格安スマホとプラン徹底比較|本当におトクなのはどこ?


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

格安SIMや格安スマホという言葉を最近よく目にするようになりました。

宣伝文句を見てみると毎月のスマホの料金が1/3になるなど謳われており、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

これら格安スマホや格安SIMを取り扱う業者は大変多く、格安スマホと呼ばれる機種も数が多い為、どれを選んで良いのか迷ってしまいます。

中には本当に通信料金が安くなるのかと、半信半疑の方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、格安SIMや格安スマホを徹底比較することで、本当にお得なのはどこであるのかを探って行きます。

キャリアのスマホの通信料金が高いと感じている方や、格安スマホに興味があるという方はここでのまとめを是非参考にしていただけたらと思います。

1.格安スマホとは

YUKA862_mobile15185035_TP_V

まず、格安スマホがどのようなものであるのかの定義についてお伝えしたいと思います。

通常、大手キャリアから発売されるスマホは8万円から10万円程度するものがほとんどです、それに対してASUSなど主に海外メーカが販売する2万円から3万円程度で購入することができるスマホを格安スマホと呼んでいます。

また、ドコモやau、ソフトバンクから発売されるスマホの場合、自社以外の通信SIM以外は利用できないようにSIMロックがかけられていますが、これら格安スマホは利用できるキャリアに縛りのない、SIMフリーになっているのが特徴です。

 

 

2.SIMについて

call-71169_640

先ほど触れた通信SIMですが、スマホを初めて買った時にショップの店員さんがスマホにセットしてくれる小さなチップのことです。

このSIMには、データ通信や音声通話を必要となる情報が書き込まれています。この情報を基に契約者が誰であるのかを特定し、通信を行うということになります。

 

2-1.格安SIMとは

PAK83_500encointachi20140305-thumb-autox1600-16748

SIMはドコモやau、ソフトバンクの他にもMVNOと呼ばれる通信事業者が販売するものがあります。

このMVNOとはMobile Virtual NetworkOperatorの略であり、日本語では仮想移動体通信事業者となります。

それに対して、ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアはMNO(Mobile Network Operator)「移動体通信事業者」と呼ばれます。

両者の決定的な違いは通信インフラを所有しているかどうかです。MVNOは、MNOのインフラを使い、利用した分について手数料を支払うことで通信サービスを運営しています。

MVNOは、インフラ整備にコストがかからないことから、MNOに比較すると低価格で通信サービスを提供することが可能です。

これら、MVNOが提供している低価格な通信サービスを利用できるSIMのことを格安SIMと呼んでいます。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4 5 6 7

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない