スマホの大手キャリアの一つドコモから発行されているクレジットカードといえば、”dカード“とワンランク上の”dカード GOLD“で、ポイントでのキャッシュバックが多い事から人気を集めています。

しかも、ドコモユーザー以外にも発行することができるだけでなく、dカードは年会費無料、dカード GOLDも年会費に相当するキャッシュバックがあるだけでなく、手厚いサービスを受けられることも人気の秘密です。

ですが、「dカードを作ったことで損をしてしまった」なんて人もいるのが現状のようです。

dカードを契約する前に気をつけておきたいポイントがあるので、「これから契約したい」と思っている人や、「思ったようにポイント還元の恩恵が受けられない」という人は参考にしていただけると幸いです。

ドコモのdカード・dカード GOLDとは?

大人気のクレジットカードの注意ポイントについてご紹介する前に、まずは人気の秘密を確認するべくドコモのdカード、dカード GOLDについてどんなものなのか確認してみましょう。

それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

ドコモのクレジットカード①:dカード

画像引用元:ドコモ公式サイト
入会条件
  • 個人名義であること
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • その他当社が定める条件を満たすこと
本人カード年会費 1,250円(税抜)
年1回以上利用で無料
家族カード年会費 400円(税抜)
年1回以上利用で無料
ポイント還元率

1%
1回の利用100円ごとに1P

ケータイ・ドコモ光の利用のポイント還元率

1%
100円ごとに1P

dカード年間ご利用額特典

dカードケータイ補償
事故・紛失・盗難・破損で修理不能な際に同一機種の購入費用を負担

最大1万円補償
(購入から1年以内)

dカードゴールドデスク
ゴールド会員専用問い合わせ窓口

海外旅行保険

海外航空便遅延費用特約、家族特約

国内旅行保険

国内航空便遅延費用特約

お買物あんしん保険

年間100万円まで

ラウンジ(空港・その他)
全国28の空港でラウンジが無料で利用可能

VJデスク(旅のサポート)

利用可能

海外レンタカー

利用可能

海外緊急サービス

利用可能

dカードは、クレジットカードなので、提携している店舗などで買い物をしたりすれば、ポイントがたまるだけでなく、スマホ用アクセサリーなどの購入も可能です。

さらに、海外でもレンタカーを借りることができたり、緊急サービスなどの手厚いサポートを受けることができることも特徴です。

ドコモのクレジットカード②:dカード GOLD

画像引用元:ドコモ公式サイト
入会条件
  • 個人名義であること
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • その他当社が定める条件を満たすこと
本人カード年会費

10,000円(税抜)

家族カード年会費

1枚目は無料
2枚目以降は1,000円(税抜)

ポイント還元率

1%
1回の利用100円ごとに1P

ケータイ・ドコモ光の利用のポイント還元率

10%
1,000円ごとに100P
※家族カードも対象

dカード GOLD年間ご利用額特典

年間100万円以上の利用でケータイ割引クーポンなど10,800円分
年間200万円以上の利用でケータイ割引クーポンなど21,600円分

dカードケータイ補償
事故・紛失・盗難・破損で修理不能な際に同一機種の購入費用を負担

最大10万円補償
(購入から3年以内)

dカードゴールドデスク
ゴールド会員専用問い合わせ窓口

利用可能

海外旅行保険

最大1億円

海外航空便遅延費用特約、家族特約

利用可能

国内旅行保険

最大5,000万円

国内航空便遅延費用特約

利用可能

お買物あんしん保険

年間300万円まで

ラウンジ(空港・その他)
全国28の空港でラウンジが無料で利用可能

利用可能

VJデスク(旅のサポート)

利用可能

海外レンタカー

利用可能

海外緊急サービス

利用可能(無料)

そしてドコモのdカードのワンランク上にあるのが、dカード GOLDです。

dカードよりもサービスが充実しているのが一覧表からもわかりますが、年会費が掛かってしまうのも事実です。

ですが、年会費がかかったとしてもdカードより圧倒的にサービスが充実していることから、dカードGOLDを契約している人も多いようです。

dカード・dカード GOLDの共通特徴

それぞれに特徴があり、自分の生活スタイルに合わせたカードを利用するのがおすすめです。

共通する特徴もあるので、確認してみましょう。

支払方法
  • 1回払い
  • 2回払い
  • ボーナス払い
  • リボ払い
  • 分割払い
支払日 毎月15日締め/翌月10日払い
カードブランド
  • VISA
  • mastercard
電子マネー iD
Apple Pay iD対応店で利用可能

支払方法や、支払日、カードブランドなどはどちらのカードも同じです。

目立ったデメリットなど無いように感じてしまいますが、dカードの悪い口コミがあるのも事実です。

ですがそれは落とし穴にはまってしまっている可能性もあるので、まずは確認してみましょう。

dカード GOLDを徹底解説|ドコモを使うなら絶対に持つべきメリット

使ってみてわかるdカードの落とし穴とは?

それでは、dカード・dカード GOLDのユーザーが使ってみてわかったdカードの落とし穴をまとめてみましょう。

これからdカードもしくはdカード GOLDを検討している人は必見です。

使ってみてわかるdカードの落とし穴①:ポイント還元される利用料が限定的

画像引用元:ドコモ公式サイト

ドコモのdカードやdカード GOLDが人気の理由の1つが還元率の高さです。

dカード dカード GOLD
ポイント還元率 1%
1回の利用100円ごとに1P
1%
1回の利用100円ごとに1P
ケータイ・ドコモ光の利用のポイント還元率 1%
100円ごとに1P
10%
1,000円ごとに100P

10,000円の年会費が必要なものの、dカード GOLDではその高い還元率から、利用料が税込みで10,000円程度になる人であれば、キャッシュバックで年会費相当になるためお得だといわれています。

年会費無料のdカードでも10,000円程度の利用料であれば1ヶ月に100ポイントとしても、1,200ポイントは溜めることができる計算になるはずです。

ですが、全てがポイント還元の対象となるわけではなく、割と限定的なのです。

ポイント進呈の対象となるドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用金額は、各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料、ユニバーサルサービス料の金額となります(ただし、利用金額のうち位置情報/ユビキタスサービスにかかる基本使用料および通信料は除きます)。各種手数料、電報料、コンテンツ使用料/ i モード情報料、コレクトコール通話料、ケータイのご購入代金、バリューコースにおける分割支払金/分割払金、d払い、ドコモ払い(一部を除く)、ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)、消費税、「ケータイ補償 お届けサービス」「ケータイ補償サービス/ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」ご利用時のお客様ご負担金、「機種変更応援プログラム」利用料金、「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料などはdポイント進呈の対象外となります。

こちらがdカードのポイントとして進呈されるための条件です。

そのため、純粋な利用料が10,000円だからといって毎月1,000ポイントもらえるわけではないというのがこのdカード・dカードGOLDの気をつけておきたいポイントです。

例えば、月々サポートは適応されません

その他にも、適用されていないサービスを利用している場合には、10,000円分の支払をしてもポイントゲットできない原因になってしまうようです。

そうなると、年間の合計が10,000円分のポイントがたまらず、dカード GOLDを契約した人は損に感じてしまうようです。

使ってみてわかるdカードの落とし穴②:ポイント支払したものは還元されない

画像引用元:ドコモ公式サイト

dカード・dカードGOLDは提携しているお店や、利用料の支払にも利用することができます。

利用料の支払で貯まったポイントを利用してスマホのアクセサリーなどの購入もできるのでお得だと感じているユーザーも多いでしょう。

当然といえば当然なのですが、実はdカード・dカードGOLDのポイントで購入したものに関してはポイントとして還元されることはありません

想像しやすいと思いますが、カードを利用すればポイント還元されると思っている人も多いようなので、がっかりしてしまう人もいるようです。

使ってみてわかるdカードの落とし穴③:ぎりぎりの支払ではポイントにならない

提携店などで支払の際に、dカードであれば1%、dカード GOLDであれば10%がポイントとして還元されます。

ですが、覚えておきたいのはぎりぎりの支払ではポイントの還元対象にはならないということです。

dカード・dカードGOLDのポイント対象額
  • dカード:100円で1ポイント
  • dカード GOLD:1,000円で100ポイント

上記の様になっています。

例えば、dカードGOLDで999円の支払を行ったとしましょう。

すると、なんとなく90ポイントはもらえるのではないかと思いますよね!

ですが、残念ながら違います。

dカード・dカードGOLDを支払で利用してポイントで還元されるためには、先ほどの金額を上回っている必要があります。

要するに、999円の支払で90ポイントもらえることはなく、カードの支払でも0ポイントになってしまいます。

あくまで、dカードは100円単位の購入時に1ポイントずつ還元され、dカード GOLDは、1,000円単位の購入時に100ポイントずつ還元されます。

そのため、買い物の際には無理矢理1,000円に近づける人もいるようです。

確かにポイントが還元されないのは残念な気持ちになります。

使ってみてわかるdカードの落とし穴④:分割請求で還元ポイントダウン

料金をdカード・dカード GOLDで支払えば、利用料がポイントとして還元されることは広く知られているはずです。

そのため、親回線となっている人のところに請求を集中させることでポイント還元率を上げることができるのは言わずもがなです。

ドコモの分割請求オプションには、親回線の請求に料金が集中する代わりに、子回線の料金をぐっと安くすることができます。

親回線 子回線 子回線
請求金額 5,000円 500円 500円

イメージとしてはこういった感じです。

親回線の料金が高くなることで、子回線の請求をぐっと下げることができます。

このプランであれば、親回線の請求金額が高いため還元されるポイントも多くなる印象があるでしょう。

ですが、ドコモにはこういった分割請求だけで無く、シェアしているグループ内の利用料金を同一にする請求方法もあります。

親回線 子回線 子回線
請求金額 2,000円 2,000円 2,000円

イメージとしては上記の様になります。

グループ内の利用料を合算して全ての回線で平均して割り算します。

そうなると、親の請求額が先ほどのパックよりも明らかに少なくなってしまうことでキャッシュバックの恩恵を受けることができなくなります。

もちろん、ポイントはもらうことができますが、先ほどよりも圧倒的に少ないポイントキャッシュバックになります。

使ってみてわかるdカードの落とし穴⑤:名義が違うとポイントキャッシュバックなし

dカード・dカードGOLDの名義と、回線の名義が違うユーザーもいるのではないでしょうか。

例えば、家族の場合でいえば父親が主回線になっていて、子供さんは父親の名義で母親のみ母親名義という人もいるでしょう。

名義が違えばその人がいないといろいろな変更ができないことに不便を感じて、成人していくうちに子回線のユーザーも自分名義に換えていく人も多いはずです。

そして、支払をdカード・dカードGOLDで一括に行っているという人もいるでしょう。

親回線(父親) 子回線(母親) 子回線(子供) 子回線(子供)
請求金額 7,000円 5,000円 6,000円 8,000円

例えば、例として上記の様になっていたとします。

そして、母親の名義のみ母親になっており、dカード・dカード GOLDの名義は母親だったとします。

ですが、料金自体はdカード・dカード GOLDを持っている母親に一括請求していたとすると、合計で26,000円の支払を行っていることになるため、2,600ポイント還元されると思うはずです。

残念ながらそうではないようです。

dカード・dカード GOLDのポイントキャッシュバックの恩恵を受けるためには、dカード・dカード GOLDの会員と契約者名義が紐付けされている必要があります。

 

この場合には、母親の利用料金はそのままの価格がdポイントとして還元されますが、父親の名義となっている他の利用料に関してはキャッシュバックの価格が極端に少なくなります。

そのため、年会費の掛かるdカード GOLDを利用している場合には年会費相当分のポイントがたまらないという声もありました。

ドコモのdカードとは?知られてないお得な使い方や年会費を徹底解説

dカード・dカード GOLDの恩恵を受けたいならポイントをおさえるべし!

ということで今回は、dカード・dカード GOLDを作成する際の注意点についてご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

ポイントキャッシュバックなどとても有効的に利用することのできるクレジットカードと思い契約を検討している人も多いようです。

ですが、どれだけ便利といわれていても落とし穴があるようで、人によっては説明を受けていないという人もいました。

もちろん、契約時の大量の利用規約の中には記載があるはずですが、目を通す人も少ないはずです。

それでも、ポイントキャッシュバックで年会費相当分のポイントがたまらないならdカード GOLDの場合には解約してしまう人もいるほどですので、ポイントなどはしっかりと確認しておきたいところです。

上手に活用することができれば、年会費相当分のキャッシュバックを受けることができるので、わからないことがある場合には店頭で質問してみるのもよいでしょう。

参考になるdカード・dカード GOLDのお得情報

dカード GOLDの作成を考えている方は、dカード GOLDはネット申込みが簡単!審査の注意点とカード到着までの流れも合わせてご覧ください。
dカード GOLDお得な使い方が知りたい方は、dカードGOLDの知られざるお得な使い道!おすすめプチ贅沢ラウンジも合わせてご覧ください。
dカード GOLDの評判が知りたい方は、新社会人が新生活のために作っておきたいdカード GOLDの評判とは?も合わせてご覧ください。

Pocket