MNPには手数料がかかる?解約手数料を抑えるための2つの方法


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

XXヶ月目(次回更新年月 20XX年XX月)

「次回更新年月 20XX年XX月」の月に解約すれば、解約手数料はかかりません。

しかし、MNP手数料の他にも、残っている機種代金などにも注意が必要です。詳しくは「5. MNP手数料の他にも機種代金に注意」をご確認ください。

 

また結論としてはソフトバンクにMNPする場合、現時点で最もお得な方法はおとくケータイです。

最高額のキャッシュバックを保証してくれていて不要なオプションへの強制加入なども無いため、一番お得に乗り換えることが出来ます。

MNPではなく、今のキャリアのまま機種変更をしたいなら公式オンラインショップのソフトバンクオンラインショップ』『ドコモオンラインショップ』『au オンラインショップがおすすめです。

詳しくはこちら

4. ソフトバンクをご利用の場合の手数料

YUKA863_uresiina15202157_TP_V

ソフトバンクの解約手数料は下記の通りです。

通話し放題プラン スマ放題専用2年契約 9,500円
ホワイトプラン(ホワイト学割含む) 9,500円
ゴールドプラン 継続割引/家族割引 9,500円
オレンジプラン 新・自分割引 9,500円
年間割引 3,000円
学生割引
ハートフレンド割引
ブループラン 自分割引50 9,500円
1年割引 3,000円
家族割引MAX50 9,500円
※2010年4月26日以前にホワイトプランへお申し込みの場合、解除料金はかかりません。

ソフトバンクで契約解除料がかからないタイミングと調べ方

ソフトバンクの契約解除料がかからないのは、「更新月20XX年XX月XX日から1ヶ月間」です。

注意点としては、「更新月」中に解約すればいい訳ではなく、「更新月の締め日」から1ヶ月が解約手数料がかからない期間になります。

わかりづらいので、下記の例を御覧ください。

≪2017年4月が更新月の場合≫

10日締めなら・・・「2017年4月11日から1ヶ月間」

20日締めなら・・・「2017年4月21日から1ヶ月間」

末日締めなら・・・「2017年4月末日から1ヶ月間」

ソフトバンクの締め日は「10日」「20日」「末日」なので、そこから起算して1ヶ月になります。

ここに注意した上で、「更新月」を調べる方法を2つご紹介します。

(1)ソフトバンクお客様センターを使う

ソフトバンクお客様センター(157)に電話をして確認することができます。

ただし、混雑時は相当待つことになるので、その場合は「My SoftBank」を使いましょう。

(2)My SoftBankを使う

「My SoftBank」であれば、携帯はもちろん、PCやタブレットでいつでも調べることができます。

「My Softbankにログイン」→「契約内容の確認・変更」→「契約内容の確認・変更」と進みます。

すると、下記のような表示が見つかると思います。

ホワイトプランR(i)

[ご契約期間:1年10ヶ月目]

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない