Android One X3の評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー

Pocket

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

4. Android One X3への乗り換え(MNP)と機種変更の方法

乗り換え方法

ここからはAndroid One X3を購入するための手続きを解説します。

Android One X3の端末実質価格は、購入方法により差があります。

  MNP 新規 / 機種変更
端末価格 67,932円 67,932円
24回払い 2,808円 2,808円
月額割引 -1,512円 -972円
実質価格 31,644円 44,604円

 

他の機種ではMNPでも新規・機種変更でも実質価格が変わらないことが多いので、Android One X3はMNPでワイモバイルにする方がかなりお得になる機種ですね。

 

4-1. Android One X3へ乗り換え(MNP)をする方法

ワイモバイルへの乗り換え(MNP)をするためには、今お使いのスマホキャリアから「MNP予約番号」を取得する必要があります。

 

キャリア毎のMNP予約番号取得手順

NTT docomo 電話 ケータイから151
固定電話から0120-800-000受付時間9:00~20:00
Web iモードから
i-menu → 料金&お申込み・設定PCから
My docomo (www.mydocomo.com) → ログイン受付時間 24時間
au/沖縄セルラー 電話 0077-75470

受付時間9:00~20:00

Web EZ webから
TOP → auお客さまサポート → 申し込む/変更する受付時間 9:00~21:30
ソフトバンク 電話 ケータイから*5533
固定電話から0800-100-5533受付時間9:00~20:00
Web Yahoo!ケータイから
TOP → 設定・申込(My SoftBank) → 各種変更手続き受付時間 9:00~21:30

auとソフトバンクに関しては、ガラケーのみWebでMNP予約番号が取得できます。

そもそも乗り換え(MNP)は解約時に契約解除料がかかる可能性があるなど、注意するべきことが多い手続きです。

そのため極力MNP予約番号は電話で取得することをオススメします。

 

MNPの時にかかる手数料

  docomo au ソフトバンク
MNP転出料 2,000円 3,000円 3,000円
契約解除料金 9,500円 9,500円 9,500円
事務手数料 3,000円

 

どのキャリアからMNPする場合も、ワイモバイルの事務手数料とMNP転出料は確実にかかります。

さらに、2年更新の更新月以外は契約解除料金も請求されます。

 

この契約解除料金がなかなか曲者で、長く1つのキャリアを使っていると、「契約期間」と「機種の利用期間」がずれがちです。

毎回2年ぴったりで機種変更しているのでなければ、「機種代金の支払いが終わった=契約更新月」ではないので契約解除料金には十分注意してください。

 

申し込み時に必要なもの

種類 一般的に使われるもの
本人確認書類 運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
住基カード+補助書類
健康保険証+補助書類
支払い情報 クレジットカード
キャッシュカード+通帳
印鑑 認印
※口座振替の場合は金融機関届印
補助書類 住民票(現住所で発行から3ヶ月以内)
公共料金領収書(電気・ガス・水道)※スマホ料金の領収書は不可

 

ワイモバイルの申し込みには、本人確認書類+支払い情報+印鑑の3点が必要です。

原則、本人確認書類には「現住所」が記載されている必要があります。

本人確認書類が住基カードや健康保険証で申し込む場合や住所が古い場合は、住民票などの補助書類も必ず求められます。

 

旧住所のまま契約すると、契約完了後に郵送されるサンキューレターが届きません。

このサンキューレターがワイモバイルに差し戻されると、回線が強制停止になる可能性があるので、必ず現住所で登録しましょう。

 

4-2. Android One X3へ機種変更する方法

すでにワイモバイルを利用中の方は、Android One X3を機種変更で購入することになります。

機種変更の事務手数料は一律で3,000円です。

また、機種代金を一括払いするのであれば、手続き完了時に支払いがあります。

 

機種変更に必要なもの

種類 一般的に使われるもの
本人確認書類 運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
住基カード+補助書類
健康保険証+補助書類
補助書類 住民票(現住所で発行から3ヶ月以内)
公共料金領収書(電気・ガス・水道)※スマホ料金の領収書は不可
印鑑 認印

 

ワイモバイルの公式サイトには「利用中の端末」とも書かれていますが、実務上は持ち込みがなくても機種変更に問題ありません。

また、最近は電子署名でも手続きできるので、ショップによっては認印も不要になりつつあります。

 

4-3. ワイモバイルへのMNP、機種変更はオンラインショップがお得

オンラインショップがお得

ワイモバイルでAndroid One X3を購入するのであれば、実店舗よりオンラインショップがオススメです。

実は実店舗はほぼ代理店が運営しています。

Android One X3はオンラインショップの購入でも540円の頭金が必要です。

 

しかし、代理店運営のショップは、ワイモバイルが設定している金額より5,000円〜10,000円まで店頭の頭金を設定していることが多いのです。

加えて代理店はオプションの契約数でもワイモバイルから受け取れる手数料が変わるので、不要なオプションをベタベタつけてきます。

 

さらにワイモバイルは料金を安くするために、実店舗の人員は大手のキャリアと比べると少なめです。

結果的に回転率が悪く、土日に至っては3〜4時間待つことも。

 

オンラインショップなら24時間手続きができ、必要な項目を入力するだけなので遅くても30分あれば手続きが終わります。

ただ、オンラインショップでは端末が届くまで数日かかるというデメリットがあります。

 

  • 待ち時間なく必要最小限のプランで手続きして届くのを待つ
  • 長時間待って、いろいろオプションを営業されて当日持ち帰る

 

オンラインショップの方がいいとは思いませんか?

 

5. Android One X3は優秀なミドルレンジモデル

今回はAndroid One X3を他のAndroid Oneシリーズの機種との比較を交えてレビューしました。

Android Oneシリーズは低価格重視のモデルということもあり、今までのモデルはローエンドモデルとして優秀です。

しかし、今回のAndroid One X3は、CPUやメモリも優秀になりミドルレンジモデルのど真ん中の性能です。

 

手ブレ補正がないなど、若干カメラの性能に物足りなさを感じるものの、写真中心の使い方でなければ気にならないでしょう。

ワイモバイルに乗り換える予定の方も、そろそろ機種変更を考えている方も、安くてそこそこいい性能のスマホが欲しい方はぜひAndroid One X3を試してください!

Pocket

>>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3 4

関連記事