ドコモ Galaxy Feel SC-04Jの評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー

Galaxy Feel SC-04J カラー

ドコモから2017年夏モデルとして発売されたGalaxy Feel SC-04J。サムスンのGalaxyシリーズということもあり発売当初から高い注目を集めていたスマホです。

2017年夏モデルというと発売から半年以上も経過しているため、徐々に人気も落ちて行くのが通常です。しかし、今ある理由によりGalaxy Feel SC-04Jまた注目を集めています。

その理由とは「docomo with」の対象スマホになったということです。


docomo withの対象となることで、お得に利用することができるというメリットがありますが、docomo withがどのようなものであるのかいまいちわからないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、ここではdocomo withがどのようなものであるのかを紹介しつつ、いまだ色褪せない魅力を持っているGalaxy Feel SC-04Jの詳細を辛口レビューを交えて紹介します。

また、Galaxy Feel SC-04Jにお得に乗り換えるための3ステップを紹介して行きますので、ドコモへの乗り換えるを検討されている方や、機種変更をお考えの方、あるいはお得にスマホを利用したいという方はここで紹介する内容を是非参考にしていただけたらと思います。

最新のGalaxy Note8の詳細はこちら!
最新のGalaxy Note8の評価や実機レビューについて紹介しています。あわせて読みください。
Galaxy Note8の評価と辛口レビュー

1. Galaxy Feel SC-04Jってどんな機種?

Galaxy Feel SC-04Jは以下の特徴があります。

1-1. Galaxy Feel SC-04Jのスペック

Galaxy Feel SC-04Jは、ドコモから2017年夏モデルとして発売された機種の1つです。まずは、おさらいの意味でスペックなどの詳細を確認してみましょう。

サイズ(高さ×幅×厚さ) 約138mm ×約67mm×約8.3mm
質量 約149g
OS Android7.0
ディスプレイ 約4.7インチ、有機EL(Super AMOLED)、約1677万色
ディスプレイ解像度(横×縦) HD(720×1280)
CPU Exynos7870、1.6GHz、オクタコア
内蔵メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
外部メモリ(最大対応量) microSDXC(256GB)
バッテリー容量 3,000mAh
防水性能・防塵機能 防水 IPX5、8等級・防塵IP6X 等級
VoLET 対応
連続待受時間 LTE:約500時間、3G:約520時間、GSM:約430時間
連続通話時間 LTE:約1180分、3G:約890分、GSM:約550分
電池持ち時間 約170時間
通信速度 受信時最大262.5Mbps / 送信時最大50Mbps
Bluetooth 4.2対応
アウトカメラ 有効画素数約1,600万、F値1.9
インカメラ 有効画素数約500万、F値1.9
ワンセグ 対応
生体認証 指紋認証
スグ電 対応
非常時節電機能 緊急時長持ちモード対応
ハイレゾ 対応
UIM namoUIM
充電端子 USB Micro-B
カラー オパールピンク、インディゴブラック、ムーンホワイト
製造メーカー サムスン電子株式会社

1-2. Galaxy Feel SC-04Jが対応しているドコモのサービス

SPモード
ドコモメール
ドコモ電話帳
スケジュール&メモ
スゴ得コンテンツ
iコンシェル
dマーケット
dエンジョイパス
dジョブ
おサイフケータイ(NFC)
はなして翻訳
しゃべってコンシェル
ドコモ ドライブネット
データ保管BOX
WORLD WING(LTE/3G/GSM) 〇/〇/〇
ケータイ補償サービス
あんしん遠隔サポート
あんしんネットセキュリティ
ケータイデータお預かりサービス
おまかせロック
遠隔初期化
ケータイお探しサービス
イマドコサーチ(検索/被検索) 〇/〇
緊急速報「エリアメール」
災害用伝言板
災害用音声お届けサービス
Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら

1 2 3 4 5

関連記事