SoftBankのiPhone7に乗り換えてMNPで得するための全知識!


スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

遂に全貌が明らかになったiPhone7
iPhone6sの性能を向上させ、サイズは4.7インチを維持しカメラ性能の向上でも話題になっています。
そのiPhone7へMNP(乗り換え)で得するための全知識とiPhone7は買いなのかも併せてご紹介します。
今回はソフトバンクのiPhone7へauやドコモから乗り換える際に、
キャッシュバックやキャンペーンを駆使していかに得をして賢くMNPできるかに絞っています。
やはりソフトバンクのiPhone7へ乗り換えるときに最もお得な方法は、「MNP」することです。

160907_iphone7all1

MNPとは契約しているキャリア(携帯会社)そのものを乗り換えて、別のキャリアと契約することをいいます。
例えば現在ドコモで利用している場合は、「ソフトバンクへ乗り換える」ということです。
そうすることで、普通に新規契約や機種変更するよりも2万円~5万円以上お得にiPhone7をゲットすることが出来ます。
携帯を乗り換えると電話番号が変わってしまうのでは?と懸念される方もいらっしゃるでしょうが、
MNPとは番号を変えることなく他社へ乗り換える方法の通称ですので、その心配はありません。

今回はソフトバンクのiPhone7しぼってMNPで賢くお得にキャッシュバックを貰う方法を詳しくご紹介いたします。
現在、ドコモやauをお使いでiPhone7への機種変更を考えている方は必見です!

まず本題に入る前に、乗り換え(MNP)の大まかな流れを確認しましょう。
大まかにいえば、抑えるべき項目はたったの2つだけです。

・現在の契約しているキャリアから転出するために、予約番号を発行してもらう。

・販売店にその予約番号を持っていき、契約する。

かみ砕けばこの2項目だけですので、乗り換えは特に難しいものではありません。
そしてキャッシュバックは契約を交わす「販売店」からお客様へ支払われます。
ソフトバンクに乗り換えるのだから、ソフトバンクショップでしか契約出来ないのでは?
とお思いの方も多いでしょうが、ソフトバンクの場合は代理店契約している複数の販売店から選んで契約することが出来ます。
ですから、この販売店選びが重要で高額なキャッシュバックにつながるのです。

1.乗り換える場所によってキャッシュバック金額が違う

Fotolia_89398402_XS

なにかとお得な「乗り換え」ですが、どこで契約しても同じ金額のキャッシュバックが貰えるわけではありません。
機種や店舗によってキャッシュバックの金額は大きく変わります。
その金額差は0円~5万円ほどの違ってきますので、「どこで乗り換えるか」は乗り換えにおいて、もっとも重要なファクターといってよいでしょう。
では、どこで乗り換えるともっとも高額のキャッシュバックをゲットするができるのでしょうか。

ファーストミッション:どこを使って乗り換えるかが重要に!

すべてはこれ尽きるのです。
ソフトバンクが提供している乗り換え向けのキャンペーンはどこの販売店でも共通して受けることができます。
キャッシュバックの金額だけが同じiPhone7に乗り換えた場合でも様々に変化するのです。
どこで乗り換えても同じ金額のキャッシュバックが貰えるわけではないのは分かったが、
実際にどこで乗り換えれば最もお得なのか。
iPhone7に乗り換える場合のキャッシュバックの相場は、以下のとおりです。

iPhone7購入方法

キャッシュバック金額の目安

特徴
おとくケータイ

20,000〜50,000円

  • 店舗運営費を抑えた分、キャッシュバック金額が大きくお得
  • webだけではなく全国の店舗に足を運んで相談できるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証

乗り換えなら一番おすすめ

SoftBank Online Shop

docomo Online Shop

au Online Shop など

公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • SoftBank/ドコモ/auによる直営のため最優先でiPhone7を入荷
  • キャッシュバックは出ないが料金キャンペーンが充実
  • ショップ店舗ではなく、自宅で受け取る方が便利でお得

機種変更(s社→s社等)なら一番おすすめ

テルル, カメラのキタムラなど

併売ショップ

5,000〜30,000円

  • iPhone7の場合キャッシュバックを期待できない
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い

店舗によって大きく異なる

ヤマダ電機, ヨドバシカメラなど

家電量販店

5,000〜20,000円

  • iPhone7を実際に触れること
  • 現金キャッシュバックではなくポイントで還元される場合もある

店員への交渉が必要

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ など

専売ショップ

0〜20,000円

  •  店舗によってiPhone7入荷の偏りが大きい
  • キャッシュバックが出ない場合が多い
  • 混雑している場合が多い

メリットの少ない店舗も多い

結論として、多くのキャッシュバックをもらうためには

ただし、SoftBankからドコモやauにMNPで乗り換えるという場合だけは、おとくケータイが使えないため、数多くの家電量販店や併売ショップから良い条件を探さなくてはなりません。

詳しい方法をご説明しますので、是非活用してください

上記の表からWeb販売店が路面店よりもキャッシュバックが高額であるという結果があります。
なぜWeb販売店は高額のキャッシュバックができるのか、またそれ以外の販売店はどうなっているのか、
次の項で詳しくみていきましょう。

2. 乗り換え(NMP)には主に5パターンの購入方法あり、最もお得なのはどこか?

iphone7black1

おとくケータイなどのWeb販売店のキャッシュバックが高額の傾向にありますが、
乗り換えるパターンは主に5パターンあります。
実際に最もお得なのはどこでしょうか?
それぞれの乗り換えにはメリットとデメリットが存在しますので、一つずつ掘り下げてみていきましょう。

方法1.『おとくケータイ

おとくケータイなどのWeb販売店は読んで字のごとく「Web」で集客している販売店になります。
ECサイトのみですので、店舗を構えるということがありません。
そのため、店舗にかかる賃料や販売員等の人件費、テナント料を抑えることができ、その削った経費をお客様へキャッシュバックという形で還元しているのが『おとくケータイ』です。

・メリット1 経費削減による高額なキャッシュバック

先述した通り、店舗を持たないことによる店舗維持費や販売員の人件費を削減して、キャッシュバックの金額を増量しています。
キャッシュバックの金額では他の販売店よりも2万円~5万円ほど高額になる場合があります。

・メリット2 電話での問い合わせが可能

店舗を持っていない販売店は問い合わせ方法が電話やメールになります。
そのため、質問等はすべて電話やメールが中心となります。
それを主でやっているため、路面店に比べ丁寧な電話対応やメール対応となっています。
また、店舗に出向いたり、対応してもらう順番を待つ時間もありません。

・デメリット1 iPhone7を実際に触って検討することが出来ない

Web販売店では実機を触ることができないので、iPhone7を触って確認するということが出来ません。
ところがiPhone7はiPhone6やiPhone6sと同じ大きさですのでで容易に想像が出来ます。
また、家電量販店等で実機を見たり触ったりして購入はWeb販売店でという方法をとることも可能です。

方法2.『ソフトバンクオンラインショップ


携帯キャリア直営のオンラインショップです。直営店ですのでそれに伴うメリットがあります。
ソフトバンクオンラインショップ』以外にも『docomo online shop』『au online shop』などが直営のオンラインショップとして挙げられます。

・メリット1 早く手に入りやすい

「ソフトバンクオンラインショップ」のメリットとしては、何よりもまず在庫の入荷が挙げられます。
iPhone7は大型化するiPhoneへの懸念から機種変更を躊躇していたiPhone5やiPhone5sユーザーの乗り換えが見込まれます。
それに伴って在庫不足に陥る可能性が大いにあるでしょう。
ところがソフトバンクオンラインショップは直営サイトであるため在庫や入荷が多少安定していると言われています。

・メリット2 待ち時間が不要

オンラインで購入することで待ち時間を必要としません。
店舗であれば審査や登録などに時間がかかる場合がほとんどなので、オンラインのメリットはまさにこのスピード感です。

・メリット3 24時間手続きできる

オンラインの利点として開店・閉店がありませんので、24時間いつでも手続きができます。

・デメリット1 キャッシュバックがない

原則として現金キャッシュバックは行っていないのが現状です。
これは販売店の運営しているソフトバンクショップやスマホ購入サイトとの競合を避けるためです。
MNPの最大の利点であるキャッシュバックがないことは大きなマイナスポイントといえるでしょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない