Android One X1の評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー

「Android One」とは、Googleが色々なメーカーとタッグを組んで、最新のAndroidが使えるように開発したプログラムです。
機能性が高い反面、高価になってしまうスマホや逆に低価格である故に機能性も低下してしまうスマホそれぞれの問題を解消して、スマホ事情が安定していない発展途上国での販売を目指しています。

価格を低く設定することで、様々な国で愛用されることを目的としているわけです。
Android Oneは、日本ではシリーズ化されており、2017年にY!mobileから最新モデルとして販売されています。

他の機種と何が違うのか、今回は「Android One X1」にスポットを当てて紹介していきましょう。

Android Oneとは


様々な国で愛用されているスマホですが、機能性が高いとどうしても価格も高くなって、発展途上国・新興国では買えません。
逆に低価格スマホになると、機能性が悪くてOSのアップデートがされない不具合が生じます。

つまり、高機能高価格スマホ・低価格低機能スマホによる問題を解消する為に、「Android One」は誕生したのです。
Googleと各国メーカーがタッグを組んで、国の需要に合った機能性と価格で提供します。

AOSP(Android Open Source Project)と言うOS・Androidが入っていて、他のスマホのようにユーザーに合わせて設定されたものではなく、Google基準のAndroidです。
その為、GoogleがOSのアップデートを行い、古い機種でも最新のAndroidバージョンへのアップデートが可能になっています。

(参考:Android One Wiki)

OSを最新バージョンにアップデート出来るのは嬉しいサービスでしょう。
新しいバージョンが出る度に、古いOSでは新しいアプリ対応が難しくなり、最新のセキュリティパッチが提供されないことでセキュリティ問題も出てきます。

又、Android OneはホームページUIが簡素で、メーカー純正のプリインアプリ数が少ない為、従来の日本製スマホと比較すると無駄なアプリが搭載されていない分、とてもシンプルです。

ブリインアプリは何が入っているのかY!mobileのスペック一覧にも載っていなかった為、X1アプリを含めて他の3機種のスペック比較表「ブリインアプリ」についてまとめました。

気になっている人は参考にしてみてください。

2017年6月に発売されている「Android One X1」について、Android Oneシリーズと比較しながら、詳しく解説していきます。

1. Android One X1のスペックは?

「Android One X1」と「507SH Android One」・「Android One S1」・「Android One S2」のスペックを比べてみましょう。

1-1. 基本スペック

基本スペック X1 S2 S1 507SH
メーカー SHARP 京セラ SHARP SHARP
発売日 2017年6月30日 2017年3月10日 2017年2月24日 2016年7月29日
販売価格 69,984円 31,104円 31,104円 36,288円
カラー 3色 3色 4色 3色
ダークパープル
ミントグリーン
ホワイト
レッド
ネイビー
ホワイト
ホワイト
ブラック
ピンク
ターコイズ
スモーキーブルー
ホワイト
ブラック
サイズ(mm) W74×H152×D8.9 W72×H143×D10.6 W69×H143×D8 W71×H142×D8.8
重さ 169g 142g 134g 135g
連続通話時間 3G 1,500分 1,320分 1,110分 1,220分
LTE 1,110分 1,300分 1,370分 1,220分
GSM 1,070分 630分 610分 910分
連続待受時間 3G 885時間 750時間 695時間 875時間
LTE 710時間 660時間 550時間 745時間
AXGP 680時間 620時間 530時間 695時間
GSM 745時間 750時間 620時間 795時間
バッテリー容量 3,900mAh 2,300mAh 2,530mAh 3,010mAh
充電時間 約185分(※1) 約160分(※2)
約150分(※3)
約185分(※2)
約145分(※3)
約210分(※2)
約140分(※3)
プラットフォーム Android 8.0 Android 8.0(※4) Android 8.0(※4) Android 7.1(※4)
CPU MSM8940
(1.4GHz+1.1GHz)
[オクタコア]
MSM8917
(1.4GHz)
[クアッドコア]
MSM8937
(1.4GHz+1.1GHz)
[オクタコア]
MSM8952
(1.5GHz+1.2GHz)
[オクタコア]
ROM / RAM容量 32GB / 3GB 16GB / 2GB 16GB / 2GB 16GB / 2GB
対応外部メモリ microSDXC microSDXC microSDXC microSDXC
外部メモリ対応最大容量 最大256GB 最大256GB 最大256GB 最大200GB

※1:USB Type-Cアダプタ
※2:microUSB 1.0A ACアダプタ
※3:Quick Charge 2.0対応 ACアダプタ
※4:バージョンアップで利用可能


こう見るとバッテリー容量・ROM/RAMが増えています。しかし、CPUは507SHよりも性能が下がっているのかな?この程度であれば問題がないように感じますが、全体的にグレードアップしている反面、どこかでコントロールして低価格を目指す方向なのかもしれません。

1-2. 通信 / テザリング

通信 X1 S2 S1 507SH
データ方式 FDD-LTE
AXGP
3G
FDD-LTE
AXGP
3G
FDD-LTE
AXGP
3G
FDD-LTE
AXGP
3G
最大通信速度
(4G)
FDD-LTE 下り187.5Mbps
上り37.5Mbps
下り112.5Mbps
上り37.5Mbps
下り112.5Mbps
上り37.5Mbps
下り187.5Mbps
上り37.5Mbps
AXGP 下り165Mbps
上り10Mbps
下り110Mbps
上り10Mbps
下り110Mbps
上り10Mbps
下り165Mbps
上り10Mbps
最大通信速度
(3G)
下り21Mbps
上り5.7Mbps
下り21Mbps
上り5.7Mbps
下り21Mbps
上り5Mbps
下り21Mbps
上り5.7Mbps
対応周波数 4G 900MHz
1.5GHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
900MHz
1.7GHz
2.1GHz
2.5GHz
3G 900MHz
2.1GHz
900MHz
2.1GHz
900MHz
2.1GHz
900MHz
2.1GHz
VoLTE(HD+)
VoLTE
HD Voice(3G)
プラチナバンド対応
(900MHz)
Massive MIMO対応

テザリング X1 S2 S1 507SH
Wi-Fiテザリング最大接続台数 10台 10台 10台 10台

1-3. ディスプレイ / カメラ

ディスプレイ X1 S2 S1 507SH
サイズ 5.3インチ 5.0インチ 5.0インチ 5.0インチ
表示方式 IGZO TFT IGZO IGZO
解像度 1,920×1,080
(FHD)
1,280×720
(HD)
1,920×1,080
(FHD)
1,280×720
(HD)



カメラ X1 S2 S1 507SH
有効画素数 メイン 1,640万画素 1,300万画素 1,310万画素 1,310万画素
サブ 800万画素 200万画素 800万画素 500万画素
最大記録サイズ
(静止画)
4,608×3,456 4,160×3,120 4,160×3,120 4,160×3,120
最大記録サイズ
(動画)
1,920×1,080 1,920×1,080 1,920×1,080 1,920×1,080
フォトライト
フラッシュ
オートフォーカス
手ブレ補正
(静止画/動画)

カメラ画素数がグンと増えました。以前の格安スマホはメインカメラ800万画素が一般的だったので、Android One X1が安く売られるのであれば、評価も高くなるでしょう。

1-4. メール / 便利機能 / その他

メール X1 S2 S1 507SH
Y!mobileメール
(@yahoo.ne.jp)
MMS
(@ymobile.ne.jp)
○(※) ○(※) ○(※) ○(※)
SMS

※:Androidアプリで利用可能

便利機能 X1 S2 S1 507SH
おサイフケータイ
NFC
防水
防塵
テレビ ワンセグ ワンセグ
無線LAN a/b/g/n/ac b/g/n a/b/g/n b/g/n
Bluetooth Ver.4.2 Ver.4.2 Ver.4.1 Ver.4.2
赤外線通信
GPS
緊急速報メール
国際ローミング
指紋認証



その他 X1 S2 S1 507SH
付属品 テレビアンテナケーブル(試供品)


便利機能を全体的に見てみると、機能性の高いスマホと言えます。一般的に高価格になってしまう機能性なのに。付属品としてのACアダプターが付かないのですが、新機種でも付かない傾向にあるようです。まぁ、スマホユーザーはアダプターを持っていると思うので、その分価格を抑えているのでしょう。

1-5. プリインアプリ

プリインアプリ S2 S1 507SH
カメラ
赤外線
設定
電話
連絡先
テレビ
Google カレンダー
ダウンロード
ドライブ
フォト
マップ
ニュースと天気
ハングアウト
メッセンジャー
翻訳
音声検索
時計
電卓
Chrome
Duo
Gmail
Google
Keep
Playゲーム
Playストア
PlayMusic
Playブックス
Playムービー&TV
YouTube
Yahoo! かんたん設定
メール
Yahoo!



ブリインアプリは27~28個程度で、自分のASUS機種では50個入っていたので、Android One機種のブリインアプリであればその半数程度でしょう。数的にはとても少ないかもしれませんが、他の3種と比較してもAndroid One X1のプリインアプリ数は同じぐらいです。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら

1 2 3

関連記事