電話番号を変えることなく他のキャリアに変更できる制度であるMNP(ナンバーポータビリティ)。他のキャリアに移ることを検討している方にとっては、とても便利な制度ですよね。

そんなMNPを利用する際には、「MNP予約番号」という受付番号が必要になります。でもいざ「MNPで他キャリアに移ろう!」と思っても、「MNP予約番号ってどうやって取得するの?」「期限はあるの?」など、疑問点がいくつもあるという方は少なくないのではないでしょうか。

以下ではauでMNP予約番号を取得する際の方法や注意点について詳しく解説します。最後まで読むと、自信をもってMNPの手続きが行えるようになりますよ。

そもそもMNPとは?

MNPはMobile Number Portabilityの頭文字を取って読んだもので、携帯電話のキャリア加入者が別の携帯電話に携帯電話を切り替えても、元の番号がそのまま使えるという制度です。

それまでは別のキャリアに乗り換える場合、電話番号も変えなくてはなりませんでした。そのためキャリアを乗り換えると連絡を取り合う人に新しい番号をいちいち連絡しなくてはならないため、かなり面倒でした。

そういった不便を解消するためにMNPが導入され、電話番号はそのままに他のキャリアに乗り換えられるようになったのです。

MNPの手続き

MNPの手続きは「複雑で難しいんじゃない?」「時間や手間がかかるのなら、これまで通りでもいい」と考えている方が多いようです。しかしMNPは難しい手続きはなく、以下の3ステップで簡単に終えることができます。

まずはMNPの手続きを確認していきましょう。

MNP予約番号を取得する

まずMNP予約番号を今加入しているキャリアから発行してもらいます。MNP予約番号はMNPを行うための整理番号のようなものです。

MNP予約番号の取得は電話やインターネットでの手続きなど、キャリアごとにさまざまな窓口が用意されています。それぞれメリットとデメリットがあるので、後で詳しく解説します。

新規契約を行う

次に有効期限内に取得した予約番号を使って、移行先のキャリアで新規契約を行います。

MNP予約番号を乗り換え先のキャリアのショップなどに伝えれば、手続きは完了です。

電話番号の引継ぎ処理を行う

最後に電話番号の引継ぎ処理を行います。

この手続きは乗り換え前のキャリアと乗り換え後のキャリアの間で行うため、申し込み者が行うことはなにもありません。予約番号を伝えたら、手続きが終わるまで待っているだけで大丈夫です。

auでMNP予約番号を取得する際の手続き

上記で説明したMNPの手続きは、auはもちろんドコモやソフトバンクでも共通のものです。auからドコモ、ドコモからソフトバンクなどどのキャリアから移る際にも同じ手続きを行うことになりますが、1つ異なる点があります。

それはMNP番号取得の手続きです。MNP番号取得は現在のキャリアにMNP番号取得の申し込みをして取得することになりますが、キャリアによって電話やインターネットを通した取得などさまざまな方法があります。

またキャリアによって手続きが簡単に進められる方法は異なるため、事前にどの方法が簡単なのか知っておくことで、よりスムーズに手続きを進めることができます。

以下ではauでMNP番号を取得する際の方法とそれぞれのメリットとデメリットについて説明します。

MNP番号を取得する際に必要なもの

MNP番号を取得する際には、以下のものが必要になります。

  • 暗証番号(契約時に設定した4桁の番号)
  • 身分証明書(免許証・保険証など)

暗証番号は「契約時に設定したはずだけど、忘れてしまった」という方も多いのではないでしょうか。その場合は電話で取得すれば、暗証番号を求められることはないので、電話を使った方法がおすすめです。

また身分証明書はauショップで取得する際にのみ必要になります。ショップでお願いする場合は、忘れないようにしましょう。

電話で取得する(5〜10分程度)

一つ目の方法は電話で取得する方法です。以下の手続きで簡単にMNP番号が取得できますよ。

まずau予約受付窓口(0077-75470)に電話します。この番号はau携帯でも一般電話でも共通です。受付時間は9:00〜20:00で、年中無休なので平日忙しい方でも安心です。また通話料が無料なので、通話時間を気にすることもありません。

次に音声ガイダンスに従って数字を入力します。1番「予約の申し込み・お問い合わせ」を選択しましょう。

オペレーターにつながったら「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝えましょう。すると契約者の情報を尋ねられるので、名前・生年月日・電話番号・暗証番号などを答えていきましょう。

この際ネットワーク暗証番号は忘れていても大丈夫です。また転出先や解約理由を聞かれることもありますが、「家族がドコモなので」など簡単に説明しておきましょう。

またオペレーターの方から引き留めために割引の提案をされる場合もあります。条件が良い場合は提案を受けても大丈夫です。ただ転出の意志がかたまっている場合は最初に「もう決めているので」などしっかり断ってしまったほうが早く済みますよ。

契約者の情報の確認が済んだら、MNP転出に伴う説明があります。この説明は必要な手数料や解約金に関するものなので、メモしておくようにしましょう。こうした説明に同意すれば、口頭で予約番号を教えてもらえます。またSMSメールで送ってくれることもあるようです。

ここまでで電話でのMNP番号取得手続きは完了になります。基本的にはau予約受付窓口に電話したら、オペレーターの指示通りに応えていくだけなので簡単です。また年中無休なのでお仕事が忙しい方でも安心ですね。

EZwebで取得する

二番目の方法はEZwebから取得する方法です。ただしこの方法はガラケーの方のみなので、スマートフォンユーザーの方は利用できません。ガラケー利用者の方で電話する時間がないという場合は、おススメの方法です。

まず携帯電話のEZwebボタンを押します。トップ画面が表示されたら「auお客様サポート」を選択しましょう。次に「申し込む/変更する」を選択し、「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」を選択します。暗証番号の入力すると確認事項が表示されるので、ボタンを押して読み進めていきましょう。最後に予約番号が表示されます。

EZwebから取得する方法はガラケーユーザーの方のみが利用できることに加え、受付時間が9:00〜21:30と24時間対応ではありません。ネット上の申し込みなのに24時間対応でないのは疑問ですが、この時間帯なら電話窓口とほとんど同じなので、電話で取得した方がスムーズに進む方の方が多いのではないでしょうか。

auショップで取得する

三番目の方法はauショップで取得する方法です。お近くのauショップに行って、スタッフの方に「MNP予約番号を発行してほしいんですが」と伝えれば、手続きはすべて行ってくれます。保険証や運転免許証といった身分証明書が必要になるので、忘れないようにしましょう。

この方法の場合スタッフの方と対面で手続きを進めていけるので、安心感を感じるかもしれません。しかしauショップまで出向く手間が必要ですし、ショップの込み具合によってはかなり待たされることもあります。またスタッフの方に解約の旨を伝えることになるので、気まずい思いをすることになるかもしれません。

同じスタッフの方にお願いする方法でも、電話で取得する方法なら気まずさも少しは軽減されます。気軽に手続きを行いたいという場合は電話取得の方法にした方が良いでしょう。

おすすめは電話での番号取得

電話、EZweb、auショップとauでMNP番号を取得する3つの方法について説明してきましたが、それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
電話 9:00〜20:00の間ならいつでも手続きができる

通話料無料

EZweb 9:00〜21:30の間ならいつでも手続きができる ガラケーユーザーのみ
auショップ スタッフの方と対面で手続きができるの安心 お店の状況によってはかなり待たされる

解約を伝える際、気まずい思いをすることがある

メリットとデメリットを比べてみると、電話での取得方法が一番スムーズに進みそうですね。EZwebで取得する方法はガラケーユーザーの方にはおすすめですし、対面で手続きを進めたいという場合はauショップで行うのもよいでしょう。自分に合った方法を選んで、スムーズに手続きを進めたいですね。

MNP予約番号を取得する際の注意点

ここまでauでMNP予約番号を取得する方法について確認してきました。MNP予約番号自体は簡単に取得できますが、いくつか注意しておきたい点もあります。

有効期限は15日間

取得したMNP番号は有効期限があり、発行した日も含めて15日間となっています。この有効期限を過ぎてしまうと再度発行しなおさなくてはなりません。

MNP予約番号の発行に料金はかかりませんし、再発行しても手数料がかかることはありません。そのため焦る必要はありませんが、再発行の手間がかからないように余裕をもって発行してもらうようにしましょう。

番号を発行しただけでは解約にならない

また予約番号は発行しただけでは解約にならず、新しい契約先で使用した時点で自動的に解約になります。そのため有効期限の15日間の間で新しい契約先で新規契約をする必要があります。

15日間なら余裕と思っていても、仕事や家事で意外と早く過ぎてしまうものです。新規契約の手続きをスケジュールに組み込んだうえで、番号を発行してもらうようにしたいですね。

まとめ

MNPの手続きはMNP予約番号の発行と転出先での新規契約のみなので、思ったほど難しいものではありません。ただキャリアによってMNP予約番号の方法が異なるので、注意が必要です。

auの場合は電話でのMNP予約番号発行が一番おすすめですが、ガラケーユーザーの方はEZwebの方がスムーズな場合もありますし、対面で手続きを進めたいという場合はauショップでお願いする方法の方がよいという方もいると思います。それぞれのメリットとデメリットがあるので、よく確認して手続きを取りたいですね。

次に読んで欲しいMNP関連情報

ソフトバンクでのMNP予約番号取得に興味のある方は、ソフトバンクからMNP予約番号の取得方法|有効期限やキャンセル方法を解説も合わせてご覧ください。

ドコモオンラインショップでの機種変更に興味ある方はドコモオンラインショップで機種変更・MNPのデメリットは?向かない人の特徴も合わせてご覧ください。

Pocket