iPhone7に機種変更!最高にお得で効率的な3ステップを紹介します!

おすすめの検索キーワード
iPhone 8・iPhone Xなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • ・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • ・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • ・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

3. iPhone7に機種変更するか決定する

iPhone7は、本体価格でいうと8万円以上する高い買い物です。本当にiPhone7でいいのか以下の3つのポイントから考えると後悔ないでしょう。

スペックを確認しよう

新作のiPhone7、iPhone7 Plusを、前作のiPhone 6sと比較しました。太字の部分が大きく変わったところです。

iPhone7 iPhone7Puls iPhone6s
機種画像
カラー シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド
 シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド
 シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
液晶画面・解像度 3D Touch 4.7インチ 3D Touch 5.5インチ 3D Touch 4.7インチ
大きさ(幅×高さ×厚み) 138.3 x 67.1 x 7.1mm 158.2x 77.9 x 7.3mm 138.3 x 67.1 x 7.1mm
重さ  138g 188g 143g
プロセッサ  Apple A10  Apple A10  Apple A9
容量 32GB/128GB/256GB 32GB/128GB/256GB  32GB//128GB
メインカメラ/インカメラ
画素数
1200万画素/7メガピクセル 1200万画素7メガピクセル 1200万画素5メガピクセル
防水/Apple Pay

iPhone 6sとiPhone7は外観上は大きな変化がないように見えますが、CPUがA9からA10に変更されたことにより処理速度は2倍に、そしてグラフィックの性能は1.5倍も向上しています。

また、液晶画面には3DTouch機能が搭載されたことにより、従来のタップやスワイプという2次元的な操作だけではなく、強く押し込むという3次元的な操作が可能になっています。

それにより、直感的な操作性が売りのiPhoneがより、直感的に使うことが可能になりました。

日本を意識したiPhone7の新機能

iPhoneユーザーにとっては待望の機能といえば防水・防塵そしておサイフケータイ機能です。

日本のメーカーから発売されているスマートフォンなどではほぼ必須とも言える機能ではありましたが、iPhoneもついにこれら機能を搭載しました。

iPhone7の防水・防塵機能がどのようなものかというとIP-67という規格になっています。このIP-67とは防塵機能では粉塵が本体内部に侵入しないレベルとなっており、防水機能では水深1mに30分程度浸しても本体内部に水が侵入しない構造であるというものになります。

台所周りで多少の水がかかる程度では全く問題がありませんし、お風呂の湯船に落としてしまったとしても問題がないレベルということになります。

本体価格は納得のいくものか

下記は、iPhone7(32GB)の機種変更時の本体価格ですが、新機種の発売に伴い発売当初に比較すると本体価格が引き下げられている携帯会社もあります。

本体価格は、携帯各社の毎月の割引サービス(月々割など)なしでは、8万円近くと高額ですが、毎月の割引額が適応されることで実際に支払う金額はもっと安い金額になります。具体的な各携帯会社の本体価格は以下の通りとなります。

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 82,296円 79,200円 88,080円
機種変更(月々割適用後) 432円×24ヶ月(10,368円) 675円×24ヶ月(16,200円) 855円×24ヵ月(20,520円)

機種変更だと、ドコモがもっとも安く次いでauとソフトバンクとなっています。

知って得するワンポイント

現在利用中の携帯会社を変えずに機種変更をするのではなく、今使っている携帯会社以外に乗り換え(MNP)をした方が本体価格が安くなる場合があります。

以下は、各携帯電話会社の乗り換え(MNP)の場合の端末代金の比較になります。

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 82,296円 79,200円 88,080円
MNP(月々割適用後) 432円×24ヶ月(10,368円) 450円×24ヶ月(10,800円) 450円×24ヵ月(10,800円)

機種変更時とMNP時の本体価格と比較するとソフトバンクがもっとも開きが多く1万円程度も安くなります。auの場合には5千円程度の開きとなっていますが、ドコモの場合には同額となっています。

更に乗り換え(MNP)の場合には、以下のような特典も同時に受けることができます。

  • 各携帯会社から月々の通信料の割引
  • 携帯販売店からのキャッシュバック

より詳しくMNPについて知りたい方は、「MNPとは?事例でわかるお得なケースと落とし穴の回避策」をご覧ください。

シェアする
 >>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→おとく乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3