複数枚対応の格安SIM・MVNOシェアプランを徹底比較!


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

複数枚対応の格安SIM・MVNOシェアプランを徹底比較!

MVNOシェアプランを利用すると、家族でお得にスマホを運用できるようになります。
個々に格安SIMの契約を行なうよりも、大変お得になるんですよ。

現在家族でキャリア契約を行なっていて、これから家族皆でMVNO格安SIMに乗り換えを行なうのであれば、是非シェアプランを活用されることをおすすめします。

格安SIMやMVNOって何?
なんて人のために、ここでは格安SIMやMVNOの意味にも触れています。

更に今回は、MVNOシェアプランを利用する上でおすすめの会社についてもご紹介していますので、是非最後までお付き合いください!

ではさっそく、格安SIM・MVNOシェアプランについて見ていきましょう。

1.格安SIMって?MVNOって??

考えるビジネスマン2 はてな

今話題の
・格安SIM
・MVNO
・シェアプラン

これらについては、『言葉だけでも耳にしたことがある!』なんて人が増えていることでしょう。

しかし、言葉は聞いたことがあるものの、どのようなものであるかがわからないという人だって、きっとたくさんいるはずです。

この内容を知らなければ、これからご紹介する内容が理解できずに終わってしまうので、まずはこれらがどのようなものなのかを簡単にご紹介していきましょう。

1-1.格安SIMとは?

疑問点

皆さんは、SIMカードと呼ばれるものを御存知でしょうか?
SIMカードは、スマホを運用する上で欠かせない存在です。

これがなければ、電波を受信することができないんですよ。

※Wi-Fi対応スマホの場合は、SIMカードなしでもWi-Fi電波を受信することができます。

※SIMカードには、あなたが今利用しているスマホを識別できるもの(電話番号など)の情報が書き込まれています。

ちなみに格安SIMと呼ばれるカードは、
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
上記(国内三大キャリア)以外の通信会社が提供しているSIMカードのことです。

国内三大キャリア以外で契約を行なう時には、この格安SIMに必要な情報を書き込んでスマホに挿入し、電波を受信できるようにします。

ちなみに格安SIMは
・ドコモ系 格安SIM
・au系 格安SIM
・ソフトバンク系 格安SIM
上記のような名称で呼ばれています。

通信会社として電波登録できるのは、国内では3~4つまでの会社のみという規定があり、国内三大キャリア以外の会社は新たに電波を開通することはできません。

その為、国内三大キャリアの電波を借りて事業を運営しています。

たとえばドコモ系格安SIMを利用する場合、そのSIMカードをスマホに挿入することで、ドコモの電波が受信できるようになります。

更にこの格安SIMと呼ばれるSIMカードは、一般的なキャリアで提供しているSIMカードとは異なり、高い節約効果に期待がもてます。

格安SIMを利用して電波を受信することにより、国内三大キャリアで契約を行なうよりも、とってもお得にスマホを維持できるようになるんですよ。

【簡単な比較例】

◎国内三大キャリア契約時
・カケホ(5分以内):1,700円/月
・データ定額5GB:5,000円/月
・LTE NET:300円/月
合計:7,000円/月

※上記は2年割適用時で、契約内容やキャリア毎に多少は金額が異なります。

〇格安SIM(楽天モバイル)契約時
・コミコミプランL:1,880円/月
(データ定額4GB+格安スマホの分割代金+5分以内の通話定額基本料)
合計:1,880円/月

格安SIMにて契約を行なうことで、たった1/3の維持費で格安スマホまで手に入れることができるんですね。

キャリアSIMと格安SIMとの大きな違いが、これによってわかって頂けたのではないでしょうか?

1-2.MVNOとは?

いえ2

最近は、格安SIMと呼ばれるものの存在を御存知の方が増えています。

しかしMVNOという言葉は、まだあまり浸透していません。
その為、これについて御存知の方は少ないと言えるでしょう。

横文字ばかりのこの言葉。
なんだか難しい意味を秘めていそうですよね。

MVNOとは、『仮想移動体通信事業者』という意味をもつ言葉のようです。
仮想移動体通信事業者・・・。
なんだか謎が、更に深まりましたよね。

仮想移動体通信事業者をわかりやすく説明すると、自分の会社からは電波を受発信することなく、事業を展開している通信会社のことを示します。

先程もご紹介しました通り、通信会社として電波登録できるのは、国内で3~4つの会社のみという規定があります。

国内三大キャリア以外の会社は、新たに電波を開通・登録することができないのです。

・楽天モバイル
・ワイモバイル
・OCNモバイルONE
etc

これらの会社が、このMVNOにあたる事業者だということになります。

1-3.シェアプランとは?

語らう三世代家族1

データシェアサービスは、国内三大キャリアでも実施されています。
その為、御存知の方もきっとたくさんいることでしょう。

シェアプランと呼ばれるものは、データシェア(データ共有)を行なえるプランのことです。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない