auから格安SIMへのMNP(乗り換え)する方法を徹底解説

auから、格安SIMへMNP(乗り換え)を検討している。しかし、今や格安SIMは約30もの会社から提供されています。

この全ての会社の格安SIMを比較することは、はっきり言って困難を極めます。

しかし、格安SIMは通信会社毎にまったく異なる料金プランにて提供されています。そのため、ある程度人気の通信会社の格安についても抑えておきたいところです。

また、MNPするには手順があり、その手順を知らなければスムーズに手続きを進められません。

そこで今回は、
・格安SIMへMNPするメリット
・auから格安SIMへMNPする方法
・MNPにおすすめの通信会社
・格安SIMへMNPする時の注意点
についてご紹介していきます。

是非、最後まで確認してみてください。

格安SIMへMNPするメリット

auから格安SIMへMNPすると、これからご紹介するメリットが得られます。今格安SIMが人気の理由についても、ここを見て頂ければわかって頂けることでしょう。

電話番号を変更しなくて良い

MNPというものは、今利用している電話番号はそのままで、他社にて新規契約することです。よって、auから格安SIMへMNPすることで、電話番号が変更されることはありません。

※MNP手数料(2,000円)が必要になります。

これにより
・知人や友人へ新しい電話番号を教える必要がなくなる
・不正利用された電話番号を割り当てられることがなくなる
上記のようなメリットが得られます。

新しい電話番号になったことで、トラブルが相次ぐという人も少なくはありませんので、今利用している電話番号にてトラブルなくスマホを運用できているのであれば、是非MNPして格安SIMへ変更されることをおすすめします。

通信料が大幅に節約できる

格安SIMの最大のメリットは、通信料の節約ができるということです。下記表にて比較すると、格安SIMがいかにお得であるかがわかって頂けることでしょう。どちらもau回線を利用した契約!

キャリアで契約する場合は、月々7,000円も請求される通信費・・・。

しかし、UQモバイルの格安SIMにて契約する場合は、2,980円まで通信費を抑えることができます。UQモバイルの格安SIMは、2年間で96,480円もの節約効果を発揮してくれます。

※UQモバイルのプランは、通話・SNS・ネットがこみこみになっています。

UQ mobileの評判と評価は?|格安SIM辛口レビュー

キャッシュバックが受け取れることもある

格安SIMを提供している会社では、キャンペーンが実施されていることもあります。その中には、キャンペーン期間内に新規契約することで、高額キャッシュバックが受け取れるなんてものも!

高額キャッシュバックといっても、5,000円程度であることが多いようですが、格安SIMにて通信費が大幅にダウンすることに合わせて、キャッシュバックを受け取れるのですから、とってもお得ですよね。

auから格安SIMへMNPする時には、
・MNP手数料:2,000円
・新規契約手数料:3,000円
上記が必要になります。

5,000円以上のキャッシュバックを受け取れることができれば、契約時の初期費用が軽減され、MNPにて契約しやすくなりますよね。キャッシュバック金額がたとえ5,000円であったとしても、有るのと無いのとでは大きな差が生じると言えます。

auから格安SIMへMNPする方法とは?

auから格安SIMへMNPする時には、これからご紹介する手順を踏まなければいけません。また、期限以内に手続きが完了しなければ、手続きを最初からやり直さなければいけません。

解約月であるかを確認する

auから格安SIMにMNPする時は、
・auを解約
・他社で新規契約
上記のように行なわれます。

ちなみに2年に一回訪れる、更新月(解約月)というものがあります。
※2年更新型の場合

この月に解約手続きすれば、解約違約金は請求されません。しかし、この月以外に解約してしまうと、解約違約金9,500円(税抜き)の請求がかけられます。

※auの加入年数が11年目を超える場合で、「誰でも割」と「家族割」の両方に加入している方の場合は、違約金が3,000円(税抜き)になるようです。
※月々の割引(誰でも割)を適用していない場合には、いつ解約しても違約金は発生しません。

auの最低契約期間は、加入をした翌月を1ヶ月目として、そこから24ヶ月目の月末までです。25ヶ月目と26ヶ月目の2ヶ月間は契約更新月となり、この期間内の解約には違約金が発生しません。

これを過ぎると自動的に2年間の契約縛りが発生するので、次回違約金なしで解約するためには、更に2年待つ必要があります。

格安SIMにて通信費の節約を考えるのであれば、無駄な費用はなるべく抑えて契約したいところ。なるべく更新月を待ってから、MNPするようにしておきましょう。ちなみに、auでは更新月を教えてくれるサービスが実施されています。

・WEB(MY au)で確認する
・au端末から157(お客様センター)にて確認する
上記2通りの方法があります。

MY auにて確認する場合は
・MY auにログイン
・『スマートフォン・携帯電話』を選択
・『ご契約内容/手続き』を選択
・『ご契約情報』を選択
・『料金/割引サービス』覧から確認
上記にて行えます。

MY auでは、次回更新月を『20〇〇年△月~□月』このように表示してくれます。空き時間を利用していつでも確認できるので、是非MY auを活用していきましょう!

MNP予約番号を取得する

MNPする予定日が近づいたら、まずはMNP予約番号を取得しなければいけません。これがなければMNPはできませんので、MNP手続きを開始する時には、既に取得しておくべきものになります。

auにてMNP予約番号を取得するには
・MNPサポートセンターに電話する:0077-75470 (無料)
※9時から20時まで
・WEBで予約する
※9時から21時30分まで
・キャリアショップの窓口で相談する
上記3つの方法があります。

MNPサポートセンターへの電話は、au端末からでも一般電話からでもOK!月末は込み合いますので、繋がるまでかなり待ち時間が発生することもあります。

また、MNPサポートセンターでは本人確認のため、契約時に決めた4桁の暗証番号を確認されます。
※キャリアショップでは、身分証明書の提示が必要になります。

MNP予約番号はショートメールで送信されてきますが、念のため、メモに書いて残しておくことをおすすめします。MNP予約番号の発行後は、2週間以内に手続きを行なう必要があり、期間内に手続きを行なわなければ自動的にキャンセルになります。

MNPするつもりで予約番号を取得したものの、やっぱりauで契約を継続したいと思った。なんて場合には、とくに何もせずに予約番号の期限切れを待つだけでOKです。

※MNP予約番号を発行するだけでは、事務手数料も発生しません。

次回契約する会社にこの予約番号を伝え、新規契約を結んだ時点でauは自動的に解約になるので、別途解約手続きを行なう必要もありません。

MNP予約番号をたった5分で取得する3つのポイント!全キャリアの乗り換え方法

格安SIMを契約する

MNP予約番号の取得が完了したら、あなたがこれから契約したいと考える通信会社にて、格安SIMの契約を進めていきます。格安SIMは、WEBから契約手続きが行なえるものであり、とくに店舗へ足を運んで契約する必要はありません。

※契約時は、新規契約欄から手続きを進めるのではなく、MNP契約欄から手続きを進めていきましょう。

WEBにて必要事項を入力し、本人確認書類を添付し、通信会社の確認が完了するまで待ちます。

※確認には、1週間以上必要になるケースもあります。
※MNP予約番号取得後は、早期に手続きするようにしておきましょう。

通信会社の確認が完了し契約できる段階になれば、格安SIMが自宅に配送されてきます。格安SIMが自宅に届くと、新しく契約する通信会社の専用窓口にてMNP予約番号を電話で伝え、手続きが完了した時点で契約完了になります。

※格安SIMと同梱されてくる書類に、手続きの詳細が記載されていることが一般的です。

スマホの設定を行なう

手続きが全て完了したら、後はスマホにて設定するだけです。対応スマホに格安SIMを挿入して、スマホの設定を行ないます。

初期設定に関する詳細も、格安SIMと一緒に同梱されてくる書類にて紹介されているか、格安SIMの公式サイト上で紹介されています。

もし設定方法がわからない場合には
・サポートセンターに、電話やチャットにて問い合わせる
・店舗に行って教えてもらう
・出張サービスを利用する
上記方法にて教えてもらうと良いです。

※電話やチャットサポート・店舗展開・出張サービスの有無は、契約する通信会社によって異なります。

auの格安SIMを取り扱う通信会社4選

格安SIMを取り扱う通信会社のほとんどが、ドコモの電波を利用して運用しています。ちなみにauの電波を利用した格安SIMを取り扱う通信会社は、わずか4社のようです。

あまりにも通信会社の数が多ければ比較することは難しくなりますが、4社ですので、簡単に比較することができますよね。

ここからは、この4社で提供している料金プランや、個々の通信会社のおすすめポイントについてご紹介していきます。

※auから格安SIMへMNPする場合、必ずしもau系格安SIMへMNPする必要はありません。

mineo(マイネオ)

マイネオの格安SIMは
・ドコモ
・au
マルチキャリア対応のSIMカードです。

プラン料金やオプション料金も、ドコモプランとauプランとで異なります。下記では、auプランの料金をご紹介しています。

 データSIM  音声SIM
5分電話かけ放題  - 850円/月

※別途60分かけ放題もあり
1,680円/月

 データ通信利用料  ・500GB:700円
・1GB:800円
・3GB:900円
・5GB:1,580円
・10GB:2,520円
 ・500GB:1,310円
・1GB:1,410円
・3GB:1,510円
・5GB:2,190円
・10GB:3,130円
 SMS料金  ・月額料:無料
・送信:3円/通
・受信:無料
 ・月額料:無料
・送信:3円/通
・受信:無料
 最低契約期間  無  無
 解約違約金  無  無
 初期手数料  ・契約事務手数料:3,000円  ・契約事務手数料:3,000円

ドコモ・au端末合わせて、600種類以上もの端末に対応しているマイネオの格安SIM!

幅広い端末に対応している格安SIMで契約できるので、契約時にスマホを購入しなければいけないというリスクを軽減することができます。

SMS月額料なども必要ありませんし、おすすめの通信会社です。通常、データ専用SIMにて契約する場合は最低契約期間が発生しないものの、音声SIMにて契約する場合には、最低契約期間が半年から1年程度発生することが一般的です。

しかしこの通信会社は少し珍しく、音声通話SIMでも最低契約期間がありませんし、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。

ただし、次回MNPする時の手数料が
・契約を開始した翌月を1ヶ月目とし、12ヶ月目以内のMNP:11,500円
・13ヶ月目以降のMNP:2,000円
上記のように、1年以内のMNP手数料が割高になります。

mineo(マイネオ)の評判と評価は?|格安SIM辛口レビュー

UQモバイル

通信速度の速さが自慢のUQモバイル。2年連続『格安SIMアワードの通信速度部門』において、1位を受賞している通信会社です。

 音声SIM
 データ通信利用料

(5分電話かけ放題込)

・2GB:1,980円/月

・6GB:2,980円/月

・14GB:4,980円/月

・無制限:2680円/月

 SMS料金  ・月額料:無料・送信:3円/通

・受信:無料

 最低契約期間  2年(自動更新)
 解約違約金  9,500円
 初期手数料  ・契約事務手数料:3,000円

幅広いエリア・通信速度の速さを重視して契約するなら、UQモバイルがおすすめです。

地下街などでも快適にスマホを運用できるような取り組みが実施されているほか、20万か所におよぶ無料Wi-Fiスポットも利用可能です。

UQ mobileの評判と評価は?|格安SIM辛口レビュー

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioの格安SIMは
・ドコモ
・au
マルチキャリア対応のSIMカードです。

プラン料金やオプション料金も、ドコモプランとauプランとで異なります。下記では、auプランの料金をご紹介しています。

データSIM 音声SIM
5分電話かけ放題 830円/月
(家族間通話:30分かけ放題)※別途3分かけ放題もあり
600円/月
(家族間通話:30分かけ放題)
データ通信利用料 ・3GB:900円/月
・6GB:1,520円/月
・10GB:2,560円/月
・3GB:1,600円/月
・6GB:2,220円/月
・10GB:3,260円/月
SMS料金 ・月額料:無料
・送信:3円/通
・受信:無料
・月額料:無料
・送信:3円/通
・受信:無料
最低契約期間 利用開始日の翌月末日 12ヵ月以内
解約違約金 (12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)
初期手数料 ・契約事務手数料:3,000円 ・契約事務手数料:3,000円

IIJmioでは、家族間通話を格安料金でたっぷりと楽しめます。離れて暮らす家族との電話も、この通信会社の格安SIMであれば安心です。

Fiimo(フィーモ)

IIJmioの格安SIMは
・ドコモ
・au
マルチキャリア対応のSIMカードです。

プラン料金やオプション料金も、ドコモプランとauプランとで異なります。下記では、auプランの料金をご紹介しています。

データSIM データSIM(SMS付) 音声SIM
電話パック ・最大30分通話できるお得なパック:500円/月・最大45分通話できるお得なパック:720円/月
データ通信利用料 ・3GB:900円/月
・5GB:1,600円/月
・10GB:2,650円/月
・3GB:1,050円/月
・5GB:1,750円/月
・10GB:2,800円/月
・3GB:1,600円/月
・5GB:2,300円/月
・10GB:3,350円/月
SMS料金 ・月額料:無料
・送信:3円/通
・受信:無料
・月額料:無料
・送信:3円/通
・受信:無料
最低契約期間 1ヶ月 1年
解約違約金 10,000円 10,000円
初期手数料 ・契約事務手数料:3,000円 ・契約事務手数料:3,000円 ・契約事務手数料:3,000円

通話SIMにて申込むと、3ヶ月間1,000円の割引が実施されるキャンペーンを実施しているのがFiimo(フィーモ)です。格安SIMの契約と同時に、端末の購入も可能です。

格安SIMへMNPする時の注意点

格安SIMへMNPする時には、これからご紹介する点に注意が必要です。とくに長年auを使用していた人の場合は、キャリアポイントも忘れずに消化しておきたいところです。

この他にも、キャリア契約時と格安SIM契約時との違いについても把握しておき、後悔することなくMNPできるようにしましょう。

ポイントを有効活用する

auで契約すると、月々の請求額に応じてキャリアポイントが付与されます。

※通常、通信費1,000円ごとに10ポイント付与されます。

少し前まではauポイントと呼ばれていましたが、現在はウォレットポイントと名称が変更され、ポイントを使用できる幅も大変広がりました。

auで長年契約していたユーザーの皆さんは、このポイントの保有率も高いことでしょう。せっかく保有しているこのポイントは、是非有効活用されることをおすすめします。

ウォレットポイントは、auのキャリア契約を解約してしまうと、貯めることができません。

しかし、ウォレットポイントのポイントカードを発行してから5年間は有効期限があり、解約するまでに貯めたポイントに関しては、この有効期限内であれば使用することができます。

貯まったウォレットポイントを使用して、スマホのオプションの購入はもちろんのこと、日用品や洋服や食品なども購入することができるんですよ。

※マツモトキヨシなど、他社のポイントに交換することもできます。

ウォレットポイントは、1ポイント=1円として使用することができるので、たとえポイント数が少なかったとしても忘れずに使用しましょう。

※ウォレットポイントの保有数は、
・公式サイト上
・auお客様サポート
上記にて確認することができます。

同系列の格安SIMへMNPする

auから格安SIMへMNPする時は、auの電波を利用した格安SIMへMNPすることをおすすめしています。

格安SIMを使用する時は、対応端末であることが必須で、
・利用している電波のキャリア端末
・SIMフリー端末
上記でなければ、これを運用することができないからです。

あなたがこれから契約する格安SIMと、あなたが現在持っているスマホが対応していない場合には、新たに格安SIMに対応しているスマホを購入しなければいけません。

通信費の節約を重視するとともに、初期費用を抑えたいと考える人には、新たなスマホの購入はデメリットになることでしょう。そのため、現在auで契約している人が格安SIMへMNPする場合には、auの電波を利用したau系格安SIMにて契約されることをおすすめしているのです。

ちなみに、auのキャリアスマホのSIMロックを解除してもらっても、他キャリアの電波を利用した格安SIMを挿入して使用することはできません。

※SIMロック:他社で使用できないようにロックをかけていること。
※解除してもらうには、手数料が発生します。

格安SIMカードには3種類のものがあり
・ドコモ系
・ソフトバンク系
・au系
上記によって、このカードの大きさが異なります。

よって、キャリアの異なるスマホに挿入しようとしても、格安SIMと挿入口の大きさが合わず、SIMカードを認証することができないのです。

ちなみに、auのキャリアスマホを使用して、au系格安SIMにMNPする場合、SIMロックを解除せずとも使用できる場合があるようです。一度格安SIMを挿入してみて動作するかを確認し、SIMロック解除の必要があれば、auショップに端末を持ち込んでSIMロックを解除してもらうと良いです。

※キャリアショップに行ってSIMロックを解除してもらう場合には
・格安SIMへMNPするため、SIMロックを解除してほしい
これを的確に伝えなければ、意図しない対応をされることもありますので注意が必要です。

キャリアメールが使えない

キャリアメール『@ezweb.ne.jp』で終わるメールアドレスを使用している方は、格安SIMにMNPすることで、これを使用することができないようになります。

MNPにて契約すると、電話番号はそのまま引き継ぐことができます。しかし、メールアドレスを引き継ぐことはできないのです。

普段から『Gメール』や『Yahoo!メール』などを使用している方の場合は問題ありませんが、キャリアメールを使用している方の場合はこの辺りも注意が必要です。

また、『Gメール』などはキャリアメールのように、もともとスマホに設定されているものではありませんので、格安SIMにMNPして初期設定する時に、新たにメールの設定もしなければいけません。

設定方法などに不明点が出るようであれば、新たに契約する通信会社のサポートセンターに問い合わせるか、WEBでマニュアルを検索してみましょう。

各種サポートが利用できない

・端末故障時
・端末紛失時
・オプション変更サポート
・MY au
など

auでは、さまざまなサポートが実施されています。しかし、格安SIMを利用する場合は、これらのサポートが利用できないようになると考えておきましょう。

たとえば、格安SIM契約時にオプションを付加したとします。
※留守番電話オプションなど

キャリア契約の場合であれば、いつでもこのオプションを解除することができます。対して格安SIMの場合は、オプションのみを解約することはできず、各種オプションを解約したいなんて場合には、一旦格安SIMを解約しなければいけません。

また、格安SIMを一度解約して新規契約を行なう場合、新たな電話番号が割り当てられることになります。
※同一キャリア間では、MNPすることはできません。

『今の電話番号を、そのまま使いたい』このように考える方は、契約当初から本当に必要なオプションのみを付加して、余分なものを付加しないようにしましょう。

手続き完了後はキャンセルできない

auから格安SIMへMNPする時に限ったことではありませんが、MNP手続きが完了すると、たとえ新規契約日と同日であってもキャンセルすることはできません。

MNP予約番号を取得しただけであれば、キャンセルすることは可能ですが、各種手続きが完了して格安SIMが自宅に届き、サポートセンターに電話をして新しい契約先にMNP予約番号を伝えた時点でauは解約になります。

同時にMNP手続きが完了し、格安SIMでの新規契約も完了します。どうしても新規契約をキャンセルしてauで再契約したいなんて場合には、一旦格安SIMの解約手続きを踏んで、auで新規契約を行なう必要があります。

契約した当日に解約する場合であっても、契約縛りがあれば解約違約金は発生しますので、違約金の支払いは必須になります。また、auからMNPしてからの期間が短いにも関わらず、auへMNPをして再契約したいと考えても、auからMNPを断られてしまうことがあります。

この場合は、auにて新規で契約することになり、電話番号も新しいものを割りあてられることになるので注意が必要です。

まとめ

『auから格安SIMへのMNP(乗り換え)する方法を徹底解説』いかがでしたか?

auから格安SIMへMNPすることで、大変お得にスマホを維持できるようになります。通信品質の面においても、今の国内の格安SIMは、キャリアとほぼ同等のものを期待できることでしょう。

通信費にかける月々のコストは、はっきり言って無駄・・・。これを節約できればどんなに嬉しいことかと、筆者自信も日々痛感しています。

今の通信費に不満を抱いている人はもちろんのこと、auから格安SIMへMNPしようと考えている人は、ニーズに合わせて是非今回の内容も細部まで読み返してみてくださいね。

大手3キャリアから格安SIMへ乗り換え情報

大手携帯3キャリアから格安SIMへ乗り換える(MNP)方法
ドコモから格安SIMに乗り換え(MNP)徹底解説!お得な方法とは
ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え(MNP)する方法を徹底解説

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

関連記事