絡している人はそれこそスマホをどこにしようが関係ないですし、日頃あまり連絡を取っていない人だと電話番号さえ分かっていれば十分だったりしませんか?

そうです!つまりMNPは、電話番号はそのまま引き継がれますから、今の時代にマッチしているのです!!電話番号さえ分かっていれば、いざとなればショートメールもありますし、連絡は十分に取れますよね。

1-2.メールを使っていない人が増えている今こそ

1-1の続きになりますが、電話番号は変わらずとも、MNPのネックとしてはキャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp)が使えなくなる(変更される)点という人も少なくないと思います。ところがどうでしょう。実際キャリアメール今使っている人はかなり減っているのではないでしょうか。

LINEなどのネットワークアプリやTwitter、Facebook、インスタグラムといったSNSが普及したことで、アプリのメッセンジャーなどでコミュニケーションを取っていませんか?その場合、どこのキャリアでも関係ありませんし、メールをそこまで多用しなくなった今こそMNPのタイミングというわけです。

1-3.キャンペーンが豪華

ここまで「電話番号は変わらない」などMNPで機種変更をしなくても特にメリットがあるわけじゃないじゃん!なんて思った人も多いと思います。しかし、ここからが特にMNPをおすすめしたい理由と言えます。

MNPでユーザーを獲得することは、ライバル会社から1名、自分の会社に引っ張れること。つまり-1、+1で実質2名分影響があるというわけなのです。新規で契約者を増やすより、自分のところが増えるだけではなく、ライバル社から1人分減らせますからね。前述もしたように現在、壮絶ともいえるシェア争いを繰り広げている大手キャリア各社は是非にでもMNPでユーザーを獲得したいわけです。

そのため、どこのキャリアもMNPでユーザーを獲得すべくMNP向けのキャンペーンが充実していると言われています。それもあって、長期継続中のユーザーからは批判的な意見が出るほど。それだけMNPで機種変更すると大きいのです。

1-4.キャッシュバックがある販売店も

現在では総務省からも指導もあって、公ではMNPでの高額キャッシュバックシステムは影を潜めてしまいましたが、今も昔もキャッシュバックを行っているのはキャリアではなく販売店。今でもネット系の販売店などではMNPの際にキャッシュバックを用意しているところもあるなんて話も。本体代をカバーできるほどもらえる場合もあるキャッシュバック!昔よりは減りましたが調べてみる価値はありますよね。

関連記事:MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?

2.ドコモでのMNPがお得な理由

なんとなくドコモは確かにトップシェアでNTTブランドだから安心・安全だけどお値段は高いなんて思っていませんか?確かに料金プランなどは格安SIMと比較すると高いのは事実なのですが、キャンペーンなどを上手く利用すると結構お得になったりするのですよ!

知らない人は損をする!知っている人だけが得をする!ものも多いので、より詳しく知って自分が使えるキャンペーンはどれかチェックしておきましょう。

2-1.家族紹介キャンペーン

ドコモの特徴として、家族まとめると割引率が高いなど家族みんなでドコモ利用がおすすめなところ。更に今、他のキャリアだったり、新規でスマホを持とうとしている家族がいる場合はチャンスです。

家族がMNPもしくは新規契約でドコモと契約した場合、10000dポイントがもらえるのです。一人につき10000dポイントなので、大家族だと一財産築けるほどの大金に。

dポイントは本体代とかだけでなく、ローソンやマクドナルド、スターバックスカードなどの日常使うする実店舗でも使えるので、実質10000円もらえるのと同じですよね。なので、ドコモへのMNP(新規契約)を考えている人は、家族でドコモユーザーがいないかちぇっくして、ポイントを山分けしてもよいですね。

2-2.話題の新スマホ購入キャンペーン

話題のスマホと言っていますが、これはiPhoneⅩとは契約の問題で言えないためで実質iPhoneⅩ向けのキャンペーンです。auの三太郎のCMでも「愛(i)」のスマホなんて言っていますからね。

iPhoneⅩなど2017年10月~12月中に発売されるスマートフォンを購入すると、100人に1人dポイントが10000ポイントもらえます。100人に1人って低確率のようにも思えますが、全体の1%ってそこそこ高確率ですよね。

2-3.家族がドコモなら本体代が安い!

高性能で未来を感じるiPhoneⅩ、魅力的なスマホですが、やはりお値段が高いというのはネックですよね。ドコモのサポート割引を活用しても5万円弱はかかり高価なものに違いはありません。そこで、家族で機種変更を考えている人はいませんか?

家族でiPhoneⅩ以外にもiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEや最新Android機を購入すると、1台につき5184円値引きしてもらえるのです。特に高価なiPhoneⅩでは、2台だったら10000円強ですからちょっとした節約になりますね。

2-4.ドコモオンラインショップが便利

大手キャリアはもちろん格安SIMでもネット上のオンラインショップはありますが、充実ぶりは他社の追随を許さないドコモオンラインショップ

前述もしたような本体の購入や付属品の購入だけでなく、サービスの追加や変更、廃止、料金の確認などドコモのサービスでできないことはないほどです。他社の場合、電話のみや来店のみなんてものもあるので、特に忙しい生活をしている人は、24時間365日利用できるドコモオンラインショップは上手に活用するととても便利です。

2-5.意外と知らないドコモ新サービス「レシーとく」

ドコモが行っているサービスで意外と知られていないのが、この「レシーとく」です。

これは指定の商品を購入して、購入した証拠となるレシートを送付するだけで、30~60dポイントがもらえるのです。実質30~60円引きということですね。たかだか数十円ですが、日常使うようなモノも多く、貯まると大きいです。

どこのレシートが必要かというと、なんとどこでもOKなのです。いつも使っているコンビニやスーパー、ドラックストアなどその指定の商品が売っているお店ならどこでもOKなので、使い勝手が良いのです。

このサービスはドコモ以外でも利用可能ですが、dポイントが付与されるので、やはりドコモユーザーが一番使いやすいですよね。

【現在実施中のレシーとく対象商品】

  • BOTTLATTE キャラメルマキアート 30dポイント
  • BOTTLATTE カフェラテ 30dポイント
  • 1日分のビタミンゼリー グレープフルーツ味 40dポイント
  • ウコンのちから ウコンエキスドリンク 40dポイント
  • シルコット ピュアウォーター ウェットティッシュ 本体60枚 40dポイント
  • シルコット ノンアルコール除菌 ウェットティッシュ 詰替45枚×3 60dポイント

2-6.その他の注目のドコモキャンペーン

オンラインショップ 9周年感謝祭

ドコモオンラインショップでiPhoneⅩを購入したほうがお得な理由がもう一つ!9周年記念として、2018年1月31日まで5400円以上の商品を購入すると、抽選で99999dポイントが当たります。その当選者数なんと9999名!約10000名だとなんとなく当たり気がしちゃいますよね。約10万円もポイントがもらえたら何に使おうか夢が広がります。

ネットトータルサポート割

ドコモの契約と合わせて、家のインターネット回線であるドコモ光とも契約、そして家じゅうをWi-Fi環境にするルーターを同時購入することで、毎月370円割引×24か月で最大8,880円割引となります。自宅もネット環境を整えたい人だったら必要なモノばかりなので、使わない手はないですね。

下取りプログラム

前モデルのiPhoneをiPhoneⅩにMNPでドコモにしようとしている場合は、以前のモデルを下取りに出して本体代の充てるのはどうでしょうか。古いスマホって大事に取っておこうなんて思っていても結局は引き出しの奥底に眠ってしまうだけではないですか?それなら下取りに出してお得をしちゃいましょう。

下記はau、ソフトバンクからMNPでドコモでiPhoneⅩを購入する際に下取りに古いiPhoneを出した金額

下取り対象機種 下取り価格
(店頭/郵送下取り価格)
良品 画面割れ品
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
46,000円 13,800円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
37,000円 11,100円
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
27,000円 8,100円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
23,000円 6,900円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
18,000円 5,400円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
13,000円 3,900円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
5,000円 1,500円
iPhone 5c
(8GB/16GB/32GB)
4,000円 1,200円
iPhone 5
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4S
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4
(8GB/16GB/32GB)
1,000円 300円
iPhone 3GS 1,000円 300円
iPhone 3G 1,000円 300円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)

画面割れでも値段が付いているのが嬉しいですよね。普通だったら画面割れたスマホは諦めますよね。

3.ドコモオンラインショップでのMNPの仕方

3-1.iPhoneⅩの購入方法

1.ドコモオンラインショップで予約する

一番、おすすめな方法がドコモオンラインショップで予約をする方法です。その名の通り、オンライン(インターネット上)なので、自分の24時間、365日使う事ができ、待ち時間もありません。

また、当初(少なくとも2018年始め)は品薄状態が続くと予想されているiPhoneⅩだけに、各店舗で振り分けられる実店舗より、(あくまでも噂ですが)予約しやすいドコモオンラインショップが便利と言われています。

更には、要らないような有料オプションなどを勧められることもなく、自分に適性の料金プランを口車に乗ることなく、自分のペースで申し込みができるのも嬉しいところです。

2からは、ドコモオンラインショップを利用する流れで予約方法やお得なキャンペーンなどを紹介していきます。

2.ドコモショップ(実店舗)で購入する

ドコモでiPhoneを予約、購入する場合、当初からある方法が、全国にある実店舗のドコモショップで申し込む方法です。格安SIMなどに比べ、ドコモショップは全国津々浦々あるので、(他と比べて)行きやすいのはメリットです。

ただ、前述したとおり、品薄が続くのが予想され、各店舗で割り振られるため、都会の店舗ではある程度数は用意できても申込者数が多く倍率が高く、田舎の店舗では申込者数が少なくとも、用意できる数が少ないため、なかなか手に入れられない可能性が高いです。

実店舗では、電話帳移行などの乗り換え時の設定や、複雑な料金プランなど分からないことを店員さんに聞けるので、特にスマホ初心者にはおすすめの部分もありますが、各店舗でノルマがある関係で、結局要らない有料オプションに言葉巧みに加入されると言う人も多いです。

3.家電量販店やネット系の販売店などで購入する

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店や、ネットで販売しているところでも当然ドコモとの契約は可能です。ただし、現状ではまだ十分にiPhoneⅩは出回ってはいない状況なので、予約から入荷までは上記のオフィシャルショップよりやや時間がかかる場合もあると思います。

他の家電類と異なり、一括払いをすることは少なく、通常分割払い(24回払いなど)で払うため、そこでのポイントサービスや値引きは期待できるものではないので、近くに家電量販店があるなど以外ではそこまで大きなメリットはありません。強いて言えば、周辺機器などドコモ以外のサードメーカーのものも販売しているので、比較検討できる点ではないでしょうか。

3-2.ドコモオンラインショップでの購入方法

上記で述べたように、ドコモブランドのiPhoneⅩを入手する方法はいくつかありますが、やはり断然におすすめなのは、自分のペースで購入ができ、圧倒的に時短にもなるドコモオンラインショップとなります。

そこで、ここではドコモオンラインショップでのiPhoneⅩ購入方法を詳しくまとめていきましょう。

基本、サイトでのフローどおりに進んでいけば良いのですが、まずiPhoneⅩをどこで受け取るかの選択になります。

1.ドコモオンラインショップにアクセス

まずは当たり前ですが、ドコモオンラインショップのサイトにアクセスしましょう。

今ではiPhoneⅩ予約開始直後ほど争奪戦にはなっていないので、大丈夫ではありますが、予約設定途中にネット回線が切れてしまったら面倒くさい入力を再度やり直しなんて悲劇も起こりうることです。なので、ネット環境が悪くないところでアクセスするようにしましょう。

そして、そのサイト上の「機種を探す」から「iPhone」→「iPhoneⅩ」→「購入する」と進んでください。

2.受け取り場所の選択

ここではiPhoneⅩをどこで受け取るかの選択です。

二つの方法があり、1つ目が郵送で他の郵送物と同じように自宅で受け取る方法です。取りに行く手間がなく、日本の運輸システムは優秀なので、再配送も可能ですし、実店舗では色々な書類等が必要な代理人受け取りも問題ないので、とにかく楽です。ただ、SIMカードの移し替えや電話帳移行などの移行作業を全て自分で行う必要があります。

自分で指定した最寄りのドコモショップ(実店舗)でiPhoneⅩを受け取る方法です。こちらの場合は、ドコモショップの店員さんが、古いスマホからのSIMカード移し替えや電話帳移行などを代理で行ってくれるので、スマホ初心者には安心です。

ただ、iPhoneⅩを受け取るだけでも、更には事前に来店時間を予約しておいたとしても、待たされることが常で、土日祝日や、平日でも夕方以降など混みあう時間帯に関しては、1~2時間待たされることも当たり前のような感じがあるので、時間に余裕を持っていかねばなりません。

ちなみに、自宅で受け取るにしても、ドコモショップ(実店舗)で受け取るにしても、当選確率(予約ができる確率)は変わらないとされています。

受取先として選んだほうをクリックしてください。

3.色と容量を選択

続いて、iPhoneⅩの色と容量の選択です。色に関しては、正直今回は2色しかなく新色もないですし、基本ケースをしてしまう人も多いので、そこまで関係ないかもしれませんが、容量に関しては、値段もかなり変わってきますし、容量オーバーになるとiPhoneでできることも制限されますので、自分がどれくらいの感じでiPhoneを使いこなすかを事前に考えておきましょう。事前に考えておかないと、いざ選択する際に、迷ってしまい、悩んでいる間に予約数完了となってしまうかもしれませんから、あらかじめ色と容量を決めておきましょうね。

色=スペースグレイ(黒系)とシルバー(白系) ※2色展開  噂では2018年には新色(ブラッシュゴールド(銅色)が出る?

容量=64GB(iPhoneではあまりアプリを入れていない、写真などもあまり保存をしていないもしくは基本クラウド上保存で、本体保存は少なくとも大丈夫。とにかく少しでも安いiPhoneⅩを手に入れたい

256GB=現在における最大容量。写真も毎日のように撮るし、アプリも様々なものを入れているヘビーユーザーは間違いなくこちら。ただ、本体価格が定価では14万円以上になる可能性が高い。

4.支払方法を選択(分割or一括、どっちがお得?)

今度は支払い方法です。分割で支払うか、一括で支払うかの選択ですが、おすすめはやはり分割払いです。むしろ、ドコモなどの大手キャリアを利用する最大のメリットがコレと言ってもよいくらいなので、ほとんどの人が分割払いを選ぶと思いますが、一括払いもメリットは存在しています。

分割払い=月々の使用料に合算して、分割で払っていく形です。予想価格としては、サポート割引は、月々2500円ほどの支払い(24か月)となり、60000円分が割引、残りが50000円前後を分割払いになるくらいが予想されています。(月々2000円~3000円程)。少なくとも2年間は、解約をしてしまうと、次のスマホとの二重債務となってしまうので、すぐに新しいスマホに替えたいような人は分割だと借金感が増してしまいます。

一括払い=一括払いだと、月々のサポート割が適用できないと考えている人も多いですが、一括払いでもサポート割は可能です。ただ、iPhone8でも一括の場合、100000円を超えますから、ハイエンド機であるiPhoneⅩは、150000円程度になってもおかしくありません。その後、月々の支払いから割引を受けられるとしても、一時的に大金を入金する必要があり、出費感は高いと思います。ただ、ドコモが発行しているの所持者だったら、一括購入にすることで、dポイントが貯まります。これは分割支払いにはない、特典なので、持っている人はこの選択肢もありですね。

5.オプション品の選択

もちろん本体だけでもiPhoneⅩを使いこなすことはできますが、より便利に使うために、Apple純正やドコモ純正のオプション品を購入するかどうかです。

例えば、iPhone8、iPhoneⅩから搭載されたワイヤレス充電用の充電台Belkin Boost Up Wireless Charging Pad(価格6980円)や、イヤホンジャックがないiPhoneⅩだけに、ワイヤレス接続ができるApple純正のイヤホンAirpods(16800円)やケースなどのオプション品を購入するか決めて下さい。 他にも今使っているイヤホンジャックをライトニングジャックでも使用できるようにする変換アダプタや、USBを電源コンセントで使うアダプタなどもここで購入を決めます。

6.予約確認、スマホ本体の到着

一番下までプルダウンすると、「予約する」と言うボタンがあるので、それをクリック、無事に完了すれば予約OKとなります。しばらくはサーバーが不安定になることが予想されますので、念の為、トップ画面に戻り、右上にある「お申込み履歴」を見て、きちんとiPhoneⅩが予約で着ているかチェックしておきましょう。

7.設定手続き

あとは、iPhoneⅩの入荷連絡を待つだけになります。上記の予約設定時に決めた、自宅で受け取りか、ドコモショップ(実店舗)で受け取り化か決めたほうに到着します。実店舗の場合は、ネット上で、決めたドコモショップの来店予約を行っておくと良いでしょう。

本体が手元に届いたら、今使っているドコモのSIMカードをiPhoneⅩに入れ替えて、移し替え作業を行ってください。iTunesやiCloudと言った保存できるところに、電話帳など古いスマホからiPhoneⅩに移行したいデータを一時的に保存して、iTunesやiCloudを通して移行してください。

また、LINEやfacebookと言ったアプリでは、メールアドレス等で紐付けを行う場合があり、旧スマホで事前に登録しておく必要がある場合があるので、今使っているアプリの「引継ぎのやり方」を参照するようにしておきましょう。

参考記事:ドコモオンラインショップで乗り換え(MNP)するメリットとデメリット

4.iPhoneⅩの基本スペック

iPhone X

4-1.基本スペック

【サイズ】画面5.8インチ、高さ143.6mm・幅70.9mm・厚さ7.7mm・重量174g

【ディスプレイ】Super Retina HDディスプレイ、2436×1125

【メモリ】64もしくは256GB

【カメラ】メインカメラ1200万画素、インカメラ700万画素、広角・望遠カメラ搭載、4K撮影

【重量】174g

4-2.進化ポイントは?

フレームがアルミ製からステンレススチール製に、画面はガラス製に

やはりiPhone8からiPhoneⅩへの最大の変化と言えば「見た目」でしょう。今まではiPhone機の象徴のようなホームボタンが廃止となったことで、Android機との違いがはっきりはしなくなりました。

しかし、ただホームボタンが無くなったわけではないのです。ホームボタンが無くなったことで、上面全体が画面になり、サイズ感以上に大きな画面となりました。

また、その画面のガラス製の有機EL高画質パネルに。それによって、高級感のあるフレームレススマホとなり、より未来を感じられるようなモデルになった印象です。

フレームに関しても、従来のアルミ製からステンレススチール製にチェンジ。フレーム部分が少ない(ほとんどない)のもあり、ステンレススチールになったことで強度が増したと思われます。

ホームボタンの廃止

上記でも述べたようにiPhoneⅩからホームボタンが廃止となりました。後述するように、今までの最大と言ってよいホームボタンの利用法だったTouch ID(指紋認証)はなくなったものの、これまで無意識のうちに使用していたはずのアプリの移動などでホームボタンが使えないのは、ずっとiPhoneユーザーの人にとっては違和感が出るポイントでしょう。

また、フリーズしてしまったときなどに今まで使っていた、ホームボタン長押しができなくなるのも不安要素ですね。

関連記事:iPhone Xのホームボタンがなくて不便?操作方法と変更箇所を徹底解説

Touch IDからFace IDに

これも大きな変化であるTouch ID(指紋認証)からFace ID(顔認証)に起動時や本人確認が変更になった点です。最近は、空港の入国チェックでも使われ始めた顔認証、まさに最新スマホならではの新機能で、未来感を感じるには最高の機能と言えます。

ただ、Googleなど他社を含めて、スマホで(と言いますがパソコンなどを含めた個人ガシェット類)で顔認証システムを採用したのが、このiPhoneⅩが初であり、まだまだ完璧なセキュリティとは言えない怖さもあります。

実際、早くも双子の顔だとそのまま認証されたとか、太陽光で顔が見えづらいと反応しないなど問題点も出てきているようで、まだまだ完璧なセキュリティシステムとは言い難い現状です。(もちろん指紋認証も問題は多いので難しいところですが)

広角と望遠の2カメラを搭載

少し前から「もはやデジカメが要らないほど」とまで進化が進んでいるスマホのカメラ。最近のインスタグラムなどのSNS全盛もあり、ますますスマホにおけるスマホの重要性は増すばかりですよね。

iPhoneⅩになり、これまでのズーム機能もより進化。言ってしまえば一眼レフカメラのような広角レンズ及び望遠レンズが搭載となり、より鮮明で美しい写真撮影が可能に。更に、動画撮影も、iPhone8にも搭載された4K撮影が可能で、「デジカメならぬ一眼レフさえ要らない」と言っても過言ではなくなってきています。

関連記事:最新iPhone XとiPhone8の進化したポイントはカメラだけなのか徹底検証

iPhone Xの評価・レビューに関連する記事
iPhone XとiPhone8/8plusを徹底比較。どれを買うべき?買わないべき?

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事