家族葬とは?費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!

iPhone8・iPhoneXなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に乗り換えられます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

「家族葬」という言葉をご存知でしょうか?
家族で葬式を行う…もちろん、読んで字のごとくその通りなのですが、具体的に「家族葬」がどういった葬儀であるかを説明できる方は少ないのではないでしょうか。
人生の中で、葬儀を執り行う立場になることは少ないですし「別れ」は突然やってくるものです。
前もって葬儀について真剣に深く調べる方も多くないでしょう。
近年、葬儀のスタイルとして「家族葬」と呼ばれるものが急速に増えています
実際に葬儀を行う方の約半数がこの「家族葬」を行っているという現状があります。
その傾向は地方から都市部になればなるほど増加の傾向にあります。
実はこの「家族葬」には明確な定義は存在せず、故人の遺志やご遺族の意向によって変わってくるのです。
このページでは、「家族葬とは?費用を抑えて素敵な葬儀にするポイントを解説!」と題しまして
今後さらに増加するであろう「家族葬」について執り行う際のポイント、メリットなどを詳しくご紹介いたします。

1.お葬式の種類

main_ippansou

まずはじめに、お葬式にはいくつかの種類が存在します。
大まかに分けると以下の二種類です。

1-1.遺族・親族だけでなく、故人を知る人たちとともに見送る葬儀

遺族などの近親者のみではなく、故人を偲ぶ多くの方が参列する比較的規模の大きな葬儀スタイルが以下のものです。

・一般葬

saidan21_200

一般葬とはごく標準に行わる一般的なお葬式のスタイルです。
宗教儀礼を中心とし、親族をはじめ、故人に生前関係のあった方々に参列していただき、進行するお葬式になります。
規模的な意味合いも含めて親族および知人、友人を含めた人数でのお葬式を「一般葬」と定義しています。

・社葬/合同葬

funeral1

社葬とは、法人(企業)が施主となり、主に会社によって営まれる葬儀スタイルです。
また、合同葬とは、故人の喪家としての葬儀と法人としての葬儀を一体合同に執り行う葬儀スタイルです。
社葬・合同葬ともに、会葬者の多い大規模な葬儀となります。
社葬とはことなりますが、社会的な著名人や有名芸能人などが亡くなった際に催されることの多い「お別れの会」なども大規模な葬儀スタイルになります。

1-2.遺族・身内だけで見送る葬儀

家族や限られた近親者のみで行う、ごく少数の方々で執り行う葬儀スタイルのものが以下のものです。

・家族葬

photo120113_01

ご家族や身近な友人で執り行う極めて小規模な葬儀スタイルです。
それ以外の葬儀のながれは基本的に一般葬と変わりがありません。

・密葬

photo_saidan01

密葬とは、遺族・親族を中心に故人をよく知る人だけが内々に集い、
広く告知することなく密やかに行う葬儀のことで、古くから行われてきたスタイルの一つです。
家族葬との違いとして、密葬は「本葬」とセットで営まれることが一般的です。
参列をご遠慮いただき、基本的に家族のみで通夜と葬儀式を行います。
参列者を呼ばずに身内だけで執り行うことから、「家族葬」と混同される方もいらっしゃいますが別のスタイルです。

2.家族葬とは?

gatag-00007325

近年、頻繁に聞く言葉となった「家族葬」とは、具体的にどういった葬儀スタイルなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

2-1.家族中心でおこなう葬儀スタイル

imasia_18084529_S

家族葬とは、ご家族やごく身近な知人友人とお別れすることを優先的に考えており、儀礼的な弔問をなくした、
小規模な家族中心で執り行う葬儀スタイルです。
友人や知人には声をかけることなく家族と親族で行うか、故人との繋がりの強かった友人や知人のみに来ていただく形式です。
参列者は、家族や家族に準じた方のみで行い、一般の方とのお別れの場はありません。
そういった場合は通夜と葬儀式で対応します。

2-2.一般葬の小型版

一般的な葬儀の小規模な形と捉えるのが正しく、一般葬で行われる「通夜」「告別式」「火葬」といった標準的な儀式は通常通り執り行います。
ですから、家族葬だから「通夜」は省くといった儀式の削減等は基本的にありません。
故人を偲ぶという一れ連のセレモニーは一般葬と同じ流れになります。
人数的には20人以下の葬儀を指したり、50人以下のことだったりとバラつきがあります。ただ、総じて規模が30人より小さい葬儀を家族葬ということが多いようだ。

2-3.決まった定義があるわけではない

家族葬は家族のみと限定するに対して、はっきりとした限定を設けません。
ですから、一般層との違いは参列者を近親者に限っているという点のみの違いになります。
職場関係や近所の方々に訃報をだしませんが、告別式には親しい方に参列していただく場合もあります。
葬儀を知ってお香典をお持ちになる方や、受付や会葬返礼品、料理の準備は行っておき、参列があればおもてなしをします。
「家族葬」だからといって「こうしなければならない」といったルールや定義は基本的にないと考えてよいでしょう。

2-4.一般葬より低価格なことも

家族葬は近親者のみで執り行う小規模なお葬式となりますので、おのずと規模は小さくなります。
葬儀場もそれにあわせたサイズになりますので、一般葬とくらべて葬儀の費用が低価格になる傾向にあります。

3.家族葬に関心が集まっている理由

54471e9805eec5f6438112a9ed40c758_l

月刊誌「仏事」を出版する鎌倉新書(東京都中央区)が全国の葬儀社217社を対象に平成26年に実施した調査によると、
参列者31人以上の「一般的葬儀」は全体の42%。30人以下の「家族葬」が32%。その他が26%でした。
実際の住職をしている方に伺っても5割り以上の方が家族葬を行っているという話も聞きます。
そして、その割合はここ数年で急速に増えているそうです。

ではなぜ、近親者のみで執り行うお葬式である家族葬が、昨今注目されているのでしょうか。
それには以下のような社会的背景が密接に関わっています。

3-1.高齢化の進行と少子化

悩み2

超高齢化社会である日本。
この高齢化は、必然的に葬儀スタイルに変化をもたらしました。
80歳以上の死亡者は昭和50年には全死亡者の25%程度でしたが、最近では60%にまで増えているそうです。
高齢になることで行動する範囲は狭くなります。
行動範囲が狭くなることは、周囲との付き合いが減少していき、参列者の数も比例して減少します。
高齢で亡くなる方が増えるということは、葬儀を執り行う故人の子供たちも高齢となり、
すでに会社を定年退職していたり、社会との繋がりが比較的少なくなっているため
会社の元同僚や元取引先にはわざわざ声をかけないことになります。
そうすることで、参列者がどんどんと減ってしまい一般葬ほど大きな葬儀場で行う必要がなくなってしまうのです。

3-2.地縁・血縁関係の希薄化

近所付き合いの希薄化や核家族化なども「家族葬」増加の要因のひとつにあげられます。
都心部になればなるほど、地域との繋がりをもたない世帯も増えていきます。
マンションの隣の人を見たことがない、なんていうのは珍しいことではないでしょう。
地域との繋がり強ければ、それだけ近所の方が参列することになりますが、地域に訃報を伝える必要がない家庭が増加しています。
また、核家族化も増えており親類との交流はほとんどなく、家族だけでのコミュニティに収まっている場合もあります。
そういった場合は、遠方の親類にわざわざ参列してもらわないケースも増えています。
ミニマムな関係の中で故人を偲びたいという方が増加しているのは地縁・血縁関係の希薄化が原因といえるでしょう。

3-3.価値観の多様化

葬式とはこうしなければならない、といった固定観念が薄れてきているのも事実です。
伝統的な地域の習わしや、宗派による特別な儀式なども減っているのではないでしょうか。
故人を想う気持ちは誰しも同じこと。
形式にとらわれず、自由に故人を送り出したいという価値観の多様化が、近親者のみで行う小規模な「家族葬」とマッチしています。

4.「葬儀の意味」とは

7c0dc486342ec68d990764a660018a7a [20556]

そもそも葬儀にはどんな意味があるのか考えてみましょう。

4-1.通夜

遺族が大切な家族の死を受けとめるための時間を持つための儀式です。

4-2.葬儀式

仏教の場合は宗教者による読経や焼香といった、宗教的儀式で死者を見送ります。

4-3.告別式

亡くなったことのお知らせや、生前のお礼といった遺された家族が挨拶します。
死を社会的に確認するための儀式です。

4-4.火葬・埋葬

ご遺体の衛生上の対応。ご遺体の処理になります。

4-5.法要など

通夜・葬儀式から法要までのひとつひとつが、大切な人の死を受け入れていくためのプロセスです、
故人の最後の儀式と表現されることがありますが、亡くなったことを社会的にお知らせし、
故人の死を認識して受け入れていく遺された者たちのための儀式でもあるのです。

これらの儀式は一般葬でも家族葬でも変わりません。
同様に大切な家族の死を受け止め、送り出す一連の儀式です。
家族葬だからといって、決して故人の死を粗末にするなどということはないのです。

5.家族葬のメリット・デメリット

b6195bb0f5f89d2c8fd1fb93c2c7c300

 

家族葬には様々なメリットやデメリットがあります。

5-1.家族葬のメリット

葬儀参列者

精神的・体力的な負担の軽減

葬儀を執り行うことは、悲しみを忘れてしまうほど大変な労力を使います。
お葬式の規模が大きかったり、参列者が数が膨大であればあるほど遺族の負担も増えていきます。
家族葬は小規模になることが通例ですので、参列者への気遣いに追われることが少なく精神的・体力的な負担が軽くなります。

余裕をもって故人を偲ぶことができる

家族葬では一般層に比べ小規模ですから、時間的な余裕が生まれ、
故人を偲ぶゆったりとした環境でお見送りをすることができます。

負担費用を安く抑えることができる

家族葬は遺族・親族・友人などの本当に近しい関係者のみの少人数で行う葬儀なので、
豪華な祭壇、会葬者への香典返しや食事など高額な負担がないため、低価格で行えます。
後述しますが、一般葬よりも安く執り行うことができるのがメリットです。

参列者の人数の把握がしやすい

家族葬は家族のみが参列するので、参列者の人数を事前に把握しやすくなります。
参列者の数によって食事や香典返しの用意が変わってきますので、人数を把握できることはメリットです。

5-2.家族葬のデメリット

gettyimages_104302970

周囲の理解が必要

親族の方々に「家族葬」を執り行うことに対する理解が必要です。
家族葬は、社会的な別れがおろそかになるため、親族間で理解が得られない場合がありますので、
事前にしっかりと話し合う必要があります。

低料金にならないことも

一般葬に比べて家族葬は低料金になる場合が多いのですが、参列者が少ない場合、香典収入で葬儀費用が賄えないことがあります。

突然の参列者

事前に訃報で「家族葬で」とお知らせしても、当日「参列させてほしい」、とお見えになることがあります。
せっかくきてくださった方に対してお断りするわけにもいかず、返礼品や料理の手配対応に追われることがあります。

後日に弔問

参列をご遠慮いただいた方が後日、自宅へ弔問にいらしてくださり、その方への対応や返礼品の手配など、葬儀後もゆっくりできないということがあります。

6.家族葬の注意するポイント

happy_death

家族葬を執り行う際に注意するポイントはどういったものがあるでしょうか?

6-1.事前に整理・準備が必要なポイント

ポイント1.家族の範囲とは

家族葬は一般的には遺族だけによる葬儀と思われがちですが、実際は遺族と特に親しい人だけによる葬儀と定義する場合が多いようです。
家族葬には決まった範囲が存在しませんので、認識は様々です。
どなたまで参列していただくのは事前に話し合って決めておく必要があります。
その際、香典や供花を受け取るか辞退するか等も話し合っておきます。

ポイント2.家族の理解を得る

家族葬には遺族同士が理解しあって執り行う必要があります。
後になって揉めることのないように、しっかりと連絡を取り話し合いましょう。

ポイント3.葬儀社選びは慎重に

osoushiki_syukkan

家族葬は急速に増えている葬儀スタイルですので、様々な葬儀社が次々と新しいプランを提供しています。
葬儀社を決める前に明細を記入した見積書を提出してもらいましょう。
ほとんどがパック料金で「安さ」に重点をおいたプランを提供していますが、
サービス品質が劣悪であったり、パック料金外の費用がかかることがありますので、
見積書以外にかかる費用は本当にないのかを確認する必要があります。
また病院で紹介される葬儀会社以外も検討することが重要です。
知っている葬儀会社がなくて病院から紹介された葬儀会社に依頼することが多いようですが、
病院紹介の葬儀会社は相場よりも料金が高いという場合もありますので、
事前に複数の葬儀会社を比較検討しておくと、いざというときに焦らずに対応できます。

6-2.参列者への配慮のポイント

訃報を知った方や、自宅で行う場合は近隣の方が葬儀の参列に訪れて慌てる場合がありますので、
事前に訃報の中で「家族葬のため参列お断り」をお知らせしておきます。
家族葬で行うつもりでも、自宅で葬儀を行う場合は近隣の方が訃報を知って参列する場合があります。
そういった場合を考え、事前に訃報で「家族葬」であることをお知らせしましょう。
香典や供花を辞退する場合には、その旨も記載しておくとよいでしょう。
家族葬は故人の遺志であったことや家族の意向など、家族葬で執り行う事情も挨拶文に添えます。

6-3.葬儀後のポイント

葬儀後に自宅にお参りに来てくださる方がいらっしゃいます。
焼香や香典を辞退する場合には、四十九日法要を終えてから挨拶状と一緒に返礼品を送りましょう。

7.家族葬での葬儀に参列する際のマナー

otsuya_osoushiki_uketsuke

実際に家族葬に参列することになった場合、どのようなマナーがあるのでしょうか?

7-1.服装

keyv

家族葬に参列する服装は、一般的なお葬式に参列するときと同様に喪服で参列します。
家族葬だからといって特別な服装は存在しません。

7-2.お香典

s_photo_00432

お香典は辞退する旨のお知らせがなければ、一般的な葬儀と同様です。
お香典の額も一般的な葬儀と同様の額を用意しましょう。
金額については、参列する親族同士で相談してみるのがよいでしょう。

7-3.参列を遠慮してほしい旨の連絡があった場合

ご遺族から、葬儀への参列を遠慮してほしい旨の連絡があった場合は、意向に沿って参列は控えましょう。
どうしても哀悼の意を表したい場合でも訃報に弔電や香典、供花を辞退する旨の記載があれは、遺族の意向を汲んで控えましょう。
記載がない場合は、弔電・供花・香典は会場がわかれば会場へ、会場がわからなければご自宅へ送ります。
香典は現金書留で送りましょう。
後日お参りする場合は、お参りの対応が続いているかもしれませんので、できるだけ長居は避けることを心掛けましょう。
家族葬にしたのには、故人や遺族にそれなりの意向があるためそれを汲むのもマナーであると考えましょう。

8.家族葬の流れと手順

アイキャッチ3

家族葬は一般の葬儀の小型版ですから、手順に大きな違いはございません。
規模は小さくても宗教儀式を行う方もいれば、宗派・宗旨にとらわれない無宗教葬を希望する方もいます。
基本的には遺族が自由に葬儀スタイルを組み立てることが可能です。
以下は、一般的な家族葬の流れです。

8-1.臨終

病院の場合は、病院関係者の指示に従って退院の手続きを行います。

8-2.関係各所へ連絡

死亡したことを葬儀社、お寺、もしくは相談機関に伝えます。

8-3.ご遺体の安置

ご遺体を安置場所に搬送します。

8-4.葬儀業者との打ち合わせ

葬儀業者によってことなりますが、基本的な葬儀の具体的な内容を決めます。
通夜や葬儀の時間を決めたり、どこの火葬場にするか、お寺さんの手配をどうするか、無宗教にするか等を決めます。

8-5.お通夜、告別式日程の連絡

近親者、知人・友人またはお寺に通夜・告別式の日程を連絡します。
お寺さんによっては希望通り日程が組めない場合もありますので、臨機応変に対応します。

8-6.納棺

ご遺体を整え、着替えを行い棺に納めます。

8-7.お通夜

葬儀場まで寝台車でご遺体の搬送を行い、通夜を行います。

8-8.葬儀・告別式

お通夜終了後、告別式を行います。お花を棺に納めて、故人との最後のお別れをします。

8-9.式中初七日法要

告別式後、日程を繰り上げて初七日法要を行います。(地域によっては火葬後に行う場合もあり、状況によって行わない事もあります。)

8-10.火葬

出棺の際は、位牌・骨箱・遺影写真を持っていきます。
火葬場に到着したら、火葬許可書を提出して、霊柩車からお棺を出し、炉前に運びます。火葬してから葬儀・告別式を行う地域もございます。

8-11.お骨上げ

火葬場でのお骨上げの時間まで、休憩したり料理を食べたりして、時間を待ちます。
係員の指示に従って、お骨上げを行います。火葬場では骨箱のほかに、埋葬許可証を渡してくれますので、確認して受取ります。

9.家族葬は費用が安いは本当か?

kyouka

9-1.一般葬に比べて約半分の費用

結論からいて、家族葬の費用は一般葬より安いといえます。
2010年に行われた日本消費者協会の『第9回葬儀についてのアンケート調査』の結果によると、
過去3年間に「身内に葬儀のあった人」が葬儀にかけた費用の総額は、全国平均で1,998,861円(最高額:8,100,000円、最低額:200,000円)。
平均で200万円ほどの費用が一般葬ではかかる計算になります。

葬儀費用の内訳として

葬儀本体価格 約126万円
寺院価格 約50万円
飲食接待価格 約40万円

では、家族葬にした場合は葬儀本体価格が約40~50万円ほどになり、総額でも100万円未満になる場合が多いようです。
規模が小さくなるので会場費が安くなり、参列者が少ないため飲食接待価格が安くなります。

9-2.寺院費用は安くならない

osoushiki_obousan

注意するべき点は寺院費用は一般葬と変わりません
家族葬だからといって寺院へのお布施も半額、とはなりません。
ただしお布施は「気持ちの金額」ですので経済状況と常識的な金額を考慮してご自分で決める必要があります。

10.家族葬はこんな方におススメできます

-shared-img-thumb-DI_IMG_5771_TP_V

・あまり費用をかけずに、通夜と告別式を行いたい。

・故人が高齢で、参列者が少ない。

・身内だけで静かに葬儀を執り行いたい。

・故人がこじんまりしたお葬式を望んでいた。

まとめ

葬式3

家族葬について、なんとなく理解していただけたでしょうか?
10年くらい前から「家族葬」という言葉を聞くようになり、ここ3年で急速に増えている新しい葬儀スタイルです。
家族葬の裏には、やはり現在の社会情勢が大きく関わっています。
一般葬であっても家族葬であっても、故人を偲ぶ気持ちになんら変わりはありません。
葬儀を行うのは、遺族のために行うものでないことも理解しなければいけません。
葬儀は故人のために行うということが大前提です。
ですから、生前に故人がどういった意向を望んでいるのかを汲む必要がおおいにあります。
故人は家族だけのものでないことも理解しましょう。
生前にお世話になった友人・知人も遺族同様に故人に対する思いがあります。
そういった人間関係も大切ですから、家族葬を行う場合は慎重に検討しましょう、

家族葬には身内だけで、ゆったりとした時間のなかで故人を送りだせるというメリットもありますから、
みなが理解した形で執り行うのであれば現代社会において一般化してく葬儀スタイルともいえるでしょう。


   (続きます)
【得する話】iPhone8・iPhoneXの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone8・iPhoneXを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone8・iPhoneXなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

→ おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう


絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価(MNP)

★★★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  •       
  • 頭金なしで余分な費用がかからない

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。