本当に使うべき家計簿アプリ4選|目的別の選択基準と活用法

家計簿 アプリ
Pocket

「子供の学費やローンのことを考えて家計簿をつけたい。けれど、手書きの家計簿は何度も挫折してきたので、家計簿アプリでなんとか続けられないか…。」

そう考えているなら、ぜひ吟味して家計簿アプリを選ぶことをおすすめします。

いまや、さまざまな家計簿アプリが各社から登場していますが、継続して使いたいという人に本当におすすめできるものは、実は一握り。継続できる家計簿アプリには、いくつか共通した機能やポイントがあります。これら共通点を押さえないアプリを使用すると、手書きの家計簿をつけるよりも面倒さを感じてしまうことも。

今回は、本当におすすめできる家計簿アプリの条件と、これらを満たしたおすすめアプリを4つご紹介します。

おすすめの検索キーワード

1. 本当におすすめできる家計簿アプリの3つの条件

長く継続して使いたい人、またはできるだけ手間なくしっかり収支管理したい人は、以下2つ以上の条件を含むもの、もしくは全て満たした家計簿アプリを選ぶことをおすすめします。

  • 高機能のレシート自動読み取り機能がある
  • 操作が簡単・わかりやすいデザイン
  • 外部連携機能がある(かつセキュリティ対策が行われている)

条件1. 高機能のレシート自動読み取り機能がある

自動読み取り機能のないものは、手書きの家計簿をつける以上に使いにくいものです。選択肢から外すことをおすすめします。

とはいえ、最近登場している家計簿アプリは、この機能を備えたものがほとんど。大切なのは、「高機能」であるということです。

自動読み取り機能が付いているものの中には、読み取りが高確率でうまくいかないものもあります。読み取りできずに何度もレシートを撮影し直すのは、それだけで時間の無駄遣いです。

1回もしくは2回で、レシート内の細かい情報をしっかり読み取ってくれるものを選ぶようにしましょう。

条件2. 操作が簡単・わかりやすいデザイン

いくらたくさんの機能がついていても、操作が煩雑だったり面倒だと、ひんぱんにつけようと言う気にはなりませんよね。家計簿は毎日つけるものですから、できるだけ操作が簡単なものや、内訳・履歴などの表や図がわかりやすいものを選ぶのがおすすめです。

特にスマホ操作にあまり自身のない人は、機能よりも操作性やデザインを重視したほうが、長く続けられます。

条件3. 外部連携機能がある(かつセキュリティ対策が行われている)

クレジットカードや通販サイトなどを頻繁に利用しているなら、外部連携機能のある家計簿アプリを使うと、入力の手間の大部分を省くことができます。

最近では金融機関の口座と連携しているものあり、連携によって大部分の収支管理を自動で行えるものもあります。

セキュリティに注意!

外部連携を行っているアプリの中には、セキュリティについてサイトなどで全く言及されていないものもあります。これではいくら機能が充実していても、安心して利用できませんよね。

外部連携機能を利用する場合は、各アプリ内やホームページなどで、セキュリティ面についてしっかり説明がなされているものを選ぶようにしましょう。

ただし、外部連携については不要と感じる人もいると思います。今回は外部連携がなく、ほかの2つの項目を満たしているおすすめアプリについてもご紹介します。

それぞれ違った特徴があるので、あなたの目的に合ったものを使用してみてくださいね。

2. 目的別の家計簿アプリ4選と活用法

2-1. 家計簿Zaim

家計簿Zaim
先ほどご紹介した3つの条件をすべて満たす家計簿アプリです。さらにWEB版もあるので、パソコンで家計簿を管理したい人にもおすすめです。

広告が入るのがデメリットですが、その部分を差し引いても、使いやすい家計簿の一つといえます。

<おすすめしたい人>

  • 操作が簡単な家計簿アプリを使いたい人
  • 家計簿アプリ初心者の人
  • できるだけ入力の手間を省いてしっかり管理したい人
  • 通販サイトに使用する金額を抑えたい人
  • パソコンに同期して使いたい人

<おすすめ理由>

・操作が簡単・データがわかりやすい

Zaimの一番のポイントは、直感的に操作ができること、そして履歴などの表が見やすいことにあります。

Zaimではほとんどの操作がタップ(画面を押す)だけで完結します。画面が見えずにいらいらすることもあるスワイプや、間違って操作しやすい長押し操作などがないので、スマホ操作が苦手という人も、比較的簡単に使い方がマスターできるはず。

例えば金額を入力する場合、下記画面下にある「入力」メニューをタップし、「レシート読込」か「金額から入力」のどちらかを選べば、準備完了。

家計簿 アプリ

レシート撮影画面も、手入力画面も、どこを押せばいいかがわかりやすいので、迷うことがありません。

Pocket

1 2 3 4

関連記事