ネット社会になっている今、スマホは生活する上で必要不可欠なものになっています。

そんなスマホの契約において、不必要なプランを契約してしまっていて金銭面で負担が大きくなってしまっていたら、ストレスが溜まる一方です。

そこで、プランの見直し・乗り換え(MNP)を考えている方に朗報です。

新型iPhone3機種のスペック情報から、2018年秋冬に発売されるであろう最新機種を紹介していきます。

プランの見直しや乗り換え(MNP)の際に参考にしてみてはどうでしょうか。

トップ画像引用元:モバイル | ソフトバンク

新型iPhone3機種が登場!

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

人気のiPhoneシリーズになんと新型iPhone3機種が登場しました。

登場したのは以下の3機種です。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

大方の予想通り、サイズの違う3機種がラインナップされましたね。

iPhone 9と推測されていた廉価版の機種はiPhone XRという表記になり、カラーバリエーションがなんと6色展開(レッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー)になりました。

そして、注目すべき点はiPhone XS、iPhone XS Maxはストレージに512GBモデルが用意されたことでしょう。

これはiPhone XS、iPhone XS Maxに限られますが、大容量を求めていた方には朗報です。

iPhone XRには128GBが用意されています。

CPUは3機種とも、A12 Bionicへ進化しました。

アプリの起動速度やマルチタスクも最大30%高速化し、今までのiPhone史上最高のパフォーマンスを実現しました。

Appleが開発した次世代のNeural Engineを搭載した、スマートフォンの中で最も賢く、最もパワフルなチップと説明しています。

そして、ホームボタンは全てなくなり、ベゼルレスの全画面ディスプレイに統一されました。

iPhone XS

画像引用元:Appleのイベント – Keynote 2018年9月 – Apple(日本)

CPUA12 Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ177g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

iPhone XSは有機ELディスプレイを搭載した最高解像度のSuper Retina HDを搭載。

IEC規格60529にもとづくIP68等級になり、最大水深2メートルで最大30分間の耐久性になりました。

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
Apple Storeソフトバンクドコモau
一括価格112,800円
129,800円
152,800円
136,800円
155,040円
180,000円
128,952円
147,096円
171,720円
128,640円
146,880円
171,840円
機種変更実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
69,984円
88,128円
112,752円
63,600円
81,840円
106,800円
※2
MNP実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
69,984円
88,128円
112,752円
54,000円
72,240円
97,200円
※2
新規実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
69,984円
88,128円
112,752円
54,000円
72,240円
97,200円
※2

※1 半額サポート for iPhone適用時
※2 アップグレードプログラムEX加入

iPhone XS Max

画像引用元:Appleのイベント – Keynote 2018年9月 – Apple(日本)

CPUA12 Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ177g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

こちらもiPhone XS同様、有機ELディスプレイを搭載した最高解像度のSuper Retina HDを搭載し、IEC規格60529にもとづくIP68等級になり、最大水深2メートルで最大30分間の耐久性になりました。

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
Apple Storeソフトバンクドコモau
一括価格124,800円
141,800円
164,800円
149,760円
168,000円
192,960円
141,912円
160,056円
184,680円
141,600円
159,840円
184,800円
機種変更実質価格-74,880円
84,000円
96,480円
※1
82,944円
101,088円
125,712円
76,560円
94,800円
119,760円
※2
MNP実質価格-74,880円
84,000円
96,480円
※1
82,944円
101,088円
125,712円
66,960円
85,200円
110,160円
※2
新規実質価格-74,880円
84,000円
96,480円
※1
82,944円
101,088円
125,712円
66,960円
85,200円
110,160円
※2

※1 半額サポート for iPhone適用時
※2 アップグレードプログラムEX加入

iPhone XR

画像引用元:Appleのイベント – Keynote 2018年9月 – Apple(日本)

CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/128GB/256GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ150.9 × 幅75.7× 厚さ8.3 mm
重さ194g
ディスプレイ6.1インチLCDディスプレイ
解像度1,792 × 828
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)シングルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・ブルー・レッド・コーラル・イエロー
フレーム素材アルミ

ディスプレイ(LCD)ですが、最高の技術を使っており6.1インチ「Liquid Retina」と名付けられています。

iPhone XRはIEC規格60529にもとづくIP67等級になり、最大水深1メートルで最大30分間の耐久性です。

上段: 64GB
中段: 128GB
下段: 256GB
Apple Storeソフトバンクドコモau
一括価格84,800円
90,800円
101,800円
106,560円
112,800円
124,800円
98,496円
104,976円
116,640円
98,400円
104,880円
116,640円
機種変更実質価格-53,280円
56,400円
62,400円
※1
39,528円
46,008円
57,672円
33,360円
39,840円
51,600円
※2
MNP実質価格-53,280円
56,400円
62,400円
※1
39,528円
46,008円
57,672円
23,760円
30,240円
42,000円
※2
新規実質価格-53,280円
56,400円
62,400円
※1
39,528円
46,008円
57,672円
23,760円
30,240円
42,000円
※2

Galaxy Note9

画像引用元:Galaxy Note9 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

メーカーSamsung
CPUKryo 385 Gold x4 & Kryo 385 Silver x4 8コア, 2.7 GHz
OSAndroid 8.1
カメラ12 + 12MP
f-1.5/2.4
ディスプレイ6.4インチ+有機EL(1440 x 2960)
カラーバリエーションメタリックコッパー/ミッドナイトブラック/ラベンダーパープル/オーシャンブルー
バッテリー4000mAh
重さ201g
サイズ76.4 (幅)x161.9 (高さ)x 8.8mm(奥行き)
メモリRAM 6GB/ ROM 128GB
外部メモリmicroSDXC(最大256GB)

「Galaxy Note9」は海外で2018年8月10日に発表されたサムスンのスマートフォンです。

スタイラスペンに対応した大型ディスプレイ搭載モデルになっています。

  • スタイラスペン

「Galaxy Note9」は本体に専用のスタイラスペン「Sペン」が収納されています。手書きメモを入力してスマートフォン本体をノートのように使用することができ、ロック画面にメモ書きが可能な「画面オフメモ」機能も利用できます。「Sペン」は、4096段階の筆圧を感知することができ、「IP68」の防水性能を搭載し、「Bluetooth Low Energy(BLE)」を使用した「Sペンリモコン」機能でスマートフォン本体をリモートコントロールしてカメラのシャッターなどの操作が可能です。

  • Samsung DeXモード

「Galaxy Note9」と「Galaxy S9+」はどちらも外部モニターにPC画面を表示できる「DeXモード」が使用できます。「Galaxy Note9」は「USB Type-C to HDMIケーブル」で外部ディスプレイと接続するだけで「DeXモード」が使用できます。「Galaxy S9+」は別売りアクセサリー「DeX Pad」などのドックを介して外部ディスプレイと接続することで「DeXモード」が使用できます。

  • 背面カメラ

「Galaxy Note9」は背面のデュアルカメラが横位置並びですが、「Galaxy S9+」は縦位置並びなっています。

  • カメラ機能

「Galaxy Note9」と「Galaxy S9+」はどちらも背面にデュアルカメラを搭載しています。広角カメラと望遠カメラを採用することで、光学ズームとしての使い方や背景のボケ効果が利用できます。広角レンズの絞り値をF1.5とF2.4で切り替えることでより状況に応じた撮影ができる「デュアル・アパチャー(可変絞りレンズ)」も採用されています。「Galaxy Note9」はAIを利用したシーン認識機能「インテリジェントカメラ」に対応し、良くない写真を撮影した場合に再撮影の必要があるのか通知することも可能です。

  • バッテリー

4000mAhの大容量バッテリーになっています。

  • サイズ

6.2インチであった「Galaxy S9+」と比べて、「Galaxy Note9」は6.4インチのディスプレイを搭載しています。どちらも「狭額縁設計(ベゼルレス・デザイン)」、左右のディスプレイがカーブした「デュアルエッジスクリーン」、有機ELディスプレイを採用しています。本体サイズは、「Galaxy Note9」が「Galaxy S9+」より、幅が2.6mm、高さが3.8mm、奥行きが0.3mm、質量が14g、大きく重くなっています。

XPERIA XZ3

画像引用元:Sony’s new Xperia XZ3 flagship smartphone brings you a seamless design for an immersive viewing experience – Official Sony Blog

メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
CPUSnapdragon 845
OSAndroid 9.0
カメラ約1920万画素/約1320万画素
ディスプレイ約6インチQHD+ 有機EL(1440×2880)
カラーバリエーションブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッド
バッテリー3330mAh
重さ約193g
サイズ約73(幅)×183(高さ)×9.9(奥行き)mm
メモリRAM 4GB/ ROM 64GB
外部メモリmicroSDXC(最大400GB)

人気のXperiaシリーズです。

前機種よりのスペック向上がみれます。

「Motion Eyeカメラ」とは、現行のXperiaではおなじみになっている、メモリ積層型CMOSセンサーで先読み撮影や、最大960fpsでフルHDまでのスーパースローモーション撮影が可能になりました。

そして、美肌加工やボケが楽しめるポートレートセルフィーモードも搭載しており、4K HDRの動画撮影にも対応しています。

指紋センサーに関しては、XZ2シリーズと同じく背面に搭載しています。

IP65/IP68の防水・防塵(じん)ももちろん対応しているので安心に使用できます。

本体は前面と背面どちらにも3D曲面ガラスを採用しており、手になじむフォルムを目指した。また強化ガラスとして「Corning Gorilla Glass 5」も採用している。

またQi(チー)規格に対応したワイヤレス充電が可能です。

本体のフロントステレオスピーカーはさらに大音量になり、ダイナミックバイブレーションシステム(編注:音楽再生時に楽曲に合わせて振動する機能)も搭載されています。また本体サイドを触れるとその場所にランチャーを表示する「サイドセンス」という、便利機能も。

AQUOS R3

画像引用元:AQUOS R2 | モバイル | ソフトバンク

AQUOS R3の発売は2019年をまたぐ可能性があります。

タイトルとは異なってしまいますが、参考としてよかったらみてください。

AQUOSシリーズは定期的に発売されています。

実際に、AQUOS R2は2018年6月、AQUOS Rは2017年7月ということから予想すると、

2019年6月〜7月

と考えられます!

ドイツ・ベルリンで開催中の国際見本市IFA 2018で、シャープ初となるOLED(有機EL)スマホのプロトタイプ機が発表されており、その機種がAQUOS R3なのではないのかと噂されています。

大画面のOLEDを採用している本機は、ディスプレイの左右が湾曲した曲面形状を採用。『この3Dデザインは液晶では難しい』とシャープの担当者はOLEDの利点を語っています。

スペックに関しても全体的に向上が見込めるでしょう。

ソフトバンクオンラインショップでの購入方法

画像引用元:オンラインショップ | ソフトバンク

欲しい機種を選択する

オンラインショップのトップページより、欲しい機種・色を選択していきます。
月々の実質負担金がいくらであるかについて表示されますので、問題なければ購入手続きへ進みましょう。

My Softbankにて認証する

My Softbankにて認証するボタンを押下すると、携帯電話番号・暗証番号での認証確認があります。
※契約途中で変更していないのであれば、新規契約時に決めた4桁の番号を入力します。

認証が完了すれば、住所含む個人情報の入力が省略でき、スムーズに機種変更手続きを進めることができます。

必要事項を入力する

認証が完了したら、料金プラン・キャンペーンなどを選択していきます。

全ての入力が完了したら、機種変更の可否をソフトバンクが判断するための審査が行われます。

この審査の結果、過去に未払いが続いたなどの理由により、機種代金の分割が組めないこともあるので注意が必要です。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットと注意点

ソフトバンクの2018年秋冬モデルに発売が予想される最新機種情報のまとめ

新型iPhone3機種からソフトバンクオンラインショップでの購入方法まで紹介していきました。

1年間に数多くの最新スマホが発売されます。

そして、それぞれスマホのスペックや特徴は違い機種選びは大変なことです。

日頃スマホに精通している方であれば、新型iPhone3機種などのスペックや発売情報はご存知かと思いますが、そうではない方ではそうそう耳にすることはありません。

基本2年間変えることがないスマホ選びは快適な暮らしをしていくために、とても重要なことです。

ぜひ、この記事を参考に自分に合ったスマホを見つけてみてください。

ソフトバンクで機種変更する前に確認するお得情報はこちら

ソフトバンクの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法
ソフトバンクで機種変更するならオンラインショップを利用しましょう。頭金不要やオンラインショップ限定のキャンペーンや割引などお得なプランがたくさんあり、通常のショップで手続きするよりお得になるケースがあります。

Pocket