OCN モバイル ONEの評価|料金・プラン徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

な2016年の統計によると、日本人全体のスマホ普及率は74%、10代〜20代だと94%台です。今やスマホは一家に一台、あるいは一人に一台と言っても大袈裟ではない現代日本人の必需品なのでしょう。

スマホの機能は日々進化し、ますます便利で使いやすくなっています。様々な機種のみならず、料金のプランや購入方法も多岐にわたり選択肢も増えています。

しかし、スマホを使用している上で頭を悩ませているのは、月々の料金でしょう。どんなに安いプランに設定してもドコモやau、ソフトバンクなどの三大キャリアでは6000円を超えることが殆どです。

そんな中、「安く使える新しいスマホの購入方法として注目を浴びているのが格安SIMです。格安SIM取り扱い業者は多々ありますが、今回はOCNモバイルONEについて解説していきますね。

1.格安SIMって何なの?

SIMカードとスマートフォン1

CMやネットなどで話題になっている格安SIMですが「そもそもSiMがなんなのか?」「格安って何が格安?」「どういう仕組み?」といった疑問の声を耳にします。

本題のOCNモバイルONEのお話に入る前に、格安SIMについて説明いたします。既にご存知の方は読み飛ばして頂いても結構ですし、おさらいを兼ねて流し読みしていただいてもかまいません。

1-1. SIMカードとは?

2F0E523D-FB13-499A-AD09-3C8033BC7027

まずSIMカードについて説明いたしましょう。SIMカードのSIMとはSubscriber Identity Module の略で、SIMカードとは、スマホなどに挿入し使用するI回線契約の契約者(Subscriber)を識別(Identity)するためのカードです。

SIMカードの種類は、標準SIM、MicroSIM(マイクロSIM)、nanoSIM(ナノSIM)の3種類で、このSIMにはスマホの電話番号などの様々な情報が記録されています。

SIMはスマホを利用する為に必須のものです。基本、SIMカードを取り出して、スマホに挿れれば、そのスマホを回線契約と紐づいた端末として使用できるようになります。

しかし、ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアはSIMロックと呼ばれる自社端末で他社のSIMカードを使えない措置をとっています。

SIMロックを解除できるのは、ドコモは2011年4月以降発売の機種、auとソフトバンクは2015年5月以降発売の機種です。SIMロックフリー、SIMフリーというのはSIMロックを解除された状態をいいます。

1-2.格安SIM、MVNOとは?

cell-towers-459002_640

格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が低価格で提供しているSIMカードの事です。イオンモバイル、ツタヤのように格安SIMと自社スマホをセットにして「格安スマホ」として販売している業者もいます。

「MVNO」とはMobile Virtual Network Operator略で、直訳すると「仮想移動体通信事業者」です。格安SIMを販売している業者者のことを言います。

MVNOは、自社の無線基地局などの通信設備を持たずに大手キャリアから回線を借り受け、それを格安SIMユーザーに提供しています。MVNOのV=Virtual(仮想)はこの部分を指しています。

1-3. 格安SIMだとなぜ安くなるのか?

PAK141221220I9A4947_TP_V

MVNOが格安でサービスを提供できるのは、ドコモ、au、ソフトバンクなどの三大キャリアから回線を借り、販売に関するあらゆるコストを削減し、データ通信量や通信速度を制限している為です。

格安SIMとのセットで販売されるスマホも自社端末以外は、三大キャリアと比べ若干古い、最新式ではないもの使用しています。これらのことにより、安く提供できているわけです。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない