格安SIMは楽天カードがオススメ|楽天モバイルのメリット・デメリット徹底解説

iPhone8・iPhoneXなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に乗り換えられます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

2.楽天モバイルについて

楽天モバイルは、いわゆる格安SIMですが、「格安」と言っているくらいなので、格安ぶりが魅力なのですが、果たしてどれくらい安くなるの?速度はかなり遅くなる?など不安があって、利用できないままなんて人も多いのではないでしょうか?そこで、ここでは楽天モバイルについて分かりやすく説明していきましょう。

2-1.料金はどれだけ安い?

まずやはり一番気になるのは料金面ですよね。格安SIMと言うくらいですから、格安と言えるくらい圧倒的に安くないと言葉負けしちゃいますからね。

楽天モバイルの料金ですが、

【楽天モバイル基本料金プラン

プランS=1980円(2GB)

プランM=2980円(6GB)

プランL=4980円(14GB)

となっています。これに楽天のダイヤモンド会員になっていると500円割引となります。このプランでは、楽天でんわアプリを使って5分以内の通話がかけ放題プランも付いています。通常の通話は20円/30秒。国際電話もドコモの通話料に乗っ取っていて、利用可能です。

更には通話ができない(LINE電話や楽天でんわなどのアプリ通話は可能)のデータSIM専用もあり、このプランだと、

3.1GB=900円

5GB=1450円

10GB=2260円

とよりお得なプランがあります。今では通話はLINEやSkypeなどで十分なんて人も多いと思いますので、賢く通信費を節約するには、このデータSIM専用プランも注目ですね。また、通話できるプラント、データSIM専用プランは月ごとに変更可能なので、途中から通話は要らないと思ったらデータSIM専用プランに変更するというのもありですね。

ここまで、楽天モバイルの基本料金プランを説明していきましたが、比較対象がないと分からないと思いますので、ドコモの料金プランと比較してみましょう。

【NTTドコモ基本料金プラン

①カケホーダイプラン(時間無制限通話し放題)2700円 or カケホーダイライトプラン(5分以内通話し放題)1700円 or  シンプルプラン(20円/30秒)980円※

※シンプルプランの場合はシェアパックの申し込み必須

②データSパック(小容量)(2GB)3500円 or  データMパック(標準)(5GB)5000円 or  シェアパック10(小容量)(10GB)9500円 or   ウルトラシェアパック30(30GB)13500円

ドコモの料金プランは楽天モバイルに比べると非常にややこしいです。基本は①(通話プラン)と②(データプラン)を足した金額が基本使用料となります。データのプランは他にも多く用意されていますが、料金の比較で言えば、例えば標準とされている5~6GBの契約だったら

楽天モバイル=プランM=2980円(6GB)

NTTドコモ= データMパック(標準)(5GB)5000円+通話プラン

なので、その金額差は圧倒的です。安さを求めるなら比べることもできないほどですね。

溶けるお金のイラスト(一万円札)

2-2.端末は?iPhoneは使える?他のオリジナル端末は?

楽天モバイルのような格安SIMでもiPhoneは使用できるのでしょうか?結論から言うと、利用できます。格安SIMのSIMカードを利用する場合は、ドコモ、au、ソフトバンクと言った大手キャリアとの契約ではなく、Apple Store(Appleの直営店)でiPhoneを購入することになります。

現在、予約開始したばかりのiPhoneXの場合、ドコモのような大手キャリアだとすぐに解約できない縛りはあるものの、割引サポートが付いており、50000~60000円ほど割引となり、Appleで買うと10万円以上するので、楽天モバイルだと高く付いてしまうような気がします。

しかし、月々の基本使用料が楽天モバイルの場合、断然に安いのです。上記の2-1で詳細は書かれていますが、パケット契約数によっても違うものの、平均で5000円以上安くなり、仮に50000円本体代が高くとも10か月で元が取れ、その後はお得になっていく形となります。長い目で見たらApple Storeで割引サポートなしで定価購入も節約となるのです。

また楽天モバイルでは、楽天モバイルだけのオリジナルモデルの販売も行っています。シャープのAQUOSシリーズや、富士通のArrowsシリーズと言った国産のスマホもあり、価格帯も0円スマホから50000円程度まで性能・機能によって選択ができるので、スマホの設定なども行ってくれる端末同時申し込みと言う方法も初心者の方にはおすすめです。

「iPhone 8 と iPhone 8 PlusiPhone 8 と iPhone 8 Plus」のフリー写真素材を拡大

2-3.速度は大丈夫?

楽天モバイルはドコモ回線を利用していますので、速度、エリアなどドコモと一緒です。では、全くドコモと一緒かと言うとちょっと変わってきます。

道路に例えて言うなら、大手キャリアでも格安SIMでも同じ時速60km制限の道路だとします。しかし、大手キャリアは3車線あり、格安SIMは1車線しかないようなものです。普通にスラスラ走れるときは、どちらも同じ60km/hで走れますが、利用者が多いと、渋滞が起きて1車線の格安SIMは60km/hでは走れなくなりますよね。

つまり、ターミナル駅前などの繁華街での利用や、ランチタイムのような繁忙期は、大手キャリアに比べると、格安SIMは遅くなる恐れがあります。また、今はどこも激しい競争をしているので、クオリティが低いところはありません。特に楽天モバイルは、格安SIMのなかでも、先進的なサービスを打ちだしてきているので、今後、設備投資などの力を入れて、速度アップが図られるかもしれません。

速いプログラムのキャラクター

2-4.オプションが充実

大手キャリアの魅力の一つがオプションの多さだったりします。格安SIMの場合は、安さを追求するあまりか、多くのオプションサービスがないイメージですが、楽天モバイルは結構そんなことないのです。主な楽天モバイルのオプションを紹介します。

楽天モバイルWi-Fi(全国69000カ所のアクセスポイントでWi-Fi利用可) 362円/月

つながる端末保証(SIMカードのみの契約でも、iPhoneでも対応可能) 500円/月

あんしんリモートサポート(電話で不明点を解消してくれる、年中無休) 500円/月

端末保証(故障時、破損時修理、サポート) 500円/月

データ復旧サービス 300円/月

マカフィーモバイルセキュリティ 300円/月

楽天マンガ(コミック80万点が読み放題) 500円/月

などがあります。特に故障など万一の際のトラブルの時に助かるオプションが多く、やはりスマホが生活の一部となっている今の時代にはふさわしいものが多いですね。

コンピューターのセキュリティホールのイラスト

2-5.メールアドレスはどうなる?

格安スマホの場合、ドコモ、au、ソフトバンクと言った大手キャリアではないため、まず@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp(@au.com)、@softbank.ne.jpと言ったキャリアメールは使えなくなります。契約をしていないわけですから当然と言えば、当然です。ただ、楽天モバイルの場合は@rakuten.jpと言った独自のメールアドレスが配布されます。そのアドレスを普通にメアド変更する時と同じように連絡すればOKというわけでwす。

もしくは、@yahoo.co.jp(ヤフー)、@gmail.com(グーグル)などのフリーメールは、インターネット経由なのでキャリアは関係なく、どこでも使えますから、そちらに移行、もしくはLINEなどのコミュニケーションアプリをメールに変わりにする人も増えていますね。もはやLINEがあればメアドは要らないなんて人もふえていますからね。

他にも、「ドコモケータイ払い」のようなキャリア決済、「au Wi-Fi SPOT」のようなキャリアのWi-Fiスポットなどは使えなくなります。あと、最近話題のJアラートや緊急地震速報、防災情報などが届かない格安SIMもあります。基本的には設定など一切なしに自然に届くJアラートですが、格安SIM(格安スマホ)を使っている場合は、Yahoo!などが提供している、緊急連絡用のアプリをダウンロードする必要があるので、ひと手間増えるのは事実ですね。

Eメールのイラスト

2-6.デメリットはある?

それでは楽天モバイルのデメリットと言えばどんなことがあるのでしょうか?

キャリアメールが使えない

@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpと言ったいわゆるキャリアメールが使えなくなります。昔に比べるとLINEなどの定着で、キャリアメールへの依存度はもう高くなく、全く使っていないなんて人も少なくないですが、仕事上でもキャリアメールを使用しているような営業マンなどだと、メールアドレスの変更は面倒くさいかもしれません。

パケット契約プラン数が少ない

上記で説明しましたが、楽天モバイルが提供している料金プランは、基本プランだとS、M、Lの3パターンしかないなどパケット契約数のプラン数が少ないデメリットもあります。ドコモのように細かく分かれ過ぎていて分かりづらいのも困りますが、効率的にパケットを消費したい時に、ちょうど良いパケット数がないなんて声も確かにあります。他の格安SIMのパケットプランと比較してもバリエーションの少なさは確かに事実です。それだけ分かやすいとも言えるのですが。

長時間通話したい人には向かない

楽天モバイルの場合、通話のし放題が5分以内のものしかなく、恋人や友だちなどと長電話したい人だと逆に高く付いてしまいます。長電話派の人は、大手キャリアが提供している完全時間無制限の通話し放題プラン(カケホーダイ)などのほうが安くなるでしょう。

携帯払いが使用できない

「ドコモケータイ払い」のようなキャリアが提供している携帯電話代と合算して請求される方法は取れません。その代り、楽天IDを結び付けての「楽天銀行払い」(楽天銀行の口座所持者)などの楽天ならではのサービスもあります。

「既読スルーにショックを受ける週末孤独女子既読スルーにショックを受ける週末孤独女子」[モデル:たけべともこ]のフリー写真素材を拡大


   (次ページへ続きます)
【得する話】iPhone8・iPhoneXの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone8・iPhoneXを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone8・iPhoneXなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら

→ドコモはこちら

→auはこちら

→ おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう

→ おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう

1 2 3

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価(MNP)

★★★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  •       
  • 頭金なしで余分な費用がかからない

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない