格安SIMの通話料金をできる限り抑える方法とは?

Pocket

いまやスマホはお財布並み、人によってはそれ以上の必需品なっています。その機能の豊富さや便利さにより若者だけでなく、高齢者のユーザーも増えています。

中でも格安SIMを利用しているユーザーも増えていて、MM総研の調査によると、2014年3月の時点では170.3万回線だった格安SIM契約回線数が、2016年3月時点では539.4万回線と大きく増加しています。

2017年3月時点での件数の発表は、確認できていませんがおそらく更に増加していると予想されます。格安SIMはスマートフォンの新たな購入方法として定着し、その人気も拡大しています。

さて、そんな格安SIMの魅力は月々の基本料金の安さですが、実は格安SIMのデメリットの一つとして「通話料金が特に安いわけではない。」「かけ放題プランの取り扱い業者が少ない」などがあります。

今回は格安SIMの通話料金をいかに安くお得に抑えるかを解説していきます。

おすすめの検索キーワード
iPhone 8・iPhone Xなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1.格安SIMの通話料金

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V

格安SIMで通話をすると30秒で20円かかります。「なんだ。それぐらいなら問題ないよ」と思われた方も多いことでしょう。確かに1分話しても40円です。ほとんど電話をしない方には問題ないでしょう。

しかし1日平均10分は通話している方の場合は、1日10分で400円かかります。1日10分の通話を1ヶ月続けると、300分通話したことになります。

1ヶ月300分×40円で計算すると、通話料金だけで1万2000円もかかることになってしまいます。基本使用料を抑えたくて格安SIMに代えたのに通話料が高くなってしまうのは残念ですね。

「三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金が高いから格安SIMにしたのにかえって割高になった」という声を耳にしますが、ユーザーの通話時間によっては格安SIMよりも無料通話や定額カケ放題プランのある三大キャリアの方が向いている場合もあるのです。

「ええ〜!せっかく格安SIMにしたのに!どうしたらいいの?格安SIMにしたら安くなると思ったのに!」という声が聴こえてきそうですが格安SIMの通話料金を抑える方法はありますので安心してくださいね。

Pocket

>>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3 4

関連記事