Huawei P9 lite スペック・料金・プラン徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

3. Huawei P9 liteの購入方法

3-1. 店頭やネットでのオンラインショップから購入

Amazon(20916円)楽天市場(23299円)エディオン(27864円)上新電機(24040円)ZOA(29043円)ノジマ(23021円)ビックカメラ(24210円)ヨドバシカメラ(26400円)などのオンラインショップなどで購入出来ます。

3-2. MVNOのセットプラン、キャンペーンでの購入

MVNO各社Jは端末一体型の料金システムなどのキャンペーンを期間限定などや機種限定で行っています。対象となる端末も入れ替えが頻繁に行われています。人気機種は品切れになることがありHPの情報も変わります。P9liteについてはDMMでは対象機種は外れていますし、LINEでは全カラー品切れの状況です。(2016年3月29日現在)

データSIMカードや音声通話SIMカードの利用を検討しているのなら、セット価格やキャンペーンは、通信料金、スペック、機種代金などトータルとして見た場合、最大のコストパフォーマンスを得られるのではないでしょうか。そのためにも常にHPなどの確認をしておく必要がありますね。

LINEモバイル

一括価格24800円。2016年3月29日現在全カラー品切れ。

mineo

一括価格24000円、分割:1000円×24回

NifMo

一括価格26667円、分割:1112円×24回

セット料金はデータ容量(3GB、7GB、13GB)とSIM(データ専用、SMS対応、音声通話対応)の組み合わせで設定されています。

 

(金額はすべて税抜)

通信量は控えめ&
料金を抑えたい!

  • 3GB

SNSチェックや
Webで画像をよく見る

  • 7GB

動画や、PCも
外出先で楽しみたい!

  • 13GB
スマホ+データ専用SIM

月額基本料金24カ月間

月額1,812

データ専用SIM 月額900円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

月額基本料金24カ月間

月額2,512

データ専用SIM 月額1,600円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

月額基本料金24カ月間

月額3,712

データ専用SIM 月額2,800円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

スマホ+SMS対応SIM

月額基本料金24カ月間

月額1,962

SMS対応SIM 月額1,050円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

月額基本料金24カ月間

月額2,662

SMS対応SIM 月額1,750円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

月額基本料金24カ月間

月額3,862

SMS対応SIM 月額2,950円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

スマホ+音声通話対応SIM

月額基本料金24カ月間

月額2,512

音声通話対応SIM 月額1,600円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

月額基本料金24カ月間

月額3,212

音声通話対応SIM 月額2,300円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

月額基本料金24カ月間

月額4,412

音声通話対応SIM 月額3,500円+端末分割料
1,112円-機器セット割200円

 

goo SimSeller

一括価格238000円。分割:1050円×24回。

決算セールにより19800円に値下げされています。2016年3月29日現在

 

楽天モバイル

通話SIMで申し込む場合、一括価格12800円、分割:576円×24回。

データSIMで申し込む場合、一括価格14800円、分割:666円×24回。

p9liteは「コミコミプランM:2480円(税込)/月(2年目3480円、3年目以降2230円)」の対象機種となっています。

コミコミプランM:高速データ通信2GB+p9lite代金+5分かけ放題

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない