家計簿 アプリ

「子供の学費やローンのことを考えて家計簿をつけたい。けれど、手書きの家計簿は何度も挫折してきたので、家計簿アプリでなんとか続けられないか…。」

そう考えているなら、ぜひ吟味して家計簿アプリを選ぶことをおすすめします。

いまや、さまざまな家計簿アプリが各社から登場していますが、継続して使いたいという人に本当におすすめできるものは、実は一握り。継続できる家計簿アプリには、いくつか共通した機能やポイントがあります。これら共通点を押さえないアプリを使用すると、手書きの家計簿をつけるよりも面倒さを感じてしまうことも。

今回は、本当におすすめできる家計簿アプリの条件と、これらを満たしたおすすめアプリを4つご紹介します。

本当におすすめできる家計簿アプリの3つの条件

長く継続して使いたい人、またはできるだけ手間なくしっかり収支管理したい人は、以下2つ以上の条件を含むもの、もしくは全て満たした家計簿アプリを選ぶことをおすすめします。

  • 高機能のレシート自動読み取り機能がある
  • 操作が簡単・わかりやすいデザイン
  • 外部連携機能がある(かつセキュリティ対策が行われている)

条件1. 高機能のレシート自動読み取り機能がある

自動読み取り機能のないものは、手書きの家計簿をつける以上に使いにくいものです。選択肢から外すことをおすすめします。

とはいえ、最近登場している家計簿アプリは、この機能を備えたものがほとんど。大切なのは、「高機能」であるということです。

自動読み取り機能が付いているものの中には、読み取りが高確率でうまくいかないものもあります。読み取りできずに何度もレシートを撮影し直すのは、それだけで時間の無駄遣いです。

1回もしくは2回で、レシート内の細かい情報をしっかり読み取ってくれるものを選ぶようにしましょう。

条件2. 操作が簡単・わかりやすいデザイン

いくらたくさんの機能がついていても、操作が煩雑だったり面倒だと、ひんぱんにつけようと言う気にはなりませんよね。家計簿は毎日つけるものですから、できるだけ操作が簡単なものや、内訳・履歴などの表や図がわかりやすいものを選ぶのがおすすめです。

特にスマホ操作にあまり自身のない人は、機能よりも操作性やデザインを重視したほうが、長く続けられます。

条件3. 外部連携機能がある(かつセキュリティ対策が行われている)

クレジットカードや通販サイトなどを頻繁に利用しているなら、外部連携機能のある家計簿アプリを使うと、入力の手間の大部分を省くことができます。

最近では金融機関の口座と連携しているものあり、連携によって大部分の収支管理を自動で行えるものもあります。

セキュリティに注意!

外部連携を行っているアプリの中には、セキュリティについてサイトなどで全く言及されていないものもあります。これではいくら機能が充実していても、安心して利用できませんよね。

外部連携機能を利用する場合は、各アプリ内やホームページなどで、セキュリティ面についてしっかり説明がなされているものを選ぶようにしましょう。

ただし、外部連携については不要と感じる人もいると思います。今回は外部連携がなく、ほかの2つの項目を満たしているおすすめアプリについてもご紹介します。

それぞれ違った特徴があるので、あなたの目的に合ったものを使用してみてくださいね。

目的別の家計簿アプリ4選と活用法

家計簿Zaim

家計簿Zaim
先ほどご紹介した3つの条件をすべて満たす家計簿アプリです。さらにWEB版もあるので、パソコンで家計簿を管理したい人にもおすすめです。

広告が入るのがデメリットですが、その部分を差し引いても、使いやすい家計簿の一つといえます。

<おすすめしたい人>

  • 操作が簡単な家計簿アプリを使いたい人
  • 家計簿アプリ初心者の人
  • できるだけ入力の手間を省いてしっかり管理したい人
  • 通販サイトに使用する金額を抑えたい人
  • パソコンに同期して使いたい人

<おすすめ理由>

・操作が簡単・データがわかりやすい

Zaimの一番のポイントは、直感的に操作ができること、そして履歴などの表が見やすいことにあります。

Zaimではほとんどの操作がタップ(画面を押す)だけで完結します。画面が見えずにいらいらすることもあるスワイプや、間違って操作しやすい長押し操作などがないので、スマホ操作が苦手という人も、比較的簡単に使い方がマスターできるはず。

例えば金額を入力する場合、下記画面下にある「入力」メニューをタップし、「レシート読込」か「金額から入力」のどちらかを選べば、準備完了。

家計簿 アプリ

レシート撮影画面も、手入力画面も、どこを押せばいいかがわかりやすいので、迷うことがありません。

▼レシート撮影画面
家計簿 アプリ

▼レシート撮影後画面
家計簿 アプリ

▼手入力画面
家計簿 アプリ

また、分析のためのデータが見やすいのも特徴の一つ。「分析」メニューを押せば、その月の収支が簡単に分かりますし、「履歴」を選べば日ごとの収支チェックも行うことができます。

▼分析画面
家計簿 アプリ

▼履歴画面
家計簿 アプリ

スマホ操作に自身のない人や、家計簿アプリ初心者にぜひおすすめしたいポイントです。

・金融機関・クレジットカード・通販サイトなどと連携可能

各種金融機関やクレジットカードと連携させることで、給与の振り込みやクレジットカードの引き落としなどを、自動的にZaimに反映させることができます。

他にもSuicaやau WALLETといった電子マネーや、ZOZOTOWN、Amazonといった大手通販サイトとの連携も可能。例えばSuicaと連携すれば、入出金情報が自動的にZaimに反映されるため、Suica経由でいくら買い物したのかなども調べることができます。特に通販サイトとの連携数が多いので、通販のヘビーユーザーにはおすすめのアプリと言えます。

クレジットカード、通販サイトなどの利用が多い人の場合、家計に占めるこれらの割合が表などで見える化されるため、節約にもつながるかもしれません。「最近通販で使いすぎだな…」「電子マネーをクレジットカード決済しているので、いつもどれくらい使っているのか気になる」という人は、ぜひ一度利用してみては。

<継続のコツ>

・クレジットカード使用者や通販ヘビーユーザーは連携が鍵

現金以外のやり取りが多い家計の場合は、外部連携で入力の負担を減らすことが継続のコツといえます。

家計簿が継続できない理由の大半は、面倒さにあります。特にクレジットカードや通販の支出を管理するのは、何かと面倒なもの。その点を、外部連携によって自動的に見える化してくれるのがZaimの大きな魅力です。

長く使用し続けるには、ぜひ外部連携を活用してみてください。

<ダウンロードリンク>

iPhone版ダウンロード

Android版ダウンロード

Money Forward(マネーフォワード)

Money Forward(マネーフォワード)
先ほどの条件を全て満たしたアプリです。こちらもWEB上での利用が可能となっています。

株やFXといった資産管理まで行えるのが大きな特徴。家計簿はつけたいけれど、できるだけ手間を掛けたくない人や、資産管理まで一括で行いたい人におすすめです。

<おすすめしたい人>

  • できるだけ入力の手間を省いてしっかり管理したい人
  • クレジットカードや携帯電話代を節約したい人
  • 資産管理まで一元管理したい人
  • パソコンに同期させて使いたい人

<おすすめ理由>

・外部連携がとにかく進んでいる

銀行やクレジットカードとの連携以外に、証券やFX、携帯電話や各種ポイントとも連携することができます。

Money Forward 対応金融機関一覧

証券やFXとの連携は、資産運用を行っている人にとってはありがたい機能といえるのでは。

また携帯電話については、主要3キャリアおよびY!mobileとの連携が可能。携帯電話の明細は、最近ほとんどがWeb明細に切り替わっているため、内訳までしっかり確認していない人も多いのでは。携帯電話料金を節約したい人にとって、かなり便利な機能になってくれるはずです。

Y!mobileオンラインショップ

・アラート機能が充実している

外部連携によって自動で情報が入力されるものについては、メールで入出金情報を知らせてくれます。

例えば登録している口座から引き落としがあった場合、金額や引き落とし先などをメールで受け取ることができます。不正引き落としにいち早く気づくことができるほか、残金不足で引き落としがかからなかった時などに、早めに気づくことができます。

また、クレジットカードと連携している場合、支払日前に引き落とし金額を連絡してくれるアラート機能もあります。毎月引き落とし日を忘れそうになるという人は、ぜひ利用してみては。

・レシートの読み取りが正確

Zaim同様、レシートの読み取りが正確なのも大きなポイントの一つ。Money Forwardの場合、レシートの合計金額と項目がタブで分かれているので、より画面が見やすいと感じる人も多いかもしれません。タブ操作に慣れている人は、Money Forwardがおすすめかも。

▼レシート撮影画面
家計簿 アプリ

▼レシート撮影後画面
家計簿 アプリ

家計簿 アプリ

▼手入力画面
家計簿 アプリ

<継続のコツ>

・節約意識を持つ

携帯電話の明細確認やポイントの管理まで行えるMoney Forwardは、とにかく節約したいけれど、何から手を付けていいのかわからないという人に、問題意識を芽生えさせるのがうまいアプリと言えます。

これらの機能を手動で行うのは面倒なもの。長く使用し続けるためのコツは、常に節約意識を持ち、こうした機能を日々チェックすることにあると言えそうです。

・外部連携とアラート機能をフルに使用する

Money Forwardには外部連携だけでなく、アラート機能もついています。毎月アラート機能を活用しておけば、自然とMoney Forwardを見る機会も増えるはず。継続のためには、外部連携を行うだけでなく、アラート機能もしっかり活用するのがおすすめです。

<ダウンロードリンク>

iPhone版ダウンロード

Android版ダウンロード

レシーピ!

レシーピ!
がっつり家計簿をつけるというよりも、楽しみながらつけることに特化した家計簿アプリです。クレジットカードや金融機関との外部連携はありませんが、レシピ提案機能という主婦や一人暮らしの女性にうれしい機能がついています。

また、広告が入らないのも嬉しいポイント。レシート自動読み取り画面が丁寧なので、はじめて家計簿アプリを使用する人におすすめです。

▼レシート撮影画面
家計簿 アプリ

▼レシート撮影後画面
家計簿 アプリ

▼手入力画面
家計簿 アプリ

<おすすめしたい人>

  • 外部連携が不要な人
  • 家計簿アプリ初心者の人(特に女性)
  • 楽しみながら家計簿をつけたい人
  • 食材をうまく利用して無駄をなくしたい人
  • 広告を表示させたくない人

<おすすめ理由>

・メールアドレスの登録が不要

ZaimやMoney Forwardの場合、初期設定の際にメールアドレスの登録が必要となります。しかし、レシーピ!の場合は生年月日や性別など、簡単な項目だけで登録できるため、スムーズに利用できます。

・購入食材からレシピ提案をしてくれる

撮影したレシートの内容を元に、毎回レシピを提案してくれます。料理をしない人や、コンビニでの買い物がほとんどという人にとっては不要な機能ですが、毎日レシピを考えなくてはならない主婦にとっては助かる機能といえるのでは。

家計簿 アプリ

提案されたレシピが気に入れば、保存して後で確認することもできます。レシートを撮影してからレシピを考える人はほとんどいないと思いますが、節約のために余り物で何か作りたい時などに役立ってくれそうです。

家計簿 アプリ

・貯金目標が設定できる

貯金目標に金額と期限を入力すると、毎月いくら貯めなければならないのかを表示してくれます。

家計簿 アプリ

欲しいものがあっても、なかなか貯金できないという人は、このアプリで目標達成してみては。

・連携機能が不要

レシーピ!には、外部連携機能がほとんどありません。このシンプルさが、レシーピ!の大きな特徴といえます。外部連携機能はいらないという人や、情報流出の不安を抱えたくないという人にはおすすめのアプリです。

唯一、「Moneytree(マネーツリー)」というアプリと連携することで、ポイント管理を行うことができますが、他の家計簿アプリに比べて、登録の面倒さが目立ちます。外部連携して家計を管理したいなら、別のアプリを使用することをおすすめします。

<継続のコツ>

・貯金目標の達成を目指す

レシーピ!の特徴の一つである、貯金目標の達成のために今アプリを使い続けることが、継続のひとつのコツだといえます。

・提案されたレシピを利用する

レシートを撮影し続けることで、さまざまなレシピを手に入れることができます。冷蔵庫の中身をキレイに使うことは、家計節約につながります。家計簿をつけながら節約レシピを考えることができる、まさに一石二鳥のアプリといえるかも。

<ダウンロードリンク>

iPhone版ダウンロード

Android版ダウンロード

ReceReco(レシレコ)

ReceReco(レシレコ)
レシート自動読み取り機能、および家計簿管理機能に特化した、シンプル設計のアプリです。外部連携機能などいらない、シンプルに家計簿がつけられればいいという人におすすめです。

また、エクセルと連動させたい場合に便利なCSVファイルの出力や、会計ソフトとの連動なども可能です。個人で事業をしており、事業費を携帯で簡易管理したい人や、会社で使用した経費を計算したいという人にもおすすめです。

▼レシート撮影画面
家計簿 アプリ

▼レシート撮影後画面
家計簿 アプリ

▼手入力画面
家計簿 アプリ

<おすすめしたい人>

  • 外部連携が不要な人
  • 家計簿機能のみを求める人
  • データをCSVフォルダとして利用したい人

<おすすめ理由>

・デザイン・使い勝手共にシンプル

余計な機能を取り除き、とことんまでシンプルさを追求しています。しかし、しっかりグラフ化も行ってくれるので、集計なども問題なく行えます。

1点残念な点があるとすれば、広告が入ること。広告を表示しないためには、有料追加機能が必要ですが、そこまでするのであれば、レシーピ!をおすすめします。

・CSVファイル出力ができる

データをCSVファイルに出力できる、数少ない家計簿アプリです。ローンや保険料などの管理はパソコンで、食費や日用品の管理だけを家計簿アプリで行いたいという人には、かなり便利なアプリとなってくれるはずです。

・クラウド会計ソフト「Freee」と連携できる

個人事業主で、家計のお金とは別に経費をより簡単に管理したい場合、ReceRecoが大いに役立ってくれます。Freeeと連携させておくと、ReceRecoに入力した領収書を自動的にFreeeに反映してくれます。

個人事業主の場合、経費の管理は面倒ですし、家計のレシートと混ざってしまうこともありますよね。家計と経費を分けて、スマートに家計を管理したい場合には、ReceRecoを利用してみては。

<継続のコツ>

・週に一度はレシート撮影日を作る

外部連携がなく、機能がシンプルなReceRecoを継続して利用するためには、週に一度レシート撮影日を作り、家計簿をつけていくという地道な対応が一番大切だといえます。

<ダウンロードリンク>

iPhone版ダウンロード
Android版ダウンロード

まとめ

家計簿アプリは複数のアプリを試して、一つに絞るというのがとても面倒です。

だからこそ、今回ご紹介した「本当におすすめできる家計簿アプリの条件」や、各アプリの目的などを知っておくこと自体が、継続してアプリを利用するためのコツとなります。

あなたの目的に合ったものを選び、ぜひ継続して家計簿をつけてくださいね。

スマホ機種変更でアプリを確実に引き継ぐための2ステップ

Pocket