スマホのデータ移行に失敗しないために、データ移行の前に確認すべき手順【保存版】

スマホの機種変更する前って、いろいろ不安なことがありますよね。不安なことのひとつが、データ移行だと思います。

スマホには、写真や電話帳やアプリのデータなど、重要なデータがたくさん入っています。

それらのデータを、新しいスマホにちゃんと引き継げるかどうかは、誰だって気になるところだと思います。ついついうやむやにして、勢いで機種変更してしまって、大切なデータが消えてしまったりということのないように、この記事でしっかりデータ移行について確認しておいてください。

この記事では、スマホを大きく「iPhone」と「Android」に分け、「iPhone同士」「Android同士」「iPhoneからAndroid」「AndroidからiPhone」の4パターンに分けて、データ移行の手順を紹介します。保存版ですよ!

iPhoneからiPhoneへのデータ移行

まずは、iPhoneからiPhoneへのデータ移行について紹介します。機種変更前と機種変更後のOSが同じだと、複雑な操作もなく、比較的少ない手順でデータ移行ができるから安心ですね。それぞれのデータ移行のやり方によって、微妙に必要な環境などが違うので注意してください!

iCloudを使ってデータ移行する

まずは、iCloudを使ってiPhoneからiPhoneへデータ移行する方法を紹介します。iCloudとは、クラウド上にあるデータベースのことで、一時的にそのデータベースにデータをバックアップして、そこから新しいiPhoneにデータをダウンロードする方法です。

この方法にはWi-fi環境が必要なことと、iCloudの容量が十分にある必要がありますが、もっとも手軽な方法なので、まずはこのやり方でiPhoneからiPhoneへのデータ移行を試してみることをオススメします。

具体的なデータ移行の方法を紹介します。

・データ移行元のiPhoneを、Wi-fiに接続します。
・「設定」→「iCloud」→「バックアップ」の順に選択します。
・「iCloudバックアップ」がオンになってることを確認します。
・「今すぐバックアップを作成」をタップします。
・バックアップが終わるまで、Wi-fiに接続したままにしておいてください。

ここまで終わったら、次はデータ移行先のiPhoneでの操作となります。機種変更前後で同じSIMカードを使う場合、SIMカードを差し替えましょう。新しいSIMカードがある場合は、新しいiPhoneに新しいSIMカードを差し込みましょう。

準備ができたら、データ移行先のiPhoneで以下の操作を行います。

・新しいiPhoneの電源を入れます。「こんにちは」画面が表示されます。
(ここでもし、iPhoneの設定がすでに終わっている場合は、これ以降の手順に進む前に、iPhoneのデータをすべて消去する必要があります。 データの削除は「設定」→「一般」→「リセット」→「全てのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。)

・「こんにちは」画面が表示されたら、ホームボタンを押し、画面の指示に従って設定を進めます。Wi-fi の画面が表示されるまで、手順を進めます。

・Wi-fi設定の画面になったら、「Wi-fiネットワーク」をタップします。そのあと、「Appとデータ」画面になるまで画面の指示に従います。「iCloudバックアップから復元」→「次へ」の順に選択します。

・AppleIDとパスワードを入力し、iCloudにサインインします。

・次の選択画面で、「バックアップ」を選択します。この画面で、複数バックアップが表示される場合があるので、自分でバックアップした日付と時間を確認し、正しいバックアップを選択しましょう。

ここまでで、ほとんどの場合はバックアップが復元します。ただ例外的に、さらにApple IDの入力を求められる場合がありますが、その場合はApple IDとパスワードを入力してください。

このままWi-fiと接続したままにしておくことで、追加のコンテンツなどの同期も完了されます。

iTunesを使ってデータ移行する

iTunesを使う場合はパソコンが必要になりますが、iCloudと違ってwi-fi環境のなくてもデータ移行をすることができます。iTunesを使ってバックアップする手順を紹介します。

・移行元のiPhoneを、ケーブルを使ってパソコンに接続します。
・パソコンでiTunesを開きます。このとき、必ず最新バージョンを使ってください。
・画面の左上にある(バージョンによって変わります)iPhoneマークのついたボタンをクリックし、デバイスを選択します。

ここで「自動でバックアップ」にチェックが入っている場合は、勝手にバックアップがとられることになりますが、そうでない場合は、「手動でバックアップ」内の「今すぐバックアップ」をクリックします。

iTunesの上部に「バックアップ中」という表示が出て、バックアップが始まります。iPhone内の容量にもよりますが、数分〜數十分でバックアップは完了します。

バックアップが完了したら、正常にバックアップされたかの確認をしましょう。

・iTunesの「環境設定」→「デバイス」とクリックすると、「デバイスのバックアップ」という項目が表示されます。そこの画面に、直近の時刻が表示されていれば、バックアップは正常に完了しています。

次に、新しいiPhoneを用意します。新しいiPhoneに新しいSIMカードを差し込んで準備をします。

新しいiPhoneの電源を入れて、「こんにちは」が表示されます。もし「こんにちは」が表示されず、既に設定が完了している場合、一旦iPhoneのデータを全て消す必要があります。

「こんにちは」画面が表示されたら、画面の案内にそって操作をし、「Appとデータ」画面まで進みます。そこで「バックアップを復元」を選択し、「次へ」をタップします。そして、バックアップを保存したパソコンにケーブルに接続します。

「バックアップを復元」を選択し、正しい日付のバックアップを選択します。この画面でパスワードを求められた場合には、パスワードを入力します。しばらく待つと復元が始まるので、待ちましょう。バックアップが完了し、データ移行が確認できたら、iPhoneからケーブルを抜いてください。

AndroidからAndroidへのデータ移行


次は、AndroidからAndroidへのデータの移行方法について解説します。Android同士のデータ移行の方法には、「OS搭載のバックアップ機能」と、「バックアップアプリを使う方法」と、「パソコンを使う方法」の3種類があります。

OS搭載のデータ移行機能を使う

全てのAndroidスマートフォンに、標準で搭載されている機能がこちらです。OSに搭載されている機能なので、Androidスマホであれば、誰でもこの方法でデータ移行をすることができます。やり方を以下で紹介します。

・Androidスマホの「設定」を開きます。
・「バックアップとリセット」を開きます。
・「私のデータをバックアップ」の項目をオンにします。

これだけで、自動でバックアップがスタートします。データ移行のために新しいスマホが手元にあるのなら、同じグーグルアカウントでログインすれば、データ移行をすることができるようになります。

バックアップアプリでデータ移行

データ移行のために、バックアップアプリを使うのも有効な方法です。なぜなら、一度バックアップしたデータを別の端末で引き継ぐことで、データ移行も同時に完了するからです。バックアップアプリは、データ移行アプリとして使うこともできるのです。

データ移行に使えるバックアップアプリは複数あるのですが、この記事では、最も有名な「JSバックアップ」というアプリを使った手順を紹介します。

以下に、その手順を紹介します。

・Play Storeで「JSバックアップ」と検索し、アプリをダウンロードします。
・スマホにダウンロードされたJSバックアップを起動します。
・「バックアップ」ボタンをタップし、バックアップ先を選びます。

ここで、SDカードやクラウドストレージなどを選ぶことができます。SDカードが最も手軽ですが、容量が足りないこともあるので注意しましょう。クラウドサービスをなにか契約しているのであればクラウドサービスがいいでしょう。

バックアップ先を選んだら、バックアップデータが抽出されます。数分から数十分ほど時間がかかります。完了したら「バックアップが完了しました」というメッセージが表示されます。

次に、新しいAndroidスマホを用意します。新しいスマホでも「JSバックアップ」アプリをダウンロードし、起動させます。

「復元」を選びます。SDカード経由でデータを移行する場合は、SDカードを差し替え、SDカードを選びます。

クラウドサービス経由でデータ移行する場合は、そのクラウドサービスを選択し、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。そのなかにある復元ファイルを選択し、「スタート」をタップします。

数分から数十分が経過したら、バックアップの復元が完了し、データ移行が完了となります。

パソコンを使ってデータ移行


パソコンをお持ちの方は、パソコンを使ってデータ移行することもできます。この方法だと、wi-fi環境が不要なのでwi-fiがない方にはオススメです。

まず、ケーブルを使ってパソコンにデータを移行する方法を紹介します。

スマホにmicroUSBケーブルをつないだら、反対側をパソコンに繋ぎます。すると自動でスマホ内データが見られるフォルダが開きますが、開かない場合は自分でフォルダの中からスマホフォルダを見つけてください。

この状態だと、パソコンに繋いだスマホは外付けディスクと同じような扱いとなるので、パソコンからスマホの内部のデータを管理することができるようになります。もしお持ちのパソコンがwindowsではなくmacでしたら、「Androi File Transfer」というアプリをmacにダウンロードすることで、この操作ができるようになります。

スマホとパソコンをケーブルで繋いだら、スマホ内のデータをパソコンに移します。ドラッグ&ドロップでも構いませんし、「送る」動作でも構いません。必要なデータをパソコン内に保存できたら、スマホを抜きます。

次に新しいスマホを用意し、同じようにパソコンとケーブルで繋ぎます。バックアップしたときと同じように、スマホが外部ディスク扱いになっているのを確認したら、保存しておいたデータを新しいスマホに移行させます。

移行が完了したらケーブルを抜き、スマホを確認してください。データ移行が完了しているはずです。

iPhoneからAndroidへのデータ移行

では次に、iPhoneからAndroidへのデータ移行について紹介します。スマホのデータ移行は、iPhone同士や、Android同士であれば、システムがだいたい整備されているので比較的楽ですが、そうでない場合は手間が増えます。

以下で、ひとつづつ解説をしていきます。

iPhoneからAndroidへ電話帳を移行する

iPhoneからAndroidへ電話帳データを移行する方法を紹介します。Gmailを利用している場合はグーグルアカウントを使って移行する方法があり、そうでない場合は移行アプリを使って行います。

まず、iPhone側の操作を紹介します。

・ホーム画面の「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」の順にタップします。
・次に、お使いのグーグルアカウントをタップします。
・ここで、連絡先がONになっているかを確認します。もしOFFになっていたら、ONに設定しなおしてください。

以上の操作で、iPhone内の連絡先データと、グーグルアカウント上の連絡先データの同期が完了します。次に、新しく使うことになるAndroid側の操作を行なっていきます。

・Androidスマホの「設定」→「アカウント」→「アカウントを追加」の順にタップします。
・次に「Google」を選択します。
・iPhoneで使用していたGoogleアカウントのメールアドレスを入力し、「次へ」をタップします。
・続いてパスワードを入力し、「次へ」をタップします。
・利用規約とプライバシーポリシーを確認したあと、「同意する」→「次へ」とタップします。
・アカウントの登録完了後、続いて「Google」をタップし、いま登録したばかりのアカウントを選択します。

その次の画面で「連絡先を同期」がONになっているかをチェックし、もしOFFになっていたら、ONに設定し直します。すると、iPhoneで登録していた連絡先データが新しいAndroidスマホに移行されます。

以上で、iPhoneからAndroidへの、グーグルアカウントを使った連絡先データの移行は完了です。

次に、グーグルアカウントを使用せず、アプリを使って電話帳データを移行する方法を紹介します。ここで使うアプリも、上記のAndroid同士と同じく「JSバックアップ」アプリです。

まず、データ移行元のiPhoneにも、移行先のAndroidにも、「JSバックアップ」アプリをダウンロードしてください。

まずiPhoneを開いたら、「かんたんデータ移行」をタップしましょう。そして「データを取り出す」を続けてタップします。次に表示される画面では「無料プラン」で構いません。パスワードを設定するよう促されるので、ここで、データを取り出すときに使用するパスワードを設定します。

データの取り出しが終わると、画面上にQRコードが表示されます。このQRコードを新しいAndroidスマホで読み取ることで、電話帳データの取り出しができます。その場でQRコードを読み込むことができればいいのですが、そうできない場合は、QRコードをスクリーンショットしておくか、メールで送りましょう。

iPhoneからAndroidへメールを移行する。

iPhoneからAndroidスマホにメールを移行する方法を紹介します。

Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールの場合と、インターネットのプロバイダメール、キャリアメール、iCloudのメールに分けて紹介します。

まず、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールを移行するのはとてもカンタンです。それまでに使っていたメールアドレス、パスワードで新しいAndroidスマホでもログインすることで、メールは全て引き継がれます。特別な手続きなどは必要ありません。

次にインターネットプロバイダのメールですが、こちらはスマホごとに「メールアカウント」「パスワード」「受信サーバー設定」「送信サーバー設定」を行う必要があります。しかしこの設定はスマホごとに違うため、一律で紹介することができません。

そのため今日は、全てのスマホで共通して使える「Gmail」アプリにインターネットプロバイダーのメールアカウントを同期する方法を紹介します。その手順を紹介します。

・データ移行先のAndroidスマホで「Gmail」アプリを起動します。
・画面を右にスワイプし、グーグルアカウントの横にある小さい▼のボタンをタップし、「アカウントを追加」をタップします。
・メールのセットアップ画面が開くので、「個人(IMAPまたはPOP)」を選びます。
・続いて、インターネットプロバイダーのメールアドレスを入力します。
・その次の画面でメールアカウントの種類を聞かれますので、「個人用(POP)」を選択します。
・その次の画面で、「パスワード」「受信サーバーの設定」「送信サーバーの設定」を行います。
おそらく、ほとんどのメールアカウントを開設したときの申込書等でこちらに入力する情報は確認できると思います。

以上の操作が正しく完了すれば、Gmailアプリでプロバイダメールを確認することができます。

次にキャリアメールのiPhoneからAndroidスマホへの移行ですが、これはそれほど難しくありません。

キャリアメールを引き継ぐ必要があるということは、大手キャリアで機種変更をしたということなので、受け継いだシムを差し込めば、そのままキャリアメールを使うことができるので、データ移行の必要はありません。

ただその場合、iPhoneでやりとりしていた過去のメールを引き継ぐことはできませんので注意してください。過去のメールを見たい場合は、ウェブブラウザでキャリアメールを確認できるサイトもあるので、各キャリアのウェブメールにアクセスしてみてください。

メール移行の最後に、iCloudメールの移行方法も紹介します。iCloudメールは、AndroidのEメールアプリで使用できます。「Eメール」アプリのアカウント追加画面から「other(POP3/IMAP)」を選び、「iCloudメールのアカウント」と「アップルIDのパスワード」を入力します。

この操作が完了すれば、iCloudメールをAndroidスマホで確認できるようになります。

iPhoneからAndroidへ写真データを移行する

iPhoneからAndroidへ写真データを移行する方法は、「wi-fi環境がある場合」と「ない場合」に分けて紹介します。wi-fi環境がある場合はスマホのみで移行できますが、ない場合はパソコン経由でのデータ移行となります。

まず、wi-fi環境があり、スマホのみで写真を移行するパターンの紹介です。iPhoneで「Googleドライブ」アプリをダウンロードします。そしてログインを済ましたら、画面右下の「+」ボタンをタップします。

次に「フォルダ」を選択し、フォルダ名を作成します。そして、いま作成したフォルダをタップし、画面右下の「+」ボタンをタップします。続けて「アップロード」「動画と写真」をタップします。

そしてiPhone内にある動画と写真を選択する画面になったら、アップロードしたいデータを選択し、画面右上の「アップロード」をタップしてください。これで、Googleドライブへのアップロードは完了です。

次に、新しく使うAndroidスマホを用意し、こちらにも「Googleドライブ」アプリをダウンロードします。Androidスマホであれば、最初からGoogleドライブアプリがダウンロードされている場合もあります。

iPhoneと同じアカウントでログインできたら、次は画面上部の検索バーをタップします。そこに、先ほどフォルダにつけた名前を入力し、検索し、そのフォルダを開きます。
フォルダ内で、画面右上にあるメニューをタップし、「すべて選択」をタップします。

すると、フォルダ内の全ての写真と動画にチェックが入ります。その状態で、画面右下のメニューをタップし、「ダウンロード」をします。全てのデータがAndroidスマホに移行され、iPhoneからAndroidへの写真の移行が完了となりました。

次に、wi-fi環境がない場合の写真の移行方法を紹介します。

まず、iPhoneとwindowsパソコンをUSBケーブルで接続してください。するとiPhone内のストレージを見ることができるようになります。

その中にある「DCIM」内にあるフォルダをドラッグ&ドロップして、一時的にデスクトップに移動させます。次にアンドロイドスマホと同じパソコンをケーブルで接続します。データの保存先となるフォルダを決めたら、先ほどのDCIMフォルダを移動させます。

以上の手順を実行することで、「wi-fi環境がる場合」「ない場合」それぞれにおいて、写真や動画を移行することができます。

iPhoneからAndroidへカレンダーをデータ移行する

iPhoneのカレンダーは、基本的に本体に保存されていますが、iCloudと紐づけることでクラウドに保存されている場合もあります。今回紹介するのは、そのどちらの状態でも対応できる方法を紹介します。

カレンダーの場合でも、「JSバックアップ」というアプリを使うやり方を紹介します。

・移行元のiPhoneで「かんたんデータ移行」をタップし、「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします。
・「無料プラン」をタップし、後で必要になるパスワードをこの段階で設定します。
・その次の画面で、QRコードが表示されるので、Android端末で読み込むか、スクリーンショットを撮るかメールを送るかして保存します。

次に、移行先のAndroidスマホでも「JSバックアップ」を開き、「移行先スマホへデータを取り込む」を選択します。そして先ほどのiPhoneで取得したQRコードを読み込みます。
そしてパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップします。

このときに、前回バックアップした時刻が表示されていると思うので、直近の時間になっているかを確認してください。OKなら、そのバックアップファイルを選び、「データ取り込みスタート」をタップしてデータ移行を開始してください。

カレンダーはデータのサイズはそれほどないので、さほど時間がかからずデータ移行は完了します。

データの移行が完了したら、「JSバックアップTOPに戻る」をタップし、トップに戻りましょう。トップのメニューアイコンから「バックアップデータの削除」をしておくことで、安心です。

AndroidからiPhoneへのデータ移行

さて、最後にAndroidスマホからiPhoneへのデータ移行手順を紹介します。

iPhoneからAndroidは、データの種類ごとにやり方を変えなければなりませんでしたが、AndroidからiPhoneへは、専用のアプリが用意されているためずっとカンタンにできます。

「iOSに移行」アプリを使ってデータ移行

AndroidからiPhoneへデータを移行するには、専用のアプリを使うとカンタンにできます。そのアプリとは「iOSに移行」アプリといいますので、データ移行元となるAndroidスマホでダウンロードをします。

ちなみにこの方法が使えるiPhoneは「iOS9以降」「iPhone5以降」である必要があり、AndroidはOSがバージョン4.0以降である必要があります。これらを確認したら、以下の操作を行ってデータ以降をしましょう。

・データ移行先となるiPhoneを立ち上げ、「Appとデータ」画面まで進み、「Androidからデータを移行」をタップします。これは「こんにちは」表示の出る状態から行う操作なので、すでに設定が終わっている場合は、一度iPhoneのデータを全て削除する必要があります。

・Android端末で「iOSに移行」アプリを開き、「続ける」をタップします。利用規約に同意して次の画面に進み、「コードを検索」画面の右上隅の「次へ」をタップします。

・iPhoneで「Androidから移行」という画面で「続ける」をタップします。10桁あるいは6桁のコードが表示されるまで待ってください。このときに、Androidスマホに「インターネット接続が弱いです」等の警告が表示されても、無視してかまいません。

・iPhoneにコードが表示されたら、Android端末でそのコードを入力します。すると「データを転送」画面へと切り替わります。その画面で、転送するコンテンツを選択し、転送の進行状況を伝えるバーが最後まで進むまで、待ちます。

・転送が終了したら、Androidスマホで「完了」をタップします。iPhoneでは「続ける」をあtップし、画面上の指示に従い、設定を終わらせます。全て転送されているかを確かめましょう。アプリは、AndroidとiOSで提供されているものに差があるので、完璧には転送されていないものもあるでしょう。

いかがだったでしょうか?

スマホのデータ転送に関して、「iPhone同士」「Android同士」「iPhoneからAndroid」「AndroidからiPhone」の4パターンに分けて紹介しました。

もちろんこの記事に書いていることが全てのやり方ではないですが、この記事通りにすれば、ほぼほぼ失敗することなく、スムーズにデータ移行ができることでしょう!みなさんのスマホのデータ移行に、少しでもお役に立てれば嬉しいです!

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

関連記事