最近のスマホは、どの機種もハイスペックになっており、生活にとって欠かせないツールになっています。これは、ハイエンド機種(上級機種)をもちろんのことミドルレンジ機種(中級機種)にもいえること。

ドコモには、ミドルレンジ機種を対象に行っているキャンペーンが存在することをご存知でしょうか?

ドコモユーザーであれば、一度耳にしたことがあると思いますが、他社からドコモに移ってきた方、もしくはドコモに乗り換えようと思っている方は初めてでしょう。

そのキャンペーンというのは「docomo with」です。

「docomo with」はミドルレンジ機種を対象に毎月1,500円割引がされるキャンペーンとなっています。

毎月1,500円の割引は、契約内容問わず期限がなく、同じスマホを長く使用する人であればかなりお得なものとなっているのです。

多くの方が利用している「docomo with」について、徹底解説していきますので利用を考えている方は参考にしてみてください!

「docomo with」について徹底解説!

「docomo with」について徹底解説していきましょう。

利用するにあたって「docomo with」の内容を理解していなくては、自分のスマホ利用状況に適しているか判断がつきません。

キャンペーンを利用する際に大切になってくるのが、「適応条件」「特典内容」になります。

この2点をおさえておけば、円滑に契約へと進むでしょう!

特典内容について

「docomo with」の特典内容は、docomo with対象機種の購入で月額1,500円割引されるというものです。

大半のキャンペーンは、1年間の期限が設けられていますが、「docomo with」に関しては無期限となっており、長く使えば使うほどお得になるのです。

「docomo with」に適用開始時期と適用終了時期についてみていきましょう。

適用開始時期

「docomo with」対象端末購入日から適用されます。(月途中に「docomo with」対象端末を購入の場合、割引額は日割り)

以下のいずれかに該当した場合、翌月から適用となります。

  • 必須パケットパックを「翌月から適用」とした場合
  • 月々サポート及び重畳適用不可のキャンペーン割引を適用中の場合

適用終了時期

以下のいずれかに該当した場合、前月末までの適用となります。

  • 「docomo with」対象外端末への機種変更した場合
    端末購入補助(月々サポート・端末購入サポート等)を適用せずに定価で購入した場合や、SIMフリー端末等の既に所持している端末にSIMを差し替えて利用した場合は「docomo with」を継続適用
  • 適用条件(対象料金プラン/必須パケットパック)を満たさなくなった場合
  • 回線解約

まとめると「docomo with」の魅力は以下のようになります。

「docomo with」の魅力
  • 毎月1500円割引される。
  • 契約したスマホを長く使うほどお得になる。
  • 「docomo with」対象機種はミドルレンジであるが、十分ハイスペック機種になっている。
  • コストパフォーマンスを重視する多くの方が利用している。

同じスマホを2年間利用した場合の割引額は、36,000円とかなり高額になります。

そして、2年以降も割引されるので、使えば使うほどお得なキャンペーンだと理解してもらえたのではないでしょうか?

適応条件について

次に、「docomo with」の適用条件についてみていきましょう。

【対象オーダー】

新規/乗り換えMNP/機種変更/契約変更

【契約種別】

Xi(クロッシィ)
※NTTドコモが提供するLTEを使用した携帯電話・タブレットを言います。

【契約者名義】

個人名義・法人名義

【契約者年齢】

中学生以上(個人名義の場合)

【対象料金プラン】

  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • シンプルプラン(スマホ)

【必須パケットパック】

  • ベーシックパック(1/3/5/20)
  • ウルトラデータパック(L/LL)
  • ベーシックシェアパック
  • シェアパック(5/10/15/20/30)
  • ウルトラシェアパック(30/50/100)
  • ビジネスベーシックシェアパック
  • ビジネスシェアパック(5〜3000)
  • ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

これらの6つの条件を満たす必要があります。

対象料金プランや必須パケットパックなど、種類が多く難しく思われますが、誰しもが契約必須となる手続きになりますので、誰でも安心して利用できます。

「docomo with」の注意点とは?

「docomo with」は長く利用すればするほどお得になる反面、欠点や損をしてしまうケースがあります。それは以下のような点になります。

「docomo with」の注意点
  • docomo with対象機種でなくては適応されないという点。
  • 基本ミドルレンジ(中級モデル)になっているので、ゲームをする方には不向き。
  • 2年ごともしくは、2年以内に機種変更などをする方は割高になってしまう。
  • iPhoneシリーズは1機種しかない。

上記を踏まえて契約することをオススメします。

「docomo with」の対象機種を紹介!

「docomo with」の対象機種を紹介を紹介していきましょう。

多くある対象機種の中から厳選して5機種を紹介しますので、「docomo with」の契約を考えている方は参考にしてみてください!

iPhone 6s(32GB)

1番オススメするのは、唯一のiPhoneシリーズである「iPhone 6s」です。やはり、iPhoneシリーズは高性能であり十分な使用感を得ることができる機種となっています。

ストレスフリーで使用していけるスマホでなければ、長く利用していけないですから安定の「iPhone 6s」を多くの方は選ぶのではないしょうか?

CPUApple A9
OSOS 11
カメラ1200万画素
ディスプレイ1,334 x 750
4.7インチ
バッテリー未発表
重さ143g
大きさ 67.1×138.3×7.1 mm
メモリ未発表

AQUOS sense2

「AQUOS sense2」は長く使用できる機種として、とてもオススメとなっています。

前機種の「AQUOS Ever」と比べ、「AQUOS sense2」はディスプレイが一回り多くなり色鮮やかになりました。

手にフィットするデザインにもなっているので、長く使用していくことを考える方にはオススメでしょう。

CPUQualcomm® Snapdragon™ 450(SDM450)
1.8GHz オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ148 × 幅71 × 厚さ8.4 mm
重さ約155g
ディスプレイ約5.5インチ
IGZOディスプレイ機EL)
解像度フルHD+ (1,080 × 2,160)
カメラ画素数メイン:有効画素数 約1,200万画素 CMOS 裏面照射型
サブ:有効画素数約800万画素 CMOS 裏面照射型
カラーバリエーションシルキーホワイト・ニュアンスブラック・シャンパンゴールド・ブロッサムピンク

Galaxy Feel2

「Galaxy Feel2」のディスプレイは有機ELを搭載しているので、鮮やかな色みと引き締まった黒が圧倒的な映像美を実現しています。

本機は背面ラウンドボディとなっており、手が疲れにくいほどの持ちやすさを追求して開発されています。

CPUExynos 7885(S.LSI)
2.2GHz+1.6GHz
オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ149 × 幅70 × 厚さ8.4 mm
重さ168g
ディスプレイ約5.6インチ/Super AMOLED(有機EL)
解像度HD+(720×1480)
カメラ画素数メイン:1,600万画素
サブ:1,600万画素
カラーバリエーションフォレストホワイト・オパールブラック・オーロラピンク

LG style

「LG style」は「使いやすさ」を重視して開発された機種となっています。

魅力的なポイントは2つ。

  1. 大容量メモリが搭載されている。
  2. 2890mAhの大容量電池を搭載している

内蔵メモリとバッテリーが大容量である「LG style」は、長く使用することを前提に考えた時、1番必要となる要素です。

その面をクリアしている「LG style」は、ミドルレンジ機種の中でも「使いやすさ」に長けているのではないでしょうか。

CPUQualcomm SDM450
1.8GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア)
オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ144 × 幅69 × 厚さ8.7 mm
重さ146g
ディスプレイ約5.5インチ/FHD+FullVision Display(1080×2160)
解像度1080×2160
カメラ画素数メイン:裏面照射型CMOS/約 1620万画素
サブ:裏面照射型CMOS/約 800万画素
カラーバリエーションBlack / White / Blue

arrows Be

「arrows Be」のカメラ機能は、とてもよく誰でも綺麗に撮影することができます。

理由としては、一眼レフの技術は用いてることで最高の一瞬をと逃すことなく綺麗な写真を撮ることができるのです。

CPUSDM450
1.8GHz
オクタコア
OSAndroid 8.1
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ144 × 幅72 × 厚さ8.3 mm
重さ146g
ディスプレイ約 5.0インチ
解像度HD(720×1280)
カメラ画素数メイン:裏面照射積層型CMOS/約 1220万画素
サブ:裏面照射型CMOS/約 500万画素
カラーバリエーションBlack / White / Pink

docomo with対象機種でおすすめはどれ?最新機種から旧モデルを比較

「docomo with」と併用したい「ウェルカムスマホ割」キャンペーンについて

2018年11月1日(木)から申し込み受付が開始された「ウェルカムスマホ割」をみなさんご存知でしょうか?

この「ウェルカムスマホ割」は、「docomo with」との併用が可能なキャンペーンとなっており、「docomo with」同様に毎月1500円割引される特典となっているのです。

残念ながら、適用期間が無期限ではなく1年間となっているのですが、1年間は「docomo with」の割引と合わせて毎月3,000円の割引が実現するのです。

この2つのキャンペーンを併用して1年間利用した場合、最大36,000円の割引が可能となるのです。

適用条件は、「docomo with」の適用条件よりも簡易的になっているので、どんなプラン組みでも併用して利用できるものとなっています。

ドコモ携帯からスマホへ乗り換えは「ウェルカムスマホ割」で月額が大幅割引

「docomo with」と「ウェルカムスマホ割」を併用した場合の月額利用料をイメージ

「docomo with」と「ウェルカムスマホ割」を併用した場合の月額利用料をイメージについてみておきましょう。

毎月の使用料金を理解しておくだけで、快適なスマホライフを送る鍵となるでしょう!

【契約者1人で利用した場合の月額利用料イメージ】

毎月利用データ量が1GB以下であった場合、上記のように本来かかってしまう金額より3,000円も安くスマホを利用できることがわかります。

この割引額は、見ての通り「docomo with」と「ウェルカムスマホ割」の特典により実現しています。

【契約者1人と「家族」3人で利用した場合の月額利用料イメージ】

「3人家族」でその中の1人が「ウェルカムスマホ割」に加入した場合についてみていきます。

こちらは通常時と比べ、6,000円も安くスマホを利用することができるのです。

なぜ、1人で利用するよりも「家族3人」で1人が利用した方が2倍も安くなるのか。それは、シェアパックによるお得な割引がされているからです。

この場合で嬉しいのが、契約者本人の割り切れなかった割引金額が親回線に当てられるという点です。

1人で利用するにしても、「家族」で利用するにしても「docomo with」を利用する場合は、合わせて「ウェルカムスマホ割」の加入をすることが、よりお得にスマホを使用していくことができますね。

「docomo with」の評判について

最後に「docomo with」の評判について解説していきましょう。

「docomo with」は、2017年6月1日からサービスを開始しました。

当時、格安SIM流行りもあり契約数の伸び支障が出るかと思われていましたが、6ヶ月半後には契約数が100万を突破し、2018年9月3日には300万を突破しました。

理由としては、2018年5月25日からコストパフォーマンスを重視した方(ライトユーザー)を対象に発足された料金プラン、「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」を開始しました。

「docomo with」と、「ベーシックパック」または「ベーシックシェアパック」適応して、同じスマホを使い続ける方にとっては、かなりリーズナブルにスマホを使用していくことができるので、多くの人から支持を受けているのでしょう。

格安SIMとdocomo with対象機種の異なる点は、やはり通信品質にあります。

適当に様々な契約をしてしまうと高額な費用がかかってしまうドコモの料金プランですが、「docomo with」のようなキャンペーンをうまく利用していくことで快適にスマホを使用していけるのです。

docomo withとは?ドコモおすすめの格安プランを徹底解説のまとめ

「docomo with」について徹底解説してきました。

キャンペーンに契約する際は、自分にあった内容であったか把握する必要があります。

「docomo with」の魅力
  • 毎月1500円割引される。
  • 契約したスマホを長く使うほどお得になる。
  • 「docomo with」対象機種はミドルレンジであるが、十分なハイスペック機種となっている。
  • コストパフォーマンスを重視する多くの方が利用している。
「docomo with」の注意点
  • docomo with対象機種でなくては適応されないという点。
  • 基本ミドルレンジ(中級モデル)になっているので、ゲームをする方には不向き。
  • 2年ごともしくは、2年以内に機種変更などをする方は割高になってしまう。
  • iPhoneシリーズは1機種しかない。

「docomo with」の魅力的なポイントと注意すべきポイントを理解し、契約することが1番大切なことです。

お得に長くスマホを使用していくためには、慎重に手続きしましょう!

Pocket