iPhoneを格安SIMで使おう!|料金・プラン徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

4.お待ちかねのSoftbank系の格安SIM

IMG_0412

2017年3月22日にSoftbankユーザー待望の格安SIMが登場しました。Softbank回線を使用したMVNOは、今までも存在はしていましたが、回線の卸値が他のキャリアより高いため、格安SIMとはいえない価格競争力のない料金体系のMVNOばかりでした。さらに今までのSoftbank系の格安SIMには、他にはない大きな問題がありました。

それはSIMロック中のSoftbankから販売されているスマートフォンに、Softbank系の格安SIMを挿しても、通信することができない問題が存在していたことです。「1.iPhoneで格安SIMを使うための注意点」でもご紹介しましたが、docomo系、au系の格安SIMの場合、差し込む格安SIMが賃借している回線提供元と同じキャリアが販売した端末であれば、SIMロック中の端末でも通信をすることができます。しかし今までのSoftbank系の格安SIMは、SIMロック中のSoftbankが販売したスマートフォンでは通信をすることができませんでした。

しかし今回登場したSoftbank回線の格安SIMは、そういったことがありません。やっと「本物のSoftbank系の格安SIM」が登場しました。これからはSoftbankユーザーにも、MVNOという選択肢を選べるようになったということです。現在2つの事業者が、Softbank回線を使用した格安SIMを取り扱っています。以下ではその2つの事業者についてご紹介します。

4-1.b-mobile

IMG_0421

b-mobileはMVNO事業者として長い歴史を持つ、日本通信が提供している格安SIMです。また今回のSoftbankとの相互接続協定を締結したのも、この日本通信です。かなりの長期間に渡り、日本通信がSoftbankと粘り強く交渉していたことからも、かなりの期待がかけられている肝いりの格安SIMといえます。

それだけの労力をかけて実現に持ち込んだ、今回のSoftbankとの相互接続協定の背景には、日本通信側の明確な意図が存在しています。それはSIMロックを解除できない、iPhone5以前の中古iPhoneとiPadの存在です。今までは対応している格安SIMが存在していなかったため、docomo版の中古iOSデバイスとは違い、再利用にはSoftbankとの割高な契約を受け入れるしかない状態でした。

結果としてSoftbank版の中古iPhoneは、潜在的な市場としては非常に大きいものの、Softbankとの高額な相互接続料に阻まれて、どの事業者も手を出すことができませんでした。そういった意味でも、今回の「本物のSoftbank系の格安SIM」の誕生は、今後のMVNO業界の未来を拓く重要な第一歩であるといえます。現在はiPhone、iPad向けのデータプランのみの提供で、SMS付きや音声通話付きのSIMは順次リリース予定のようです。

現在提供されているプランは以下の通りです。

プラン データsim sms付データsim 音声通話付sim 容量
1GB なし なし 880円 1GB/月
3GB なし なし 1,580円 3GB/月
7GB なし なし 2,980円 7GB/月
30GB なし なし 4,980円 30GB/月

4-2.U-mobile

IMG_0414

b-mobileと同時に、U-mobileも「本物のSoftbank系の格安SIM」をリリースしてきました。ここだけを聞くと「Softbankの格安SIMは日本通信が交渉をして相互接続をもぎ取ってきたんじゃなかったの?」と疑問を持たれる方もおられるかもしれません。U-mobileが今回のタイミングで、b-mobileと同等の格安SIMを発表できた背景にも、b-mobileの思惑があるように思います。

まず前提としてU-mobileに、MVNEとしてSoftbank回線の仲卸をしているのはb-mobileです。おそらくb-mobileは1社のみで、サービス提供を開始することによる、なし崩し的な寡占状態を避け、表面上だけでも価格競争を行えるような状況演出したかったのではないかと思われます。Softbank回線のMVNO事業はまだまだこれから成長していく市場です。

多様なMVNO事業者がサービス提供に踏み切り、個性的なプランをリリースするような状況を作ることで、docomo系MVNOのような盛り上がりを作りたいと考えているのではないかと感じました。その第1弾として、大きな期待を込めてU-mobileのMVNEを務めているのではないでしょうか。

プラン データsim sms付データsim 音声通話付sim 容量
1GB なし なし 880円 1GB/月
3GB なし なし 1,580円 3GB/月
7GB なし なし 2,980円 7GB/月
30GB なし なし 4,980円 30GB/月
<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ おとく乗り換え.comで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない