MVNO大手13社メリットとデメリット|徹底比較


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

今やスマホは生活になくてはならない生活必需品と化しています。もう1日でもスマホがない生活なんて落ち着かなくて考えられないなんて人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、スマホでネックなのはその料金。ガラケー時代に比べると倍以上になったなんて声も聞くほどです。

必要だけど高い!こんな悩みを解決してくれるのがMVNO(格安SIM)です。

今や、元々通信系だけでなく多業種が参入しているMVNO。料金は、大手に比べるとどこもその名の通り格安で嬉しい限りですが、どこも似たり寄ったりだと思っていませんか?

それがそうでもないのです。意外と各社特徴が出てきているMVNOの大手13社のメリットとデメリットを紹介します。

スマホ代を節約したい人は是非参考にしてください。

「散らばったSIMカード散らばったSIMカード」のフリー写真素材

1.MVNOとは?どういう仕組み?

まず最近MVNOってよく目にしますけど。いったいどんな仕組みなのでしょうか?一部では格安SIM、格安スマホなんて呼び方もありますね。

MVNO=Mobile Virtual Network Operatorの頭文字を取ったもので、日本語に直すと仮想移動体通信事業者

NTTドコモ、au、ソフトバンクと言ったいわゆる大手キャリアは、自社でアンテナを建てたり、保守・点検などを行っている回線を保有しているのに対して、MVNOはそれら大手キャリアから回線を借りてサービスを提供している企業のことです。

よって、大手キャリアに比べて資金は少なくて済むため、低価格が実現できる仕組みなのです。

では、MVNO全体のメリット、デメリットはどんなものでしょうか。

1-1 MVNOのメリット

・基本使用料が安い

※各社により料金は異なるが、だいたい大手キャリアの半額以下

・2年縛りがない

※MVNO各社によりいつでも解約手数料をはじめ、半年契約や、1年契約だと割引になるものなど多彩

・SIMカードのみの契約もしているので、今使っているスマホなど好きな機種を使用することができる

・料金プランが多彩(=自分に合ったプランを見つけられ、無駄に多いデータ容量を契約しないなど節約できる)

「【海外の反応】ガッツポーズする外国人【海外の反応】ガッツポーズする外国人」[モデル:Max_Ezaki]のフリー写真素材

 

 

 

1-2 MVNOのデメリット

・駅前など回線が混雑するところで速度が遅くなる場合が多い

(例)大手キャリア=3車線の道路、MVNO=1車線の道路 法定速度は一緒でも交通量(使用者)の数により1車線は渋滞してしまいますよね。同じ原理です。

・設定を自分で行わなくてはならない

※決して難しい設定ではありませんが、Wi-Fi環境で行う必要がある、やや入力があるなど初心者だと大変に思う場合も。

・大手キャリアに比べるとサポートセンターの数が少ない

※問い合わせ電話も時間がかかる場合も

・キャリアメールが使用できない(@docomo.ne.jpなど)

・有料サイトのケータイ払いが使用できない

「お店の場所がなかなか見つからない男性(迷子クラスタ)お店の場所がなかなか見つからない男性(迷子クラスタ)」[モデル:ナリシゲ]のフリー写真素材

1-3 デメリットが多そうに見えますが

各社共通と言えるMVNOのメリット、デメリットを並べてみました。このように箇条書きで羅列してしまうと、「意外とデメリット多い?」なんて思う人も多いかもしれませんが、例えばキャリアメールですが、Yahoo!(Yahoo!メール)やGoogle(gmail)などのフリーメールや、facebookやSkypeのメッセージ機能、そして今やほとんどの人が活用しているLINEなどの無料通話アプリで十分ではありませんか?

上記のデメリットを補っても余るほど料金の安さはやはり魅力的です。モノを買ったときのように1回払えば終わりなのであれば、多少高くともサポートがしっかりあるものなどという選択肢もありですが、スマホ料金の場合月々支払うもの。

例えば月に3000円安かったら1年で36000円、3年で108000円も変わってくる話になるのです。

お札|mny0017-001

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない