AndroidからiPhoneに機種変更|データ移行に役立つアプリと使い方

おすすめの検索キーワード

2. AndroidからiPhoneXお役立ちデータ移行アプリ

AndroidからiPhoneXへのデータ移行についてですが、連絡先などの移行はGoogleアカウントを使っていれば、Android側で特に操作することもなく、iPhone X側で「メール/連絡先/カレンダーの設定」から「連絡先」の同期を有効にするだけでOKです。

しかしGoogleアカウントを使わず連絡先を移行したい、より多くの様々な種類のデータを移行させたい時はやはりアプリの利用が便利です。

それではAndroidからiPhoneXへのデータ移行に役立つアプリを紹介しましょう。

2-1. Move to iOS

AndroidからiPhoneへ機種変更や乗り換えをする場合は、基本的にiTunesやiCloudは使えません。しかし、iOS 9以降では「Move to iOS」を使えば、スムーズにAndroidからiPhoneへのデータ移行がおこなえるようになりました。

「Move to iOS」は史上初のアップル製Android向けデータ移行アプリです。「Move to iOS」の登場によりデータ移行がスムーズになった事もあり、AndroidからiPhoneへ乗り換えるユーザーも増えたようです。

「Move to iOS」でデータ移行できるのは連絡先、SMS、写真・動画、ブラウザのブックマーク、Googleアカウント、カレンダー等です。Wi-Fiに接続していれば、これらのデータを簡単で安全に移行できます。Apple社純正アプリという事もあり、信頼度抜群です。

2-2. JSバックアップ

JSバックアップは「あらゆるデータを簡単操作できる事」を目指したツール」という公式サイトのキャッチコピーがぴったりなアプリです。

JSバックアップは連絡先やカレンダーなどのデータをとても簡単に移動させることができます。また、パソコンを使えばバックアップデータの管理や端末データの同期などもサクサクできます。

さらにバックアップデータの保存先に、SDカードの他、 Dropbox、SugarSync、GoogleDrive、データ保管BOX(ドコモのみ)、かんたんデータ移行といったクラウドストレージに対応しています。

また、JSバックアップと同じチームが開発したカレンダーアプリ「ジョルテ」とも連携しており、ジョルテに記載の予定や設定など全てのデータをバックアップ&リカバリが可能です。

2-3. Zeetle

Zeetle(ジートル)は、データ移行のみならず”Zee(ジー)”という音で友達と写真やメアド交換、連絡先交換)をしたり、お気に入りのお店のショップカードやクーポンなどもまとめて管理できるアプリです。

データの受け渡しはスマホに音を聴かせるだけで、誰でも簡単に使うことができます。

複数の写真やアドレスを選択し相手の端末に一括送信する事ができます。送信は相手のZeetleアプリに音を聴かせるだけです。

電話帳から送り先のメールアドレスを探す必要もなく、QRコードのようにピントを合わせたり、赤外線の様に送受信部を合わせてジッと待つ必要もなく音を聴かせるだけで送信が始まります。

データの送信・データの受信には3GやWiFiを利用しているため画像データも高速に送受信可能です。データは音を聴いた人すべてに、一度に送ることができますが、データを受け取ることができるのは音を聴いた人だけです。

写真交換なら10枚まで一度に送信可能で、連絡先交換は自分が所持している全ての連絡先を送ることができます。この点からもアドレス移行に最適なアプリと言えます。

データ共有や移行だけでなく、お買い物も楽しくなるアプ絵です。というのも全国のZeetleカードサービス加盟店でお得で便利なショップカードをゲットする事ができるのです。

アプリから簡単に近くの加盟店を探してカードをゲットできます。店頭でも専用端末にタッチして音を聴かせるだけでカードをゲットできます。ショップカードを持っていれば、お店からのお得な情報やクーポンを受け取ることこできます。

また店頭でスタンプやポイントを貯めて、特別なクーポンに交換することもできます。初回限定でもらえる「Welcomeクーポン」や、お店を紹介して、紹介した友達が来店するともらえる「紹介クーポン」などもあります。

友達にお店を紹介したい場合はも音を聴かせるだけの簡単操作でショップカードやクーポンを渡すことができます。さらに、たくさんのショップカードをまとめて管理できるので、紙のポイントカードを持ち歩く必要がありません。また、QRコードの読み取りできます。

Pocket

1 2 3 4 5

関連記事