「ドコモを契約しているけど、他社に乗り換えたい…」

そう考えている方が気になるのは、「いつ解約するのが一番おトクなの?」ということだと思います。

今回はドコモの解約に一番適した時期に加えて費用や手順、乗り換える際におすすめの方法について詳しく解説していきます。

ドコモを解約するのに一番おトクな時期は?

まずはドコモを解約するのに一番おトクな時期を確認していきましょう。

ドコモの場合、さまざまな定期契約以外にも契約しているサービスによってさまざまな違約金が発生する可能性があるので、注意が必要です。

2年契約している場合は契約満了月の翌月


ドコモを解約する場合、一番お得な時期は「2年に1度来る契約満了月の翌月と翌々月」です。

この期間に契約を解除すれば、定期契約で支払うことになる違約金を払う必要はありません。

契約満了月についてはドコモから送られてくる請求書か、ドコモに問い合わせればすぐにわかりますよ。

この期間以外で解約すると解約金がかかってしまいますし、加えて利用しているサービスによってはそのサービスの違約金もかかることがあります。

注意しておくべき違約金①定期契約を結んでいる場合

ドコモで定期契約型プランの契約を結んでいて、契約満了月の契約でない場合、違約金9,500円が発生します。

定期契約のプランは以下の通りです。

  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン
  • データプラン
  • キッズケータイプラス
  • デバイスプラン500

ドコモで契約している場合ほとんどの方が上記の基本プランに契約していると思います。

これらのプランは基本的に2年契約なので、その途中で解約することになると違約金が発生する仕組みになっています。

ドコモの解約を考えている場合は、明細書をチェックするなどして契約満了月を確認しておくことが大切です。

注意しておくべき違約金②(新)いちねん割引

(新)いちねん割引は1年単位での継続利用を条件に、継続利用期間に応じて基本使用料が最大25%割引になるサービスです。

いちねん割引を解約する場合、継続利用年数に関わらず3,000円の解約金がかかります。

意外と盲点なポイントなので、対象になるかどうかよくチェックしておきましょう。

注意しておくべき違約金③端末購入サポート解除料


ドコモで契約するときに端末台を安くすることができる「端末購入サポート」

解約の際にこの端末購入サポートを解除すると、解除料がかかってきます。

端末購入サポート解除料は端末によって異なりますが、一番安い解除料でも13,284円、一番高い場合は49,896円とかなりの高額な解除料になります。

解除料がかかるのは購入から12カ月間になります。

この期間を過ぎるまでに解約した場合解除料がかかってくるので、自分の端末はどの程度の解除料がかかるのか、解約前には必ず確認しておくようにしましょう。

解約するのは月末?月初?


上記の解約金に加えて、解約金が発生しない月のいつ解約するかということも重要です。

この場合契約プランで日割りになるものが多いかどうかが重要なポイントになってきます。

【日割りにならないもの】

  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン
  • シェアパック
  • データパック
  • シェアオプション

【日割りになるもの】

  • spモード
  • 携帯補償

基本的に高額な料金がかかるものが日割りにならないようになっています。

日割りになるサービスが日割りにならないサービスの料金を超えることはほとんどないので、月末に解約するのがおすすめです。

ドコモを解約する方法

ドコモを解約する場合にかかる違約金をチェックしたところで、次に具体的な解約手続きを確認しましょう。

ドコモを解約する場合、通常解約と他社に乗り換えるMNP解約の2つの方法があります。

通常解約


通常解約の場合注意しておきたいのは、ドコモショップでしか解約は受け付けていないということです。

日中忙しい方は「ドコモショップに行く時間を作るのが難しい」という方も多いと思いますので、お近くのドコモショップの営業時間をチェックしておきたいですね。

まず準備として以下のものを用意します。

  • お使いのスマートフォン、タブレット
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)

本人確認書類については、健康保険証や住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書のいずれか1点と公共料金の領収書、マイナンバーの印字がない住民票1点でも代替できます。

いずれも「発行から3カ月以内」「現住所が明記されていること」「契約者名義と同一のもの」である必要があり、公共料金領収書は「領収印がある」あるいは「発行日が記載されている」ものに限られます。

解約する方が未成年の場合は

  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者の同意書
  • 親権者の本人確認書類

と準備する書類が異なるので注意しましょう。

これらの書類を持って契約者本人がドコモショップに出向き、ショップで解約を申し出れば、あとはショップの方で手続きを取ってくれます。

MNP転出で解約する場合


もう一つの方法はMNP転出でドコモを解約する方法です。

MNP転出を行う場合、MNP転出費用として2,000円がかかるので、注意するようにしましょう。

まずMNP予約番号を取ります。

MNP予約番号とは携帯電話会社を乗り換える際に必要になる10桁番号のことです。有効期限は発行した日を含めて15日間です。

有効期限が過ぎても新たに取り直すことができますし、予約番号の発行に料金はかからないので、もし有効期限を過ぎてしまってしまっても慌てず再度取得手続きを行うようにしましょう。

MNP予約番号を取得する方法は、次の3つです。

  • ドコモショップ
  • 電話 9:00~20:00(年中無休)
  • Web 9:00~21:30(年中無休)

この中で一番おすすめなのはWebを通してMyDocomoで取得する方法です。

わざわざドコモショップに行く手間もないですし、スマートフォンやパソコンから簡単に手続きができます。

手続きはMyDocomoにログインし、「ドコモオンライン手続き」画面の「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をクリック、「解約お手続き」に進んでいけば、3~5分程度で手続きは完了です。

その後MNP予約番号を持って転出先で新規契約を行えば、すぐに転出先で携帯電話が使えるようになりますよ。

ドコモMNPについては、ドコモMNP予約番号をたった5分で取得する3つのポイントをご覧ください。

ドコモを解約するときの注意点


上記で紹介した手続きを取れば簡単にドコモを解約することができます。

その際一番注意しておかなくてはならないのが違約金ですが、そのほかにも注意しておくべきポイントをご紹介します。

ドコモポイントの失効


今お使いのドコモスマートフォンや携帯電話は、解約するとドコモポイントが失効してしまいます。dアカウントをお持ちであれば、dアカウントを発行することで継続して利用することができます。

長くドコモを使っている場合かなりドコモポイントがたまっていることもありますから、無駄にしないようにしたいですね。

ドコモのメールアドレスが使えなくなる


ドコモを解約すると、もちろんドコモのメールアドレスは使えなくなります。

そのためドコモのメールで連絡を頻繁に取る方は、メールアドレス変更を事前に連絡しておいた方が安心です。

MNPでドコモを解約する場合でも、引き継がれるのは電話番号のみでメールアドレスは新規に取得することになるため、注意しておきましょう。

有料コンテンツや電子マネーが引き継げない可能性がある


ドコモで利用している有料コンテンツがある場合は、利用できなくなる可能性があります。

また電子マネーをチャージしている場合は、解約前に残高を0にしておいた方が安心です。

ドコモから他社に乗り換えるときにおすすめの方法

ドコモを解約する場合通常解約とMNP転出の二つの方法がありますが、ほとんどの方が利用するのはMNPの方だと思います。

せっかくMNPを利用するのなら、よりお得に乗り換えられるようにしたいですよね。

携帯電話会社ごとにおすすめの方法をご紹介します。

auならauオンラインショップ

auに乗り換えるのなら、auオンラインショップがおすすめです。

auオンラインショップはauの直営店なので、在庫が豊富に揃えられています。

iPhone XやiPhone 8といった最新機種であっても比較的手に入りやすいので、MNPに伴って最新機種への機種変更を考えている方には特におすすめです。

また機種についての情報はもちろん、料金プランの詳細もじっくり検討できるという直営店ならではの強みもあります。

オンラインショップなので、店頭での待ち時間もなく24時間手続きができるので、忙しい方でも手続きしやすいですよ。

「実際にお店に行って聞いた方が安心」という方もいらっしゃるかもしれませんが、実店舗の場合「お店に行ってみたら不要な説明を受けたり、要らないオプションに加入されて大変だった…」といった経験をされたことも多いのではないでしょうか。

auオンラインショップならこうした不要なオプションの勧誘もなく、自分に合ったプランのみを選ぶことができますよ。

ソフトバンクならおとくケータイ.net


ソフトバンクに乗り換えるのなら、「おとくケータイ.net」がおススメです。

おとくケータイ.netはソフトバンクのスマートフォンを取り扱っているオンラインショップで、ソフトバンクショップで乗り換えるよりも安く購入できることもあります。

また申し込み時に高額なキャッシュバックを貰うことができることもあるので、ソフトバンクに乗り換えを検討している場合は一番におすすめしたいオンラインショップです。

おとくケータイ.netの手続きは

  1. おとくケータイ.netの「お問い合わせ・申し込みフォーム」に必要事項を入力
  2. おとくケータイ.netからの折り返し連絡を待つ(電話orメール)
  3. おとくケータイ.net側からプラン内容や支払い料金、キャッシュバックなどが提案される
  4. 提案された内容がよいと思ったら、そのまま申し込む
  5. 手続きが完了すると自宅に機種が郵送されてくる

という手続きになっています。

実店舗に行かずにソフトバンクのスマホに乗り換えることができるので、仕事で忙しくソフトバンクショップに行く時間がないという方でも安心です。

キャッシュバックもかなりお得な内容になっているので、ソフトバンクへの乗り換えを考えている場合は、ぜひおとくケータイ.netをチェックしてみてください。

本当にドコモを解約するべき?もう一度見直すべきポイント

ここまでドコモを解約する手順や費用などについて確認してきましたが、実際に解約の手続きに移る前に本当にドコモの解約が必要なのか、チェックしておきましょう。

dカードやdカードGOLDを頻繁に使う

dカードやdカードゴールドはドコモのクレジットカードです。
主に以下のような特典があります。

  • ポイント還元率が1%
  • dカード特約店ではポイント還元率を2%以上にできる
  • ローソンでの買い物が3%引きになる
  • スペシャルクーポンが使える

こうした特典を利用していて意外とポイントが貯まっているという方は、解約するとドコモの利用に伴って貯まっているポイントが今後つかなくなってしまうため、検討してみたほうがいいかもしれません。

ドコモ光を契約している


ドコモ光はフレッツ光回線かケーブルテレビを利用する形でドコモが提供するインターネットサービスです。

テレビにつなげば映像サービスが楽しめたり、ドコモ光のWi-Fiでデータ量を気にせずコンテンツが使い放題になるなど、さまざまなメリットがあります。

他にも「ドコモ光電話」のサービスを利用すれば、電話番号も電話機もそのままに、月額使用料も通話料も下げることができます。

ドコモ光は「ドコモ光パック」といって、インターネット料金とスマホ料金の支払いをまとめる契約を取ることで毎年最大42,000円の割引を受けることができます。

例えばデータパックの中でも契約者数が多い「データMパック」の場合は、1台につき800円の割引が受けられ、家族の人数によって割引額も増えます。

ドコモを解約するとこの「光セット割」が受けられなくなるため、携帯電話料金だけでは安くなったと思っても、インターネットとスマホの料金をトータルで考えると割高になっていた、ということも考えられます。

携帯電話の解約になるとどうしても携帯電話料金に目が行きがちですが、ほかにさまざまな割引を受けている場合があるので、解約して損にならないように気を付けましょう。

ドコモの解約金を押さえる方法のまとめ

ドコモを解約する場合、重要なのはその時期とかかってくる違約金です。

時期としては「契約満了月の翌月・翌々月」、かつ端末購入サポートやその他違約金が発生するサービスの対象になっていないか必ずチェックしておくようにしましょう。

解約後クレジットカードのポイントやインターネット料金などの割引等でトータルで割高にならないか、確認しておくことも大切です。

実際に解約となったらキャッシュバックが高額、手続きがスムーズにできるなど、携帯電話会社ごとにメリットのある方法で乗り換えを済ませたいですね。

携帯電話を解約するとなると、こうしたさまざまな確認、手続きが必要になります。なるべくお得になるようしっかりと調べてから、手続きを進めるようにしましょう。

Pocket