ドコモでは、2018〜2019年の冬春モデル機種が多く登場しました。

その中で、とても魅力的な機種が「AQUOS sense2」です!

「AQUOS sense2」の魅力的なポイントは、3つあります。

  1. 「docomo with対象機種」である。
  2. ミドルレンジ機種であるが、十分すぎる機能性。
  3. 「使いやすさ」を重視されている。

「AQUOS sense2」は、スマホを購入する際に、押さえておきたい条件をしっかりクリアしているのです。

この記事では、ドコモの2018〜2019年の冬春モデルとして登場した「AQUOS sense2」のスペックから評価、最安購入する方法を徹底解説していきます!
スマホの買い換えを考えている方は必見な内容となっています。

「AQUOS sense2」の特徴は?


画像引用元:NTTドコモ ホーム

まず「AQUOS sense2」の特徴とスペックについてみていきましょう。

「AQUOS sense2」の特徴は以下のようになっています。

「AQUOS sense2」の特徴
  • 前機種と比べ、より見やすいディスプレイに。
  • 片手で操作ができるデザイン性。
  • 長持ちするバッテリーと防水性。
  • 生体認証は「顔認証」と「指紋認証」
  • 「docomo with対象機種」であるから比較的安価で購入できる。
  • 誰でも綺麗に撮影できる「カメラ機能」がすごい。

「使いやすさ」を重視して開発された「AQUOS sense2」は、他のミドルレンジ機種(中級機種)にない特徴が多く、便利な機能が搭載されています。
スマホを長く使用していく方には、オススメの機種になっているのではないでしょうか!

前機種と比べ、より見やすいディスプレイに。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

前機種の「AQUOS EVER」と比べ、「AQUOS sense2」はベゼルが狭くなりディスプレイが大きくなりました。
本機のサイズ感はあまり変わらず、5.5インチIGZOディスプレイへと進化。

IGZOディスプレイは、明るく高精細であり省電力という特徴があります。
ですので、見やすくくっきりと表示されるので、目が疲れることはないでしょう。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

そして、液晶テレビ「AQUOS」の技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」が搭載されているので、色鮮やかな表現力も備わっています。
フラッグシップ機種(上級機種)と比べても、ディスプレイ面は劣っていない印象です!

片手で操作ができるデザイン性。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

「AQUOS sense2」の縦横の比率は、18:9の縦長になります。
ですので、片手で操作がしやすく手にフィットするので、疲れを感じさせないデザインとなっているのです。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

カラーバリエーションは、シャンパンゴールド、シルキーホワイト、ニュアンスブラック、ブロッサムピンク4色です。

長持ちするバッテリーと防水性。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

同じスマホを長く使用していくには、「バッテリー面」と「防塵・防水面」が気になるところです。

「AQUOS sense2 」には、充電による電池の劣化を抑えたインテリジェントチャージという方法が用いられています。
ですので、長く使用してもバッテリーは衰えることはありません。

防塵・防水面は、濡れた手での操作、またお風呂場での使用も可能な耐久性となっていますので、場所問わず安心して使用できます。
とは言いつつも、生活に必要なスマホです。過度な水濡れ・衝撃には注意しましょう!

生体認証は「顔認証」と「指紋認証」


画像引用元:NTTドコモ ホーム

生体認証は「顔認証」「指紋認証」が可能。
プライバシー保護のためにも、必要になる機能になりますので対応している事は嬉しいことです。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

ディスプレイには、「のぞき見ブロック」機能が搭載されていますので、混雑した電車やバスの中で覗き見される事はありません。
「AQUOS sense2」は、プライバシー保護面もしっかり対策されているので安心です!

「docomo with対象機種」であるから比較的安価で購入できる。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

皆さんは、ドコモ特有のサービスである「docomo with」をご存知でしょうか?

「docomo with」とは、対象機種であれば、毎月1,500円の割引されるサービスになります。
そして、一般的な契約なら2年間などといった有効期限がありますが、「docomo with」は無期限となっています。

紹介している「AQUOS sense2 」は、「docomo with」対象機種となっていますので、長く使えば使うほどお得になるのです!

誰でも綺麗に撮影できる「カメラ機能」がすごい!


画像引用元:NTTドコモ ホーム

「AQUOS sense2」のカメラ機能は、自動で綺麗に撮影することができます。
搭載されているAIが、7つのシーンから自動で撮影環境に合わせた設定をしてくれるので、誰でも美しい写真が撮れるのです。

メインカメラは、「ハイスピードオートフォーカス機能」搭載なので、迅速なピント合わせが可能。
よって、手軽に手ブレのない一瞬を撮ることができます!

「AQUOS sense2」であれば、設定に時間がかからないので、ベストショットを撮り逃がすことは無くなりますね!

「AQUOS sense2」 のスペック詳細・価格


画像引用元:NTTドコモ ホーム

続いて、「AQUOS sense2」のスペック詳細と価格について、みていきましょう!

購入にあたって、「スペックの詳細」と「価格」に関しては、最低限把握しておきましょう!
価格に関しては、「docomo with対象機種」適応時の価格になっています。

「AQUOS sense2」のスペック詳細

CPUQualcomm® Snapdragon™ 450(SDM450)
1.8GHz オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ148 × 幅71 × 厚さ8.4 mm
重さ約155g
ディスプレイ約5.5インチ
IGZOディスプレイ機EL)
解像度フルHD+ (1,080 × 2,160)
カメラ画素数メイン:有効画素数 約1,200万画素 CMOS 裏面照射型
サブ:有効画素数約800万画素 CMOS 裏面照射型
カラーバリエーションシルキーホワイト・ニュアンスブラック・シャンパンゴールド・ブロッサムピンク

ミドルレンジ機種の平均的なスペックとなっています。
前モデルと比べて、CPU性能を約20%・GPU性能を約30%向上していますので、容量をかなり使用するアプリでない限り、ストレスフリーで利用できます。

注意するべき点は、近年流行っている「荒野行動」や「PUBG MOBILE」などのゲームは、画質を落とすなどといった対策をとらなければ、反応が悪くなります。
ゲーム中心に使用する場合は、iPhoneといったフラッグシップ機種(ハイスペック機種)を選ぶ方が賢明でしょう!

「AQUOS sense2」の価格

32GBドコモ
一括価格31,752円
機種変更実質価格31,752円
MNP実質価格31,752円
新規実質価格31,752円

※「docomo with対象機種」適応時

新規契約・乗り換えMNP・機種変更いずれにしても、全て同じ価格になります。
やはりミドルレンジ機種であり、「docomo with対象機種」となっているので、比較的安く購入することができます!

以下では、現在の金額より安く購入する方法を紹介しますので、要チェックです!

「AQUOS sense2」の評価・使用者の声

ここでは、「AQUOS sense2」を使用者の声と評価を紹介します。
実際に使用している方の意見になりますので、参考になるのではないでしょうか?

【「AQUOS sense2」を使用している方の声】

  • AQUOSシリーズを購入するなら「AQUOS sense2」で十分。
  • ゲームをバリバリすることがなければ、「AQUOS sense2」。
  • コストパフォーマンスを重視するなら「AQUOS sense2」。
  • 2台持ちに向いている。
  • 何か物足りない。
  • 思いのほか充電が早い。
  • たまに液晶がバグる。

様々な声がありました。
中には不満の声もありましたが、多くは満足している声が多かったです。

スペック面で、不満を抱く場合は他の機種をオススメしますが、液晶の故障といって点に関しては、ドコモの「問い合わせ」をすることで解決するでしょう!

最安購入する方法は「ドコモオンラインショップ」


画像引用元:NTTドコモ ホーム

ドコモが公式で行なっている「ドコモオンラインショップ」をご存知でしょうか?

この「ドコモオンラインショップ」は、「AQUOS sense2」に限らず、お得にスマホを購入することができるのです!

「ドコモオンラインショップ」のお得なポイント
  • 店舗型スマホショップではかかってしまう費用が無料になる。
  • 「ドコモオンラインショップ」限定のキャンペーンが存在する。
  • 時間と手間が省ける。

上記の内容を徹底解説していきましょう!

店舗型スマホショップではかかってしまう費用が無料になる。

本来、店舗型スマホショップでスマホを購入した場合、スマホ購入に関係ない「頭金」「事務手数料」といった費用がかかってしまいます。
そして、中にはポイントが付かない店舗も存在し、無駄な出費が多くなってしまうのです。

店舗によって「頭金」や「事務手数料」の金額は異なりますが、平均して「頭金」は約8,000円「事務手数料」は5,000円合計約13,000円ほど無駄にかかってしまうのです!

ですが、「ドコモオンラインショップ」で購入した場合、「頭金」や「事務手数料」の費用は全くかからず、dポイントの使用が可能なのです!

これは、「ドコモオンラインショップ」を利用するだけで、約13,000円の割引と考えたら、見過ごすことのできない金額ですよね。

「ドコモオンラインショップ」限定のキャンペーンが存在する。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

「ドコモオンラインショップ」には、限定で行われているキャンペーンが存在します!
前述しましたが、このキャンペーンは「AQUOS sense2」に限らず、利用できるものになっており、誰でも利用することができますので、ドコモでスマホの購入を考えているのであれば、利用することをオススメします!

【ドコモオンラインショップ限定キャンペーン】

  • 特典内容
    対象機種を購入で、機種代金から5,184円(税込)割引。
  • 適応条件
    ①ドコモオンラインショップにて「オンラインショップ10周年特典」の対象機種を購入した方。
    ②指定の「基本プラン」に新規で申し込みした方、もしくはすでに申し込みしている方。
    ③指定の「パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス」に新規で申し込した方、もしくはすでに申し込みしている方
  • キャンペーン期間
    2018年12月1日(土曜)~2019年1月31日(木曜)

「ドコモオンラインショップ」を利用するだけで、機種代金から5,184円(税込)割引されるキャンペーン内容になっているのです!

一応キャンペーン期間がありますが、12月以前も行なっていたキャンペーンになっていますので、2019年1月31日以降も引き続き行われるのと思われます!

ドコモ AQUOS sense2 SH-01Lの評価・使用感と最安購入方法のまとめ

「ドコモ AQUOS sense2 SH-01Lの評価・使用感と最安購入方法のまとめ」と題して、「AQUOS sense2 」の特徴・スペック・価格から、使用者の意見、最安購入方法を解説してきました!

「AQUOS sense2」の実態は以下のようになります。

「AQUOS sense2」の実態
  • 使用用途がゲームや動画観賞でなければ、十分に使用していける。
  • 長く使用していける「使いやすさ」を備えている。
  • 価格、「ミドルレンジ機種」といった肩書き以上のスペック。
  • 「docomo with対象機種」なので、比較的安価でゲットできる。

そして、「ドコモオンラインショップ」の利用で、より安く購入することができます!

店舗型スマホショップで「AQUOS sense2 」を購入した場合】

「AQUOS sense2 」の価格(31,752円)+「頭金(約8,000円)」+「事務手数料(約5,000円)」

=約44,752円(ポイント利用不可)
「ドコモオンラインショップ」で「AQUOS sense2 」を購入した場合】

「AQUOS sense2 」の価格(31,752円)−「ドコモオンラインショップ限定キャンペーン(5,184円割引)」

=26,568円(dポイント利用可)

低予算で、日常的に使用していくスマホを探している方は、間違いなく「AQUOS sense2 」オススメです!

人によって求める機能は異なりますが、「AQUOS sense2 」は万人受けする機種ですので、プレゼントやスマホデビューとしても良いのではないでしょうか?

以下の記事は、「ドコモオンラインショップ」のメリットについてと、2018年冬〜2019年春モデルの紹介になりますので、興味がありましたら見てみてください!

ドコモオンラインショップのメリット|ネットと店頭で機種変更はどちらの価格が安い?

ドコモの最新スマホが発売!おすすめベスト10機種【2018年冬-2019春モデル】

Pocket