iPhoneSEの辛口レビュー|全メリットデメリット


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

3月末より遂に登場したiPhoneSE、スマートフォン史上もっとも注目されるiPhoneシリーズの最新機種です。
「最新機種」とはいえ、巷ではiPhone5シリーズをブラッシュアップさせた廉価版なのでは?
などという意見もちらほら聴こえてきます。
過去にアップルはiPhone5cというデザインや価格を変化させ、やや性能を抑える機種を発売しました。
一部の支持者はいるものの、大ヒットとまではいかなかった前例があります。

ではiPhoneSEはどうなのでしょうか。
iPhone6sと比べて優位な点や買い替えるメリットの存在しない廉価モデルなのでしょうか。
このページでは「iPhoneSEの辛口レビュー|全メリットデメリット」と題し、iPhone6sと比べたiPhoneSEのメリット・デメリットを中心に、
スペックの確認を含め購入に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

1.iPhoneSEの7つのメリット

無題

iPhoneSEには大きく以下の魅力があると考えます。
「iPhone5のただのリニューアル版でしょ?」とは言わせません。

1−1. 4インチという正義

まず最初にiPhoneSEは小型端末であるということ。その画面サイズは4インチとなります。
現在Androidを含め画面サイズの主流は4.7~5インチ以上が主流です。
ライバルとして位置づけされるAndroid、GALAXY Sシリーズの初代が4インチでした。
次に発売されたGALAXY S2で4.2インチへアップし、その後は大型化の一途をたどっています。
iPhoneが初めて4インチを投入したのがiPhone5です。iPhone6で4.7インチへアップしましたが、iPhoneSEでは4インチに回帰しました。
一時は主流であった4インチが今ではニッチなサイズになってしまいました。
ニッチとはいいましたが、4インチはむしろ「貴重なサイズ」ともいえます。
小型で取り回しのよい4インチサイズであるiPhoneSEは、必ずニーズのあるサイズ。
胸ポケットに余裕で収まる、お尻のポケットに入れても違和感を感じづらい、何より画面右上までしっかり指が届く操作感、
これら小型のメリットはモバイル端末として絶対にはずせない方も多いのではないでしょうか。

MMD研究所が行った「iPhone SEの購入意向調査」によると、
iPhone SE購入意向者の26.1%「4インチが発売されるのを待っていたから」と回答しています。
じつに4人に1人が4インチスマホを望んでいたのです。
周りにもiPhone5シリーズからiPhone6シリーズへの乗り換えを躊躇している方を多く見かけませんか?
大型化を好まないユーザーにはiPhoneSEは乗り換えるべき端末に相応しいといえます。

1−2.デザイン性

27-January-Photo-4-750x444-e1456456994351

サイズとともにiPhoneSEに関して触れなければならない点、それは端末デザインです。
iPhone SEには、iPhone5シリーズで採用された人気の高いデザインを、さらにブラッシュアップさせています。
ビーズを吹き付けてサテンのような仕上げを持たせた、アルミニウムから作られるボディは高級感を演出しています。
iPhone6sシリーズのデザインもそれはそれで良いのですが、正直なところiPhone5シリーズに勝っているかは疑問です。
iPhone6sのカメラの出っ張りも好意的な意見はあまり聞きませんし、電波の都合で引かれたラインもなにか違和感を感じます。
それに比べてiPhoneSEのデザインは、iPhone5シリーズを踏襲していて無駄のない洗練されたデザインといえるでしょう。
賛否を呼んだツートンカラーも今となっては、特に違和感を感じません。
見慣れただけの可能性もありますが(笑)。
4インチというコンパクトさは重さにも影響します。
iPhoneSEの重さは113g。これはiPhone6sの143gに比べて30gも軽いことになります。
1円玉30個をiPhoneSEにコーティングしたものがiPhone6sと考えると、なんだか重そうな気がします。

iPhone5シリーズのデザインが根強い人気である背景には、スティーブ・ジョブズ氏が関わったiPhone4のデザインを踏襲していることも関係しているかもしれません。
iPhoneSEのデザインはさらにそれを正当に強化させた、最終形態といえます。

1−3.カメラ性能

 iPhone-SE-Rumor-05

(1)メインカメラ

iPhoneSEのメインカメラの画素数はiPhone6s同様の1200万画素
iPhone5sが800万画素ですから約400万画素アップしたことになります。
iPhoneはiPhone6まで頑なに画素数を800画素からあげることをしませんでした。
これは画素数の向上が必ずしも画質に良い影響を及ぼすとは考えていないからにほかなりません。
スマホはレンズそのものが、一眼レフなどに比べ極端に小さいので画素数の向上が良い影響を及ぼすとは言い切れません。
そのiPhoneSEのカメラが1200万画素に向上したことは、画素数の向上による画質の変化が期待できるということでしょう。

(2)ビデオ撮影

iphone-se_4k_video

ビデオ撮影は大きく進化しました。
iPhone6sに全くひけをとりません。
4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)

(3)Live Photos

Live-Photos

iPhoneSEにはiPhone6sから搭載されたLive Photosに対応しました。
Live Photosは前後の数秒間を動画として撮影する機能。
普通の写真として閲覧することはもちろんのこと、タッチすることで「動く写真」を表現しています。

<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない