dカード GOLDはさまざまな特典が用意されていて、年会費以上のメリットがあります。

しかし、あまり特典の恩恵を感じられないという方や、ドコモから他のキャリアへMNPされる方だと、解約を検討しておられるかもしれません。

ここからは、dカード GOLDの解約手順や違約金、貯まったポイントがどうなるかについて解説しましょう。

dカード GOLDの解約で注意したいこと

dカード GOLDを解約する前に、注意したいことを確認しておきましょう。

解約と同時に利用できなくなるサービスもあり、事前に確認しておかないと後で困ったことになるからです。

dカード GOLDの解約金や手数料は必要?

dカード GOLDの解約で気になるのは、解約金や手数料はいくら掛かるのかということです。

ご心配は無用でスマホやケータイのような2年縛りはdカード GOLDとは関係なく、解約金や手数料は発生しません

ただし、dカード GOLDは年会費が税別で10,000円必要です。そのため、年会費がいつ発生するのかを確認しておく必要があるのです。

dカード GOLDの年会費はいつ発生するの?

年会費がいつ発生するのかを左右するのは、dカード GOLDに加入した日にちです。dカード GOLDの締日は毎月15日で、翌月10日の引き落としとなっています。

したがって、dカード GOLDに加入したのが1日~15日の場合にはその月の15日が締日で翌月10日の引き落とし、16日~31日に加入した場合には翌月の15日が締日となり翌々月の10日が引き落としとなります。

dカード GOLDで年会費が発生する実例

分かりやすいように例を上げて説明します。たとえば2018年9月15日にdカード GOLDへ加入した方なら当日の9月15日が締日となり、10月10日に年会費が引き落とされます。

この場合、次に年会費が引き落とされるのは2019年10月10日となりますが、2年目の年会費を支払わずにdカード GOLDを解約したいなら、解約手続きは8月15日までにしておく必要があるのです。

別の例を挙げると、2018年9月16日にdカード GOLDへ加入した方なら10月15日が締日となり、11月10日に年会費が引き落とされます。

この場合、次に年会費が引き落とされるのは2019年11月10日となりますが、2年目の年会費を支払わずにdカード GOLDを解約したいなら、解約手続きは9月15日までにしておかなければなりません。

dカード GOLDの年会費で損したくないなら

加入日の1年後までに解約すれば年会費は掛からないと思われがちですが、さきに挙げた例のとおり1年後にはもう翌年の年会費が発生してしまっているのです。

翌年の年会費を払わずに解約したいなら、11ヶ月後までに手続きを済ませる必要があります

また加入日がたった1日違うだけで、年会費の締日は1ヶ月違ってきます。加入日は月だけでなく、正確な日にちまで確認しておくことが大切です。

dカード GOLDの加入日を確認する方法

正確なdカード GOLDの加入日は、「dカードゴールドデスク」まで電話で問い合わせることができます。

電話番号は通話無料の0120-700-360、受付時間は午前10:00~午後8:00(年中無休)となっています。

念のため、年会費がいつ発生するのかも確認しておくと安心です。

年会費は日割り計算されず、たった1日のことでも1年分請求されるので、念には念を入れておきたいものです。

dカード GOLDの解約でなくなってしまうものは?

dカード GOLDを解約するにあたって、利用できなくなるサービスがいくつかあります。dカード GOLD解約してしまう前にしっかりと確認しておき、もしこれからも継続して利用したい必要なサービスなら、解約せずdカード GOLDの利用を続けられることをおすすめします。

dカード GOLDの解約でdポイントは消滅しない

dカード GOLDの解約で、これまでに貯めてきたdポイントが消えてしまうかどうか気になります。ここからは、解約後のdポイントカードの行方について解説しましょう。

dポイントはdカード GOLDとは別の、dポイントクラブというプログラムで取り扱われています。dポイントクラブはドコモと契約していない方や、dカードおよびdカード GOLDを持っていない方も加入できるプログラムです。

dポイントクラブは入会金・年会費とも不要で、dカード GOLDを解約しても別途dポイントクラブの退会手続きを取らない限り、そのまま継続します。したがって、dカード GOLDを解約してもdポイントは消滅しません

解約すると利用できなくなるdカード GOLDの特典

dカード GOLDは、税別で10,000円の年会費が必要ですが、それ以上のメリットがある特典が数多く用意されています。これらは会員への特典なので、dカード GOLDを解約して会員でなくなると当然利用できなくなってしまうのです。dカード GOLDの特典には以下のようなものがあります。

  • ケータイ利用料金とドコモ光利用料金のポイント還元(10%)
  • 家族カード1枚目の年会費が無料
  • ETCカード年会費が無料
  • 最大10万円のケータイ補償
  • お買い物あんしん保険(年間300万円)
  • 海外旅行保険・国内旅行保険付帯
  • 国内の空港ラウンジの利用が無料
  • ローソンの買い物が最大5%ポイント還元
  • dカード特約店のポイント還元優待

家族カードやETCカードを利用している方は、要注意です。dカード GOLDを解約すると同時に、家族カードとETCカードも解約となります。

特にETCカードは車載器に入れたままにしていると忘れてしまいがちで、dカード GOLDを解約して以降にETCレーンに入ってしまうとバーが開かず危険です。

また海外旅行によく行かれる方は、dカード GOLDの解約後は別途旅行保険に加入する必要があります。うっかり保険に入らないまま海外旅行に出掛け、現地で病院に掛かるようなことになると大金が必要となるのでご注意ください。

ドコモユーザーならメリットがあるdカード GOLD

家族カードやETCカードは使っていないし旅行にも行かないという方でも、ドコモユーザーなら年会費を払ってもdカード GOLDを保有するメリットはあります。

年会費が実質無料のdカードの場合、ケータイ利用料金とドコモ光利用料金のポイント還元率は1%です。もし、ドコモで通信費を毎月9,000円使っているなら、dカード GOLDの場合だと年間10,800ポイントが貯まり、年会費がチャラになります。

ケータイやスマホと光通信の利用代金を合わせると9,000円以上になると思われるので、普通に過ごしているだけで年会費以上のポイントをゲットできるはずです。

さらにケータイ補償やお買い物あんしん保険などもついてくるので、ドコモを利用し続けるならdカード GOLDを解約しない方がお得となります。

dカード GOLDを解約する前の注意点

もしドコモから他のキャリアにMNPするなどしてドコモを利用しなくなるのであれば、dカード GOLDを持ち続けるメリットはあまりありません。ここからは、dカード GOLDを解約する前に注意しておきたいことを解説します。

解約前に確認しておきたいこと

dカード GOLDを解約すると、メンバーズメニュー(Member’s Menu)にログインできなくなるため、「カードご利用明細照会サービス」を利用できなくなります

退会後に利用代金の請求がある場合には、紙の「ご利用代金明細書」が郵送されてくるのですが、事前に利用代金の確認はできません。dカード GOLDを解約する前にログインして、直近の利用代金を確認しておくことをおすすめします。

リボ払いや分割払いを利用している場合、原則としてdカード GOLDの解約時に一括請求されることはありません。支払いが終了するまで紙の「ご利用代金明細書」が郵送されてくるので、忘れないように支払いましょう。

このときに送られてくる利用明細については、発行手数料が無料となっています。ただし、これまで有料で利用明細を発行していた場合には、解約後も引き続き有料で発行されるのです。

もし残高の一括払いを希望されるなら、「dカードゴールドデスク」に連絡して手続きすればOKです。フリーダイヤル0120-700-360、受付時間は午前10時から午後8時ですが、リボ払い・分割払い・キャッシングについてのオペレーターによる受付は、午後6:00までとなっています。

その他の支払いにも注意が必要

ドコモの利用代金以外の公共料金や保険の掛け金などを、dカード GOLDでクレジット払いにしてポイントをしっかり貯めている方の場合も注意が必要です。

dカード GOLDを解約すると、カード払いの代金は引き落とされなくなります。カードからの引き落としができなくなると、自宅に請求書が郵送されてきます。

請求書には振込用紙が同封されていて、コンビニエンスストアや金融機関から支払うことになるのですが、結構面倒なものです。そのうえうっかり払込用紙を失くしてしまったり、払込期限に間に合わなかったりすることも考えられます。

支払いが大幅に遅れてしまうと、延滞料金を請求される恐れもあるのです。支払いを口座引き落としや他のクレジットカードでの支払いに変更してしまえばOKですが、手続きが完了するまでに1~2ヶ月掛かります。

dカード GOLDを解約するなら、手続きに掛かる時間を見越して早めに支払い方法の変更手続きをすませておくことをおすすめします。

iDのカード情報を必ず削除しよう

画像引用元:タッチでお支払い iD

dカード GOLDに付帯しているドコモの電子マネー「iD」をおサイフケータイに設定をしている方は、必ずカード情報の削除を行ってください。

カード情報を残したままにしておくと、不正利用されてしまう危険があるからです。カード情報の削除は、「iDアプリ」にある「各種お問い合わせ/お手続き」から行えます。

dカード GOLDに代わるクレジットカードを確保

dカード GOLD以外のクレジットカードを持っていない方は、早めに新しいクレジットカードを確保しておくことをおすすめします。

クレジットカードの申込みには与信審査が必要で、審査が通ったあとカード発行の手続きが開始されます。一般的にクレジットカードを申込んでから手元に届くまで、10日から2週間掛かることが多いようです。

また、うっかりケータイの利用代金を滞納してしまったことがある方の場合など、クレジットカードの審査に通らないこともあります。dカード GOLDに代わるクレジットカードを事前に確保しておけば、安心して解約できます。

dカード GOLDからdカードに変更したいなら

dカード GOLDに年会費分のメリットを感じないからdカードに変更したいという場合には、dカード GOLDを解約して新たにdカードを申し込むのではなく、切り替え手続きによる変更が可能です。

切り替え手続きは、webサイトやドコモショップではなく書類で行います。dカードへの切り替えに必要な申込書が郵送されてくるので、必要事項を記入して返送すればOKです。

dカード GOLDからdカードへの切り替えはいわばダウングレードなので、無条件で行われるものと思いがちですが実は違います。dカード GOLDからdカードへの切り替え手続きにおいても、改めて審査が行われるのです。したがって、必ずdカードを利用できるようになるとは限りません。

また切り替え後のdカードでは、クレジットカード番号が変更となっています。つまり、別のカードになったということで、これまでdカード GOLDを利用して支払っていたものについては、改めて支払いカードの変更手続きが必要になるのです。

dカード GOLDの解約方法

dカード GOLDを解約する前に注意したい点が全て確認できたら、いよいよ解約手続きを始めましょう。

ここからは具体的に解約方法を解説します。

dカード GOLDの解約は電話でできる

dカード GOLDの申込みをドコモのショップで行った方は、解約手続きもショップでできるとお考えかもしれません。

けれどもドコモショップでは、dカード GOLDの申し込みはできても解約はできないのです。

またdカードのwebサイトからも解約できず、電話での対応となっています。

電話での解約方法

手元にdカード GOLDを準備して電話を掛けよう

dカード GOLDの解約問い合わせ先はdカード GOLDデスクで、通話無料・年中無休の0120-700-360です。受付時間は午前10:00~午後8:00となっています。解約の申込みは、契約者本人が電話する必要があり、電話口で本人確認が行われます。

このとき、氏名や生年月日などの個人情報に加えてdカード GOLDの16桁のクレジットカード番号も尋ねられるので、電話をするときには手元にdカード GOLDを用意しておきましょう。

解約手続そのものはとても簡単

本人確認がすめば解約理由を尋ねられます。続いて解約する際の注意事項などの説明を受けますが、通常は5~10分ほどで解約手続きは完了です。解約手続きが完了すればすぐ、dカード GOLDの利用はできなくなります

解約後はカードを完全に破棄しよう

dカード GOLDの解約では、解約後のカードをdカードセンターまで返送する必要はありません。そのかわり解約手続き完了後に、dカード GOLDをハサミでカットして完全に破棄してください。

特にICチップや磁気テープは半分に切るだけではなく、数ヶ所にハサミを入れて復元できないようにしっかりカットしましょう。

dカード GOLDは書面でも解約できる

dカード GOLDの解約は、原則として電話での手続きが基本ですが、書面を郵送しての解約手続きも利用できます。解約に必要な書類が郵送されてくるので、必要事項をすべて記入してから返送します。

電話の場合は手続き終了後すぐの解約となりますが、書面による解約の場合は手続きに3週間ほどの期間が必要です。

解約後、やっぱりdカード GOLDがよかったと思ったら

dカード GOLDの解約後に「やっぱり解約しなければよかった!」と思われた場合には、再申し込みすることができます。dカード GOLDの再申し込みで注意したい点について説明しましょう。

dカード GOLDの再申し込みでも改めて審査が必要

dカード GOLDを解約してみたけれど、もう一度dカード GOLDを使いたいと思われた場合は、改めてdカード GOLDの申し込みを行えばOKです。けれどもdカード GOLDの再申し込みであっても、改めて審査が行われます

以前、問題なく審査に通過したからといって今回も審査を通過できるとは限らないので、場合によってはdカード GOLDが手に入らないこともあるのです。

dカードからのアップグレードでも審査あり

dカード GOLDからdカードにダウングレードして、再びdカード GOLDに戻したいと思っても、やはり再審査が必要です。何度も利用しているからといって審査が省略されることはありません。この場合必ず審査に通るとは言い切れず、カード番号はまた変更されることになります。

dカード GOLDの解約はじっくり検討してからがおすすめ

dカード GOLDの解約は、電話一本で完了する簡単な手続きでできてしまいます。違約金の支払いは不要だし、貯まったdポイントが消滅してしまうこともありません。

けれども解約を取り消すことはできず、再入会するには改めて審査を受ける必要があるのです。クレジットカード番号も変更となるため、カード払いで利用しているサービスについては、登録カードの変更手続きをしなければなりません。

キャリアを変更するのでなければ、dカード GOLDを持っていることで得られるメリットは年会費以上になるケースがほとんどです。dカード GOLDの解約やdカードへのダウングレードは、じっくり検討してからにされることをおすすめします。

Pocket