2017年7月14日にauから新登場した「auピタットプラン・auフラットプラン」は現在のプランと比べてどれだけ魅力的なのか気になりますよね。

「auピタットプラン」は月々の使ったデータ通信量に合わせて、5段階の定額料金が自動的に適用されるプランになります。

インターネットを月々によってあまり利用しない時や多く利用する場合もあるという利用量に変動がある人には非常に嬉しいプランです。

「auフラットプラン」大容量データ通信をお得に利用できるプランになります。

月々にソーシャルゲームやインターネットなどで動画などを大量に使用する人には非常に嬉しいプランです。

auピタットプランにするべきか、auフラットプランにすべきか悩むべきポイントです。

このページでは、「auピタットプラン・auフラットプラン」の詳しい料金プランをご紹介し、どういう人がどちらのプランに最適なのかポイントと注意点を含めてご紹介していきます。

auへお得な乗り換え方法|料金プランや割引・MNPキャンペーンを紹介

auピタットプラン・auフラットプランはどんなプラン?

auピタットプラン

auピタットプランは、月々の使ったデータ通信量に合わせて、5段階の定額料金が自動的に適用されるプランです。

毎月の通信量によって自動的に定額料金が変動するので、料金の最適化が可能になります。

料金詳細は通話プランに合わせて以下のようにスーパーカケホ、カケホ、シンプルの3つになります。

データ通信料 スーパーカケホ(1回5分以内の通話かけ放題) カケホ(時間制限なし通話かけ放題) シンプル(国内通話は通話した分のみ)
1GBまで 3,480円 4,480円 2980円
2GBまで 4,480円 5,480円 3,980円
3GBまで 5,480円 6,480円 4,980円
5GBまで 6,480円 7,480円 5,980円
20GBまで 7,480円 8,480円 6,980円

【通話基本料について】
スーパーカケホ・・・1回5分以内の国内通話かけ放題の通話プランです。1回の通話が5分を超えた場合、30秒ごとに20円の通話料が別途かかります。短い通話が多い方にはおすすめのプランになります。
カケホ・・・24時間国内通話かけ放題の通話プランです。5分以上の電話を多い方におすすめのプランになります。
シンプル・・・通話した分だけ30秒ごとに20円の通話料が別途かかるプランです。通話が少ない方にはおすすめのプランです。

auフラットプラン

auフラットプランは、大容量データ通信をお得に利用出来るプランです。月間のデータ通信料は20GBと30GBから選択が可能です。

料金詳細はauピタットプランと同じく、以下のように通話プランのスーパーカケホ、カケホ、シンプルの3つになります。

データ通信料  スーパーカケホ(1回5分以内の通話かけ放題) カケホ(時間制限なし通話かけ放題) シンプル(国内通話は通話した分のみ)
20GB 6,500円 7,500円 6,000円 
30GB 8,500円  9,500円 8,000円 

【通話基本料について】
スーパーカケホ・・・1回5分以内の国内通話かけ放題の通話プランです。1回の通話が5分を超えた場合、30秒ごとに20円の通話料が別途かかります。短い通話が多い方にはおすすめのプランになります。

カケホ・・・24時間国内通話かけ放題の通話プランです。5分以上の電話を多い方におすすめのプランになります。

auピタットプラン・auフラットプランをもっとお得に使うには?

ビックニュースキャンペーンを利用する

auピタットプラン・auフラットプランと同時にはじまったキャンペーンがビックニュースキャンペーンです。

キャンペーンの受付期間の2017年7月14日〜2017年12月31日に機種変更・新規契約(他社から乗り換えを含む)と同時にauピタットプラン・auフラットプランに申し込みをすると、翌月より1年間の間、月額料金から1000円割引されます。

ただし、注意点としてiPhoneの購入と同時タイミングではauピタットプラン・auフラットプランに申し込みが出来ない為、iPhone購入の場合はこのキャンペーンは対象外になります。

機種の購入が伴わない場合もキャンペーン対象外となります。

また、auスマートバリューに加入している方はさらに500円から1000円の値引きがされます。

auアップデートプログラム EXを使う

同時に発表されたauアップデートプログラムEXを使うとさらにお得になります。

auアップデートプログラムEXとは、機種代金を48回の分割契約をして頂き、月々390円※にて本プログラムご加入頂くと24回機種代を支払い頂いたタイミング以降(25ヶ月目以降)であれば、新たに機種変更をしても機種代金の分割残額は無料になるというサービスです。

最大で機種代金が半額になるので、auピタットプラン・auフラットプランに加入する方はこちらのプログラムも合わせることをおすすめします。

ただし、こちらも条件としてauピタットプラン・auフラットプランに加入する事が必須条件の為、iPhoneは本プログラムの対象外となります。

※25ヶ月目以降はプログラムの料金は必要ございません。

auピタットプラン・auフラットプラン注意するポイント

通信量5GBより多く使うならフラットプランを選択すべし

自分がauピタットプランとauフラットプランのどちらのプランを選ぶべきかはいまお使いのパケット通信量によって決まります。

今回のプランの重要なポイントが、例えば、auフラットプラン20GB(スーパーカケホ)にした場合月額が6,500円になります。

そしてauピタットプラン(スーパーカケホ)の5GBを超えて20GBまでデータ通信した場合月額が7,480円になります。

つまり、5GBを上回る事がほとんどの方の場合、auピタットプランよりもauフラットプランにした方がお得という事になりますので、自分に合っているのかまずしっかり確認してプランに加入しましょう。

iPhoneでauピタットプラン・auフラットプランを使うには

iPhoneの場合、機種変更・新規購入(他社から乗り換え)と同時タイミングでの今回のプランに申し込みが対象外となっています。

つまり、現在iPhoneを使用している場合や、購入と同時タイミングでなければ申し込みは可能です。

ただし、現在使用しているiPhoneが毎月割を適応している場合は割引がなくなってしまいますので、注意してください。

また、iPhoneを新しく購入してその後プランを変更する場合は毎月割、ビッグニュースキャンペーンとauアップデートプログラムが不適応なのでこちらも注意してください。

基本的にはこちらのプランはAndroid向けのプランになっているそうなので、もしこちらのプランをどうしても使用したい場合は上記も踏まえて検討してみてください。

毎月割は適応外

毎月割とは、最大24ヶ月間月額料金が割引されるものです。例えば、他社からauに乗り換えでiPhone7を購入した場合、毎月2,850円が24ヶ月間で総額68,400円の割引されます。

もしこちらの毎月割がある状態でauピタットプラン・auフラットプランに変更した場合、割引が残っていたとしてもこちらの割引がなくなり割引分を自分が負担しなければいけなくなってしまいますのでご注意ください。

機種購入の時しかプランの変更ができなくなる!?

今回のプランに関して、2017年7月14日以降に機種を購入した場合、2018年の2月以降は現在のプランに戻す事が出来なくなります。

逆に7月14日以降に機種購入の際にauピタットプラン・auフラットプランに加入しなかった場合、2018年2月以降は機種を購入する時しかauピタットプラン・auフラットプランに加入が出来ません。

つまり、2017年7月14日から2018年1月までは新しいプランを使えるようにしてくれますが、それ以降は機種購入タイミングしかプランを変更出来ませんということになります。

ここで注意する点は、もし7月14日以降に機種購入する際に何も考えず、auピタットプランに加入したものの、パケット通信量が毎月多く使用してしまい金額が高くなってしまった場合など、次回の機種購入するタイミングのみしかプランが変更出来ません。

今回のプランを試してみたい場合は2018年1月までに本当に自分に合ったプランなのか機種購入するタイミングではなく、一度現在の状態でプランを変更し試してみるものおすすめです。

au料金プランのauピタットプラン / auフラットプランのまとめ

今回はauの新料金「auピタットプラン・auフラットプラン」について紹介しました。

auピタットプランについては毎月のデータ通信量に変動がある人の最適化が出来てお得になることがお分かり頂けたと思います。

auフラットプランについては毎月5GB前後も含めて5GB以上のデータ通信がある人、のにはお得になる事がお分かり頂けたと思います。

また、iPhoneでは今回のプランは不向きですが、2017年12月31日までであればビックニュースキャンペーンが適応されるので機種購入の予定がある人はそれまでに申し込みをしましょう。

申し込みをする際は必ずauアップデートプログラムEXをうまく活用しましょう。

ただし、今回のauピタットプラン・auフラットプランが自分に合うのか不安な方は機種を購入する前に1度試してみましょう。

auピタットプラン・auフラットプランに加入することで、現在よりも月額料金が最適化されて安くなる可能性がありますので、今回のタイミングで現在のプランを見直してみてはいかがでしょうか。

まだ始まったばかりのプランになりますので、うまい活用方や今後iPhoneにも対応されることがあったりなどもあるかもしれません。今回記載した注意点やポイントなどをお役に立てればと思います。

Pocket