iPhone VS Android|本当に最強なスマホはどれだ!?iPhoneXとその他機種比較


iPhone8・iPhoneXの購入を検討中ならなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

iPhone8・iPhoneXは、必ず公式オンラインショップで予約しましょう。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
もちろん、ショップの店頭で予約するよりも、最短・確実にiPhone在庫を確保できます。迷っている最中でも、予約だけは先にしておきましょう!

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

iPhoneとAndroid最新機種のスペックの違いを一言で表すと「一貫性」と「多様性」といえるのではないでしょうか。Appleは端末製造からOS(Operating System)の開発・管理。ソフトウエアまで一貫性を持ってプロデュースしています。それに対しAndroidはメーカーによるOSのカスタマイズやソフト設計に対し自由にできる面があります。

日本でのシェアは、2017年3 月〜5 月のデータではiOSが48.4 %、Android50.9%となっています。今年に入ってAndroidがiOSを抜いている月もあります。

iOSもAndroidも共に成熟したOSです。ネットサーフィンやゲーム、メッセージ送信、動画視聴、写真撮影、メールなど同じようにできます。iOS派とAndroid派があるのも事実です。両社の違いはどこにあるのか見ていきます。

 

Unknown111

iPhone8・8Plusは9月22日発売、iPhoneX(テン)が11月3日発売がAppleより発表されました。OSはiOS11になります。

 

1. iPhoneとAndroidの基本的な違い

imagesあさ

1-1.OSのシェア−

1-1-1. 世界のシェアー

世界のiOSとAndroidのシェア−はiOSは20%前後で推移しています。Androidのシェア−は年々増加しています。世界ではAndroidのシェアが圧倒的ですが、それぞれのOSを搭載している端末もAndroid機種が多いのが理由ですね。

【世界】 iOS(iPhone) Android Windows その他
2012年 24.04% 27.41% 48.55%
2013年 24.03% 39.21% 1.59% 36.76%
2014年 23.95% 53.65% 2.35% 22.40%
2015年 20.20% 64.20% 2.29% 15.60%
2016年 19.29% 69.11% 1.75% 11.60%
2017年 19.59% 71.95% 1.03% 8.46%

 

iphone-android-share_grp_02

 

iOSシェアの高い国は日本がトップでオーストラリア、アメリカの順になっています。
2017年1月〜2017年6月のデータです。主要国を抜粋したものでランキング順位ではありません。

【日本】 iOS(iPhone) Android Windows その他
2012年 49.95% 47.18% 0.13% 2.87%
2013年 56.77% 42.05% 0.07% 1.18%
2014年 64.06% 35.02% 0.06% 0.92%
2015年 65.97% 33.22% 0.10% 0.81%
2016年 69.84% 29.22% 0.15% 0.94%
2017年 68.60% 30.40% 0.07% 1.00%

 

iphone-android-share_grp_01

 

1-1-2. 日本のシェアー

一方、日本でのシェアーはiOSの独走でした。2017年に入りAndroidのシェアーは伸びていてiOSシェアに肉薄しています。

【日本】 iOS(iPhone) Android Windows その他
2012年 49.95% 47.18% 0.13% 2.87%
2013年 56.77% 42.05% 0.07% 1.18%
2014年 64.06% 35.02% 0.06% 0.92%
2015年 65.97% 33.22% 0.10% 0.81%
2016年 69.84% 29.22% 0.15% 0.94%
2017年 68.60% 30.40% 0.07% 1.00%

 

iphone-android-share_grp_03

日本のiOSとAndroidのシェア−はiOSの独壇場でしたが、Android搭載機種の利用者が増え2017年に入り五分五分の争いになってきています。Android搭載機種のデザイン、スペック、ソフトなどiPhoneに引けをとらないほどクオリティーがアップしてきています。格安SIMの低価格でありながらスペックの高いスマートフォンもその要因です。

コストパフォーマンスの高さとユーザーのニーズが合致しています。そのほとんどがAndroid搭載機種ということもシェア−が肉薄してきた要因でもあります。現在iOSとAndroidのシェア−は拮抗してきています。月別ではAndroidが上回っている月もあります。

iPhoneが今まで牽引してきた要因のデザイン性や機能性などについてAndroid搭載機種が追いついてきたということかもしれません。しかしユーザーがiPhoneに対して持っている「信頼性」「安心感」は揺らぎのないものがあります。Android搭載機種機種がそれを上回るものを培って行くには時間がかかるかもしれません。

参考データ:スマートフォンOSの販売市場シェアー

 

1-2.OSの違い

スマートフォンの基本ソフトウェアのOS(Operating System)は、iPhoneは「iOS」、Androidは「Android」で管理・制御しています。

iOS vs Android

iOSはApple社モバイル向けの基本ソフトウェアです。iPhoneやiPadに搭載され、OSの開発もApple社で行われています。アプリなどの開発もApple社が行っています。そのためiPhoneやiPadのアプリは統一され機種が変わっても安心して使えます。

Androidの開発はGoogle 社が行っています。多くの会社の端末にAndroidが搭載されています。Androidの特許はGoogle社が持っています。アプリなどの商品についてはそれぞれのメーカーが自由に設計することが出来る為、ソフトの種類も多くなっています。操作性やデザインなどメーカーごとに違ってきます。
各社のオリジナリティーが強くなりAndroid搭載機種でもメーカーが変われば操作方法も違うこともあります。

スマートフォン市場でシェア−の高いサムスンも例外ではなく独自のAndroidを作り上げつつあります。それを見透かすかのようにGoogle社は「Android One」というAndroid搭載スマホのブランドを販売しています。ハードウェアの開発設計から部品調達までGoogle社が行っています。Apple社と同じようなシステムですね。

android-one-507sh-001

「Android One」は現在のAndroid市場に参入するということではなく、低価格でありながらミドルからローエンドのスマートフォンとして開発途上国での提供を目指しています。
AndroidONEは国内ではY!mobileで販売されています。

 

1−2−1. iOSのチェックポイント

Unknownc

Androidに比べiOSは柔軟性は低いです。アプリのサイドローディングや基本的なアプリを一括変更などはできません。最近はウィジェットの追加やサードパーティのソフトウエアキーボードのサポートなど始めています。しかしまだまだ柔軟性はないですね。

iOSは柔軟性は足りませんが、安定していて直感的に操作ができます。本体製造からOS の設計開発まで一貫性があるため、アプリのプログラムの修正もすぐできます。徹底したトータルマネージメントは大きな強みです。初めてiPhoneを使っても比較的簡単に操作ができるのがAppleの魅力でもあります。

 

1−2−2. Androidのチェックポイント

Unknownっx

Androidのセールポイントはカスタマイズのしやすさにあります。対話型ウィジェットをロック画面とホーム画面に追加したり起動アプリを指定したりなど。サードパーティのアプリをダウンロードすることもできます。通話アプリやキーボード、電子メール、アプリランチャート、アプリトレイ、電子メール、SNSなどたくさんあります。

プルダウン通知バーに機能的なショートカットボタンがあります。メッセ−ジの確認や返信、消音、GPSの有効化などの機能ボタンの長押しで設定メニューが開きます。気品設定やワークフローをユーザーが設定できます。

 

1−2−3. アプリケーション公開条件の違い

作成したアプリを公開する方法は先ずiOSやAndroidへ開発者登録します。iOSは「iOS Developer Program」、Androidは「Google Play Developer」へ登録申請します。登録料金はiOSな年間11800円の支払いで、Androidは25ドルの支払い一回のみです。有料アプリ公開後の売り上げの30%を手数料として支払うのは両社とも同じです。

審査基準はiOSの方が厳しく審査期間は1週間ほどです。Androidは審査はほとんど無く数時間で承認されます。Androidの方が融通性があるということでしょう。

 

1-3. バッテリー

バッテリーについては容量についてはAndroid機種の方の大型化が進んでいます。一方iPhoneのバッテリーは数値以上の性能を発揮しています。Android搭載機種では3000mAh以上のバッテリーが増えてきています。

2017年秋モデルのZen Fone4 Pro(ASUS)は3600mAhのバッテリーを搭載しています。最大待ち受け時間は約209時間(3G)。Zen Fone4(ASUS)は3300mAhで297時間(3G)です。AQUOS ea SoftBankは3010mAhで297時間(3G)です

iPhoneの方はiPhone7 Plusは2900mAhのバッテリーで待ち受け時間は384時間です。iPhone7は1960mAhのバッテリーで240時間です。iPhone6sは1715 mAhで240時間、iPhone6sPlus は2750mAhで384時間です。

一概には言い切れませんがAndroid搭載機種と比較するとiPhoneの方が長持ちするようです。省電力に優れています。iPhone8・8PlusはiPhone7・7Plusと同じくらいでiPhoneXはiPhone7よりさらに2時間伸びています。

大きな違いはAndroidは使っていないアプリでもバックグラウンドで稼働されている場合があることです。iPhoneはバックグラウンドで未使用アプリを制御している点が長持ちの要因かもしれません。Android搭載機種は一時期、バッテリ競争のような時期がありました。現在は省電力化も含めたトータルバランスとして評価されつつあります。

 

1-4. その他の比較

1-4-1. 3D Touch

images8
3D TouchについてはiPhoneが先駆者です。iPhone6s・6sPlusから導入されました。タップ・スワイプ・ピンチに加え画面を軽く押し込む「ピーク」さらに強く押し込む「ポップ」により操作性が良くなりました。メールをピークするとメールを開かずに内容の確認ができポップ操作でメールが開くなどいろいろな場面で役に立ちます。
Android7.1.1では3D Touchのような「クイック機能」が追加されています。

 

1-4-2. ロック解除の認証機能

バイオメトリクス認証
Unknown
ロック解除の認証機能についていろいろな機能があります。指紋認証はすでに基本的認証機能になっています。今は虹彩認証から顔認証に進んでいます。指紋認証や虹彩認証、顔認証はバイオメトリクス認証方式に分類されます。バイオメトリクス認証とは指紋や目の虹彩、声紋、顔などの身体的特徴を利用して本人確認をする方式をいいます。

 

顔認証
head-663997_1920
Androidの顔認証によるロック解除はAndroid 5.0 Lollipopの機能「トラステッドフェイス」としていち早く利用されています。iPhoneXでは顔認証の「Face ID」が導入されています。30000点以上のドットで顔の精密な深度マップを作り高い精密度を確保しています。Apple Payに利用できるほど安全性にの高い認証機能です。
Unknownっy 001
Android5.0からSmart Lockという機能が5つあり、その中の一つに顔認証に当たる「認識済の顔」があります。他には「持ち運び検知機能」、「信頼できる場所」、「信頼できる端末」「信頼できる音声」があります。場所や特定の端末での認証は「かゆいところに手が届く」ような着眼点が面白いですね。

スマートロックの種類と概要
持ち運び検知機能 スマホを身につけている間はロックが解除された状態になるよう端末を設定
信頼できる場所 場所を追加して、そこにいるときに端末のロックを解除された状態にする
信頼できる端末 BluetoothまたはNFCでペアリングしたデバイスを追加して、その近くにいる時にスマホのロックを解除した状態にする
認識済の顔 顔を認識してスマホのロックを解除する
信頼できる音声 声(音声)を認識してスマホのロックを解除する(Ok Google!)

 

虹彩認証
Unknown
Androidでは虹彩認証を採用しているものがあります。しかし画面位置に目を合わさなければならないとか一定の距離を保たなければならないので多少面倒な点もあります。今後の課題としては認識までの時間短縮がどれほどできるか、ということです。今のままでは虹彩認証は普及しないと思います。

 

指紋認証
iphone5s_touch_id_details_3
iPhoneは5SからTouch ID指紋認証センサーを採用しています。Androidではメーカーがある程度OSをカスタマイズ出来るため標準機能にすることはできないようです。Android搭載機種でも採用がされておりiPhoneもiPhoneもAndroidも認識スピードも速く実用的になっています。

 

1-4-3. 操作性

これは意見の分かれるところかと思います。iPhoneではiPhone6・6sの4.7インチ、iPhone6Plus・6sPlusの5.5インチの後に4インチのiPhoneSEが販売されました。片手で操作ができる大きさとしてiPhone5の4インチが浸透していたためユーザーの要望が強かった、との説もあります。大きさとしては5インチ前後が片手で操作できるリミットなのかもしれませんね。
142-190107img04

 

Androidの場合はジェスチャーアプリが充実していていろいろな操作が片手で出来るようになっています。AndroidはiPhoneと異なりウェブページを見るソフトアプリを好きなアプリに設定できるので、多くの種類があります。常に競争の激しい中で生き残ったジェスチャーアプリがユーザーに受け入れられています。

本体が大きくなっても親指で操作できるような機能があります。iPhoneにもアプリはあるのですが使い勝手についてはまだまだ成熟なところがあるようです。Androidは無料、iPhoneは有料という事もあり、Androidに軍配が上げられます。

ジェスチャーアプリは進化してきており画面に向けて手をにぎったり上下に動かしたり、静かにしてというシーッという動作でたんまつの操作ができるものもあります。今後テレビにも応用されていくかもしれません。そういう意味で本体の大きさを片手で操作する大きさにこだわっていること自体がトレンドに乗り遅れているのかもしれません。

っd

 

1-4-4. ワイヤレス充電

001

Android搭載機種については2011年からワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応した機種が発売されてきました。ドコモでは「おくだけ充電」の呼び名で対応していました。しかしながら2014年は対応機種は発売競れていません。

ドコモ
Galaxy S7 edge(SC-02H)、S6 Edge(SC-04G)、Galaxy S6(SC-05G)、Optimus It(L-05E)、ELUGA P(P-03E)、AQUOS PHONE ZETA(SH-06E)、MEDIAS X(N-04E)、ELUGA X(P-02E)、AQUOS PHONE EX(SH-04E)、ARROWS Kiss(F-03E)、ARROWS X(F-10D)、ELUGA V(P-06D)、AQUOS PHONE ZETA(SH-09D)、F-09D ANTEPRIMA、AQUOS PHONE st(SH-07D)、Q-pot.Phone(SH-04D)、AQUOS PHONE slider(SH-02D)、ARROWS Kiss(F-03D・F-03D Girls)、AQUOS PHONE f(SH-13C)

au
Galaxy S7 edge(SCV33)、TORQUE G02(KYV35)、TORQUE G01(KYY24)、Galaxy S6 Edge(SCV31)、URBANO(V01)、URBANO L01(KYY21)、URBANO L02(KYY22)、URBANO L03(KYY23)

ソフトバンク
Galaxy S6 Edge、MEDIAS CH(101N)

Google
Nexus 7(2013)(ASUS)/Nexus 4(LG)/Nexus 5(LG)/Nexus 6(LG)

イーモバイル
Nexus 5(EM01L)

SONY
BSP10(ワイヤレス充電機能付き Bluetoothスピーカー)

理由としてはワイヤレス充電対応にするとスマホの重量や厚さに影響すること。バッテリの大型化が進んでいますが高機能により消費電力も大きくなっているので短時間での急速充電のニーズが強苦なってきています。今のワイヤレス充電の充電能力では対応ができない。

さらにUSB での充電能力がアップしているのでニーズに応えることができる。などの理由でワイヤレス充電対応機種は少ないのが現状です。

airpower-what-it-is-iphone-x-iphone-8

iPhone8/8Plus/ Xはワイヤレス充電規格のQi規格に対応しています。充電器は「AirPower」で2018年に2種類発売予定です。

apple-airpower-with-iphone-x

 

 

<< 次へ続きます >>
iPhone8・iPhoneXの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone8・iPhoneXを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone8・iPhoneXを最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら(店頭よりお得)
→auはこちら
→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう

1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  •       
  • 頭金なしで余分な費用がかからない

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない