ついに発表されたドコモ2018年夏モデルのスマートフォン

買い替えを考えている方は「どのスマートフォン携帯にしよう」と迷われているのではないでしょうか。

今回はそんなドコモ2018年夏モデルのスマートフォンの価格やスペックについてまとめました。気になっている機種はもちろん、思いがけず気に入る携帯もあるかもしれませんよ。

ソフトバンクの2018年夏モデル最新機種情報auの2018年夏モデル最新機種情報をご覧になりたい方は別記事で紹介していますので参考にしてください。

ドコモの最新機種に機種変更するならこちら

ドコモの最新機種に機種変更するならショップ選びと利用するキャンペーンなどを詳しくチェックしましょう!こちらの記事で詳しく紹介しています。
ドコモの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法

Xperia XZ2 SO-03K

ドコモ Xperia XZ2
画像引用元:Xperia(TM) XZ2 SO-03K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

国内メーカーのソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォンとして根強い人気のあるXperia。
Xperia XZ2はそんなXperiaシリーズの2018年夏モデルです。

Xperia XZ2のカラー
  • リキッドブラック
  • リキッドシルバー
  • ディープグリーン
  • アッシュピンク(ドコモ・au限定)

CPUには最新の「Snapdragon 845」を搭載しており、Androidスマートフォンとしては最高レベルとなっています。

カメラは外側カメラが1920万画素、内側カメラが500万画素とインカメラはスペックダウンしたものの、高い水準を保っています。またソニーが開発した最先端テクノロジー「Motion Eyeカメラ」を搭載しており、F値2.0、広角25mmという明るく広範囲な撮影が行なえます。

Xperia XZ2の本体価格は94,608円(税込)となっており、月々サポートを使うと機種変更の場合で47,952円程度の支払いになります。

ドコモ Xperia XZ2 SO-03Kの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報
ドコモ Xperia XZ2 SO-03Kの辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

Xperia XZ2 Premium SO-04K

ドコモ Xperia XZ2 Premium
画像引用元:Xperia(TM) XZ2 Premium SO-04K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

同じくXperiaシリーズの一機種として発売されたXperia XZ2 Premium。
今回発表されたXperiaシリーズの中では最上位モデルとなっており、スペックも高いものになっています。

Xperia XZ2 Premiumのカラー
  • クロムブラック
  • クロムシルバー

CPUは「Snapdragon 845」が搭載されており、RAMが6GB、ROMは64GBとこちらもAndroidスマートフォンとしては最高スペック。

Xperia XZ2 Premiumに特徴的なのはなんといってもデュアルカメラが搭載されています。

Xperia XZ2 Premiumのデュアルカメラ
  • 約1,920万画素 F値1.8カラーセンサー
  • 約1,220万画素 F値1.6モノクロセンサー

この2つのカメラによって動画撮影時で最大ISO12800、静止画撮影時はISO51200まで感度を上げることができるため、暗いところでも十分な撮影が行なえます。

Xperia XZ2 Premiumの本体価格は112,752円(税込)となっており、月々サポートを使うと機種変更の場合で67,392円の支払いになります。

ドコモ Xperia XZ2 Premiumの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報

Xperia XZ2 Compact SO-05K

ドコモ Xperia XZ2 Compact SO-05K
画像引用元:Xperia(TM) XZ2 Compact SO-05K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia XZ2 Compact SO-05Kは今回発表されたXperiaシリーズのひとつで、Xperia XZ2の処理能力やカメラをそのままに、本体サイズをコンパクトにしたモデルです。

Xperia XZ2 Compactのカラー
  • ホワイトシルバー
  • モスグリーン
  • ブラック
  • コーラルピンク

こちらのモデルもCPUは最新の「Snapdragon 845」を搭載しており、Androidスマートフォンとしては最高レベルの処理速度となっています。

搭載カメラは外側カメラが1920万画素、内側カメラが500万画素となっており、Xperia XZ2と同スペック。もちろん「Motion Eyeカメラ」も搭載されており、高画質な写真撮影が可能です。

気になるのはXperia XZ2との違いですが、スペックとしてはXperia XZ2が5.7インチ、Xperia XZ2 Compactが5.0インチという点しか変わりはなく、Xperia XZ2をそのまま小さくしたモデルになっています。

手の小さい女性が愛用するにはちょうどいいモデルと言えるかもしれません。

Xperia XZ2 Compactの本体価格は79,056円(税込)となっており、月々サポートを使うと機種変更の場合で32,400円の支払いになります。

ドコモ Xperia XZ2 Compactの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報
ドコモ Xperia XZ2 Compact SO-05Kの辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

Galaxy S9 SC-02K

ドコモ Galaxy S9 SC-02K
画像引用元:Galaxy S9 and S9+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy S9 SC-02Kは韓国メーカーのSamsungのGalaxyシリーズの最新機種です。前作と異なり、指紋認証センサーが中央に配置されたことでも話題になりました。

Galaxy S9 SC-02Kのカラー
  • チタニアムグレー
  • ミッドナイトブラック
  • ライラックパープル

CPUは「Snapdragon 845」、RAMが4GBとなっており、Androidスマートフォンとしては最高スペックの処理速度となっています。

また外側カメラは1220万画素、内側カメラは800万画素となっています。特に内側カメラにはF値1.5とF値2.4の2つのレンズが搭載され、被写体によって自動でレンズが切り替わり、最適な状態できれいな写真が取れるようになりました。

Galaxy S9 SC-02Kの本体価格は99,792円円(税込)となっており、月々サポートを使うと機種変更の場合で53,136円の支払いになります。

ドコモ Galaxy S9 SC-02Kの辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

Galaxy S9+ SC-03K

ドコモ Galaxy S9+ SC-03K
画像引用元:Galaxy S9+ SC-03K | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Galaxy S9+ SC-03KはSamsungが2018年に発売したGalaxyシリーズのひとつで、Galaxy S9よりも一回り大きいモデルになります。

Galaxy S9+ SC-03Kのカラー
  • ミッドナイトブラック
  • チタニウムグレー

CPUは「Snapdragon 845」、RAMが6GBで処理速度はAndroidスマートフォンとしては最高レベルになっています。

カメラは外側カメラに1220万画素のカメラが2つ、内側カメラに800万画素のカメラが1つ。外側カメラの2つは広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラになっており、広角レンズにはF値1.5とF値2.4の2つのレンズが搭載されています。

この2つのレンズは環境に合わせて自動でレンズが切り替わるようになっており、カメラを向けるだけで最適な状態できれいな写真を撮影できます。

Galaxy S9+ SC-03Kの本体価格は 112,320円(税込)となっており、月々サポートを使うと機種変更の場合で63,936円。

AQUOS R2 SH-03K

ドコモ AQUOS R2 SH-03K
画像引用元:AQUOS R2 SH-03K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

AQUOS R2はシャープが2018年夏モデルとして発表した新型スマートフォンです。

AQUOS R2 SH-03Kのカラー
  • プレミアムブラック
  • プラチナホワイト
  • コーラルピンク(ドコモ限定)

他にもアクアマリン(au限定)とローズレッド(ソフトバンク限定)がありますが、こちらはドコモでは入手できません。

CPUは他のスマートフォンとほぼ同レベルの「Snapdragon 845」とRAM4GBとなっており、処理能力は高スペック。

また外側カメラに静止画用の約2,260万画素のカメラに加え、動画用の約1,630万画素のカメラと高スペックなカメラを搭載しており、動画と静止画を同時に撮影できる仕様になっています。

AQUOS R2の本体価格は95,904円(税込)となっており、月々サポートを使うと機種変更の場合で49,248円の支払いになります。

ドコモ AQUOS R2 SH-03Kの辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

HUAWEI P20 Pro HW-01K

ドコモ HUAWEI P20 Pro HW-01K
画像引用元:HUAWEI P20 Pro HW-01K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

「HUAWEI P20 Pro」は、中国メーカーのHUAWEIIが2018年夏モデルとして発表した新型スマートフォンです。

HUAWEI P20 Pro、HUAWEI P20、HUAWEI P20 liteの3モデルが発表されており、「HUAWEI P20 Pro」は一番高スペックなモデルとなっています。

HUAWEI P20 Pro HW-01Kのカラー
  • ミッドナイトブルー
  • ブラック

CPUは「HUAWEI Kirin 970」、RAM6GBとなっており、かなりの処理速度が期待できる内容です。

また、最大の特徴はトリプルカメラです。3つのカメラが搭載されており、一眼レフに匹敵する高画質な写真撮影が可能です。

HUAWEI P20 Pro HW-01Kのカメラ
  • 4,000万画素のRGBカラーセンサー
  • 2,000万画素のモノクロセンサー
  • 800万画素の望遠センサー

HUAWEI P20 Proの本体価格は103,680円(税込)となっており、月々サポートを使うと機種変更の場合で57,024円の支払いになります。

ドコモ HUAWEI P20 Proの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報
ドコモ HUAWEI P20 Pro HW-01Kの辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

LG style L-03K(docomo with対象)

ドコモ LG style L-03K
画像引用元:LG style L-03K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

「LG style」は韓国メーカーLG電子が発表した2018年新型スマートフォンです。

docomo withはドコモの月額料金を1500円安く利用できるプランで、2018年夏モデルの中ではdocomo withに対応しているのは「LG style L-03K」と「arrows Be F-04K」となっています。

LG style L-03Kのカラー
  • ブラック
  • ホワイト
  • ブルー

CPUはSDM450、RAMは4GBと処理速度は他のスマートフォンに比べても引けを取らない高スペックになっています。また、カメラは外側カメラが1620万画素、内側カメラが800万画素となっており、通常撮影する分には十分なレベルです。

LG styleの本体価格は 40,176円(税込)となっています。

月々サポートはないものの、docomo withのサービスが利用できるため、お得にスマートフォンを利用したい方にとってはちょうどいいモデルとなっています。

ドコモ LG style L-03Kの辛口実機レビュー評価|docomo with対象

arrows Be F-04K(docomo with対象)

ドコモ arrows Be F-04K
画像引用元:arrows Be F-04K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

「arrows Be F-04K」は富士通から発表された2018年新型スマートフォンです。「LG style L-03K」と同じdocomo withの適用機種となっており、より安価に手に入る機種です。

arrows Be F-04Kのカラー
  • ホワイト
  • ブラック
  • ピンク

CPUはSnapdragon 450、RAMは3GBと他のスマートフォンに比べても引けを取らないスペックになっています。また、カメラはメインカメラが1220万画素、サブカメラが500万画素と日常的な撮影に用いるのであれば問題ないレベルです。

大きな特徴としては高い耐久性・耐衝撃性を有しているところで、高さ1.5メートルから落としても割れない・割れにくいという強固な作りになっています。

LG styleの本体価格は 33,696円(税込)となっています。

docomo withを利用すれば維持費は最安で280円となり、購入費用も維持費も安くできるお得なモデルです。

ドコモ arrows Be F-04Kの辛口実機レビュー評価|docomo with対象

TOUGHBOOK P-01K

ドコモ TOUGHBOOK P-01K
画像引用元:TOUGHBOOK P-01K | 製品 | 法人のお客さま | NTTドコモ

TOUGHBOOK P-01Kはパナソニックから5年ぶり発売された最新型スマートフォンです。基本的には法人向けの商品ですが、100cmの高さから1000回落とす実験に耐えた堅牢性が話題になっています。

CPUはSnapdragon 210、2GB RAMと性能もまずまず。

周囲が騒がしい工事現場や交通量の多い道路沿いでも聞き取りやすい仕様となっており、現場での実用に即したモデルです。

価格はまだ発表されておらず、今後の公式発表が待たれるところです。

ドコモ TOUGHBOOK P-01Kの辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

ドコモ 2018年夏モデルまとめ

2018年のドコモ新型モデルはスマートフォンそのものの性能はもちろん、高性能なカメラが搭載されるモデルが数多く発表されました。

またdocomo withが適用になる機種が2台あり、よりお得にスマートフォンを利用できるラインナップとなっています。

次に読んで欲しいドコモ関連情報

ドコモの最新機種へ機種変更を考えている方は、ドコモの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法も合わせてご覧ください。

ドコモへ乗り換えで最新機種の購入を考えている方は、ドコモへ乗り換えるメリットは?他社から賢くMNPする方法も合わせてご覧ください。

Pocket