ドコモ|iPhone Xに機種変更ならお得な下取りサービスやポイントを利用しよう

iPhone 8・iPhone Xなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に乗り換えられます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

現在、スマホ業界でトップのシェアを誇っているのが、NTTドコモ。スマホ本体で売り上げナンバー1なのがAppleのiPhone X。ということは売れているところ同士、王者同士と言える『ドコモ × iPhone X』が果たして間違いない選択肢なのでしょうか?詳しく見ていって、本当にお得なのか検証してみました。

1回買ったら少なくとも2年は使いたいスマホ、特にiPhone Xは高価なんて言われているから慎重に決めたいところですよね。まさに『失敗は許されない』のです。

そこで、ここでは機能面から価格面まで様々な観点で、ドコモにiPhone Xにて機種変更するとお得なことやドコモやiPhone Xの素朴な疑問をまとめてみました。iPhone Xに機種変更を考えている方!必見となっていますよ。

参考記事:~「iPhone X・iPhone 8の辛口レビュー|本音のメリット・デメリット【本当の評価教えます】」~

また、ドコモユーザーで『dカード GOLD』をまだ持っていないなら、無条件で持っておくべきでしょう。

年会費1万円というと一見高く思えますが、携帯料金の10%が還元される上、ローソン・マクドナルドなどの特約店で5%還元されるため、年に1万円なら十分過ぎるほど回収できるはずです。

dカード GOLDの詳細はこちら

1.iPhone Xの素朴な疑問を解決

1-1.iPhone Xの基本スペックは?

iPhone販売10周年記念フラッグシップモデルと言われているiPhone X。発売前から歴代最高のスペックなんて騒がれていましたが、iPhone Xのスペックはどうなっているでしょうか?

【メーカー】apple

【サイズ】画面5.8インチ、高さ143.6mm・幅70.9mm・厚さ7.7mm・重量174g

【ディスプレイ】Super Retina HDディスプレイ、2436×1125

【メモリ】64GBもしくは256GB

【カメラ】メインカメラ1200万画素、インカメラ700万画素、広角・望遠カメラ搭載、4K撮影

【その他】Face ID、Apple Pay

【カラー】シルバー、スペースグレー(全2色展開)

※2018年中には新色(ブラッシュゴールド(銅色)?)が出る噂はありますが、正式発表はされていません。

やはり見た目で特出しているのが、過去最高の5.8インチと言う大画面と、高級テレビにも採用されている有機ELパネルです。これによりスマホレベルを超えた高画質となった反面、持ちづらいという不評の声も少なくありません。

また、今のところカラーバリエーションが2色しかないのも残念なところです。そのようなデメリット部分を考慮しても、使いやすさと良い、Face IDのような最新技術といい、一眼レフ並みとまで言われるカメラ機能と言う歴代最高のiPhoneであることは間違いないのではないでしょうか。

1-2.iPhone Xの主な特徴

Face ID

最大とも言えるiPhone Xの特徴が、やはりこの「Face ID(顔認証)」。これまでiPhoneシリーズを含めた主流の認証システムが指紋認証(Touch ID)だったのに対して、iPhone Xでは最新技術を使った顔認証となりました。

ライバル機である「Galaxy S8+」の顔認証システムと、口コミなどの評価を見る限り、Face ID(iPhone X)のほうが精度を含めて優秀と言う声が多いです。

ただ、顔認証の場合、一切スマホに触れずに認証が完了するメリットがある分、デメリットも少なくないようです。

普段メガネをかけていて、その顔で登録しておくと、寝る前などメガネなしだと認証しない(本人だと識別しない)、双子だと認証してしまった、夜間だと使えないなど不評の声も多く聞かれており、まだまだ改善の余地はかなりありそうですが、未来的、先進的であることは間違いないですね。

大幅なカメラ性能の向上

InstagramやTwitterなど画像をアップすることが生活のなかで当たり前になっている今、スマホの機能のなかで、カメラ機能が一番使っている日と言う人も多くなっていると思います。

iPhone Xの場合、カメラ機能が、前モデルであるiPhone 8と比較しても大幅にアップ!多数のカメラやセンサ・プロジェクタを搭載した『TrueDepthカメラ』をフロントカメラに搭載、より鮮明な画質を誇るようになりました。

また、自撮りなどにも適したスマホに。5.8インチと言うiPhone史上最大の画面サイズで、フレームを極力なくしたデザインのため、前面がほぼ画面に。自撮りの際も大画面、フレームレスでより見やすく。

更には、前景をシャープにとらえたまま、背景を巧みに ぼかした美しい撮影が可能なポートレートモードにより、自撮りでもプロ並みのハイテクニックを魅せることができます。

また、本当に写真を撮ったのか撮った本人ですら分からないほどあっという間に撮れてしまうシャッタースピードの早さも特筆すべき点ですね。

有機ELディスプレイ

最近は高級テレビなどでも取り入れらるようになってきた有機ELパネル。従来の液晶パネルに比べて、寿命が長くなり、さらに漆黒の色の出し方など、より高画質を楽しめるようになりました。

YouTubeなど普段から動画鑑賞を趣味にしているような人では、より綺麗な画面で観られるのは嬉しいですよね。しかも、大画面なので、ゲームなどの迫力も一味違ってくると言われています。

様々な廃止されたもの

大画面の割に、薄型にこだわっているiPhone Xだけに、従来のiPhoneシリーズと比較しても無くなったものも少なくありません。

まずは、やはりホームボタン。アプリの移行時や、スクリーンショット撮影時など事あることに、中継ボタンをして使用していたホームボタンですが、前面がほぼ画面になったことで、廃止になりました。

iPhone Xだと、アプリの移行など従来ホームボタンで行っていたことは、画面のタッチで可能。初めはタッチボタンに慣れているのもあり、戸惑う声も少なくありませんが、より直感的に操作ができると好評の声も少なくありません。

他にも電源ボタン+ホームボタンで行っていたスクリーンショットの撮影は、電源ボタン+ボリュームボタン(上)など、慣れれば困るような人は少ないようです。ただ、初めのうちは不必要なスクリーンショットを撮れまくってしまう被害は多発していますね。

また、iPhone 7からですが、イヤホンジャックも廃止になっています。イヤホン、ヘッドホンの接続には、ライトニング端子もしくはbluetoothでのワイヤレス接続となります。

iPhone Xの付属品に、ライトニング端子からイヤホンジャックに変換できるケーブルも付いてはいますが、今使用している有線のイヤホンをそのまま使うためには、その変換ケーブルを持ち運ばなくてはならず、若干めんどくさいです。

1-3.iPhoneのバッテリーの持ちは?

今や移動中でも音楽を聴いたり、地図を調べたりなど(※歩きスマホはダメですよ)とスマホを使わない時間は少ないほどではないでしょうか?そうなると、充電が切れてiPhoneが使えなくなるともうパニック状態では?

やはり気になるのはiPhone Xのバッテリーの持ちは果たしてどれくらい?ということではないでしょうか?

appleの公式によると、iPhone Xは連続通話時間最大21時間、ネット利用最大12時間となっています。さすがに21時間連続で通話している人も稀ですが、クルマの燃費などでも同じことが言えますが、正直カタログ値はアテにならないですよね。

実際のiPhone Xの利用者のクチコミではどうでしょうか?

だいたい平均で9時間ほどの「持ち時間」みたいです。バッテリー容量が、2716 mAhとiPhone史上最高大容量なのですが、画面が大きい分、それだけ電力も使うのかもしれません。

正直、今までのiPhoneと大差はない結果で、一般的に働いている人だったらやはりモバイルバッテリーは必須アイテムになるのではないでしょうか。

1-4.ApplePayは何が使えるの?

あくまでも噂レベルですが、数年後には10000円札が廃止されるのではなんていう専門家もいるほど、世界中でキャッシュレス化の波が激しいですよね。

確かにコンビニやファミレスなどでもクレジットカード払いは不思議ではなくなってきています。きっとお財布が要らない時代がもうすぐそこまで来ているのでしょう。

スマホだけでなんでもできるとなると、やはりApplePayは使いこなしたいところ。実際、ApplePayは、何が登録できるのでしょうか?

まずクレジットカードの国際ブランドだと、MasterCard、JCB、American Expressの3社が登録可能となります。あれ最大手であるVISAがないですよね。VISAのクレジットカードではApplePayは登録できないのでしょうか。

実はそんなことはありません。以下のクレジットカードが登録可能で、更にIDやquickpayでも可能なので、VISAでもIDが入っているものならID払いとなり、登録が可能となります。

  • イオンフィナンシャルサービス(イオンカード)
  • KDDI(au WALLETカード)
  • オリエントコーポレーション(オリコカード)
  • クレディセゾン(セゾンカード・UCカード)
  • ソフトバンク(ソフトバンクカード)
  • トヨタファイナンス(ティーエスキュービックカード)
  • NTTドコモ(dカード)
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス(MUFGカード)

ApplePayでの支払いの際は、毎回顔認証(Face ID)もしくはパスコード入力が必要なので、他人に使われるような心配も少ないので安心です。

1-5.ホームボタンが無くなったけど使いづらくない?

今までずっとiPhoneを使っていたユーザーだと、iPhone Xからホームボタンがなくなったことで、使いづらさを心配する声も少なくありません。

では、ユーザーレビューではホームボタンがなくなって使いづらいという声は多いのでしょうか?

結論から言ってしまうと、意外?な程ホームボタンがなくても直感的な操作ができているようです。モニター下部を上にスライドするだけで、今までのホームボタンの役割であるアプリの移動などが可能で、前よりやりやすいなんて声も多いほど。

ただ、電源ボタン(右)とボリューム上ボタン(左)を押すとスクリーンショットが撮れるのですが、撮るつもりではないのに画面が撮れてしまったなんて事も頻繁しているようです。まぁすぐに消せばよいだけですけどね。

1-6.イヤホンやケースなど周辺機器の充実ぶりは?

今までとは違いイヤホンもイヤホンジャックではなく、ライトニングジャックかbluetoothワイヤレスが必要で、ケースも今までと大きくサイズが異なるので、互換性がないのもあり、正直まだイヤホン、ケースともに品ぞろえが物足りないのが現実ではないでしょうか?

しかし、今まで以上に順調なセールスを維持しているiPhone X、それだけにシェア率もトップになるでしょうから、これから1年くらいでイヤホンやケースのバリエーションも豊かになることは間違いないと思います。

特にbluetoothワイヤレスイヤホンは、値段やデザインともに、主流となるくらい定着していくのではないでしょうか?

1-7.ドコモでiPhone Xを購入すると安くなるってホント?

iPhoneには容量が64GBと256GBがありますが、あれこれと様々なシーンで使うものだけに、やはり256GBは持っておきたいなんて人が多いのではないでしょうか?(個人的には128GBモデルが欲しかったのですが…)

ただ、iPhone X256GBとなると、AppleStoreでの購入では129800円なり、更に保証サービスであるAppleCareまで入ればプラス22800円と、もうパソコンのほうが安いと思えるくらい高価なものになってしまっています。

そんなときこそ、大手キャリアでの契約でiPhone Xを購入するに限るのです。

例えばドコモでは、月々サポートというiPhone X購入のサポートがあるのです。簡単に言ってしまうと「値引き」ですね。2年縛りという契約条件が出てしまいますが、別にずっとドコモと言う人にはお得ですから使わない手はないですよね。

実質価格、ドコモでiPhone X(256GB)を購入すると、新規、機種変更、MNPともに86184円と、定価を考えると50000円以上値引きとなります。更に言えば、24回払いなど分割払いが可能なので、月々の負担はかなり減りますよね。

ここまでならソフトバンク、auと言った他社大手キャリアとの違いはあまりありません。ドコモがお得なのはここから!特に今ならiPhone X購入キャンペーンともいえるものが多数あるのです。

詳しくは後述しますが、ドコモオンラインショップを利用したり、自宅をドコモ光にするなど上手くキャンペーンを駆使すれば、実質iPhone Xが無料で手に入ると言っても過言ではないほどなのです。

では、ここからはそのお得過ぎるドコモのキャンペーンの詳細を見ていきましょう。


   (続きます)

【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

→ おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう


1 2

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価(MNP)

★★★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  •       
  • 頭金なしで余分な費用がかからない

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価(MNP)

★★★★☆

評価
(機種変更)

★★★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない