iPhoneを格安SIMで使おう!|料金・プラン徹底解説


スマホを乗り換えるなら!

機種変更でこんな失敗をしていませんか?
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

損することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

もうスマホの機種変更で損しない!自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!』も参考にしてください。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

2.お馴染みのdocomo系の格安SIM

IMG_0403

最初にご紹介するのは、現在最も種類が多いdocomo系の格安SIMです。今回は最近流行しているノーカウント系のサービスを提供するMVNOを集めてみました。ノーカウントとは、特定のアプリを使用中に消費したパケット通信量を、月間の高速通信容量にカウントしないサービスのことを指します。

例えばiPhoneを使用する際、「LINE」や「WhatsApp」といったメッセンジャーアプリや、アプリのダウンロードをする「AppStore」といったアプリの使用は必須になります。「Facebook」や「Twitter」、「Instagram」のようなSNSを使用するユーザーも非常に多いです。「YouTube」のような動画アプリのヘビーユーザーも多々おられることと思います。またユーザーによっては「ポケモンGO」を楽しんでいる方も多いかもしれません。

MVNOによってノーカウントになるアプリに違いはありますが、そういったアプリの数々の利用に伴う通信をどれだけ使用しても、高速通信容量が減ることはありません。これは3大キャリアの提供するオプションサービスにもない、一部のMVNOのみの特殊なサービスといっても過言ではありません。

ユーザーの頭を悩ませるのは、いつも月間の通信容量制限です。メッセンジャーやアプリストアで使用する通信は、iPhoneの通信内容の中でも特に大きな比率を占めていますが、全て使い放題になります。このサービスの費用対効果を鑑みると、どんな利用方法をしているユーザーであっても、MVNOへの移行を後押しする大きな理由になると思われます。

ノーカウントサービスを目当てに、MVNOと契約する場合はいくつかの注意点があります。自分のiPhoneの使用方法が、どのくらいノーカウントサービスの対象になるのかしっかりと把握して、契約に踏み切ってください。まず対象となるアプリ内で収まらない、外部リンク、外部サーバーへの接続を伴う通信は、このノーカウントサービスの対象外の通信となります。

例えばFacebookはノーカウントサービスの対象になっているが、YouTubeは対象外のMVNOと契約した場合、Facebookのフィード内に、埋め込まれているYouTubeの動画はノーカウントの対象になりません。Facebookとの通信に関してのみノーカウントとなります。また各サービスの提供事業社が、公式に提供しているアプリ以外からの通信も、カウントされることになります。ブラウザ経由ではなく、アプリからサービスを使用する必要があります。

2-1.BIGLOOBE

IMG_0406

BIGLOBE SIMの特徴は、お得な6GBの高速通信を使用できる「6ギガプラン」が存在することです。他のMVNOと比較して、月額利用料が2,000円を切るプランの中で、最大の通信容量になります。さらに「6ギガプラン」以上のプランには、全国86,000箇所のWiFiスポットを使用できるオプションが無料で付帯しています。通話定額オプションは、月額650円で「3分以内」の通話が無料。回数制限もありません。

そしてノーカウントサービスとして、「エンタメフリー・オプション」を提供しています。契約の条件として、6GB以上のプランに加入している必要があります。データSIM契約中のユーザーなら月額980円、通話SIMを契約しているユーザーなら、月額480円が必要な有料オプションです。しかしサービス加入者には、以下のアプリの通信がノーカウントになります。

  • YouTube
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA

注意点としては、動画ストリーミングサービスを使用する場合、再生品質が360p固定になることです。再生品質にこだわりがなければ、非常にお得なオプションといえます。また固定を解除すれば、よりクオリティの高い映像を視聴することも可能です。対象となるサービスは今後も順次追加予定とのことなので、音楽や動画のストリーミングサービスを多用するユーザーには必須のサービスと言えます。

提供されているプランは以下の通りです。

プラン データsim sms付データsim 音声通話付sim 容量
音声通話
スタートプラン
なし なし 1,400円 1GB/月
3ギガプラン 900円 1,020円 1,400円 3GB/月
6ギガプラン 1,450円 1,570円 2,150円 6GB/月
12ギガプラン 2,700円 2,820円 3,400円 12GB/月
20ギガプラン 4,500円 4,620円 5,200円 20GB/月
30ギガプラン 6,750円 6,870円 7,450円 30GB/月

2-2.FREETEL

IMG_0274

FREETELは通信サービスを提供しているだけでなく、自社設計のスマートフォンも販売しているマルチな格安SIMの事業者です。用意されているプランも特徴的で、基本的には2つのプランを提供しています。1つは「定額プラン(ドコモ回線)」と、「使ったぶんだけ安心プラン最大20GB(ドコモ回線)」の2つです。

「定額プラン(ドコモ回線)」は、月々に利用できる高速通信容量が決まっている定額プランです。通信容量別に10段階のプランが用意されていますので、自分の利用実態にあったプランを見つけることができると思います。「使ったぶんだけ安心プラン最大20GB(ドコモ回線)」は月々の通信量によって月額料金が299円〜5,570円の間で変動するプランです。またよく電話をする方でも安心の、通話定額サービスもオプションに用意されています。

そしてFREETELのノーカウントオプションに関してご紹介します。FREETELのノーカウントオプションの最大の特徴は、オプション料金不要でユーザー全員がノーカウントになるアプリが存在することです。以下の通信は、契約しているユーザー全員がノーカウントになります。

  • AppStore
  • LINE
  • WhatsApp
  • WeChat
  • ポケモンGO

これだけでもかなりの通信容量を削減できますが、定額3GB以上のプランを契約しているユーザーなら、さらに以下のアプリもノーカウントの対象になります。

  • Twitter
  • Facebook
  • Messenger(Facebook提供のメッセンジャーアプリ)
  • Instagram
  • 対象のメッセンジャーアプリを使用した通話や、ビデオ通話

そんなお得なFREETELから提供されているプランは、以下の通りです。

1.定額プラン(ドコモ回線)

プラン データsim sms付データsim 音声通話付sim 容量
1GB/月プラン 499円 639円 1,199円 1GB/月
3GB/月プラン 900円 1,040円 1,600円 3GB/月
5GB/月プラン 1,520円 1,660円 2,200円 5GB/月
8GB/月プラン 2,140円 2,280円 2,840円 8GB/月
10GB/月プラン 2,470円 2,610円 3,170円 10GB/月
15GB/月プラン 3,680円 3,820円 4,380円 15GB/月
20GB/月プラン 4,870円 5,010円 5,570円 20GB/月
30GB/月プラン 6,980円 7,120円 7,680円 30GB/月
40GB/月プラン 9,400円 9,540円 10,100円 40GB/月
50GB/月プラン 11,800円 11,940円 12,500円 50GB/月

2.「使ったぶんだけ安心プラン最大20GB(ドコモ回線)」

プラン データsim sms付データsim 音声通話付sim
100MB/月まで 299円 439円 999円
1GB/月まで 499円 639円 1,199円
3GB/月まで 900円 1,040円 1,600円
5GB/月まで 1,520円 1,660円 2,220円
8GB/月まで 2,140円 2,280円 2,840円
10GB/月まで 2,470円 2,610円 3,170円
15GB/月まで 3,680円 3,820円 4,380円
20GB/月まで 4,870円 5,010円 5,570円

2-3.LINE MOBILE

IMG_0408

LINE MOBILEはメッセンジャーアプリで一躍有名になった、あのLINEから提供されている格安SIMです。このMVNOのプランの特徴は、全ての月額料金体系が、ノーカウントサービスありきのものとなっていることです。LINE MOBILEの「LINEフリープラン」を契約した場合、ノーカウントになるアプリの通信は以下の通りです。

  • LINE
  • LINEを使用した通話

そして「コミュニケーションフリープラン」を契約した場合、LINEに加え、以下のアプリもノーカウントの対象になります。

  • Twitter
  • facebook
  • Instagram

さらに「MUSIC+プラン」を契約していれば、さらにLINEが提供する音楽ストリーミングサービスである「LINE MUSIC」もノーカウントの対象になります。2017年夏にはLINE以外の事業者が提供するサービスにも、順次対応予定とのことなので、「Apple Music」や「YouTube」、「Spotify」などのサービスもノーカウントの対象になるかもしれません。

プラン データsim sms付データsim 音声通話付sim 容量
LINEフリープラン 500円 620円 1,200円 1GB/月
コミュニケーション
フリープラン3GB/月
なし 1,110円 1,690円 3GB/月
コミュニケーション
フリープラン5GB/月
なし 1,640円 2,220円 5GB/月
コミュニケーション
フリープラン7GB/月
なし 2,300円 2,880円 7GB/月
コミュニケーション
フリープラン10GB/月
なし 2,640円 3,220円 10GB/月
MUSIC+プラン3GB/月 なし 1,810円 2,390円 3GB/月
MUSIC+プラン5GB/月 なし 1,140円 2,720円 5GB/月
MUSIC+プラン7GB/月 なし 2,700円 3,280円 7GB/月
MUSIC+プラン10GB/月 なし 2,940円 3,520円 10GB/月

2-4.OCN モバイル ONE

IMG_0409

OCN モバイル ONEは格安SIM業界において、常にシェアトップを争うほどの人気のMVNO事業者です。回線品質は時間による通信速度の差が少なく、高い信頼性の安定した通信環境が人気です。提供されている通信プランにも特徴があり、通常の3〜10GB/月のプラン以外に、110MB〜170MB/1日というプランも用意されています。

こちらのプランは短時間に大量のデータを送受信する必要のないユーザーには、非常に使いやすいプランになっています。また常時500kbpsながら、月に15GBもの大容量の通信をすることが可能なプランも用意されています。また通話定額オプションも用意されており、月額850円で「5分以内」の通話が無料になります。

OCN モバイル ONEのノーカウントサービスは、他のMVNOのものとは少し毛色が違います。NTTコミュニケーションズが提供しているサービスを使用する際の通信がノーカウントになります。対象になるユーザーは、全てのプランの契約者に無料で提供されており、以下のアプリの通信がノーカウントの対象です。

  • 050 plus
  • マイポケット
  • OCN モバイル ONEアプリ

「050 plus」はOCN モバイル ONEユーザーなら、月額150円で使用できるIP電話サービスです。「マイポケット」は最近流行りのクラウドストレージサービスで、月額300円で128GBの容量を使用可能です。「OCN モバイル ONEアプリ」は契約しているSIMカードの高速通信の切り替えや、通信容量の残量の確認やチャージを行うことが可能なアプリです。

OCN モバイル ONEのノーカウントサービスは、他のMVNOのようなコンシューマーが喜びそうなエンターティメント系の通信ではなく、ビジネスユース向きの通信がノーカウントになります。

提供されているプランは以下の通りです。

プラン データsim sms付データsim 050+付sim 音声通話付sim 容量
110MB/日プラン 900円 1,020円 1,050円 1,600円 110MB/日
170MB/日プラン 1,380円 1,500円 1,530円 2,080円 170MB/日
3GB/月プラン 1,100円 1,220円 1,250円 1,800円 3GB/月
5GB/月プラン 1,450円 1,570円 1,600円 2,150円 5GB/月
10GB/月プラン 2,300円 2,420円 2,450円 3,000円 10GB/月
500kbpsプラン 1,800円 1,920円 1,950円 2,500円 15GB/月
<< 次へ続きます >>
スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

有料コンテンツで損をする心配なく、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事
もうスマホの機種変更で損しない! スマホを自宅で受け取るだけで、 スマホが安くなる「自宅乗り換え」がいまスゴい!
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない