ドコモの有料コンテンツ解約方法|機種変更・MNP契約時には加入しない!が鉄則

ドコモでスマートフォンを購入すると、いろいろなサービスを薦められますよね。
その時「お得になるから」と言われて契約した、という方は見直しをした方がいいかもしれません。

実際に使ってみて便利なサービスであればよいのですが、想像していたものと違っていたり、まったく利用しなかったりといった場合は、毎月料金がかかるばかりで、無駄になってしまいます。

今回はそんな有料コンテンツの加入状況の確認や解約方法について詳しく解説します。
最後までチェックすれば、有料コンテンツやオプションの解約方法はもちろん、機種変更やMNP加入の際の注意点もしっかりわかるようになりますよ。

1.まずは加入している有料コンテンツを確認

ドコモでスマートフォンを購入すると「お得になりますから」とさまざまなサービスに加入させられますよね。
その時は説明されるままに加入してしまい、「どんなサービスに加入していたんだっけ…」とわからなくなってしまっていることも多いはず。

まずは自分がどんなサービスに加入しているのか、確認しましょう。

加入オプションの確認は「My docomo」がおすすめ

ドコモの有料オプションはドコモショップでももちろん確認できますが、おすすめのはドコモの公式サイトから「My docomo」にアクセスし、オンラインで確認する方法です。

日中忙しい方はわざわざドコモショップに行って確認する時間を取るのも大変ですし、オンラインならちょっとした時間ですぐに確認できるから便利ですよ。

「My docomo」で加入状況を確認

ではさっそくMy docomoにアクセスし、どんな有料オプションに加入しているのか確認してみましょう。
確認の際にはコンテンツを契約しているスマートフォン契約時に決めた4桁のネットワーク暗証番号が必要になるので、事前に確認しておきましょう。

  1. コンテンツを契約しているスマートフォンで「My docomo」にアクセス
  2. 画面を下にスクロールし、「決済サービスご利用明細」をクリック
  3. 「暗証番号確認」画面が表示されるので、4桁のネットワーク暗証番号を入力
  4. 「ご利用明細」画面が表示されるので、「継続課金・履歴一覧」をクリック
  5. 「継続課金・履歴一覧」画面が表示されるので、「継続課金一覧」をクリック

上記の5つの手順を踏むと、継続課金になっている有料オプションが表示されます。
日頃利用している有料オプションもあれば、全く使わずに契約の時からそのままになっているものもあるのではないでしょうか。

継続課金一覧を確認する

「継続課金一覧」で「継続課金」と表示されているものは、すべて手続きを行わねければ永久的に契約が更新されていくサービスです。

それぞれのサービスの横にある「詳細」ボタンをクリックすると、どんなサービスか確認できるので、もう一度必要かどうか確認しておきましょう。

2.有料オプションの解約方法

どんなコンテンツを契約しているのか確認し、解約したいコンテンツを決めたら、次は解約に移ります。

  1. 「継続課金一覧」に表示されているそれぞれのサービスの横にある「詳細ボタン」をクリック
  2. 「加盟店サイトへ」をクリック
  3. 「SPモードパスワード」を入力し、解約手続きへ

上記の3つのステップを踏めば簡単に有料コンテンツを解約できます。

解約の際にはSPモードパスワードの入力が求められますが、「忘れてしまった…」という場合はまず初期値の「0000」を入力してみましょう。

もしそれで解約できない場合はSPモードパスワードのリセットをすることもできます。
スマートフォンの場合は「dメニュー」から「My docomo」に進み、「ドコモオンライン手続き」でパスワードのリセットができますよ。
もし心配な場合はドコモショップでも確認できるので、問い合わせてみましょう。

解約の手続きが済んだら「継続課金一覧」のページに戻ります。
解約手続きが完了したコンテンツは横に「解除済」と表示されているはずです。
これで手続きは完了です。

手続きが反映されるまでに時間がかかることもありますが、もし数十分かかっても解除されていない場合は、うまく解除できていない場合もあるので、もう一度手続きをしてみるようにしましょう。

3.注意が必要!有料アプリの解約方法

ここまでの手順を踏めば、無事にオプションの解約ができたと思います。
でもここで注意したいのは、スマートフォンの購入時などに強制加入させられるオプションには2種類あるということです。

  • ドコモが提供しているオプション契約
  • ドコモ以外の企業が提供している有料コンテンツ・アプリ・ウェブサービスの契約

「ドコモが提供しているオプション契約」はMy docomoから解約することができますが、ドコモショップのおすすめアプリなどでオプション契約した有料コンテンツは「dメニュー」から解約する必要があります。

「有料オプションは解約したからもう大丈夫」と思っていると、翌月思わぬ請求になってしまうこともあるので、「dメニュー」も必ず確認しておくようにしましょう。

有料アプリ・コンテンツ・ウェブサービスの契約確認

ではまずどんな有料アプリ等を契約しているか確認しましょう。

  1. 「dメニュー」にアクセス(スマートフォンの「dメニュー」アプリからアクセスでもOK)
  2. 「マイメニュー」をクリック
  3. 「マイメニュー一覧」と「継続課金一覧」に有料コンテンツが表示される
  4. それぞれのサービスをクリックすると「解約」「退会」などのボタンがあるので、クリックし解約手続きをすすめる

解約手続きが完了したら「dメニュー」の「マイメニュー」に戻り、解約した有料アプリ等が表示されていないか確認しましょう。
もし表示されていれば、解約手続きが完了していないということなので、再度解約手続きを行ってみましょう。

dメニューから解約手続きを取る場合でも、「SPモードのパスワード」が必要になります。
もし忘れてしまった場合は初期値の「0000」を、それでもうまくいかない場合は「dメニュー」から「My docomo」に進み、「ドコモオンライン手続き」でパスワードをリセットして新しく設定しなおしましょう。

4.Google Play・Apple Musicなどキャリアをまたいで利用できる有料サービスの解約方法

ここまででドコモの有料オプションと有料アプリ等の解約は済んだと思います。
しかしここでもう一度確認しておきたいのがキャリアをまたいで利用できる有料サービスの利用の有無です。

ドコモでは「SPモードコンテンツ決済サービス」といって、

  • Google Play
  • App Store
  • Apple Music
  • iBooks
  • iTunes
  • iCloud

といったサービスから購入したコンテンツ代金をドコモの毎月の携帯料金と一緒に支払えるキャリア決済サービスがあります。
4桁のパスワードを入力するだけで購入でき、支払いもまとめてできるので、MNP加入の際に加入したという方もいらっしゃるかもしれません。

「SPモードコンテンツ決済サービス」の対象となっているコンテンツの確認はドコモの「ご利用明細」で確認できます。
解除したいコンテンツがある場合は、各コンテンツでキャリア決済を解除する必要があります。

Google PlayやApple Musicなどは「My docomo」や「dメニュー」から解約ができる有料コンテンツではないので、思わぬ盲点になっていることもあります。
「My docomo」や「dメニュー」で契約している有料コンテンツを確認するのに加え、「ご利用明細」も必ず確認しておくようにしましょう。

5.機種変更・MNP契約時に覚えておきたいポイント

ここまで有料オプションの解約方法について確認してきました。
無事解約手続きが完了していれば今後月額料金を取られることはありませんが、「オプション契約って言われるままに契約してしまうけど、面倒…」「もっと簡単に手続きが済ませればいいのに」と思う方も多いと思います。

そこで機種変更やMNP契約時に覚えておきたい有料オプションで損をしないポイントについてご紹介します。

ポイント1:有料オプションには無料期間がある

有料オプションにはお試し期間として無料で利用できる期間が用意されています。
その無料期間の間に解約すれば、もちろんその後月額料金がかかることはありません。

ただ有料オプションはそれぞれ無料期間が異なっているので注意が必要です。

  • 「dビデオ」7日間無料
  • 「dヒッツ」7日間無料
  • 「dマガジン」7日間無料
  • 「おすすめパック」最大31日間無料
  • 「からだのキモチ」初月無料

上記のように7日間無料のものもあれば、初月無料、最大31日無料など「すべて無料だと思って解約したのに、いくつか月額料金を取られてしまった」なんてこともあります。

機種変更やMNP加入で有料オプションに加入になった際には、いつ解約手続きを取れば一番お得なのか必ず確認しておくようにしましょう。

また契約したショップによっては「3カ月は加入しないとペナルティがある」などさまざまな条件が付けられていることもあります。
契約の際には

  • オプションはすぐに解約できるのか
  • もし解約した場合ペナルティはあるのか

の2点を必ず確認しておきたいですね。

ポイント2:オプション加入なしでも契約できるが、手数料がかかる

ここで疑問に思うのは「そもそもオプション加入なしで契約できないの」という点かもしれません。

ドコモショップによってはオプション加入は強制、と説明するところもあるかもしれませんが、基本的にはオプションなしでも契約することは可能です。
しかしドコモショップで契約し、オプションを加入しない場合「頭金」などが発生してしまうケースがあります。

この頭金はドコモショップで契約する場合独自のもので、端末料金とは関係ありません。
そのためユーザーとしてはどうしても無駄なお金を支払っている印象になってしまうため、その代りとして有料オプションの加入を求めることで採算を取っているのです。

この頭金はドコモショップごとに異なりますが、大体5,000円程度になることが多いようです。

ポイント3:ドコモオンラインショップなら手数料もオプションもなし

ここまでで「手数料を支払うことになるぐらいなら、有料オプションの解約手続きを無料期間に取るほうがまだいい」と思われるかもしれませんが、実はもっとよい方法があります。
それはドコモオンラインショップで手続きを取ることです。

ドコモオンラインショップなら手数料はかかりませんし、オプションの強制加入もありません。

またドコモショップで契約する場合契約事務手数料として3,000円がかかってきますが、オンラインショップで手続きを取る場合2,000円ですみます。

特に機種変更やMNP加入では「ショップでの待ち時間が長い」「希望の機種が取り寄せになってしまった」といった不便を感じたことがある方も多いともいます。
オンラインショップの場合Web上で手続きが取れるので、仕事や家事などで忙しい方でも空いた時間で簡単に手続きを取ることができます。
またドコモ直営なので最新の機種が揃っていることが多く、取り寄せすることなくすぐに契約することができます

オンラインショップというとどうしても「手続きが難しそう」「ショップのスタッフに聞いた方が安心」と思われるかもしれませんが、わかりやすく説明されていますし、意外と簡単に手続きできますよ。

ドコモオンラインショップで機種変更するメリットは限定キャンペーンなど豊富にあります。こちらの記事ではドコモオンラインショップのメリットと手順について紹介しています。ドコモオンラインショップがおすすめ!機種変更するメリットと手順

もちろんドコモショップでスタッフに確認したほうが安心という場合はショップに来店したほうがよいと思いますが、オンラインショップにメリットを感じる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ドコモの有料コンテンツ解約方法のまとめ

ドコモで機種変更やMNP加入をする場合有料コンテンツやオプションの加入を求められますが、それぞれの解約方法は簡単なのでもし使わないサービスがある場合は早めに解約しておきましょう。

また機種変更やMNP加入の際には無料期間を確認する、オンラインショップでの手続きにするといった方法を取ることによって無駄な月額料金を払わずに済むようになります。

特にオンラインショップは手数料が安い、ショップの待ち時間がない、最新の機種が手に入りやすいといったメリットがあるので、機種変更やMNP加入を検討されている方はぜひチェックしてみてくださいね。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事