携帯乗り換えでベストなタイミングは?MNPで知っておくべき6つの知識

Pocket

今や携帯をお得に購入する方法として定着している乗り換え(MNP)。

機種変更を考えている方々にとっては現キャリアで機種変更するかMNPするか悩むところですし、「乗り換え(MNP)にしたいけれど、どうすればいいのか?どうすればお得に乗り換え(MNP)できるか?」悩まれている方も少なくないでしょう。

今回は、形態の乗り換え(MNP)をする上で知っておきたい知識を6つお伝えしていきます。どのキャリアにも対応した内容ですので是非とも今後の乗り換え(MNP)の参考にしてくださいね。


携帯の乗り換えにかかる料金と手続きについては、携帯の乗り換えにかかる料金と手順は?絶対に得する方法を徹底解説もご覧ください。

おすすめの検索キーワード
iPhone 8・iPhone Xなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1. 携帯の乗り換え(MNP)について

すでに定着した感じのある「乗り換え(MNP)」という言葉ですが、おさらいと、その特徴を合わせて解説いたしますね。既に充分ご存知の方は、この項目は読み飛ばして頂いて結構ですが今一度確認されたい方は、是非とも読み進めて下さい。

1-1. MNPってどういう意味?

乗り換えの略語「MNP」とはモバイルナンバーポータビリティー(Mobile Number Portability)の略です。利用中の携帯電話番号はそのままで他社に移行できるというシステムです。

電話番号そのままで他社に移行するシステムは固定電話でもあります。固定電話の場合はナンバーポータビリティ(Number Portability)又は番号ポータビリティと言われています。

しかし、乗り換えという言葉自体は「乗り換え(MNP)」と表記される事がほとんどで携帯電話の専門用語として定着しています。

乗り換えの大きな特徴は、同キャリア内での機種変更や新規契約などと比べると割引サービスや料金プランなどの特典が多いところです。

最近は総務省の指示により、過剰な乗り換え(MNP)施策は実質禁止となっていますが、それでも乗り換え(MNP)はメリットが大きいです。

1-2. 乗り換え(MNP)の手続きに必要なもの

乗り換え(MNP)をするにあたって必要なものは下記の4つです。

1.MNP予約番号
2.本人確認書類(免許証やパスポートなど)
3.クレジットカードもしくは預金通帳(+印鑑)
4.転出・転入にともなう手数料

「MNP予約番号」はMNPに必要な10ケタの番号です。乗り換え前の携帯会社から発行してもらい、乗り換え先の携帯会社に提示することによって電話番号はそのままで、他社に移行できます。
「手数料」は登録する口座やクレジットカードから引き落とされるため、契約時に現金持ち込みは不要です。

MNP予約番号の取得方法は、MNP予約番号をたった5分で取得する3つのポイント!全キャリアの乗り換え方法をご覧ください。

1-3. 乗り換え(MNP)手続きの流れ

具体的な 乗り換え(MNP)の手続きの流れを解説していきましょう。まず 、現在契約している携帯会社から「予約番号」を発行してもらいます。

3大キャリアへの予約番号発行の連絡方法は以下の通りです。

【ドコモ】

・電話の場合:ドコモの携帯電話から151(通話料無料)へ電話する。受付時間はAM 9:00~PM 8:00(年中無休)
・パソコンの場合
My docomo→ログイン→ドコモオンライン手続きから取得
※注意:パソコンから利用にする場合、「docomo ID/パスワード」が必要となります。「docomo ID/パスワード」の発行には「ネットワーク暗証番号」が必要ですので要確認です。

【au】
・電話の場合:au携帯電話・一般電話共通で0077-75470 (通話料無料)へ電話します。受付時間はAM 9:00~PM 8:00(年中無休)です。

・パソコンの場合:EZweb→トップメニューまたはauポータルトップ→auお客さまサポート→申し込む / 変更する→au携帯電話番号ポータビリティー (MNP)
【ソフトバンク】
・電話の場合:ソフトバンク携帯電話から「*5533」(通話料無料)へ電話します。受付時間はAM 9:00~PM 8:00(年中無休)

・パソコンの場合:MySoftBank→設定・申込→契約者情報の変更
→番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き→番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)

予約番号を発行してもらったら、運転免許証やパスポート、または健康保険証に+住民票記載事項証明書又は公共料金領収書又は官公庁発行の印刷物といった身分証明書、印鑑、支払い方法(クレジットカード、口座振替のいずれか)を用意します。

手続きするショップを決めて、手続きをし回線切り替えをし30分ほどすれば乗り換え(MNP)は完了です。

街のショップなどで対面契約する場合、必要な設定はショップの店員さんがしてくれますがでネット販売店や各キャリアのオンラインショップで購入した場合には端末が到着後、ご自身で設定する事が必要となります。

MNPするために必要な費用は現在使用しているキャリアに支払う「MNP転出手数料」(2,160円~3,240円各社によって異なる)、乗り換え先に払う新規契約事務手数料(3,240円)、契約更新月以外の乗り換えの場合に支払う「契約解除料」(10,260円)です。

また、端末代金の支払いが残っている場合、引き続き支払いが必要となります。

Pocket

>>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3 4 5

関連記事