iPhone7の予約を最短・確実・最安にするための全知識!


スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

結論から言うと、ソフトバンクショップなどの公式ショップやヨドバシカメラなどの家電量販店の店頭での予約は基本的におすすめできません。

理由1. 入荷の多い直営店・家電量販店は行列ができるため

ソフトバンクショップなど携帯各社の公式ショップや「ヨドバシカメラ」などでの予約は、iPhone7の予約開始日にはおそろしい行列ができます。

どれくらいの行列なのかというイメージに関しては、下記の通りです。

iPhone 5sでは大手3社の旗艦店で発売開始直前で、ドコモ丸の内約300人、auデザイニングスタジオで約160人、ソフトバンク銀座も160人ほどの行列ができたそうです。

参考:http://tyotiku.fc2web.com/

並ばず手軽にできてしまうオンライン予約と比較してしまうと、行列に並ぶ意味はないですよね。

理由2. 直営店以外は入荷が少ない

直営店以外の携帯ショップ(「テルル」や「カメラのキタムラ」など)は、直営店と比較すると入荷数が少ない傾向にあります。

特に、店舗による格差が大きく、地方では初回入荷数がゼロということもありました。

理由3. 受け取りに時間がかかる

店頭での予約の場合、受け取り時にもまた1時間〜2時間の長い待ち時間がかかることが多いです。

なので、こちらに関してもどうしても発売当日に手に入れたいという場合を除き、オンラインショップでの予約か、キャッシュバックがもらえるWeb販売店を選ぶのが正解でしょう。

6. 予約を成功させる5つのコツ

iphone7hello_tp_v-1

予約で発売開始日付近で手に入れるためには、下記の4つはやっておくといいでしょう。

6-1. カラー・容量は妥協することも覚悟する

人気のあるカラー・容量を選ぶと、それだけ入荷が遅れる可能性が高いです。なので、事前に妥協できるラインを決めて予約をするといいでしょう。

カラー・容量で人気が出る傾向は以下の通りです。

具体的には『iPhone 7 128GBジェットブラック』が最も人気になると予想できます。

  • 新色が発表されると人気が集中する(今回はブラックとジェットブラックに集中する可能性あり)
  • ジェットブラックには34Gがないことに注意
  • iPhone7の容量で人気順:128GB>その他

極力人気のあるパターンは避けると早く手に入ります。また、どうしても人気の集中するパターンが欲しいという場合はとにかく早くiPhone7を予約して、こまめな店舗チェックもかかさずやることが大事です。

6-2. 予約開始直後に申し込む

基本的に、予約した順に端末が割り当てられます。そのため、下記の予約開始時間に予約をするのがベストです。

予約開始日・時間
9月9日(木)16:01から

オンライン予約の場合は、店頭での予約とは異なり、予約開始時間に即予約できるのでより早く手に入る可能性が高いということです。

6-3. オンライン予約では、4つのテクニックを駆使する

オンライン予約のデメリットは、予約開始直後はつながりにくいという点です。それを回避するための具体的な4つのテクニックがあるのでご紹介します。

(1)徹底的な事前準備

オンライン予約時に必要になるのは、以下の情報です。

  • iPhoneの機種・容量・カラー
  • 契約している電話番号
  • 受け取り方法(自宅or店舗)

新規・MNPの場合は他にも、「氏名」「メールアドレス」が必要になります。

コツとしては、これらの情報を辞書登録しておくことです。そうすると入力までの時間が短縮できるため、早く予約できてその分入荷までの時間も短くできます。

(2)キャッシュを消してリロード(F5)する

予約開始時にはつながりにくい場合が多いので、そういった場合は一度キャッシュを消してからリロードするとよいでしょう。

(3)PCの場合は複数のタブを開く

同様に予約開始時につながりにくいとう問題を解決するために、PCの場合は複数のタブを一気に開くといいでしょう。

スクリーンショット 2015-09-09 23.28.34

(4)Apple Store Onlineの場合は、ログインしておく

Apple Store Onlineで予約する場合のコツとしては、予約開始前にログインだけはしておくことです。

これをおこたるといざ予約しようとした段階で、ログインを請求されてその分だけ時間をロスしてしまいます。

6-4. オンラインショップで予約し、こまめに店舗を回る

万全を期して、オンラインショップ予約するだけでなく、発売開始後にもこまめに入荷情報をなどを確認するのがいいでしょう。

近くの携帯ショップの他にも、ヨドバシカメラなどは在庫情報を確認できるサービスを行っているのでチェックしてみるのが大切です。

6-5. 機種変更の方は「MNP引き止めポイント」を交渉する

携帯ショップでは絶対に教えてくれませんが、「MNP引き止めポイント」とよばれるものを手に入れれば、最大3万円お得に機種変更することができます。

「MNP引き止めポイント」とは、簡単にいうと以下の通りです。

他社にMNP(乗り換えること)するとドコモのオペレーターに伝えることで、ドコモ以外への乗り換えを思いとどまってもらうために発行してくれる「機種変更に使える割引ポイント」のこと

もちろん、全ての場合で「MNP引き止めポイント」がもらえるわけではありませんが、以下の方法であれば高確率でもらえる可能性があるので、ぜひ実践してみてください。

ステップ1. ドコモに電話をかける

「MNP予約番号」を取得するという体裁でドコモに電話をします。

  • 携帯からの場合:151へ電話
  • 一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

ステップ2. 「MNP予約番号」を取得したいという旨を伝える

あくまでも体裁は「MNP(=他社に乗り換えること)したい」です。そのために、「MNP予約番号を取得したい」とだけしっかり伝えましょう。(MNP予約番号は、乗り換えに必要なIDのことです)

その際、大切なのはあくまでも「MNP引き止めポイント」をもらうために電話をしている感を出さないことです。

提示された金額をさらに上げようと交渉しないようにしましょう。

注:ここでもし「MNP引き止めポイント」がもらえず、「MNP予約番号」を発行される流れになっても、特に費用がかかるわけではないのでご安心下さい。

iPhone7の予約なら、

7.予約に関する3つの注意点

150912025921_tp_v

7-1. 複数方法での予約はできない

一度予約したら他で予約し直さないようにしましょう。

理由として具体例をあげると、最初に公式オンラインショップでiPhoneを予約したとします。その後に、店舗で新たに予約を入れ直すと、せっかくの公式オンラインショップでの予約はキャンセル扱いとなって、新しく違う順番待ちをするということになります。

複数の方法で天秤にかけて最速で手に入れたいと思うと、ハマってしまう落とし穴ですのでご注意ください。

7-2. 機種・カラー・容量で入荷時期が変わる

「6. 予約を成功させる4つのコツ」でもご紹介しましたが、人気のあるカラー・容量を選ぶと、それだけ入荷が遅れる可能性が高いです。

なので、事前に妥協できるラインを決めて予約をするといいでしょう。

iPhone7の予約なら、

8. どうしても発売日当日に欲しい場合

9v9a1649_tp_v

オンライン予約のデメリットは、発送の作業があるので、最短でも発売日翌日になってしまうということです。

ここでは、発売日当日に一刻も早く手に入れたいという方のための方法をご紹介します。

8-1. 前日からApple Storeに並ぶ

多くの人が思いつくメジャーな方法ですが、前日の夜からアップルストアに並ぶという方法があります。

ポイントとしては、前日の夜から並ぶことです。当日の朝にさぁ並ぶぞでは、当日分は売り切れてしまう可能性が高いです。

ただし、この場合も事前にオンライン予約など別の方法でも予約しておくのがベストです。でないと当日手に入らなかった場合は、その瞬間から予約することになるので、事前予約組よりもずっと遅れての入荷になります。

また、必ず注意点としてほしいこととしては、その場ではキャリアが展開する独自のキャンペーン割引を受けられないというケースがあるので料金発表後にチェックが必要です。

8-2. 前日から家電量販店に並ぶ

ヨドバシカメラやビックカメラなどの大型家電量販店に並ぶというのも当日入手のための選択肢としてはありです。

予約していなくても、発売日当日にフリー在庫が量販だと入る場合もあるので、それ狙うことができます。

通常早い者勝ちで予約券が配布されるので、当日手に入る可能性もありますが、まずは予約をしに行かないといけないという面倒もあります。

ポイント1:郊外の家電量販店に並ぶのも1つの手
入荷の多そうなイメージのある大型家電量販店に並ぶのがベストだという認識があるためなのか、郊外の家電量販店が穴場と言われています。
ポイント2:必要な持ち物を忘れないこと!
当日に入れたい場合は、下記の2点(MNPの場合は3点)を当日忘れないようにしましょう。
  • 本人確認書類
  • クレジットカード情報
  • (MNP乗り換えの場合)MNP予約番号

9. まとめ

9v9a1644_tp_v

iPhone7の予約に関してはシンプルです。

あとはご紹介した予約のテクニックなどを駆使していただければ、きっと発売日近くに新作のiPhone7を手に入れることができるはずです。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない