Huawei P9 lite スペック・料金・プラン徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

2. Huawei P9 liteと他のHuawei製品

Huaweiは革新的なスマートフォンを販売しております。P9 lite以降販売されている機種7機種あります。

「P9 lite」は2016年6月17日発売。「p9」は2016年6月17日発売。「honor8」は2016年9月28日発売 。「P9 lite PREMIUM」は2016年11月25日発売。「Mate 9」は2016年12月16日発売。「nova」「nova lite」が2017年2月24日に同時発売となっています。

Huawei機種として「p9」「P9 lite」「P9 lite PREMIUM」のスペックを検討して、次に「honor8」「Mate 9」「nova」「nova lite」との比較をして、コストパフォーマンスを含めトータル的に「p9lite」の優位性を探ります。

 

2-1.  HuaweiP9シリーズ製品

Huawei P9シリーズに3機種あり、p9、P9 lite、P9 lite PREMIUMの合わせてて3機種があります。3機種とも2016年発売です。

「p9」は2016年6月17日発売。価格.comの価格は45980円〜。直販価格は 59800円。フラッグシップモデル。honor8と同等のスペックです。

「P9 lite」は2016年6月17日発売。価格は、価格.comで23057円〜、直販価格は29800円です。ミドルレンジ。

「P9 lite PREMIUM」は2016年11月25日発売。P9 liteをベースにしたUQ mobile仕様で他では販売していません。端末代金が100円でプランSは月額1980円、プランMは月額2980円の2通りのプランがあります。プランSはデータ容量2GB、無料通話60分。プランMはデータ容量6GB無料通話120分です。     UQ mobile公式サイト

 

2-2.  Huawei P9 liteのアピールポイント

2-2-1. 進化した指紋センサー

最大5つの指紋登録ができる高感度な指紋認証センサーです。登録した指でどの方向からも軽くタッチするだけで素早く指紋を認証します。ロック解除するというより指を滑らすという感じです。指をスライドさせないとなかなか認識されないとか、認識されてもロックが加除されるまで少し待たされるなどイライラさせられることはありません。

本体を持つときに人差し指が指紋センターに触れるような位置に来るので持ってすぐロック解除される感じです。スマートキー機能は新しいタッチスタイルを実現しています。指紋センサーにカメラを起動するように設定しておけば、ロック解除と同時に写真撮影ができます。シャッターチャンスを逃さなくてすみますね。

2-2-2. 情報処理能力の高いCPUと大容量バッテリー

HiSilicon社製のKirin650nCPUは負荷の掛かるタスクにも、パワフルでスマートの働きます。3000mAhの大容量のバッテリーはタフな長時間(約1.3時間)の使用にも答えられます。

 

2-2-3. 多彩な機能のカメラ

メインカメラは1300万画素、インカメラは800万画素で、共にF2.0の赤追レンズを搭載しています。暗い所の被写体もきれいに撮れます。広角レンズのインカメラは自撮りの時背景も一緒に綺麗な写真が残せます。カメラを立ち上げたときに出ているフォーカスポイントを長押しした後、フォーカスポイントを移動させるとそのポイントに合わせた光量に調節することができます。画面の明るさを調整したいときに便利です。

 

パーフェクトセルフィーは自分お顔を登録しておくと、お気に入りのビューティー補正をしてくれます。他の人の顔も10段階で補正可能です。

 

 

 2-2-4. フルHDディスプレイとスリムなボディ

高精細なフルHDの5.2インチのディスプレイは色鮮やかな綺麗な画面。メタルフレームでありながら重さ147g、厚さ7.5mmの薄さは見事です。より美しく、よる薄く、より軽く、へレベルアップしています。

 

2-3. P9/P9 lite/P9 lite PREMIUMのスペック比較

 

P9 lite PREMIUMはUQ mobile仕様でスペックについてはほとんどP9liteと同じです。違う点はCPUで、同じオクタコアでP9 liteはHuawei Kirin650 2.0GHz×1.7GHz、P9 lite PREMIUMはMSM8952 1.5GHz×1.2GHzです。一般的にAndroidスマホの性能検証アプリAntutu Benchmark」の結果では、トータルスコアでP9 liteの方が上回っています。

通信速度については、P9 liteの下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対しP9 lite PREMIUMの下り最大220Mbps、上り最大25Mbpsの方が早いです。 これはUQ mobilenoの通信速度です。

RAMとROM、ディスプレイ、カメラについては同じですね。実用的な速度としてはP9 liteでも十分な早さをキープできるのではないでしょうか。

P9 lite PREMIUM

P9 lite

サイズ

146.8×72.6×7.5mm

146.8×72.6×7.5mm

重さ

147g

147g

カラー

ホワイト・ゴールド・ブラック

ホワイト・ゴールド・ブラック

OS

Android 6.0

Android 6.0

UI

Emotion UI 4.1

Emotion UI 4.1

CPU

MSM8952 オクタコア

(1.5GHz+1.2GHz)

Huawei Kirin650 オクタコア

(2.0GHz×1.7GHz)

RAM

3GB

2GB

ROM

16GB

16GB

バッテリー

3,000mAh

3,000mAh

ディスプレイ

5.2inch FHD

(1,920×1,080)

5.2inch FHD

(1,920×1,080)

カメラ

1300万画素/800万画素

1300万画素/800万画素

通信速度

受信時最大 220Mbps

送信時最大 25Mbps

受信時最大 150Mbps

送信時最大 50Mbps

通信方式

4G LTE / WiMAX 2+

CA対応

Bluetooth:v4.1

Wi-Fi:802.11b/g/n

FDD-LTE:B1/3/5//7/8/19/28

TDD-LTE:B40

W-CDMA:B1/5/6/8/19

GSM:850/900/1800/1900MHz

Bluetooth:v4.1

Wi-Fi:802.11b/g/n

※Huawei 公式HPより

 

P9 liteとP9 lite PREMIUMは外観は同じで見分けがつきません。

      P9 lite                  P9 lite PREMIUM

 

ミドルクラスP9 liteとハイエンドクラスP9のスペック比較

P9

 

ミドルクラスのP9 liteとハイエンドクラスのP9の比較なのでスペックとしては、P9の方が上です。性能と価格のコストパフォーマンスを考えると実用性は十分あるp9liteは買ですね。p9価格57980円(Amazon価格)。p9lite価格28980円(Amazon価格)。

p9にはライカのレンズがダブルで使われており、RGBの色彩情報とモノクロ情報をそれぞれ行っています。インカメはP9liteの方がF値が低く明るく撮れ自撮りに優位。

メモリの容量(P9がRAM3GB、ROM32GBでP9liteはROM2GB、RAM16GB)や、CPUの性能などはP9の方が上回っています。ディスプレイ は5.2Inch1920×1080で同じです。通信速度は上り最大速度は50Mbpsで同じですが、下り最大速度はP9が262.5Mbps、P9liteは150Mbpsでp9の方が早いですね。

 

HUAWEI P9とP9liteのスペック比較

 

HUAWEI P9

HUAWEI P9lite

OS

Android 6.0

(Marshmallow)

Android 6.0

(Marshmallow)

CPU

Huawei Kirin 955

オクタコア 2.5GHz

4×2.5GHz+4×1.8GHz

Huawei Kirin650

オクタコア 2.0GHz

4×2.0GHz+4×1.7GHz

メモリ(RAM)

3GB

2GB

ディスプレイ

5.2インチ

1920×1080

5.2インチ

1920×1080

容量(ROM)

32GB+Micro SD

16GB+Micro SD

カメラ

1200万画素

デュアルレンズ

800万画素

(インカメラ)

1300万画素

800万画素

(インカメラ)

指紋センサー

搭載

搭載

無線通信

Wi-Fi a/b/g/n/ac 5GHz

Bluetooth 4.2

Wi-Fi b/g/n

Bluetooth 4.1

対応電波周波数

4G LTE

3G W-CDMA

2G EDGE/GSM

4G LTE

 3G W-CDMA

 2G EDGE/GSM

バッテリー容量

3000mAh

USB Type-C

3000mAh

microUSB

重量

144g

147g

サイズ

横70.9mm

縦145mm

厚さ6.95mm

横72.6mm

縦146.8mm

厚さ7.5mm

ミスティックシルバー

チタニウムグレー

レッドブルー

ゴールド

ホワイト

ブラック

SIMカード

Nano SIM

デュアルSIM

Nano/Nano SIM

端末価格

57980円(Amazon価格)

 28980円(Amazon価格)

 

 

2-4.HuaweiP9シリーズ他の製品

 

p9シリーズ以外では「Mate 9」は2016年12月16日発売され価格.comで57196円〜。「honor8」は2016年9月28日発売され、価格はHuaweiオンラインストアで46224円、楽天モバイルで32600円。「nova」「nova lite」が2017年2月24日に同時発売され「nova」34800円と、「nova lite」は格安SIMセットでの購入となり、キャンペーン割引が良いのでMVNOでのセット購入が最安です。

2-3-1. p9liteとnova liteの比較

nova lite は2016年に格安スマホとしてP9liteと同様にコストパフォーマンスのいい格安スマホです。p9liteトはサイズ、重さ、カラー、OS、CPU、メモリ、バッテリー、ディスプレイつついては全く同じといっても良いほどです。

カメラについては、メインカメラの画素数はnova lite は1200万画素がP9liteは1300万画素、F値はnova liteのF2.2に対しP9liteはF2.0です。カメラについてはP9liteの方が良いですね。連続待ち受け時間についてはP9liteの方が少し長いですね。

 

2-3-2. p9liteとnova、Mate9、 honor8の比較

p9lite         nova         Mate9       honor8

発売日の新しいnova(2017年2月24日)、Mate9(2016年12月16日)、 honor8(2016年9月28日)は、2016年6月17日発売のp9liteと比較した場合、スペックもアップしたものが発売されるので、p9liteは劣っているという見方は当然です。しかしそれほどの差があるのかというとそうでも無い部分もあります。

・CPU、メモリー

全てCPU 8個が搭載されています。CPU を4個づつ周波数のつがったものにしています。novaは8個が同じ周波数です。数値的に見てMate9、honor8、nova、p9liteの順になると思うのですが。メモリのRAM、ROMの容量を見ても順位は同じですね。

・カメラ

p9liteの方がnovaよりメインカメラの画素数とF 値は上です。あとの2つのMate9、honor8はダブルレンズカメラを搭載しているのでP9liteはかないませんね。

・ディスプレイ

4機種とも解像度は一緒、おき差に差があります。p9liteの5.2インチはnovaの5インチを上回っています。

・連続待受時間

P9liteは他と比べても劣らない時間を持っています。

・実売り価格

価格についてMVNOおキャンペーンやネットでのオンラインショップなどいろいろな価格が提示されています。あくまで参考価格としてみると、p9liteの実質13950円とケースと、novaは37800円、Mate9は60800円、 honor8は32600円を見ると、p9liteの低価格が際立ってきます。

・コストパフォーマンス

価格とスペックを合わせてみると、スペックでは確かに4機種のうちp9liteは一番劣っていることは認めざるを得ませんが、格安スマホとしては十分、実用的です。価格の差を考えれば、コストパフォーマンスではp9liteは一番といってもいいのではないでしょうか。

 

Huaweiの機種、「P9 lite」「p9」「honor8」「P9 lite PREMIUM」「Mate 9」「nova」「nova lite」中でコストパフォーマンスを考えた場合、「P9 lite」はファーストチョイスとして十分価値のある機種です。

 

p9lite、nova、Mate9、honor8スペック比較

  P9 lite nova Mate 9 honor 8

CPU

オクタコア2.0GHz×4+1.7GHzx4 Huawei Kirin650

オクタコア  2.0GHz ×8   Snapdragon 625

オクタコア 2.4GHzx4+1.8GHz×4 HUAWEI Kirin 960

オクタコア2.3GHz×4+1.8GHzx4 Huawei Kirin 950

RAM

2GB

3GB

4GB

4GB

ROM

16GB

32GB

64GB

32GB

ディスプレイ

5.2インチ

5インチ

5.9インチ

5.2インチ

解像度

1920×1080

1920×1080

1920×1080

1920×1080

カメラ

背面1300万画素(F値2.0)/前面800万画素(F値2.0)

1200万画素(F値2.2、1.25μmピクセル)/前面800万画素(F値2.0)

背面ダブルレンズ(1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー)/前面800万画素

背面ダブルレンズカメラ1200万画素(モノクロ+カラーセンサー、F値2.0)/前面800万画素(F値2.4)

電池容量

3000mAh

3020mAh

4000mAh

3000mAh

サイズ

146.8 x 72.6 x 7.5 mm

141.2 x 69.1 x 7.1mm

156.9 x 78.9 x 7.9mm

145.5 x 71.0 x 7.45 mm

重さ

147グラム

146グラム

190グラム

153グラム

連続待受

LTE 610時間、WCDMA 630時間

まだ不明ですが、電池持ちはかなり良い

LTE 610時間、3G 630時間、ビデオ再生20時間、Web閲覧20時間なので相当電池持ちが良い

LTE 390時間、WCDMA 380時間

充電時間

 

不明、ただしUSB Type Cの急速充電に対応しているので充電は結構早い

不明、ただし20分の充電で約1日使用可能との記載あり

30分で78%、70分で100%

本体カラー

ゴールド/ホワイト/ブラック

ミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールド

シャンパンゴールド、ムーンライトシルバー

サファイアブルー、サンライズゴールド、パールホワイト

実売価格

2万4000円(税込) / NifMoで実質1万3950円(税込) / 楽天モバイルで実質1万5973円(税込)

3万7800円

6万800円

4万2800円 / 楽天モバイルで3万2600円

2-5.  p9liteのライバル機種 ASUS Zenfone3

他社製品機種として、2016年に競い合ったASUSZenfone3を代表機種として比較してみます。

ASUS(エイスース)は台湾台北市に本社があるPC、PCパーツ、スマートフォンを製造している会社です。設立は1989年です。ASUS日本公式ページ

CPU:ベンチマークはZenfone3が上ですが、SNSやメール、LINEの使用についてはp9liteも十分であり差はありません。

バッテリー:Zenfone3は2650mAh、p9liteは3000mAhで、バッテリー容量としてはp9liteが大きいです。スマートフォンの使い方により一概には言えませんが、待ち受け時間に多少の差はあるかもしれません。

カメラ:画素数ではZenfone3が1600万画素でp9liteは1300万画素です。300万画素数の差がディスプレイでどれほど違っているかは許容範囲として見られるかどうかですね。

RAM・ROM:p9liteの2GB、16GBに対しZenfone3の方が3GB、32GBと大きいです。

サイズ・重量:大きな差はありません。

価格:楽天モバイルキャンペーン価格 p9liteは12800円、Zenfone3は29800円。

全体として:スペックの面ではenfone3の方が良いですね。価格を重視するか、スペックを重視するかで評価は違ってきます。価格に比例して性能が高いのは当たり前ですね。

 

p9lite、ZenFone3スペック比較

名称

P9 lite

ZenFone3

画像

メーカー

Huawei

ASUS

キャリア

SIMフリー

発売時期

2016年6月

2016年9月?

OS

Android 6.0

Android 6.0

CPU

Kirin 650

オクタコア

2.0GHz(4コア)

1.7GHz(4コア)

MSM8953

オクタコア

2.0GHz(8コア)

RAM

2 GB

3 GB

ROM

16 GB

32 GB

外部ストレージ

microSDXC

最大128GB

microSDXC

最大128GB

画面サイズ

5.2 インチ

5.2 インチ

画面解像度

1080×1920

FHD

1080×1920

FHD

背面カメラ

1300万画素

1600万画素

前面カメラ

800万画素

800万画素

バッテリー

3000mAh

2650mAh

連続待受

4G:約610時間

3G:約630時間

不明

連続通話

3G:約1130分

不明

Bluetooth

Bluetooth 4.1

Bluetooth 4.2

Wifi

802.11

b/g/n

802.11

a/b/g/n/ac

機種サイズ

(縦幅)

146.8 mm

146.87 mm

機種サイズ

(横幅)

72.6 mm

73.98 mm

機種サイズ

(厚み)

7.5 mm

7.69 mm

機種重量

147 g

144 g

カラー

ゴールド

ホワイト

ブラック

シマーゴールド

サファイアブラック

ムーンライトホワイト

参考価格

32,378円

26,000円前後

(台湾現地価格)

35,000円前後

(海外通販参考)

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない