MVNO大手13社メリットとデメリット|徹底比較


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

2-8 BIGLOBE SIM

NECが運営しているプロバイダBIGLOBEが母体です。その昔からNECが日本においてパソコンシェアが高かったこともあり、プロバイダはBIGLOBEを使用している人も多いのではないでしょうか。

そのため、ユーザーアンケートなどでも「安定・安心」と答えていた人が多いほどです。

BIGLOBE SIM メリット

・家族みんなで使用できる(シェアSIM)

・クレジットカード無しでも契約ができる(口座振替にも対応している)

・BIGLOBE Wi-Fiを利用できる

・セキュリティ対策ソフトが12か月(1年間)無料

BIGLOBE SIM デメリット

・スマホセット契約の際、端末の一括払いができない

BIGLOBE SIM まとめ

BIGLOBEは際立ったデメリットがない分、メリットも全てオーソドックスな印象があります。及第点と言う感じでしょうか。

メリットの中で特筆すべき点は、BIGLOBE Wi-Fi。ドコモにはdocomo Wi-Fiなどそれぞれキャリアが独自にWi-Fiを整備しており、当然、大手キャリアを解約すると、それは使えません。やはり、データ容量を節約するのは、Wi-Fiの利用の必須。その意味で、BIGLOBE Wi-Fiは、全国86000カ所のWi-Fiスポットがあるので、上手く活用して通信費削減にしたいですね。

Wi-Fi 無線LAN 1 透過PNGの高画質画像

2-9 b-mobile(ビーモバイル)

インターネット創世記からネット事業に携わっている日本通信株式会社が運営しているMVNOです。小容量の「おかわりSIM」と定額でLTE無制限プランの「高速定額」があり、幅広いニーズに合わせています。

b-mobile メリット

・あまり速くはないものの使い放題で900円、音声付で1,560円とリーズナブル

・細分化された豊富な料金プラン

・Amazon等でも簡単にSIMカードが手に入る

b-mobile デメリット

・クレジットカード決済しかできない

・Wi-Fiスポットがない

・口コミでは速度に関する不満が多い

b-mobileの最大の特徴である定額のLTE使い放題でこの料金は魅力的です。しかし、ユーザーのレビューを見る限り、速度に対する不満が多く、大手キャリアなど他社のLTEの速度と同レベルで見ているとストレスが溜まることでしょう。

パソコンの商用利用可能なフリー写真素材

2-10 IIJmio(みおふぉん)

日本で最初に商用サービスを開始したプロバイダである株式会社インターネットイニシアティブが運営しているMVNOです。

まさにインターネット業界の老舗として、昔からのネットユーザーにはお馴染みの会社です。

IIJmio メリット

・全てのプランで複数のSIMが利用可能

・自宅の光回線であるIIJひかりもあり、両方契約することで月額600円割引できる

・仮に低速になった場合でもバースト転送で、比較的快適にネットができる(SNSやLINEなどでは違和感なし)

IIJmio デメリット

・MVNOの中では決して安くない料金プラン

・料金プランの選択肢が少ない

IIJmio まとめ

MVNOも早くから参入していたIIJmioなだけに、後発のMVNOに比べると、料金プランの料金もバリエーションもやや物足りない感じはあります。しかし、プロバイダ時代からIIJを使っている人などには「安心感」があり、ユーザーの口コミレビューは決して低くありません。

また、最大のメリットとも言えるのが、全ての料金プランで複数のSIMが使えること。多くのMVNOでは、小容量の低額プランでは使えない場合も少なくないので、SIMカードを複数枚使いこなすヘビーユーザーにとっては朗報と言えます。

「SIMカッターとSIMカードSIMカッターとSIMカード」のフリー写真素材

2-11 TONE

坂口健太郎のCMでもお馴染みのレンタルビデオから始まり、今や多角化経営をしているTSUTAYAのMVNOです。

詳細は後述するもののスマホデビューの人など初心者向けのMVNOです。

TONE メリット

・低速ながら月額1000円で使い放題

・19歳以下基本プラン1年間無料

・スマホ料金でTポイントを貯めることができる

TONE デメリット

・YouTubeなど動画閲覧はできない

・一度他社の高速通信を体験してしまうとストレスが溜まる

TONE まとめ

TONEはMVNOではかなり後発のため、インパクトのあるサービスを打ち出しています。2大メリットである「1000円で使い放題」と「19歳以下1年間無料」です。

ただメリットの裏にはデメリットがあることが多く、この「1000円で使い放題」も、低速契約なので、YouTubeなどの動画閲覧や、ネットサーフィンをサクサクやるのは厳しいです。他社の高速通信に慣れてしまった人には相当なストレスが溜まるでしょう。

つまり初めてスマホを持つ人で、ネット通信ではLINEなどの連絡ツールを使用するような未成年者には適切なスマホだと言えます。

DVD ROM デジタルイメージ|bus0084-003

2-12 DMMモバイル

石川県のレンタルビデオ店からスタートし、今やビデオオンデマンドやオンラインゲーム、更には子会社では証券事業まで行っているDMM。comが営んでいるMVNOです。

業界最安値とうたい文句にしており、その言葉通り基本使用料でとにかく安くしたい人にはおすすめです。

DMMモバイル メリット

・追加チャージの価格が安い(100MB 200円、1GB 1100円など)

・業界最安値というだけあっての基本使用料の安さ(3GB 850円、10GB 2190円 ※データSIM)

DMMモバイル デメリット

・SIMカードが届くまで時間を要する(すぐに開通しない)

・専用店舗がないので、サポートを受けづらい

・縛りがある(13か月)

DMMモバイル まとめ

やはりDMMモバイルの最大のメリットは、その安さでしょう。小容量プランでも、他社に比べて100円ほど安くしているプランもあり、意地でも他社より安くしようとする意地みたいなものを感じます。

ただし13か月未満で解約すると解約違約金9000円がかかる、すぐに開通できないなどのデメリットもあり、やはり障害があってもとにかく安くしたい人におすすめです。

レンタルビデオ屋のイラスト

2-13 Nifmo

富士通の子会社で、日本のネット社会を支えてきたと言っても過言ではない「ニフティ」のプロバイダでお世話になった人も多いであろうニフティ株式会社のMVNOです。

目立ったキャンペーンや宣伝をしていないため地味な印象はありますが、プロバイダ老舗なだけにサポートがしっかりしていることが特徴です。

Nifmo メリット

・自宅まで来てサポートしてくれる「NifMo 訪問レクチャー」が好評(有料オプション)

・専用アプリ「Nifmo バリュープログラム」で様々な店舗で割引を受けられる

Nifmo デメリット

・SIMカードの追加は不可能

・専用アプリ「Nifmo バリュープログラム」はあまり買い物をしない人にとってはメリットなし

Nifmo まとめ

やはり老舗だけあって、多くの他業種と提携をしており、買い物をよくする人にとっては専用アプリ「Nifmo バリュープログラム」を上手く使いこなすことで節約につなげることができます。

また、上記の「NifMo 訪問レクチャー」以外にも、サポートが充実しているので、初めてのスマホで不安な人にはおすすめです。

インターホン・ドアホンのイラスト

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない