Apple Pay(アップルペイ)の使い方徹底解説|メリット・デメリット

iPhoneで手軽に電子マネーを利用できるようにと願っていた人も多く、その声に応えたのが、Apple Payです。
アップル提供のiPhone・iPad向けの電子ウォレット機能がApple Payで、交通系電子マネーのSuicaを中心に、様々な店舗で利用できることが魅力的です。

ここでは、Apple Payで出来ることや、メリット・デメリット、使い方や注意点等、様々なスタンスに合わせて紹介していきます。

おすすめの検索キーワード

1.Apple Payでできること

1-1.そもそもApple Payとは

apple-pay-will-available-in-2016-rumor

Apple Payとは、アップルがiPhone・iPad向けに提携している電子ウォレット機能です。
お店のリーダーライターにかざすことで、買い物代金を支払うことができる、便利な機能となっています。

お店だけでなく、Suicaにも対応している為、日本全国の交通機関を利用できる点でも魅力的と言えるでしょう。

1-2.支払いが簡単

育成 アプリ

Suica等の電子カードでは、プラスチックのカードを常に持ち歩く必要があります。
しかし、Apple WatchにSuicaを追加することで、チャージも定期券の更新もWallet内で出来る為、券売機に並ぶ手間が省けます。

又、レジで財布を取り出す必要がない為、従来のクレジットカードやプリペイドカードよりもすばやく支払いが出来る点でも、忙しい人にぴったりです。
コンビニ等での少額の買い物も、小銭を出す必要も無いので、簡単に支払えて便利な機能となっています。

1-3.対応するアプリケーションでの支払い可能

携帯電話とアプリケーション

Apple Payでは、対応しているアプリケーションでの支払いも可能です。
例えば、タクシーや宅配ピザ、映画のチケット等もアプリケーションで支払うことが出来るのです。

シンプルスタイルなので、煩わしさもなく、手軽に支払いが出来る魅力があります。
スマホは出かけるときや自宅にいる時も身近な存在なので、必要な時にサッと取り出せて、支払いも楽に出来る為、カードよりも便利に利用できるのです。

1-4.ウェブ上での支払いが楽に

クレジットカード

Safariでオンラインショッピングをしている人は、Apple Payですばやく支払いを済ませることが出来ます。
Safariとはアップルによって開発されているウェブブラウザで、Macに搭載されているので、正確な色空間の描写等に優れています。

iPhone、iPod touch、iPadにMacOS用からカスタマイズされて、標準ブラウザとして搭載されています。
このブラウザからネットショッピングをする人を対象に、Apple Payを利用することが出来るわけです。

iPhone・iPad・Touch IDを搭載しているMacBook ProではTouch IDで支払いが完了し、その他のMacでは、iPhoneかApple Watchでスピーディに支払いを完了できます。

Pocket

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

関連記事