携帯ショップ最も安いのはどこ?各社のメリットデメリット徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

 

先日発売された、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社のXperia™ XZ やAppleのiPhone7など人気の機種は、ドコモやauそしてソフトバンクの携帯電話大手3社から同時発売される傾向にあります。

料金プランも各社大きな違いが見られないため、どこのキャリアで購入してもあまり変わらないのではないかという感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアであっても専門のキャリアショップだけではなく、ヤマダ電気などの家電量販店に入っているショップ、そしてオンラインショップも存在するため、どこで購入することが良いのか迷ってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

近年では、格安携帯を販売するショップの存在もあり、選択肢は増える一方です。ここでは、携帯電話を購入するショップの選択肢とそれぞれのメリットとデメリットについてまとめていますので、携帯電話のショップ選びで迷っている方は是非参考にしていただけたらと思います。

 

1.携帯電話ショップの種類を整理する

pak23_husentomemo20140313_tp_v

販売形態などにより、様々な分類ができる携帯電話ショップですが、大まかにどのようなショップがあるのか整理したものが以下になります。

 

実 店 舗

akane072160504_tp_v
・ドコモショップ
・auショップ
・ソフトバンクショップ
・家電量販店など
・格安SIM販売ショップ

 

 

オンラインショップ

css85_mbamiru1292_tp_v
・ドコモオンラインショップ
・auオンラインショップ
・ソフトバンクオンラインショップ
・格安SIM販売ショップ

大きく分けると実店舗のショップとオンラインショップに分けられます。そして通信事業者としては、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアがあります。

ドコモ・au・ソフトバンクの専門のショップの他、ヤマダ電気などの家電量販店の中にも各キャリアの窓口があり、同様に携帯の購入などができます。

また、最近では大手キャリアの他に格安SIMのサービスを提供するキャリアも複数存在しており選択肢は更に増えているという状況になります。

 

 

1-2.実店舗のメリットとデメリット

まずは実店舗のショップについてのメリットとデメリットについて紹介します。

 

◇メリット
・販売担当者と対面で購入できるため、料金プランや端末について不明な点は、その都度聞きながら購入することができる。

・携帯購入後であっても、プランや端末についての疑問点について質問することができる。

・携帯端末を実際に手にして質感や動作などを確認することができる。

 

◇デメリット
・週末などは混雑しているため、待ち時間が発生する可能性がある。

・身近な所にショップが無い場合もある。

・担当者やショップの販売ノルマがあるため、勧められる料金プランや携帯端末が必ずしも購入者に適したものではない可能性がある。

 

1-2.オンラインショップのメリットとデメリット

 

◇メリット
・24時間いつでも購入することができる。(混雑による待ち時間などが発生しない)

・注文した携帯端末は宅配されるため、都合の良いときに受け取ることができる。

・料金プランやオプションなど自分で良いと思ったものを選択することができる。

 

◇デメリット
・リアルタイムで相談することができないため、事前に料金プランや端末の情報を把握しておく必要がある。

・携帯電話の使い方が、分からない場合などには説明書やインターネットで調べて自己解決する必要がある。

・インターネット環境が必要である。

 

実店舗のショップは、ショップの店員さんと直接話ができるため、料金プランは携帯端末についてあまり詳しくない方であっても、質問をしながらプラン選びや端末選びをすることができますが、必ずしも購入者にとってお得なプラン加入できるとは限りません。

もし、料金プランなどの情報にある程度詳しく、欲しい携帯端末が決定しているという方の場合には、実店舗よりもオンラインショップの方が、時間もかからず必要なプランを確実に選択することができるためよりメリットが大きくなります。

料金プラン選びや、どの携帯端末を選んで良いのかがよく分からないという方の場合には、実店舗で店員さんに質問しながら決めた方がより良い結果となるでしょう。

 

 

2.携帯電話大手3キャリアのショップ比較

docomoausoftbank

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアのショップでは、冒頭で述べたように、同じ携帯端末を取り扱っているものもあれば、特定のキャリアでしか購入できない機種もあります。

単純に比較することは難しいため、先日発売されたばかりのXperia™ XZ を購入する場合を例として比較して行きます。

 

2-1.端末代金でショップを比較する

sm_img_03

ドコモ・au・ソフトバンク各社のXperia™ XZの販売か価格は以下のようになります。

 

◼︎新規契約の場合

キャリア名称 端末代金 割引額 実質負担金
ドコモ 81,648円(3,402円×24回) 33,696円(1,404円×24回) 47,952円(1,998円×24回)
au 73,440円(3,060円×24回) 45,576円(1,161円×24回) 45,576円(1,899円×24回)
ソフトバンク 93,120円(3,880円×24回) 57,600円(2,400円×24回) 35,520円(1,480円×24回)

 

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない