Xperia X performanceの辛口レビュー|全メリットとデメリット


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

2. Xperia X Performanceの2つのデメリット

sm_img_01

ここまで、Xperia X Performanceのメリットについて記述してきましたが、
やはり気になる点がないわけではありません。

2−1. スペックでの進化が大幅ではない

Xperia X PerformanceではCPU、インカメラ、バッテリーこそ進化しましたが、それ以外の点で大幅な進化をしたとは言い切れない側面もあります。
ディスプレイの解像度や、メインカメラの画素数などXperia Z5と同等のものとなっていますし、RAMも3Gで変わらずバッテリー容量は若干減っています。※バッテリー持ちは容量に比例しない。
数年前のスマホは発展途上の状態でしたので、新機種が出るたびに大きくスペックが上がっていましたが、
近年では成熟期にあたるため、目を見張るようなスッペックアップが行えないのが現状です。
またサイズに関してもXperia X Performanceは5.0インチフルHDディスプレイを搭載していますが、
5.2インチのXperia Z5に比べるとやや小ぶりですが、厚みは8.6mmで、
Xperia Z5の7.8mmより分厚くなっており、手で持った際にZ5に比べてコンパクト感にかけるのもいただけません。

2−2. デザインは賛否両論

Xperia X Performanceで大きく変わったデザイン。
もともとデザインに定評のある Xperiaシリーズですが、今回のデザインには賛否両論あるようです。
背面をメタル素材に変更し、高級感を演出したのですがどこかXperiaぽさを失っているようにも感じます。
というのも、端末背面にフロストガラスを一貫して採用してきたフラグシップモデルのXperia Zのイメージが強く、
背面ガラスがXperiaシリーズの代名詞になっていた部分もあり、なかなか受け入れることが出来ないユーザーがいるのも頷けます。
新しいデザインが採用された場合、どんな機種でも批判は付き物ですから「好みの問題」なのかもしれません。
その昔、大人気だったXperia arcのアーチデザインも廃止されたときは賛否ありましたしね。
個人的には背面をメタル素材とサンドブラスト加工は悪くないと感じます。

キャリアごとの取り扱いについては、以下のとおりです。全てのキャリアで発売されます。

ドコモ au ソフトバンク
Xperia X Performance
発売予定日 発売中 発売中 発売中
全面ロゴ SONY SONY SONY
背面ロゴ docomo/品番/Xperia au/品番/Xperia Xperiaロゴのみ

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない