au AQUOS R2 SHV42の辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

2018年6月8日に発売となったauの夏モデルといえば、AQUOS R2 SHV42です。

2017年にAQUOSの発売元であるSHARPはAndroid国内販売台数がNo.1で、今回のAQUOS R2 SHV42でも液晶ディスプレイの綺麗さや電池持ちやカメラの美しさにも注目が集まるところです。

元々液晶ディスプレイやカメラの美しさには定評があるSHARPから発売されたAQUOS R2 SHV42ですが、今回のモデルは、どのような性能が搭載されているのか気になりませんか?

とはいえ、auからは2018年の夏モデルとして他の機種も販売されているためどれが良いか気になっているはずです。

購入にも一歩踏み出せないと考えている人もいるはずですので、今回はAQUOS R2 SHV42を辛口実機レビューしてみたいと思います。

2018年au夏モデルのAQUOS R2 SHV42とは?

画像引用元:SHARP公式サイト

AQUOS R2 SHV42について辛口実機レビューする前に、まずは基本スペックなどを確認してみましょう。

美しい液晶画面や、洗練されたデザインには感動しますが、外面だけで魅力は語れません。

AQUOS R2 SHV42の基本スペックを見れば魅力を再確認することができるはずです。

au AQUOS R2 SHV42の基本スペック

画像引用元:SHARP公式サイト

ではまず、AQUOS R2 SHV42の基本スペックを確認しましょう。

サイズ 約74×156×9.0mm
重量 約181g
バッテリー容量 3,130mAh
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
約2,110分
連続待受時間
(日本国内使用時)
約630時間(4G LTEエリア/WiMAXエリア)
電池持ち時間 約90時間 (注1)
充電時間 約170分 (注2)
電池パック取り外し
外部メモリ 推奨最大容量 400GB microSDXC™
内蔵メモリ容量 (RAM) 4GB
内蔵メモリ容量 (ROM) 64GB
アドレス帳登録件数 本体メモリの空容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプ IGZO
画面サイズ 約6.0インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 約1,677万色
ディスプレイ(画面)解像度 3,040×1,440(WQHD+)
防水 IPX5/IPX8 (注3)
防塵 IP6X (注4)
au ICカード au Nano IC Card 04
OS Android™ 8.0
CPU SDM845 2.6GHz/クアッドコア+1.7GHz/クアッドコア

auから公表されている基本スペックになります。

バッテリーの容量も大きく、画面にはIGZOを搭載しているため画面の性能が向上しても電池パックの減りは少ないようです。

内部メモリもしっかりとしていることから、スマートなスマホライフを提供してくれることでしょう。

それでは、メリットとデメリットに分けてAQUOS R2 SHV42をレビューしてみましょう。

au AQUOS R2 SHV42のメリット

基本スペックを確認するだけでもとても魅力的な機種であることがわかりましたが、もちろん特徴は伝え切れていません。

au AQUOS R2 SHV42の魅力はもっとたくさんありますので、レビューしながら紹介します。

どれほど高いスペックのスマホかわかりますよ。

AQUOS R2 SHV42のメリット①:約6.0インチのディスプレイ

画像引用元:SHARP公式サイト

約6.0インチの大画面を実現したAQUOS R2。

EDGEST fitになったことで、上部にインカメラを配置したままのため、画面の縁があまり目立たないデザインになっています。

自由な形で液晶を作ることができる、フリーフォームディスプレイを搭載しているため、液晶の形状に影響を与えることなく、スマートフォンのデザインができるようになったためです。

画面比率は19:9と今までの規格よりもはるかに大きな規格となっているため、持ちやすさを残したまま画面はさらに大きく美しいものとなっています。

撮影した写真や動画も大迫力の大画面で楽しむことができますし、表示エリアが広がることから縦に情報の伸びつつあるSNSなどにも対応しています。

AQUOS R2 SHV42のメリット②:手ブレに強い超広角動画カメラ

画像引用元:au公式サイト

AQUOS R2はSHARPから発売された製品だけあり、カメラには強いこだわりのあるスマホとなっています。

動画用と静止画用など使い分けることで誰でも簡単に美しい写真撮影をすることが可能です。

  • ドラマティックワイドカメラ
  • 標準カメラ
  • サブカメラ

この3種類のカメラを搭載しており、メインカメラとしてはドラマティックワイドカメラと標準カメラを採用しています。

上部に配置されているのが、1630万画素の動画専用のカメラで、下部に配置されているのが2260万が静止画用のカメラです。

どちらも高画質に記録することができるため、綺麗な写真撮影が可能です。

さらに、サブカメラ(インカメラ)は広角カメラが搭載されているため自撮り写真も美しくついつい写真撮影したくなるような仕様になっています。

そのため、スマホ購入にカメラ機能を重視する人にはおすすめの機種です。

AQUOS R2 SHV42のメリット③:動画撮影中に写真撮影可能

画像引用元:SHARP公式サイト

そして、SHARPがスマホで初の機能をAQUOS R2には搭載しました。

それは、AIライブシャッターで、ドラマティックワイドカメラで動画撮影中に、標準カメラでの静止画の撮影を可能にしたことです。

今までも動画撮影中の静止画撮影はできたと思っている人も少なくないと思いますが、そうではないんです。

世界初といわれる理由は、動画撮影時に他のカメラを利用して静止画を撮影することなんです。

しかも、手動だけでなくAIが自動でおすすめの写真撮影も行ってくれるため、最高の動画と最高の一枚を撮影することができると話題に。

動画も静止画も高画質に残したい、そんな人におすすめです。

AQUOS R2 SHV42のメリット④:こだわり抜いたサウンド

画像引用元:SHARP公式サイト

音に臨場感がないと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

音楽プレイヤーに比べると音の質が下がってしまうとスマホの機能について気になっているかもしれませんが、AQUOS R2はDolbyに対応しています。

そのため、対応している音はどれも臨場感のあるものに早変わり。

6.0インチから流れる迫力のあるサウンドに、その場にいるような気持ちになるはずです。

AQUOS R2 SHV42のメリット⑤:ハイスピードIGZO

画像引用元:au公式サイト

画面が見にくいと感じる人もいるのではないでしょうか。

そんな問題にも対応しているのがこのAQUOS R2です。その理由はハイスピードIGZOです。

見やすく使いやすいというのを売りにしているため、残像を抑えて見やすくなっています。

さらに、Dolby VISIONも搭載されているため、Dolby ATMOSと相まって映像と音に迫力が出ます。

色鮮やかな色彩と、臨場感のある音で迫力のある映像体験を誰でもすることができるんです。

なので、スマホに対して音や画面などの綺麗さを求める人にはおすすめです。

AQUOS R2 SHV42のメリット⑥:最新CPU・ 高速メモリ・放熱設計

画像引用元:SHARP公式サイト

AQUOS R2には最新のCPU、SDM845を搭載しているため、高速での処理が必要です。

それにより、従来のものと比べるとCPU・GPUパフォーマンスがそれぞれ30%程度上昇しているようです。

そのため、高性能になったAQUOS R2の機能をカバーすることができるだけでなく、多重にアプリを開いてもさくさく動かすことができます。

RAMは4GB、ROMは64GBを搭載しているため、写真や動画もたくさん保存することができます。

とはいえ、機能が高まるとスマホ本体が熱くなってしまうのが心配だと思いますが、優れた放熱設計が採用されているため、熱くなることもなく快適に利用することが可能です。

AQUOS R2 SHV42のメリット⑦:AI「エモパ」搭載

画像引用元:SHARP公式サイト

AQUOS R2にはAIのエモパが搭載されています。

知らない人もいるかもしれませんが、シーンに応じてタイミング良く役立つ情報を話しかけてくれる人工知能のことです。

例えば、朝出かける前には天気予報が知りたくないですか?そんな時エモパはあなたに話しかけてくれます。

さらに、今急上昇している人気ワードなども教えてくれるので、あなたの生活リズムに合った情報を教えてくれます。

3つのキャラクターから選ぶこともできますし、Google Playからダウンロードすれば他のキャラクターも選ぶことができ、自分の好きなキャラクターを利用することが可能です。

ヘルスケアや、一緒に行った場所の記憶、未読通知を声で伝える機能、ロック画面のままチェックなど様々な便利機能があります。

しかも、現在はよく使う駅などを記憶し、電車の遅延情報などを教えてくれることもできるんです。

au AQUOS R2 SHV42のデメリット

AQUOS R2はとてもおすすめの機種であることがわかりました。

ですが、どんなものにもデメリットがあるように進化しても何かしらのデメリットがあるものです。

そこで、AQUOS R2のデメリットも確認してみましょう。

AQUOS R2 SHV42のデメリット①:持ちにくい人もいる

画像引用元:au公式サイト

6.0インチで19:9という大画面がうりのAQUOS R2。

縁の少ない大きな画面も特徴ですが、人によっては手馴染みが悪く感じてしまう場合があります。

大きな画面はSNSの縦の情報量の多さに対しておすすめされているようです。

確かに、スクロールの回数が減ることは良いかもしれませんが、人によっては片手で操作しにくいかもしれません。

さらに、手が小さい人は片手操作していると大きな画面の他の部分に手があたってしまい、したい操作を行えない可能性もあります。

そのため、手が小さいかもしれないと思う人は、店頭にいってから実機に触れてみる方がよいかもしれません。

AQUOS R2 SHV42のデメリット②:全画面に対応していないこともある

画像引用元:au公式サイト

19:9というのは魅力を感じるほど大きなディスプレイです。

縁ぎりぎりまでディスプレイになっているため、色彩豊かなディスプレイで楽しむことができますが、アプリによっては対応していないこともあります。

Youtubeは既に全画面対応している可能性がありますが、19:9というディスプレイ比率はまだまだ浸透していません。

そのため、今までのスマホで全画面でアプリを楽しんでいた人であれば、AQUOSに替えた時に全画面で楽しめないことも。

とはいえ、現在大型ディスプレイは今流行りだしています。

なので、今後アプリが対応していけば特に問題なくなるかもしれません。

AQUOS R2 SHV42のデメリット③:カラーが少ない

画像引用元:au公式サイト

スマホ購入時にカラーを重視する人もいるはずですが、AQUOS R2はカラーバリエーションが少ないと感じるかもしれません。

さらに、シックな色合いで暖色がないことで、女性だと購入するのを検討してしまうかもしれませんね。

暖色系であるピンクやレッドなどがあれば購入したいと思っていた人もいるかもしれませんが、シックな色しかないので、カラー重視の人にはおすすめできません。

とはいえ、どれも洗練されたデザインと色合いなので、大人っぽいトーンが好きな人にはおすすめです。

AQUOS R2 SHV42のデメリット④:急速充電対応不可

 

画像引用元:au公式サイト

現在、急速充電に対応している機種が増えてきましたが、AQUOS R2は急速充電対応不可のようです。

そのため、うっかり充電を忘れてしまい限界というときにはちょっとイライラしてしまうかもしれません。

特に、現在のスマホが急速充電に対応している機種を利用している人であれば不便に感じるかもしれません。

ですが、AQUOS R2には面白い充電器が用意されています。

ロボクルという置き型充電器で、人の顔をインカメラで検知することでお知らせしてくれるというものです。

しかも、充電台がくるくると回転するようになっているため、本体を手に取らずとも画面に向き合うことができる上、ハンズフリーでいろいろな情報をきくことができます。

AQUOS R2 SHV42の価格とは?

お得なAQUOS R2を購入するならお得に購入したいと思うのは普通のことです。

購入方法としては、新規購入・MNP乗換・機種変更の3種類があります。

全てを比較してみましたが

1,980円(税込)× 24回(総分割支払金: 47,520円(税込))

という結果になりました。

2,000円程度で新規機種を維持できるのであれば、自分の欲しいプランをプラスしたとしてもかなりお得に新しい機種を利用することができるはずです。

お得に購入したいならauオンラインショップがおすすめ!

実は、auには公式のオンラインショップが用意されています。

店頭と何が違うのかと疑問に思ってしまうかもしれませんが、店頭購入よりももっとお得なんです。

auオンラインショップの6つのメリット
      • auの公式ショップで安心
      • 豊富なラインナップ
      • 24時間いつでも利用可能
      • 頭金なし
      • WALLETポイントを溜める・使える
      • 2,500円以上の購入で送料無料

いかがでしょうか?上記の様なメリットがあるためauオンラインショップの利用はおすすめです。

24時間いつでも利用することができることや、受取り場所が選べることもauオンラインショップのおすすめポイントになります。

そして、店頭購入の際に頭金として払う販売手数料のようなものもauオンラインショップにはありません。

さらに、2,500円以上の買い物をすれば送料無料になるため、オンラインショップを利用すれば誰でも簡単にお得に購入することが可能です。

スマホをお得に乗り換え(MNP)|auオンラインショップのメリット・デメリット徹底解説

au AQUOS R2 SHV42の総合評価

画像引用元:au公式サイト

ということで今回は、AQUOS R2 SHV42について辛口実機レビューしてみましたがいかがでしたでしょうか。

かなり高性能な機種で使い勝手も良いことがわかりました。

ですが、手馴染みが良くないかもしれないことや、アプリに対応していないというデメリットもあるため、機種購入前には実機を触ってみることをおすすめします。

とはいえ、カメラや音質にこだわりたいという人にはおすすめのスマホだといえるでしょう。

次に読んで欲しいau関連情報

auのAQUOS R2 SHV42に機種変更を考えている方は、auの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法も合わせてご覧ください。

auへ乗り換えでAQUOS R2 SHV42の購入を考えている方は、auへ乗り換え(MNP)で後悔しない4つのポイント|メリットとデメリットも合わせてご覧ください。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事